細胞の中で狂気は水棲生物の卵のように増殖を続けて、そのせいでこめかみの内側は微妙な痛みを覚え続けている、尖った爪の先が終始引っかかっているみたいな痛み―軽い痛みだけれど忌々しい、そんな―俺はい .... 走ったぶんだけ温まる訳ではナッスィングだ!
心臓と肌の方程式Y=200ⅹ±10!これ鉄則!走り込み始めェ!
部活をしてると15才で地軸は傾くから冬の夕日は急角度で沈むけどそのぶん実は光が強くて、
 ....
父の夢を見た。
背広を着た元気な頃の姿を。

頭を撫でられて
何か言いたげに口元が動いても
声を聴くことは叶わない。

目覚めたら
今日は私の誕生日であることに
気が付いた。
日々 ....
妹がママになると判った日
はしゃいで笑う彼女の隣では
亡き父が佇んでいた。

孫の誕生を心待ちにして
元気で丈夫な子供に育つよう
黙って寄り添い
見守り続けて。

私はふと
一人で ....
待ちかねていた
陽の射さない
真冬のバス停

一人 二人と
去り始め
待ちかねているのは
まっている私と
知らぬ間に
尾行してきた
黒い影

ちゃりん ちゃりん
鈴が鳴る ....
僕の部屋に友を招いて
ゆげのぼるお茶を飲みつつ
「マイナスをプラスに変える術」を
語らっていた

 どすん どすん

窓の外に、切り株の落ちるような
物音に耐え切れず
腰を上げて、外 ....
その小さな洋食屋はオープンキッチンになっていた
店内には四人がけのテーブル席が三つとカウンターに椅子が五つつ並んでいた。
マスターは二十代半ばの男性で、その街に独立して店を出す前は都心の割りと大き ....
昔、まだ将棋ソフトが人間に敵わない時代
インターネットの将棋サイトに
1人の天才が現れた
その名をdcsyhiと言った
プロも匿名で多数参加している中で
信じられないほど圧倒的な強さだった
 ....
恐竜の顔みたいな顔をした女の人が携帯電話でガオーと何やらどなってました。最後は『あなたお名前は?』と言ってました。
私はどんなときに、何の顔みたいな顔をして怒っているのか?笑っているのか?眠っている ....
光が充ちて来る
悪夢の奥から
光が充ちて来る

足場は崩れ
まさに死の淵
その時肩を揺すぶられ
目覚めて見れば顔が浮かぶ
灰色工員帽と蠢く闇
部屋の白壁が唐突に
無機質顕にのっぺら ....
『何かが足りない』

探しても探しても
『何か』が分からなくて
満たされない心は
空っぽのはずなのに
わたしの身体は日に日に重くなる

どうしてだろう?
いつ落したのだろう?

 ....
バスには乗り遅れてしまった

あこがれも置き忘れ

古びたベンチで一人

溜息をつく

それでも天を見上げて

両手を差し伸べる

なぜだろう

夢は終わったのに

と ....
瓦が白く光っている

烏が一羽とまっている

広がる朝の光の中を

烏と瓦が交わっている

互いの輪郭守りながら

光の海を泳いでいる
美術部の課外授業でフェルメール展に行く

入り口で点呼を取り各々好きに見て回り解散という流れ

一人の学生がとてもゆっくりとした足取りで

丁寧に絵を見て回る

絵画の技法に詳しいわけ ....
あなた、詩人に向いていないと実力のあると評価されている
無冠詩人に真面目に「告白されて」もそりゃ困ってしまうま。

今まで隠していましたが、私は詩人ではありません(笑)

なので、遠い将 ....
煮込んでいるジャガイモを
箸で仕留めて目玉を二つ
描いただけの顔

人参に寄り添い聞く耳と
しゃべる口を与えてあげようか

玉ねぎと仲良しだから
いつも涙を流して空を見上げるよ

 ....
空から水滴が無数に堕ちてくる
違うか
落ちてくる

あれは地球の涙だなんて
普通に生活してたら思わないだろう

だけど
毎朝
毎日
毎夜
蟻みたいにに詩が湧いてくるから

雨 ....
実は私
48歳の中年男性なんです
昔から女子高生に憧れていて
ブルセラショップで
セーラー服を購入して
着てみたけれど
鏡に映った姿は化け物そのもので
悲しくなって止めちゃったんです
 ....
 窓辺に石を置いて。

 太陽の銀の腕が頭の上をかすめて、ぼくは聴いている。耳
のないきみもまた、同じように。高速道路を走る軌道トラッ
クが光を遮って闇を目指していた。オーガンジーの彩に……。 ....
骨は良い音がする。
嗚呼、
冬も近いか、
と考える
考えてはくしゃくしゃにして
ゴミ箱に入れる、入った。
淹れられたコーヒーから
生活
の、匂いがする。

私は一日単位として ....
君と食事をしていると
箸がこぼれる
皿がこぼれる
テーブルがこぼれる
椅子がこぼれる
食材だけがこぼれずに
宙に浮いている
立ち上がった僕たちは
手で食材をつかみ取り
お互いの口に放 ....
ぼくの隣に 腰かけて

きみは なぜか 

涙ぐんでいる


話しかけると 消えそうで

涙のわけは聞けない


星空から 落ちてきた

涙のしずくが


月のひかり ....
天井の向こうの
鮮やかになるしかない空に沈殿した
新月をじっと眺めていたら
心臓から水銀がとぷり
流れ落ちた。
とぷりとぷとぷ
とぷとぷぷつつと
畳にしみた。

あの日と似てて
全 ....
初めて手紙を差し上げます。スマホのLINEには書くことのできない私の本音を捧げたくて。“美しい紅葉を照らす月の様になりたい”これが私の願いです私の愛の告白にあなたの頬が赤らみそれを見つめる私の想いはあ .... 箸で摘まんだ骨の欠片。
これは
私の頭を撫でた父の手。
たった今
父は抜け殻となって帰ってきた。

広い部屋に佇む母と娘たち。
炎の熱だけが
冷え切った両手を撫でまわす。

「形が ....
夢を見るのは
好きな人がそこにいるから。
忙しい日々の中で
見続けた姿を追いかければ
負けまい。と思う気持ちが芽生えた。

(ココニ帰リタイ。)

確かに残る私の居た形跡。
文字を辿 ....
何処までも続く無色透明の青
ぽつぽつと現れた雲の鱗片が
家族の元へと帰る父の骨の様だ。

炎の熱を帯びた銀の台を眺めたら
思わず声をかけていた。

「お父ちゃんお帰り。熱かったねぇ。 ....
秋のせいなのか・・・
もちろんそうではなく、年のせいで、
抜け毛がすごい。
髪の毛は細くなり、力なく頭の形にペッタリと貼り付くよう
安い美容院で、白髪染めのカラーリングをしている影響も、
 ....
わたしたち
フクロウならよかったのに
森の奥深く
高い枝の上で身を寄せあう
孤独なつがいのフクロウなら
よかったのに
貴方の瞳の中にわたしが居た

貴方は他人の目をしっかりと見つめて話す癖があるでしょう
わたしはそれが苦手だったのよ
何もかもを見透かされる気がして
でも貴方の瞳はそんな事を求めていた訳じゃな ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
狂った文字盤の針にもグルーブは隠れているホロウ・シカ...5*18/11/4 22:51
ニューヨーク天神駅65「男塾!~冬のキッスはメルチーキッスじ ...オオサカダニ...018/11/4 22:10
私の誕生日梓ゆい218/11/4 22:01
家族のキズナ418/11/4 21:55
錠前宗像現象11*18/11/4 21:41
野球少年服部 剛618/11/4 19:58
店内の明かりの下でこたきひろし418/11/4 19:29
dcsyhi花形新次318/11/4 17:28
何の顔腰国改修3*18/11/4 15:56
ひかりひだかたけし9*18/11/4 15:16
空っぽに飢える卯月とわ子418/11/4 15:05
日没あおいみつる13*18/11/4 12:48
朝の光景ひだかたけし7*18/11/4 11:16
美術館りゅうさん118/11/4 10:12
● 詩学 詩とは何なんだろう ●らどみ318/11/4 10:08
肉じゃがミナト 螢3*18/11/4 8:39
日記みたいに詩を投稿してこたきひろし518/11/4 8:04
きみこ(仮名17)花形新次218/11/4 7:42
朝の窓辺のスケッチ春日線香4*18/11/4 6:56
それでも良い一日を田中恭平518/11/4 6:47
食事をする葉leaf218/11/4 6:09
涙のわけst418/11/4 5:25
3*18/11/3 22:51
季節の手紙しょだまさし4*18/11/3 22:20
やわらかな傷跡梓ゆい218/11/3 22:16
彼方へと318/11/3 21:52
白い粉雪218/11/3 21:51
49ばんめの秋はだいろ1+18/11/3 21:46
フクロウならよかったのに宵闇418/11/3 21:20
悪癖を愛す卯月とわ子518/11/3 20:52

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.38sec.