雨の中に黒い女
傘もささずに佇む

雨の中は深海のように暗く
光を飲み込んで
なにもかもを溺れさす

ソコで待つのは愛しいあなた

女は泡になる前に

揺るがぬ愛を得る為に

 ....
あのこが僕を笑うのをやめて
人生についてちゃんと考えるようになった
そんな苦情が
僕の家のポストに殺到するようになった

素晴らしい兆しだよ!
笑いながらつぶやく
そんなラッキーが君 ....
縁側に転がってみれば
満天の星空
その輝きの一つ一つが
何十年も何百年も前のものだと分かってはいても
今、この星々は
消えてしまっているのかもしれないと分かってはいても
その美しさから目が ....
草原を見つめる目に
私の姿は写らない
海原を見つめる目に
私の姿は写らない
要は私はあなたの興味の対象外で
都合よく使われているだけ
分かっていながら
私はあなたに尽くしてしまう

 ....
鏡にわりとかわいいあたしがいるよ

父のニコレットを噛んで見つめてた

なんだか誇らしげに鏡を見つめてた

いつのまにか母の遺骨を見つめてた


学校から帰ってきたら母が死んでた
 ....
どこかに
負の生命体が惹かれあう
磁場があるのだろうか

変化の胎動は
終焉の胎動でもあり
虫が先々を急ぎ
蠢きだしていたのだ

狡猾な罠に気付かず
煌く夢におびき出され
重鈍な ....
もう何も書かなくて良いと神さまがあたまを撫でてくれる夢をみた。 涙は枯れるって
ただの表現だね。

あのひとに目の前で
あの娘といちゃいちゃされた、
あの娘うでをからめて彼の耳元に
くちびる寄せて
こちらに視線を送るから。
おもいっきりしてやったり ....
気付いたら
電車に乗っていた
コトコト音をたてて
何事もなかったかのように
海沿いを走っている

おかしい
私は亡くなったはずなのに
病室でたしかに息をひきとって
この世界から離れた ....
臭気を電気信号に
変換する半導体が
開発されたという
名前を臭電半導体といい
シリコンに臭素系物質を混ぜ
高温で焼結させることで
臭いを電気信号に変換する
ブロムナート電子体を生成する
 ....
おれの周辺には
死刑囚の心情みたいな沈黙が堆積していた
それはぱっと見には
湧水のように床から滲み出たもののように見えたが
出処はそこではなく間違いなく余所にあった
マーク・ボランの
 ....
部屋にいる
外で話し声がする
誰と誰だろう

もしくは
電話?

もしくは
ふたりではない?

もしくは
誰が誰なのか
わかっていない

その誰は
自分が誰なのか ....
静かに祈っているのに落ち着かないよ

なにしにここに祈りに来たんだ

諸行無常のスローモーション

日常をひとと関わり生きていく

なのに孤独だなんてまったく失礼だろ


深かっ ....
深海でいらついてら

なにしに潜りに来たんだ俺

朽ちていくスローモーション

日常を自転車が過ぎていく

孤独なんて失礼な話


つぎはぎだらけじゃないか

恋より愛の方が ....
吐き出すだけの私だ。
ゴミ箱は逆に溜め込むしか能がないが、
誰かに空にしてもらえない限り、役には立てぬ身だ。
明日誰かの役に立ちたいと思うがために溜まった思いを吐き出す必要が私にはある。

 ....
減点パパや
笑点の司会の話ではない

パンティを下ろしたとき
おけけがなくて

♪裸でかけてく
エッチなワレメちゃん

がもろ見えだったら
びっくりするってことだ

びっくりす ....
寂しいから恋をするのは
本当の恋愛なのかな
なんて疑ってかかってた
でももうそんなうら若き時も
過ぎると違って感じるんだ
孤独な時に
会いたいって思う人のことは
本当に好きでいる
そう ....
木枯らしが吹いて
私が知らないうちに冬が来る
私が知らないうちに季節は巡る
冬は嫌いだ
寒いから
冬は嫌いだ
雪が降るから

木枯らしが吹いて
枯葉が舞って
冬が来る
冬が来る
向かいの家の板塀が
黄金色に照り輝き
台風一過の秋晴れに
遊ぶ子供達の声も軽やかだ

一方私は布団のなか
鉛の憂鬱を抱えながら
それでもこの美しい秋日
天高くから落ちて来る
青い青い ....
こどもは
どこから
きたのかな?

とうしずの
しょうてんから
きたのかな?

ひかりの
とつぜん
へんいかな?

おんがくの
けっしょうか
なにかかな?

うちゅうが ....
妖しい、妖しい、
最期の煙草は
煙突として
白いミルクの蒸気を吐き、
みんな妙に
怖れているみたい、
わたくしもその内に含み。
気にしていた一日鳴りつづく警報機が止まり
安堵 ....
台風のあと散らずにいた
白い小菊の花びらの中に座り
濡れた髪など乾かしながら
やっとひとごこちつく
清涼な香りに
生き返るここちする

草むらで横たわった猫は
生き返らなかった
その ....
さびしかった
つらかった
いつも一人だった


ぼくのこころの中は
いつも
くもりぞら

ときどき
冷たい雨がふり
大風が荒れ狂う


君との出逢いがなかったら
ぼくは
 ....
肌寒い朝
暖房をつけるか悩んでみる
寒々しい部屋の中は
私の心と一緒
火の気のない部屋に1人
冷めたコーヒーは美味しくない

1人ぼっちの孤独より
誰かと一緒に入る時に感じる孤独感の方 ....
妻が眠ったことを確かめてから私はスクワットを始める。
腹は減っていなかったが、しばらくはパンを押しつけることに決めた。
「うまい」を超えて入ってきた胃の中のものが、チョコレートを搾る。
そして手 ....
ジョン・ケージのような一陣の風が
時折吹き抜ける早朝に
雨は既に止んでいた
誤算を重ねて扉が鳴る
別にゴジラがいるわけでもなかった
父と母が降りて来る
バナナを食べる父
私はバナナを決し ....
大女優が余裕のリハーサルするような君をいとしいと思う

牛乳たすヨーグルトはヤクルトだったっけ

神経質な目をしたりスヌーピーみたいになったり

生きていることすべてがみんなをいい雰囲気に ....
{引用=
ここには昔きよらがわと呼んだ細流があった



なにもしらずにおもいつづけた
 あなたには こよない日々があったとしらずに
なにもしらずにさがしつづけた
 あなたには  ....
 ぴ ・ ぴ ・ ぴぴぴ・・・・・・・

 忘れ去られる目覚まし時計

 セットしたことさえ記憶を飛び越え

 理由さえ頭の回路から消え去る

 目を覚まさなければならない理由がない
 ....
毒にしかならないのなら
いまは埋めてしまうのだ
毒じゃなくなるその時まで
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
人魚姫kino12...217/10/31 13:59
ランブレッタと協議します竜門勇気4*17/10/31 12:43
星を眺めて無限上昇のカ...417/10/31 10:31
片思い217/10/31 10:12
見つめてた吉岡ペペロ417/10/31 8:03
変態山人6*17/10/31 7:37
もっぷ417/10/31 7:30
枯れない涙秋葉竹017/10/31 4:43
今日産まれたばかりの私ネコヤナギ417/10/31 1:02
新型半導体花形新次017/10/31 0:10
天国を待ちながら、だけどこの身体の居心地もまんざら捨てたもん ...ホロウ・シカ...2*17/10/30 23:57
 誰j;l017/10/30 23:46
コノヤロウ吉岡ペペロ317/10/30 23:06
この宇宙(コノヤロウ)117/10/30 22:44
ゴミ箱の一生夜に吠える317/10/30 19:38
びっくりしたなあ無毛花形新次017/10/30 19:34
恋愛の哲学しょだまさし2*17/10/30 16:57
冬が来る無限上昇のカ...217/10/30 16:30
この秋日に(改訂)ひだかたけし917/10/30 16:03
こどもはどこから片根伊六217/10/30 14:27
#06詩徒(しと)517/10/30 13:13
花暮らしそらの珊瑚16*17/10/30 12:17
青空の住所は君の中  st217/10/30 10:50
無限上昇のカ...417/10/30 10:21
20171030_work0000@poetryHell ふ...117/10/30 8:09
早朝間村長1117/10/30 6:50
ずっとずっとね吉岡ペペロ717/10/30 6:36
きよらの賦宮内緑5*17/10/30 2:46
忘却の目覚まし時計佐白光1*17/10/30 1:17
解毒ネコヤナギ417/10/30 0:39

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.32sec.