AK-47の薬莢が
地面で弾ける音をヘッドフォンで聴いている
厨房ではたった今
ナンプラーが回しかけられ ぼくたちはまた一歩
首都から 遠のいていく

海岸に並べられた
籐のゆり ....
ソーシャルクラブで
アリが大量発生して
借金の履行が必要な事を悟った
無い物は写真入れだけではなかった
ジェームスディーンも居なかった
稲穂が揺れても
アリは増殖する
ソーシャルクラブの ....
さくら 指揮棒 鉱石ラジオ


雷鳴 マロンケーキ 水族館の床


握手 ペットショップ 炎


ジグソーパズル 生姜湯 高架下  


旅行鞄 セロリ 視力検査


モ ....
 .... ゆーらりと
死のただ中で生きている
明滅するたましい
骸骨が怯えている

カタカタと音を立て
ボルトが緩まり 腐食する身体
錆びついた心に映る闇と光

絶望か諦めか 
すべてを受け ....
昏い水の底で物言わず
新緑の葉の中で光を浴びず
紅の空に鳥は飛ばず
左翼を失った飛行機が大気圏を超えた日の話

毒入りの林檎を食べてしまった少女は
想定内の死を受け入れて
夕立の中美しく ....
僕はあるくよ

胸にあながあく病いながく患い

隣町に立ち上がる巨大な虹を見上げ

流れる雲たちの薄い白が

かぼそげな悲鳴ひとつ上げ、

消失していく夕闇が

時代を闇夜 ....
意識はふくらみ 肉体から浮き上る
こどもの手に握られた風船みたいに
実体のない 軽すぎるガスで ぱんぱんになった
自我――今にも破裂しそう(でなかなか破裂しない)
が 明後日の風に弄られる
 ....
いつも二人はばらばらで、夜に寝たり、昼に寝たり、その他、いつ寝たかわからなかったりで、暮らしているのか、いないのか。いるのか、いないのか、死んだのか、生きているのか、そうじゃないのか、何も知らず、ただ .... わたくしの言いなりの小人を呼んで
ゼンマイを巻かなきゃいけないから

そう、わたくしのハムスターは
必死になって火車を回している

頭の中のどこか隅にある組織をつぶして
何処にも出せない ....
内堀通りを青山通りまで

皇居は暗くて見えないけれど

そんなに高くはない高層ビルの明かりが

なんだかとても優しい夜


自分を傷つけたら追いかけないで済む

だから自分を傷つ ....
鼻の頭に蠅が止まる
そんな日もあるだろう

空遠く
明日 あそこへいってみよう
私は色の違いを感じとる
形の違いが分かる
棚とたんすは違う種類
あ行とわ行は別の段
あいうえおのあと
かぎをのをはひびきは同じで形が違う
親子丼とオムライスは
別の美味しさ

明日の ....
自称詩人がこの世に
存在する限り
私の才能の泉は渇れない

そうは言ってみたものの
ちょっと飽きて来た

自称詩人はゴキブリみたいなもんで
1匹見つけたら3000匹はいると思え
の格 ....
B・ラッセルは幸福にも、おさないころ両親を亡くした。

孤独だったので数学にのめりこみ、
ケンブリッジの教授になった。

親の愛をしらない彼は哲学にも手を出した。

血を愛すこともな ....
秋を詩にして朗読してみた。
まだその詩は書いてはいない。
私だけの秋だから。
私だけの唇だから。
詩は即興でいいのです。
味わえればいいのです。
私好みの沈黙の送入…
目を開けたまんまの
ぬるぬるの
水を切るように泳ぐ生き物
魚になって
川を泳ぐんだ
川面の虫を捕らえて
ぱくりと
岩陰へ潜む
心地よい風は水
液体の風
だから風の摩擦を感じ ....
その部屋に入ると
うず高く降り積もった埃と
かび臭さが鼻について
忘れ去られていた時間を思う
もう 何年 何十年と誰も足を踏み入れず
部屋の存在すら忘れてしまった
大事なものがたくさん保管 ....
こうやって行き交う人びとや車を見ていると
気が遠くなりそうになるよ
いったい私は
どこから来て
どこへ行くのだろうかと

生きていくための仕事も疲れるし
毎日同じことの繰り返し
気を失 ....
雨が降っていて
部屋が暗いので
昼ひなか電灯をつけ
本を読んでいた

一冊読み終えた頃
午後の日が
レースのカーテン越しに明るく射してきて

半透明のゼリーの中から
外を見ているよ ....
生活は、明転しつづけているけれど自然過ぎて気づかれない木馬は、煌びやかな光を放ち回転するファンファーレ、流れつづけていれば腐らないってほんとなの水が、八十パーを占める身体きよらかであれ永遠の、愛がある .... ほこりをかぶっていようといまいと
食品サンプルは食べられない

蜘蛛の巣に囚われた
きのうの夜の雨粒たち
夕刻にはその存在ごと食べられて
また空へ還る

バナナの黒いとこは
食べられ ....
本当に私の娘を
幸せにできるのか?

できますとこの場で
言う事は可能ですが
致しませんただ一つ
お伝えさせていただきます
今日までを振り返り
二人の歩んだ人生は
けして不幸ではなか ....
時は
風のように流れ去り
人は
いなかったもののように去っていく
老人は
思い出に生きる
夢のような思い出に生きる
昨日のことすら
昔のことのように思えてくる
取り壊された実家跡に立 ....
ベイビー、ベイビー、ベイビー
虫の知らせで取り込んだ洗濯物のことと
目を合わせなくてもムードの触手でわかるきみのことを
一緒くたに考えている
全てのきみたちは柔らかさといたみを同じ座標に持って ....
忘れかけてた
傷あとが
ここぞと目を覚ます

脳か心か身体か
どこともいえない
傷がうずく

心の鼓動
血の流動

狂い咲く花
狂い飛ぶ虫

生い茂る草
追掛ける ....
何か言わなければ
ナナフシのように
気付かれないのが
少しばかり悲しい

愛されている
世界の優しい所を
口寂しさに舐めて
虫歯になっている

深夜に開けた窓
埃っぽく土臭い風
もう夏は居らず
 ....
私の声は気まぐれで
声が出たり出なかったり
原因不明の失声症
おそらくストレスのせいらしい

私の生活は不規則で
心を病んでからというもの
ほとんど家から出ていない
たまには外出もした ....
あなたが歌を歌う時
あなたは歌そのもの

僕が言葉を語る時
僕は言葉そのもの

僕等が一人ひとりの日々の旅路を
ゆったりと加速して…歩めば歩むほど
人間は、歩行そのものになる

― ....
「友への手紙」

君は桜吹雪の彼方へゆく
僕は{ルビ永遠=とわ}へ詩う
友よ、ありがとう
今宵は何故か・・・涙の美酒だ

   *  ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
_もり217/11/8 23:58
ソーシャルクラブ間村長617/11/8 22:56
言葉を並べてみませんかふるる3*17/11/8 22:27
青と赤と黒イッパイアッ...117/11/8 21:56
ゆーらりと星丘涙7*17/11/8 21:41
地球、戻らず倉科 然317/11/8 21:25
僕はあるくよ秋葉竹217/11/8 21:14
極めて人間的ただのみきや16*17/11/8 21:08
20171108_work0000@poetryHell ふ...117/11/8 21:00
治療は良好です日々野いずる317/11/8 20:54
優しい東京吉岡ペペロ917/11/8 20:35
秋のある日空丸ゆらぎ・...517/11/8 20:19
流れる心センベイ5*17/11/8 19:55
秋っぽい性格花形新次217/11/8 18:56
幸福の本質宗像現象3*17/11/8 18:42
朗読2*17/11/8 18:38
魚になりたい山人8*17/11/8 17:06
思い出無限上昇のカ...317/11/8 16:06
断片渡辺亘217/11/8 14:43
びいだまごしLucy10*17/11/8 14:09
曇天サーカス/即興ゴルコンダ(仮)投票対象外こうだたけみ2*17/11/8 12:56
食べられるもの食べられないものそらの珊瑚12*17/11/8 10:04
御父上様へ物申すしょだまさし117/11/8 8:49
取り壊された実家ホカチャン317/11/8 7:13
ドーン名札 亜号217/11/8 4:39
抒情の蒸発シホ.N417/11/8 1:08
日常ネン3*17/11/8 1:02
失声症無限上昇のカ...317/11/7 23:32
SPIRITS服部 剛517/11/7 21:12
手紙―友を偲ぶ―117/11/7 20:53

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.31sec.