ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(123) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

しりとりの詩 2nd (創作系)スレッドオペレーター:ベンジャミン
詩でしりとりをするスレです。前のひとのことばや思いをひきついでね。。*^ ^*

るーる1。感想は作品の投稿といっしょにどうぞ。
るーる2。前のひとの詩のさいごの行にある言葉をどれかひとつひろって書きつないでね。
(1語でもおけー。1つの字だけでもおけー。それをタイトルにしてもおけー)
るーる3。じょうずへたは気にしないでね。こみゅにけーしょんや言葉あそびがメイン。
これ以上書けません。

[980]ハァモニィベル[2016 07/26 19:06]梅昆布茶


繭の白く、輝いたきみの
星の遠さを映す瞳に、廣がっていく
夜の果てを歩み歩み尽くせば
微睡む様に贅沢な真夏の
風の水面に浮いた人形。


 

[979]st[2016 07/26 18:25]梅昆布茶
風がやさしくふきぬける 水辺の木陰のひと時は
真夏だけのぜいたくな  ただひとつの楽しみ

いつのまにか日が暮れて 帰りそびれて夜となり
月の光にさそわれて   そぞろ歩きの果てがない

家路はさらに遠くなり  天空をみたす星たちが      
輝きをまして夢の中   このままゆこうどこまでも
   

    
 

[978]ハァモニィベル[2016 07/26 00:56]st


 「青空の季節」

青空の住所

たずねてみた
ある日

ホーム
が、ヒットした
その季節(とき)

夏祭りを企画し成功させたトイウ鈴木さんは語る
タコ焼きのたこを、小さくすると、
逆に 危ない、
と。

冬は餅、夏はタコ


青空の
風物詩



# 作者が老人だと思った人は読解力に問題あり。20代でも無いけれど(笑)
# 最近、介護施設に関する裁判例をいくつか読む機会があり、そこにある、介護される方にも介護する方にも、ある種の地獄が存在する事を感じたことが、私にこの作品を書かせた。この場所に合わせた軽さで表現しているので、その感触は微量しか伝わらないと思いますが。
#「青空」も「鈴木」も架空の象徴として使用したもので、具体的対象はない。
 

[977]Lucy[2016 07/25 23:21]梅昆布茶
麦わら帽子
赤蜻蛉
紫つゆ草
朝顔の種
群れなす渡り
秋のあおぞら
 

[976]阿ト理恵[07/25 17:31]梅昆布茶
はこんでくるりいろはにほほえみなど水たまもようのなかに染めこむ


#短歌
 

[975]st[2016 07/25 16:56]ハァモニィベル
秋の気配が近づくころ    鳥たちが渡りをはじめ
ふたたび野山に帰ってくる
  
春のわたりのよろこびは消え なぜかさびしい秋のわたりが 
冬のおとずれを感じさせる

もうすぐにぎやかな     冬鳥も渡ってきて
湖は白鳥や鴨で       いっぱいになる

季節はいつもこうして    渡り鳥がはこんでくるのだ 
 

 
 

[974]Lucy[07/25 13:32]ハァモニィベル
とうとうきてしまった
うとうとしてしまった

うかうかねすごして
終着駅

こうこうと灯り注ぐ
秋の改札口
 

[973]st[2016 07/23 11:33]梅昆布茶
真夏がきた      とうとうきてしまった
極暑の夏は      きらいだ
梅雨ぞらのほうが   まだましだ
動物園の白くまが   あえいでいる
ペンギンたちも    たいへんだ
毛皮がじゃまな    イヌやネコ
よろこんでいるのは  うるさいセミたちだけ
真夏がきた      とうとうきてしまった

 
 

[972]阿ト理恵[07/21 12:27]
飛んだ日にフォークでつついて砕いた太陽からこぼれるは真夏

#短歌
 

[971]こうだたけみ[2016 07/20 21:09]阿ト理恵
カン、カン、カン、カン、
まもなく列車が通過します
蜃気楼がゆらめく夏の日に
はんぶんこのチューペット
むらさきに染まる舌の中心
カラカラにかわいたカラダ
麦わら帽がふわりと飛んだ
 

[970]st[2016 07/20 14:34]
待っている     カンカン照りの夏がすぎるのを
秋が恋しくて    しかたのない鳥たちが
水辺にあつまり   やけつくような空をみあげる

水浴びのあとは   ただ木陰でやすむだけ
ふきぬける風だけが すずしさをはこび 
ため息をつきながら 待っている 
カンカン照りの夏がすぎるのを    
 
  
   
 

[968]ハァモニィベル[2016 07/19 18:48]st


神の抜け殻を羽化した
双蝶の影が
あの庭で戯れていた季節(ころ)
懐かしいあの頃
の片影が、いま
墓のない僕の上にとまる


 

[967]st[2016 07/19 16:50]梅昆布茶
膨張するこの銀河を   この目で見る事はできない
だがすべての星が    ロケットよりはやく動いている
地球も月も太陽も    動いている
多くの銀河も      動いている
宇宙が果てしなく    膨張している
ダークエネルギーが   加速の原因だ
それは神のみぞ知る   未知のエネルギー
宇宙の7割を占める    暗黒のエネルギー
それはもしかして    神のエネルギーかもしれない
 

[965]ハァモニィベル[2016 07/19 01:21]


なまやさしい雨と夜叉シイ雨が降り続き
風もやがて七竅に死す


 

[964]阿ト理恵[07/18 17:05]梅昆布茶
風よ、どこに句読点を打ったらならやさしい雨がふるのだろうか

#短歌
 

[963]Lucy[2016 07/18 14:52]梅昆布茶
気づいたら
しなやかで丈高い
小さな花をつける植物で
いっぱいになっていた
ガウラ
宿根リナリア
アマ
夏小菊
かすみそう
一斉に揺れる
風の庭
 

[962]ハァモニィベル[2016 07/18 11:31]

 『GUNA』

ティグナーガの論理が耳の奥の何かを感じ分けはじめたとき
マグナム望遠鏡に写る活動銀河核を見つめながら、…手には
フォッサマグナに堆積する土中で新第三紀の貝を握りしめた
マグナス効果で急回転して迫る背後のボールには気づかずに


 

[961]阿ト理恵[07/18 00:02]
しとくよっていわれてもさ、そこんとこよろしくのそそらそらそらしどれみふぁそらしんどいってわけ、うさぎのダンスは、空に向かってのシグナルだからね
 

[960]Lucy[07/17 21:36]
どうしましょ
ソーラン踊り
しがぬけた

あたしゃしがないし売りの娘

そこの兄さん
お安くしとくよ
 

[959]こひもともひこ[2016 07/17 15:06]Lucy
♪ ブ ブ 
らがぬけた
ブ ブ ♪
らがぬけた
一音上って
しら沼に♪
♪はまって
しまって♪
ドーシラソ
 

[958]阿ト理恵[07/16 18:33]
ラのかおりバランスよすぎる五線譜に♪音あわせはいつもAなのかしら


#短歌
#ちなみにA=ラ
 

[957]st[2016 07/16 17:48]
咲くバラの     夏のかおりにさそわれて
雨上がりの     公園へいく

白いバラのかおりに   恋し
赤いバラのかおりに   ささやき
黄色いバラのかおりに  こころをいやされ
ピンクのバラのかおりに きみをおもう

はなびらについていた  雨のしづくは 
君の涙ににていた    わすれられないバラのかおり 



 
 

[956]ハァモニィベル[2016 07/16 13:48]


 笑

やわらケケかに
きみの口もとが
咲く


 

[955]阿ト理恵[07/16 12:06]
化けたねイヒイヒひきつるねっころかるがるしく笑ったよ

#短歌
#松岡さん!ナイスです(笑)
 

[954]Lucy[07/16 11:32]阿ト理恵
そうそう
うそうそ

今日は朝から烏がうるさい

草冠を外したら
花は
化ー化ー
化けの皮

化学肥料の力で
咲いた
 

[953]阿ト理恵[07/15 23:12]
草に告ぐくさかんむりをはずしてみそらをあおいでみてみ早々

#短歌
 

[952]ハァモニィベル[2016 07/15 20:13]


声をわすれた
心のように
燃えている
夏の枯草


 

[951]st[2016 07/15 18:15]
どこへかえるというのか   この雨は
やさしさをわすれて     ふり続く

怒りの炎に         しずむ街
あふれる川の        そのあとは

再びめぐりきて       ふり続く
かえるところを       わすれたかのように        
 

[949]ハァモニィベル[2016 07/14 20:05]


岬は、巨大な交差点を見下ろす場所にある。
見境なく遠く、荒々しくうねる波の向こうを見ようと,
純粋なカントが、いつも小さく立っている

犯された孤児のように枯れた
青く染まった身体に包るまり

もう 何も考えたくはないような顔をしながら

たった一度だけでいいからそう言ったりそうしたりしてみたい
純粋な欲望のこころから
遠ざかるように,
足を摺るように


 

[947]ハァモニィベル[2016 07/14 15:02]


やむでもなくわずらうでもなく,
病だれの基に,
世界は動く;
虚しさは祖母になり,
無意味なこだわりに過ぎなかった祖父たちになりながら.

わたしはかろうじて孫のまま,
今も, 海に漂う.


 

[946]Lucy[07/14 13:47]
大海原に浮かぶ月
足元の砂に
ちりちり打ち寄せる
光の欠片

溶液になった
クラゲの悲しみ

強いひとにも
朗らかなひとにも
悲しみはある

それは弱さでも
やまいでもなく
 

[945]阿ト理恵[07/14 12:30]
ねばならないねをばねにしてはねるってくてくウサギかえろう月へ

#短歌
#にゃるほど松岡真弓さん、教えてくれてありがとーだワン。
#stさんのことばや思いをひきついたつもりだピョン。
#るるりらさん、ごめんなさい(*^_^*)飛ばしてしまったよ。るるりらさんの見えなかったので。許してね。
 

[944]るるりら[2016 07/14 08:51]
きえねばならない思いをかかえて
心の溝を覗くとき

淵に足をすくわれそうな闇を前にして
問うてみる
闇は誰のため
誰の物でもない
とてつもなく広がる
だれそれのたそがれ


とおいむかしの人も
誰かをすくったり 人でないモノをもすくったりしながら
闇は 入り口であり無闇な出口として広がる
「る」のかたち

かなしいひとよ あなたは
「る」るのかたちのてっぺんの崖淵に立って眼下の潮流の渦をみています
いとおしいひとよ わたしも
「る」るのステージの岸壁でふるえなから 遠くを見ています  


わたしの前に広がっているのは
大海原
 

[943]st[2016 07/14 07:22]
星がきえた      永遠に
夜は         月だけが光る

星はどこへいった   あの美しい瞬きは
もう二度と      見られないのか
それならば月も    きえねばならない 
       
 

[942]Lucy[07/14 06:44]
(*コメント)
阿ト理恵さん、しりとりのルールをもう一度見てみてください(私もやっちゃいました)
 

[941]阿ト理恵[07/13 23:34]
かわいてるいしにしみいる無私の聲ちちんぷいぷいあっちむいて星


#短歌
#松岡真弓さん、「かわいい」をひろってくれてメルシーです(^O^)
 

[940]Lucy[2016 07/13 21:27]
かわいい舌が乾いてる
歩こう
砂漠の井戸まで
君の汲んだ
水が飲みたかったんだ
 

[939]阿ト理恵[07/06 22:53]
っているこまごま(か)しながらあいしてるっとかいっている舌がかわいい


#短歌
 

[938]st[2016 07/06 17:25]
ゆれるゆれる  地面がゆれる
ゆれるゆれる  地球が怒っている
ゆれるゆれる  木や家が
ゆれるゆれる  野や山が
ゆれるゆれる  すべてを破壊するかのように
ゆれるゆれる  地球が怒っている
 

[937]阿ト理恵[07/05 17:23]
たねのまるいのいろいろのののはなやののくさのうれしそうがゆれる




#短歌
 

[936]Lucy[07/05 00:40]
届ける手紙
子孫に繋ぐ
遺伝子の

愛を探せば
ふうせんかずら

一粒にひとつ
ハートの模様の
丸い種
 

[935]こひもともひこ[2016 07/04 20:34]
竜を探す
りゅうぜんかずらを探す
見つからない

理由を探す
のうぜんかずらが赤く咲く
はなむぐりが蜜を吸う

人の知らないところで
虫が花粉を背負い
花に愛を届けている
 

[934]るるりら[2016 07/04 17:53]
リリリリリ ゆりのつぼみ 
かぞえきれない ゆりのつぼみは紡錘型
茎はおなじような角度のカーブで たったまま
なにかを待っている

咲いてしまうと ラッパのように
しゃべりだしそうだ
(真似すんな)とか(おまえとわたしは似てるけど違うんだ)とか
いまは 
ただ 
五感をとぎすまして 待っている
つぽみは舟となり 
宇宙のことを
考えている
りりりりりり りゆうをさがす ゆりのつぼみ

※追記です。謝罪です。
あ。スマホでみたとき
最終行が 「りっ」だけになってたんで「り」で書きました。
 

[933]阿ト理恵[07/03 22:38]
くるなつをくくるつゆあけるんるんをかってかえろうくるりくるりっ


#短歌
 

[932]Lucy[07/03 09:48]
待ち遠しかった
日々の汚れが
レールを漱ぎ

白ソックスの
4足歩行で
夏まで
渡れ


迎えにきて

雨降る
早く

雨降れ
もういっそ

止まずに

線路を洗う
土砂降りの
雨が

私を
迎えに来る
 

[931]阿ト理恵[06/29 22:33]
堂々と
うどんをすする
おと
ずるずる
ずるずる
あんまりひんはよくない
おと

ことん
どんぶりをおく
おと


ことん
ふとんにはいって
寝たくなるくらい
寒かった6月28日しぞーか
くしゅん

しゅん


ならない
猫が窓辺に
いなくなる夏が
待ち遠しい
 

[930]こひもともひこ[2016 06/28 17:40]Lucy阿ト理恵
ただものではない言葉
ただのもではない言葉
ののものではない言葉
もものもではない言葉

桃の摸ではないことば
野の物ではないことば
只の藻ではないことば
ただ者ではないことば

たたのも
だだのも
ものもの
のものも

のものもし
ものものし
ただただし
堂々としている
 

[929]Lucy[06/28 10:42]
ものを作る
ものを見る
ものを捨てる
ものを買う

ものを思う
ものを書く
ものを産み出す
ものを忘れる

よく考えればよいものを

「もの」って
抽象的な事柄や形而上的な意味まで
含めながら
あたかも目に見える物質や
具体的な事柄を指しているかのように
振る舞う
ただものではない言葉かもしれない
 

[928]st[2016 06/28 09:27]
やめられないというのが    ドラッグらしいが
次から次へと         つづくニュースに
あきれてしまう        スポーツ選手と
思ったら           つぎはオシドリのオスとは
人生が終わりになるという事が わかっていない
なにやら           小学生以下のような
気がする           はじめるまえに
よく考えればよいものを
 

[926]るるりら[2016 06/27 22:11]
対応ありがとうございました。
あと、良くルール読むと感想も書いてよかったみたいです。
 

[925]Lucy[06/26 21:47]
ごめんなさい。ルール破りしてました。「前の作品の最後の行」とあるのを無意識に「最後の連」と拡大解釈していました。修正しました。遅くなってすみません。m(__)mよろしくお願いします。
 

[924]ハァモニィベル[2016 06/26 21:10]
*comment*
 「ひらかれる」
    ↓
 「風(かぜ)」

でしょうね。
 

[923]るるりら[2016 06/26 17:18]
タイムです。詩としては、魅力的なのですが、ルール2が、あやふやで、だんだんよくわからなくなってきちゃいました。
 

[922]Lucy[06/26 09:45]
緑を渡る
砂を運ぶ

波を煽り
渦を巻き
行方を見失った

迷子の風は
おしなべて
回帰へ
向かうのか

忘れ去られた後悔の渦が
始まるところ
 

[921]るるりら[2016 06/24 08:27]Lucy
知らず知らずのうちに
風景を二次元に、カット割りしている
と、
一縷の風が
くちなしの香をはこぶ
ひらかれる緑蔭
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.19sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート