苦しいのわかっていても追いかけるストーカーまで一歩手前に

なんでだろ僕が僕ではないみたいこんな入れ込み這い出せないよ

あの頃の夢は無残に塵となり待っていたのは借金地獄

幻と思いた ....
さみしくて孤独の先の孤独へと橋をかけては渡っているよ

いつになく憂鬱な日に雨が降りさらにブルーに拍車がかかる

繰り返す日々に少しの曇りさえ見えないなんてそんなわけない

ずっとこう ....
 
 慈悲とつれあって深夜のスーパーを歩いた
 あるいは慈愛とつれだって萩の花をばらまいて歩いた
 おれたちにとっての幸運が猫のしっぽであったような、
 あるいは取り残された者たちの最 ....
もうひとつの夜の街が動き出す
灯火はみな偽蛍
背筋を伸ばした猫は
糸を池に垂らしてザリガニを釣り
夢遊病者たちは公園に集い
おとがいを比べ合う
看板描きの落としていった
無邪気な絵筆は
 ....
中華そばが食べたい

鶏ガラスープにしょうゆ味
チャーシューは薄くてかためで一枚あれば上等
メンマはくたくたで噛むとじゅわっと濃い出汁
しゃきしゃきのネギが散らばっている

脂が透明 ....
ずっと夜に引っかかっていたい
蜘蛛の巣の落ち葉みたいに
まさぐる闇に身をまかせ
ふるえながら黙ったまま
水中に咲く花のよう
静かに息を
ひらいてとじて
やがて夜光虫が模様を描き出し
嘯 ....
実は、わたし、芸能人なんか好きにならんと言っといて、

こっそり、田中みな実さんの写真集持ってますぅ~~

いやはやお恥ずかし。

ブックオフで見つけて、かわりに旦那様に買ってきてもらいま ....
泣いてばっかじゃ
そのうち旦那にあきられるよ~

なんて
友達に言われて
強い女目指すべきかな?
頼れる女風 醸し出すべきかなと
思うのですが

わたしは
泣き虫で 甘えん坊だ ....
 おおきな
 朝日を 笑いながら
 数えきれない鳩が輪になって
 時の繋がりが聴こえてくるような
 羽根を打つほどうつくしい游び

 壁にぶつかるんじゃないか
 そしてそのまま吸いこまれ ....
世界が一番静かなとき
人は人の心に残ることを求めて生きようとしている
渋滞する交差点にとまる外車の運転者のことなど
道行く人はだれも知らない
それでも運転者はかれが人の心にとまったと思って
 ....
{ルビ暗闇=よる}とはフォントの欠落によるものだ
{ルビ詩=おまえ}とはテキストではなくフォントの葬列だ
{ルビ空=むげん}とはフォントのフォントだ
と照り焼きになるのを待つニワトリにいったら
 ....
水槽のところで約束をした
真昼のすん、とした感じ
色違いの飲み物を二人で飲み
明日も天気はあるのだと
なんとなく思えた
歩く速度で歩くように
わたしたちは笑う速度で笑う
許したこ ....
 田園のなかでブリッジミュートを鳴らしつづけていた男がうごきをとめ、
 河べに立ちながら永遠ともおもえる時のなかで鳥を眺めている
 かれが悲しみの澱みたいにおれには見える
 それはこの十年ものあ ....
はじめに驚くべき挿話をひとつ紹介しておきたい。
今年(2023年)の1月19日に米CIAのウィリアム・バーンズ長官が極秘にウクライナのキエフを訪問しゼレンスキー大統領と会談している。(米紙ワシントン ....
力なく銃を取り落とした右手
ひとつしか置けない椅子
空にも海にも嫌われたぼくらの青い瞳
その頬に伸ばして撃ち落とされた左手

羽ばたく魚 溺れる鳥
黄色い旗 黒い丘
愛そのものだった内臓 ....
わたしの時事雑文にある方がコメントをくれて
丁寧になにかの寓話を語ってくれて要するに「真実なんかないですよ」と仰った。
数日そのコメントを考えていたのですが「真実なんかない」ということはつまり
 ....
もう見ることは無いと思っていた、
はっきりと思い出せなくなっていたあなたの横顔、
今こうして隣で金色の風を浴びて、
火のようにはためく髪と、
水底のような瞳が細められるのを見て、
どうしてこ ....
愛した人よ。僕は光さんざめく山道を歩いている。
霜が溶けて濡れた土の匂いが、僕らの約束を祝福している。

赤い車は麓に捨ててきた。君をいつも助手席に乗せていた。
僕らは片時も離れ難かった。君の ....
不器量な手だから
なぞれない象徴があった
見届けられない背中だから
言葉に出来ない痣があった

哀しみは木偶人形の口笛
哀しくて哀しくて歌が漏れる
そうやって辿り着いた音階は
成層圏で ....
不自由な直線で描かれた雨に
うたれている
肉体

つまりきみは
一歩も動かないまま
ふるえてある

姿という姿はめくられ
白紙というには色褪せたページが
きみの瞳のなか ....
香る。見える。
金木犀と遠く突き抜けるような空
何年経とうが鼻の奥に、目蓋の裏にあるのだから

泣くほどのことでもない。
「思い出す」と書くには頻繁すぎるほど
些細なことが引き金になって
 ....
せまい壁と壁のあいだを行き来するボール、失速しながら遠のいていく。
そのようにして日々が行く、茂った葉も黄色く力尽きる。
もう二度と会わないと決めた人には簡単に遭遇してしまうのに、続けようとも ....
"華麗に終わるはずもない、そんな末路もしかたない人間だもの"

 靴を揃えて、
 
(やさしい歌よりも悲鳴が好まれるなら
かなしみになけ、朝告げ鳥を抱きしめ
盲いた ....
抉り取られた枝、から
予告もなく傾いていく
網が からめとる とられない
誰かの手紙が捨てられて
落書きばかりにうんざり

ひさかたの果実にうつつをぬかす
転がる、ひかり、分散、なつのひ ....
水の声を聴くがいい
水面のゆらめきに影をとられ
なお掴みがたきひとよ
あなたもまた歴史の谷を
流れる水の影なのだ
水は石理を濡らし
戦禍をまたぎ
あなたの口を潤した
だがこの水 ....
あの伊藤詩織さんが、
そう、あの伊藤詩織さんが最近、ノルウエーのテレビ番組で語った対談の発言によれば
”日本の満員電車では女子高生が日常的に精液をかけられている”
そうなのだ。
その発言を日本 ....
わたしはテレビを観ないので知らなかったが、森喜朗という日本オリンピック協会の偉い人がマスゴミから袋叩きにあっているという。
わたしは森氏の発言を事前にネット情報に接して知っていたから、どうして袋叩き ....
わたしたちは実は何も知らない。
米大統領を決めるのは米国民の有権者だと錯覚しているが、法的にはそうではない。
米大統領を選ぶのは「選挙人」と呼ばれる人たちである。
では「選挙人」を選ぶ権限、権利 ....
米国大統領はマスコミがつくるのではなく法に定めた手続きによって
国民が選出するものであることはいうまでもない。
ところが、
なぜか世界中の主要マスコミはこの前提や建前を完全に無視して、
違法な ....
夜風
白銀色の月光り
かじかむ指先の、爪に落ちて、ちいさく照らし返す

甘い潮の香

はなうら 花占 花占ら
月明りの浜辺に咲き
揺れている花々を
一本一本摘んでは花びら千切り
時 ....
石村さんのおすすめリスト(1143)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
もってこいだね- ルルカ  ...短歌3+*23-11-5
仲良くなってしまった- ルルカ  ...短歌10*23-11-5
黒犬の眼球- 中田満帆自由詩823-10-24
よるのぜんまい- そらの珊 ...自由詩11*23-10-10
中華そば- 木屋 亞 ...自由詩4*23-10-9
夢魔の膝枕- ただのみ ...自由詩9*23-10-8
田中みな実さんの写真集買ったことあります- ルルカ  ...自由詩5*23-10-4
男チックな女- ルルカ  ...自由詩3*23-10-3
翼あるもの- soft_machine自由詩12*23-9-30
随筆- 室町自由詩423-9-29
とんちゃんの歌- 室町自由詩5*23-9-25
肩幅- たもつ自由詩12+*23-9-23
feelin'_bad_blues- 中田満帆自由詩423-9-22
対ロ戦争に走る岸田ニッポン狂走曲- 室町散文(批評 ...3*23-9-22
テスト投稿- 印あかり自由詩3*23-8-12
_詩が「わからない」とはどういうことか- 室町散文(批評 ...423-6-24
けさの夢- 印あかり自由詩423-6-10
愛した人よ。- 印あかり自由詩423-2-11
五線譜の糸- 由木名緒 ...自由詩7*22-4-11
クロッキー帳の夜- 新染因循自由詩1221-10-13
秋の。- 印あかり自由詩12*21-10-8
メモ- はるな散文(批評 ...221-10-8
暇つぶしによる暇つぶし- 帆場蔵人散文(批評 ...421-10-5
夏至祭は終わった- 帆場蔵人自由詩521-9-2
水の声(改)- 新染因循自由詩6*21-8-8
「しおりん」に愛をこめて- 一輪車散文(批評 ...3*21-2-7
壮大なデマを垂れ流しつづける人たち- 一輪車散文(批評 ...4+*21-2-5
米大統領を決めるのはだれか?- 一輪車散文(批評 ...5*20-11-11
米大統領選はまだ終わっていない- 一輪車散文(批評 ...4*20-11-10
はなうらら- 田中修子自由詩20+*20-11-8

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39