今日は一日

女房のいない秋日和

とーっても

のーびりするなあ!

なんでだろう?
男はみな
前立腺やられて
勢いがなくなる
やさしくなったんではない
弱くなったんだ
男の衰えは
急激にくる
君の内なる水面で
睡蓮がうっとりと花ひらく頃
僕らを出会わせる偶然が
またおとずれるだろう
血の雨がふりそうな
葬儀の途中
皆、誰を弔ったのか知らない
俺はごきげんだった
アコースティック・ギターを
弾きたい気分だったぜ
実際死んだのは悪魔さ
楽にいこう

何かを断つ/こと ....


これは片野晃司さん制作のソフト
「マウスで作る一兆の詩」
を使わせていただいて出来た、私の詩作です。厳密には私の最初の詩です。
これまで俳句、短歌、掌編小説、童話等、それらしいもの ....
漠然とした痛みが夜を襲い
ミシンを踏んで絆を作った

上糸と下糸が手を結ぶと
縫い目を増やす足跡のように

0.1ミリの隙間が怖い
どうしてゼロにはならないのかな

追いかけて止まっ ....
突然私が自称詩を
投稿するようになったのは
大好きなカレに振られたから

ううん、この場合のカレは
単に三人称のカレ
彼氏のカレじゃない
だって告白する前に
カレが仲間に
「あのブス ....
汚したくなる
好きだから、かな?
どうでもいいなら
思いもしない
汚したくなるのは
どうしてなんだ?
あなたのこと
綺麗って、思ってるってことだ
綺麗な、真っ白な、
ふにゃふ ....
踏ん切りのつかない弱い雨は中空で折り返して黒雲へと戻って行った、とうに濡れる覚悟が出来ていた俺は拍子抜けを食らってゲーム・センターで結構な金を無駄にしてしまう、どこをどんな風に波立ててみたとこ .... もう優しさが違うから

グラスの冷たさも忘れるくらい心が凍っているのがわかる


「知らない」ことを恐れていたはずなのに
感情そのものをぶつけてくる瞳がこわい


この沈黙があな ....
変わらないものなんてあるのかな
不意の呟きの真意が分からなくて
曖昧に微笑んでみせた水曜日の夜

降り始めた雨に不安になったのか
ざわめくように木々が揺れていた

変わらないものなんてあ ....
同じフレーズから 導き出される 
別の存在

繰り返される後悔は 悪夢として形を成し
心の奥に出現するから

"なかったこと" には 出来ないんです
" ....
昨日でもない

明日でもない

今日でもない

いつだってはじまりだ
まだ死んでない命の
サイケデリックな営みは見てらんないからさ
ちゃちな欲望が錐細胞を燃やし尽くす前に
殺して食うことの何がイケないの?

思い出して
この世に生まれたときの苦しみ
やるせ ....
辛い時 振り返る景色がある

それは若き日溢れんばかりだった感情を
形にしていた場所

いつからか辛い時なにかを
残していく場所になった

その景色は曇っただろうか
それとも濃く ....
おふくろから仕送りをもらったので
女の子と回転寿司に行った
そしたら寿司ネタが全部
ハラスメントだった

パワーハラスメント寿司
セククシャルハラスメント寿司
モラルハラスメント寿司 ....
このままじゃいけない このままでいたい

動けぬ理由は 涙の中

川となって流れたら

さしこむ光が 穏やかに誘う
輪郭が助手席につながれている
せわしなく口が動いている
拡がる新緑は心許ない
その様子を僕は同じ切れ目から覗いてる
輪郭が鼓動しているのは確かだ
それは僕なんだろうか

自転車をこいでい ....
あのパーセクの向こう
猫には見えるのだろうか
死んでいった魂が

都会では星さえ見えないが
ほんとうは暗闇の向こうに先があるのだ

しんとした部屋、片付いてはいないが汚くもない
自分は ....
スカートを履くと
股間が震える

解放された
器官を放り出し

投げ売りにする
みたいな軽さを

乾燥した空気が
読み取った

スカートの下に
ジャージを着ると

生々し ....
ペットボトルのブラック・コーヒー
一気飲み
飲むにはいいここち
だけど段々さわいでくるよ
ゾロゾロ幽霊行進中
血管のなか
血管のなか

あいにく煙草はやめていて
机のなかにはくすりが ....
6時30分の雨が降る
死者としての百億の昨日とひとつの今日、
全ては過ぎ去る。

そんなことはありえない、と人は言う。
どうして?、と僕は言う。
だってありえないんだから、と人は言う。
 ....
食いもんとか
飲みもんとか
花とか
蝋燭だとか

そんなんより
骨箱には
声かけたるほうがええ
もちろん独り言やけどな
自分しか言われへん事も
やっと聞いてもらえるん
ちゃう ....
喜びもない
平安もない
愛もない
ただただ途方に暮れている

人は道徳や戒律では救われない
清く自分を律しても
それでは救われない

人は死ぬまで罪を犯す
罪人だから罪を犯す

 ....
誰も寝ていない寝台の上に

まだ戒名の付いてない
母の骨箱を座らせる

ダウンロードしておいた
浪曲を流す

追い追いと涙が溢れる
こころに穴がある
その穴を覗くと君が見える
かわりにその穴を塞ぐ人はない
それが夫婦というものかもしれない
落ち葉が舞ってる君を追いかけて
スニーカーの底で中敷になる

君を支えているんだと思える心強さを
震える身体で伝えようとしたのに

眠りに落ちて低くなる体温
君を冷たいまま放置していた
 ....
愛情はひとつでも
愛情表現は人さまざまだ
黙って見守るのも
愛情表現なら
いちいち心配するのも
愛情表現だ
場合によっては
厳しく注意したり
たたいたりするのも
愛情表現だ
愛情は ....
今朝は小さな喜びが
2つもあった
ひとつは
プランターの中にほうれん草の芽が出ていたこと
ふたつめは
地域に二人しかいない小学生のうちの
一人の二年生の子が
通りかかって元気よく
「お ....
駅のトイレの個室の壁に書かれた
作者不明の一文
それに
興味をそそられた

読んでしまった
用を足しなから
読んでしまった

 俺は失敗して彼女を妊娠させてしまった
 出来ちまって ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
秋日和ホカチャン018/10/25 11:35
関白亭主018/10/25 11:32
淡い約束塔野夏子2*18/10/25 11:12
悪魔は死んだ田中恭平418/10/25 10:59
入学式杉菜 晃1*18/10/25 9:30
ステッチミナト 螢1*18/10/25 8:25
つみき花形新次018/10/25 7:08
好き、になる立見春香218/10/25 3:39
穴だらけの心は破れたフィルムの夢を見るホロウ・シカ...0*18/10/25 0:50
優しさの断面十一月の失敗...218/10/24 23:05
スターチス1486 1...3*18/10/24 22:57
春出現藤鈴呼1*18/10/24 22:22
はじまり1486 1...1*18/10/24 21:01
素心0*18/10/24 20:44
詩というものは三月雨218/10/24 19:59
ハラスメント寿司もり118/10/24 19:22
立ち上がる天鳥そら3*18/10/24 18:51
僕3ぱーちゃん118/10/24 18:14
パーセク青星円218/10/24 16:50
制服ミナト 螢1*18/10/24 16:42
366歩のブルーズ田中恭平218/10/24 15:52
由比良 倖2*18/10/24 15:02
独り言宗像現象15*18/10/24 13:52
信仰によってあおいみつる1*18/10/24 13:46
預けるまで宗像現象11*18/10/24 12:55
心の穴あおいみつる3*18/10/24 11:31
帰り道の詩ミナト 螢2*18/10/24 8:58
愛情表現ホカチャン1*18/10/24 8:53
小さな喜び1*18/10/24 8:00
呼ばれて振り返ればこたきひろし418/10/24 7:35

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.4sec.