出口を探して
歩いてた

抱えた問題を
何かにぶつけて
小さくしようとした

それなのに空は
痛みも見せないで
全てを受け止めた

さっきよりも
赤くなって

僕は晴れたけ ....
0とは、憎しみでも尊敬でもない。
僕たち自身だ。
子供の頃
アントニオ猪木は
好きではなかった
好きだったのは
タイガー・ジェット・シンの方だった
新宿伊勢丹前の路上で
買い物帰りの猪木、倍賞美律子夫妻を
襲撃した
タイガー・ジェット ....
ボンバイエ

タバスコ

ビンタ
ウンチの実態は
食べ物の残りカスではなく
細胞の死骸なのだと聞いて
私は脳細胞の死骸だと
勝手に思ってしまった

確かにトイレに籠って本を読み
粘ると便が出ることが多いので
脳細胞の代 ....
空の青が
わたしの中に
きっとあって
それは静かな眼差しで
わたしの心を視ている

宇宙の漆黒が
わたしの中に
きっとあって
それは渦巻く混沌で
わたしの心を喰っている

 * ....
おかしいくらい、
私の人生が冴えていたことは、ない。
ただの1度もない。
休日は後ろの席の嫌な男のことを
ずっと嫌だという思いが消えない
ずっと好きな人がいて報われないけど恋に囚われていた方 ....
{引用=壱}
赤い糸屑が絡んだあばら骨
ソフトな拷問の日々

互いの影を踏まなかった
ひとつに溶けるのが怖かった

通過儀礼から逃げ出して
淫らな踏み絵に額突いて

眼球は自転する ....
私は
便意に導かれるように
朝目覚めてすぐに
トイレへと向かう

小さな窓から
漏れ聞こえる
小鳥のさえずりや
透き通った
青空とともに

私は
私の肉体に
吸収され
生き ....
それでも身体は
どこまでもこわれゆくこぼれゆく
ものでしかなかった
だからせめて
心と呼ばれるものを
身体のすみずみまでしみわたらせて

身体のそとに
しるしを刻んでゆく いくつも
 ....
ただいちめん、空の青

天上の光を宿し

今、わたしの意識に降り注ぐ

肉の病を内包し
わたしはどこまでいけるだろう?

確かな、こと
今、私はここにいる
今、私はここに生きる
 ....
1.
物のことをよく考え、想像する。一切物の無い世界。


2.
コップでも本でもいい、安心する為に必要である、秋の夜には特に。


3.
物の無い世界。白昼夢とて陽はなく。あるのは ....
洋服は
長袖を着たけど
心はどこにも仕舞えない

光に晒されて
その瞬間は
頬が緩んだ

綺麗なものの側にいたい
例えば金木犀

むせ返るような甘い香りが
降り注いで

立 ....
静かに一〇月は時をひらいた
なにかが削られ、なにかが搾取される
夢は永久ツンドラに閉じ込められて
何万年後に掘り出されるのだろうか

遠く暮れかけた夜空に金星が浮かび
失われつつある憲法は ....
他愛のない見切り発車のなだらかではない
閉ざされた苑への口は穴ぼこだらけで吠え狂う
荒々しい岩肌の位置を保てないから真っ直ぐで
ざっくりとした網目のくぐもる残照の少ない方角へと
向こうに回して ....
傷だらけの時に
優しさを貰った
僕の尻尾は
鎖を生やした

君と繋がるために
走り回って
見つけたものを
教え合った

幸せそうな
メロディは
ひとり分しかなくて
ふたりで口 ....
濃密な青を流し込み
暮れゆく空を
眼差し見つめながら
僕は想う

この夕べに舞う天使たちを
この世界の奥深く躍動する神々を

でも、僕は
貴女たちに達していない
未だ全く
ただそ ....
「さっきの化け物を葬った魔法か? あれは、お前の手柄だった!」
アイソニアの騎士は呵呵と笑ったが、ヨランはすっかり怖気づいていた。
「笑いごとではございません。誰もが、あのような魔法を使えるように ....
「話せば長くなります。ですが、ヒントはエランドル様の言葉にあります」
「エランドル? さっきこの女に取りついた亡霊のことか?」
「俺は知っている。世界を滅ぼした男だな」と、エイミノア。
「それは ....
「しかし、クーラスはすでに虹の魔法石を持っているのであろう?」
「そうでございます。ですが、多分彼は使い方を知らないのです」
「虹の魔法石の……か? それはあり得ぬ。あの狡猾な男のことだ。
 き ....
去り行く友の
別れぎわ

これで終わりと
思えずに

また会う日までと
手を振った

おたがいに
おたがいに

これが最後と
なるなんて

なんだか会える
また会える
 ....
タイラップ

真珠

柿の種
リ・サイクルする私の中で足りない言葉を探し出している、家具の中の誰かの匂いと、太陽に照らした時だけ浮かび上がる魚を捕まえた、という君の言葉にワクワクしたんだ、だってそんな姿美しいじゃないか、ワタシとい .... 1.
曙。朝は飽きない。朝がくりかえす度ふたたび生まれる。


2.
祈りは、透明というより、熱い感覚である。思考のノイズの、応酬でさえあって。


3.
断絶。元々バラバラであった ....
夜の街には、風が吹き
不幸な人を選びます。

不幸な人の吐く息は
切ないほどの甘さです。

その唇はやわらかく
そっと触れたらぷにぷにで
どんな小さな喜びも
そっと ....
あらそいばかり視えるので
瞳を閉じたこともある

平和の使者を待ちわびて
すこし寒くて震えてる

夜風が鳴いてるこの庭で
みあげているのは星月夜

横浜港のみえる丘
 ....
世界を変えよう
そう言う私と彼女のお尻には
ふかふかの尻尾が付いてて
鋏みたいな虫がいて
木の実みたいな蛇もいて
みんな捕まらせよう
世界を変えよう
私たちは誓い合った
草の色した服を ....
真っ暗なのは
見えないのではない
闇を見ている

無音なのは
聞こえないのではない
沈黙を聞いている

不毛なのは
生きてないのではない
死を生きている

広い視野と
 ....
ことばを
トントントントン
階段を上がる
内面世界不思議
を塗り固めて
とっておき
ダッシュ走る
意味を同じくしないで
ことばを
並べて選ばず
ほら掴んだ
西へ日暮れへ
終わり ....
ただの夢のような一日を
なんと呼べばよかったのか、

もしもその日が曇天で
いまにも泣きそうな空だったら、

さみしいじぶんを
ただ慰めようとしてくれる
すべての人に優しい ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
いつかの空ミナト 螢2*22/10/2 9:43
空丸222/10/1 21:45
新宿伊勢丹事件花形新次0+22/10/1 19:22
令和4年10月1日(土)みじんこ2*22/10/1 18:58
クソみたいなウンチクイオン822/10/1 18:23
シンカ/通底音として鳴っているモノひだかたけし422/10/1 17:58
ゴキブリ雪ノ下清美622/10/1 17:03
腸腸夫人ただのみきや022/10/1 16:28
大便者花形新次0*22/10/1 13:45
still塔野夏子1*22/10/1 13:35
このいちめんの青へとひだかたけし422/10/1 10:03
17.田中恭平 n...022/10/1 7:44
衣替えミナト 螢222/10/1 7:26
生活山人3*22/10/1 5:44
灌漑の暮れ方122/9/30 23:47
ミナト 螢222/9/30 20:21
天使たちよ、神々よ~この夕べにひだかたけし5*22/9/30 18:32
世界の真実(十八)[group]おぼろん2*22/9/30 18:10
世界の真実(十七)[group]2*22/9/30 18:10
世界の真実(十六)[group]1*22/9/30 18:09
さよなら松 けい子3*22/9/30 16:41
令和4年9月30日(金)みじんこ2*22/9/30 13:41
RE:サイクルXIAO322/9/30 11:40
17.田中恭平 n...122/9/30 7:40
甘い息秋葉竹122/9/30 7:26
星の流れた夜の庭122/9/30 7:25
変えよう妻咲邦香022/9/30 2:17
五感の深部シホ.N5*22/9/30 0:31
コラージュにあそぶかんな222/9/29 23:22
それが運の尽きだったのか、空が高くて青かった秋葉竹122/9/29 22:43

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.42sec.