ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(123) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

しりとりの詩 2nd (創作系)スレッドオペレーター:ベンジャミン
詩でしりとりをするスレです。前のひとのことばや思いをひきついでね。。*^ ^*

るーる1。感想は作品の投稿といっしょにどうぞ。
るーる2。前のひとの詩のさいごの行にある言葉をどれかひとつひろって書きつないでね。
(1語でもおけー。1つの字だけでもおけー。それをタイトルにしてもおけー)
るーる3。じょうずへたは気にしないでね。こみゅにけーしょんや言葉あそびがメイン。
これ以上書けません。

[680]黒乃 桜[2009 12/22 15:49]
奪われてしまったその嘘に
私は苦笑を零したわけで
あなたはどうせあなたなんでしょうなんて
追ってくる吐息を壊してしまえたなら
 

[679]くろねこ[2009 12/21 23:03]
柊を手に手に持って
村人が追ってくる
私は邪
甘い香りに打ち据えられて
光奪われる
 

[678]K.SATO[2009 12/14 01:16]
横たわるベッドの中でクシャミしようとしている
活躍するのだろう 宇宙空間の波として 
誰でもない風の指標として 僕は
タイル模様にされていく僕のライバルの
冬を aikoへと 走ってきた
 

[677][12/13 23:30]
吟じる術を忘れてしまっても
まだ紡ごうとすることをやめられずに
彼女が砂浜で過ごした長い長い時間は
横たわるベッドの中で溢れ出そうとしている
 

[676]くろねこ[2009 12/13 23:27]
銀色の確定子が
光条の周囲を
螺旋を描きながら
落下していく。
素態体に着地する寸前に
遺栄納機が発動した。
 

[674]黒乃 桜[2009 12/07 22:15]
あんたが言った一言が
大抵あたしのステータス
椅子の高さを変えながら
あんたに突きつける シルバーカラー
 

[672]ペポパンプ[2009 12/06 19:04]
空は無限
金は有限

不死鳥は永遠
鼠は薄命

時間はエンドレス
場所はホームレス

男は仕事
女は料理

本は有限
思想は無限

シンセは無限
声域は有限

無限会社ってあるの?
有限会社なら知っているけれども

理想は無限
現実は有限

愛は有限
恋は無限

幸せは無限
苦しみは有限
 

[669]黒乃 桜[2009 12/05 14:21]
そっちじゃなくて そうじゃなくて
恋が恋として 涙が涙として
終われば ただ 終われば
ああ 良いのにと 眼を細めるのに
 

[664]くろねこ[2009 12/04 21:39]
カマキリ草に食べられた
僕の仲間は食べられた
それはのんびり草の上
日向ぼっこの話の途中
風にぐらりとゆさぶられ
足掬われたのが運の尽き
 

[663]たもつ[2009 11/30 19:04]
 
ジェットエンジンを抱えて
カマキリが空を飛んでいく
世界最速の
カマキリとして

でも世界で一番遅くてもいいから
草むらで人の話を聞くこともなく
もさもさと虫を食べている
そのようなカマキリが僕は好きだ
 

[661]たもつ[2009 11/29 18:18]
 
足跡が
静かに

止まって見える
 

[660]黒乃 桜[2009 11/29 11:06]
花を並べるあなたは
川岸のオルゴールの中
くるくると回る白い肌に
触れるように笑うのね
小さく小さく 足跡を残すように
 

[659]たもつ[2009 11/29 07:45]黒乃 桜
 
虫の背中
その向こうに
狭い川岸
人事係の人が
花を並べている
 
 

[658]mizu K[2009 11/21 22:12]
後悔がうらごえしてうつくしく歌われているという声がして
眼窩を黒くめしいてしまったおのれの寝床の天井裏に
夜な夜なほのかに灯る夜光虫の汀がよせて、くる、よせて、くる
夕暮れの残照のなか汐汲は言った、おまえのいえはどこにも
ない、どこにも、ないし、これからも、ない、虫は金粉を散らして夜明ける
 

[657]ミツバチ[11/21 20:00]
真っ赤なマーガレット
すまし顔で
太陽に背を向けて
一人で生きてるつもり

優しい手の温もりなんて
知りもしません
痛みを与えるものでしょう?
優しい言葉など
知りもしません
傷付けるだけでしょう?

吹き抜ける風で
カラカラと狂ったように
笑った

全部一人で生きてるつもりで
体を支える大地
水を与える雨
周りの支えに気付かずに

一人よがり

呆れた蝶は
青空に取り残されて
寒い空気に
後悔をする
 

[656]黒乃 桜[2009 11/17 19:34]くろねこ
寝床に潜り込んで
見上げた天井
夜光虫が張り付いて 狂えと喚いた

愛想を振りまく 携帯の点滅
目を閉じてしまって
瞼の裏の世界 旅してみようか

さあ 何処へ行ける 何を見れる
何が知られて 何を知れる

何事も繰り返される 輪廻と
ほら見えてくる 真っ赤なマーガレット
 

[655]蒼木りん[2009 11/15 22:24]
わたしが寝床で猫と眠っているころ
キミは夜光虫で
山在り海在り仕事をして
朝になるころ
街灯も消えて
携帯の点滅も消えて
わたしが現れるのを
帰りの車の中で待っている
キミとわたしは
キスもしなければ
手も触れない
磁石のSとS 
NとNのように
運命が
瞬時にふたりを引き離すから
もし
無理やりくっつけたら
ドーナツてしまうだろう
くっつけたものが
壊れてしまうんだろう
狂ってしまうんだろう
キミとわたしは
壊れたり狂ったりしないために
今日もそれぞれ
寝床にもぐりこむんだろう
 

[654]K.SATO[2009 11/15 19:07]
春まで体もまっ黄色か
体に 一部を塗って
そうして破片にされていく色よ
鳥の金箔と
いけばいい 寝床へ 影は
 

[653]くろねこ[2009 11/14 10:43]
蜜柑のおいしい季節になりました。
今年も田舎から段ボール10箱分の大量の蜜柑が送られてきました。
焼き蜜柑
蒸し蜜柑
蜜柑のジュレ
蜜柑鍋
マーマレード
蜜柑風呂
...
蜜柑三昧の日々で
春まで体もまっ黄色です。
 

[652]黒乃 桜[2009 11/10 13:53]
疲れた顔で帰ってきたから
シーツに埋もれた不味い躯
水筒とかに詰めちゃってよ
ギターのシールとか貼ってあるやつ
僕は歌を混ぜながらも またゆっくり美味しくなるんだから
 

[651]K.SATO[2009 11/08 23:30]
マイマイの、ベイベーの、ブルーに
ブルースハープを吹きながら 僕は
沈痛なる暗闇を深く感じさせられていく
もう 過去は ギターとして 僕に無い

黒く錆び付いて ギターは
憧れのようなただの象徴だけれど
あいつは 歌っているらしい 今夜も
疲れた体で そしてまた 帰ってくるのだろう
 

[648]mizu K[2009 11/08 02:44]
春ほうけたぬるま湯のうぶゆで雲と浮かぶ北の地にねむる人
それが秋まで暁を覚えないで冬眠前のグリズリーが
上る鮭の溯上をながめている川岸でぼうぜんと立つだけの
わたしだから鰯を三枚に下ろすことをスーパーのおじさんに
頼むだけの冬籠りにはただオイルサーディンだけでいいと思う
 

[644]ミツバチ[11/06 00:16]
信じない事は容易い
欲しい温もりは
届かない所にお預け
君の睫毛の瞬きは
本物でも
夜空の星座は嘘かも
幼い頃の記憶ほど
曖昧なものはなく
もう愛情なんて
忘れちゃった
片方の赤い靴は
きっと鼓膜の奥で
泣いてるよ
両手ですくいあげた
君達の囁きは
どれも溢れて
小さ過ぎるのか
留まりやしない
寂しいのさ
あんまりにも寒いから
遠くの汽笛は
元気が無いね
 

[642]黒乃 桜[2009 11/04 19:05]ミツバチ
このぬくもりが例え一瞬であっても
今日の時計の針が10に来るまでは
僕の横に永遠残っているはずであって
だからきっと君の睫毛が揺れるのだって
鮮明に覚えてられるって信じてるから
だから届かなくたって手を伸ばしてみる
 

[640]K.SATO[2009 11/03 14:47]
僕は飽きたことの
ホットカーペットを夢見させられていることにして
あの子を憎しむ あの体に
何かをこの寂しさは手に入れられれば
ぬくもりの 夢見ることではないことにやってくるだろう
 

[638]鎖骨[2009 11/03 01:55]K.SATO
判らなくなっている
豊かに死ぬことの意味
夜毎に遠く離れたくなる
終わりが明記されていないカレンダー
求めていたいのは客観の極み
あるように思えるものを一先ずこの目に収めて
それからずっと眺めているだけがいい
飽いてしまうまで
そうしたら死ぬよ
誰も連れて行かずにひとりで
おはようを誰にだって言わなくてもいい生活
死ぬまでは取り敢えず働かなくてはならないけど
みんなひとりでゆくんだよ
それまでお前ならどうやって過ごすだろう
 

[636]K.SATO[2009 11/02 00:21]
夜明け
走っていく河原を 道の
君をくれた気持ちが胸に
鞭が 竿のようにしならされていて 

釣りをするバスボート 遠くには
ルアーが食いついた猫に
庭の浮かんだような
深緑色を 平面の草たちの遠い日に
 

[634]黒乃 桜[2009 11/01 12:02]
明け方僕は独りでにぎやかに歌い
ふ、と落とされる世界は何色か、と
愛想みたいにチャイムが鳴けば
慰めに走り 泡沫を見る
 

[633]mizu K[2009 11/01 03:41]
歌っている人ののどもとがうつくしく夜明けのこどもたちの声
カラオケボックスの椅子の下には必ずバケツをかぶったこびと
ジャムサンドをほおばるこどものT-シャツはいつもよれよれでひねくれて
孤独に革靴のソールを打ちつけタップダンスのまねごとをする
明け方のカラーボックス3段目おもちゃ箱はにぎやかに歌い
 

[632]K.SATO[2009 10/31 23:24]
僕は名もなき歌
歌っていて寂しく 鼻糞だ
ひとり孤独なカラオケボックスで
涙だ 響いているので 声も髪も枯れるほどの
剃るのも忘れて まみれて
あいつを歌っているだけだ 
 

[631]K.SATO[2009 10/31 01:39]
全てが夜空に 闇で
死だ
皮はやめてしまって 果てとして
あいつを歌っている 死にかけている
 

[629]くろねこ[2009 10/30 21:29]
からっぽのおもちゃ箱に
顔を俯けて涙を溜める
ここに戻ってくるまでの
それは長過ぎる旅だった
立ち上がるのもおっくうで
 

[628]黒乃 桜[2009 10/30 17:56]笠原 ちひろ
体内正常浄化システム
例えば僕の分身を作り
ゴミが散らばった僕の体を 綺麗に綺麗に掃除してしまえ

例えば僕をバケツに付けて
バケツの真っ黒い水を見つめて
そこに映った僕はいう どうにもつかない表情でさ

「喜怒哀楽なんておもちゃ箱だ」
 

[627]K.SATO[2009 10/30 00:51]
夜 自分くらいかもしれない
なくなった水として反射していた
落ち葉ではなかったらしい この夜明けの
情報となったらしいのだ
選ばれていくゆらめきに
世界を常識として思うことが すべてではないのだ

自分には
歩かされていくけれど 
菓子へと 体内に 笑わされている
 

[623]たもつ[2009 10/29 19:01]ツ鎖骨
 
肉が迫っている
僕の魂は部屋の隅っこで
ゴミ箱のように
おとなしくしている
時間がでたらめに
燃焼しているとなり
不変なものが
さっきから見つからないので
座りたい人がいてもいいように
椅子ばかり並べている
 
 

[622]K.SATO[2009 10/28 00:27]
思い出のブルースとは、
石像のすべてに人間だったのだ、
歌う歌手を群れた群衆はユーミンの歌声だった10年間を、
悪い夢の影形は世代の地下世界のよう、
ジャズ喫茶ではなりきっていた僕たちだ、
肉迫する全体には時間は、不変なのだ
 

[621]K.SATO[2009 10/27 00:32]
爆発していきましょう
僕は無知のようにされて
褐色であるかのような 自分自身の目玉を燃えたぎる
内側のような ざわめいていくどこかへと 震えの細胞ではなくなって
二次元へと いつしか 飛来してきたようだから
何とか 黒色として 爆弾が

#寒い季節になりました。
 

[620]鎖骨[2009 10/26 00:06]
雪の残りみたい
目は見えなくとも
冷たい感触と光は届く
文字は捨てましょう
飾り過ぎる言葉も捨てましょう
値踏みをやめましょう
働くことで伝えましょう
与えたければ自力で生み出しましょう
汗のにおいを
生きるからだの痛みを
自然に口から零れ出る音階を
自分の目を取り戻しましょう
 

[619]K.SATO[2009 10/25 22:30]くろねこ黒乃 桜
駄目なのそれじゃ?と
僕は落としてしまった 筆箱を 黒い
シュークリームと コージコーナーのいっしょにして
明日の 再び 暗い月曜日へと向かっていく

今週末は雨ばかりで 関東の
アパートの 水色にされた路地は
今日も 猫が白い 出入りすると
雪の 見えていた 残りみたいにも
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.19sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート