微量の電流がひっきりなしに身体中を駆け巡っているような違和感が続いて、痒くもないのに腕の同じところを掻きむしっていた、寝たり起きたりを繰り返した朦朧とした頭では現在時刻を確認することも容易ではない .... 別れの匂いがする事に、気付かない振りをしている。髪が伸びてきて視野が狭い。それは何と引き換えの不自由なのだろう。私以外の誰かが、私が欲しかった名声を得ている、詰まるところ自分に価値などないのではないか .... 嫌に平べったい闇を
この手で潰したかのような
柘榴を懐いた身がある

明く湿らせ ざまざま
色褪せる朱のひとつの魂が、
天へと昇る翼を
あたかも溶かしていく

もうおしまいかもしれ ....
 
{ルビ針=Needle}

{ルビ厚布=Thick cloth}

{ルビ鮭=Salmon}め・・

{ルビ馬鼻=Horse's nose}

{ルビ塀噛む音=Sound of  ....
夜風がすぅすぅ網戸から
入って来ては肌を撫でる
その微妙な心地よさに
うっとりしている午前三時、
電車は大通りを走り雪山へ
凍り付くよな身震いを
誘いぐんぐん進んで行く
(半覚醒状態の私 ....
日に入り
黒炭となって
きょうを
終えるのです

昨日は
昨日で
いいのです
明日は
明日で
いいのです

でも
きょうの

だけは
神さまにも
蟻にもあげない ....
○「ひゃっとした瞬間」
下り坂でしかもスピード違反で捕まった所なので
減速しながら走行していたら
横断歩道で手をあげている小学生が
目に入った
止まるつもりはなかったが
さらに減速しながら ....
雨を吊るすように右手を出した
傘は流星が冷えたもの
占いよりも確かな感触を
色とりどりの目から奪い去る
雨というだけで暗くなるくらい
近くて遠い帰り道で
目印を付けてくれる傘は
優しさに ....
歩いては振り返る
其処に本当に道があるのか
あったのか
確かめるように
本当はそんなことをしなくても
良いと分かっているのに
それでも遣って来る朝から
目を逸らすように

足跡(そく ....
青ざめた紙面の上に文字にできない言葉は蹲って
悲惨に陰った時のこの胸の奥には言葉に出来ない思いがひしめきあったりした

似てるようで寡黙と無口は違うから
普段は陽気で雄弁な人も
時には無言を ....
十五歳の世界で見つからなかったものが
今になって見つかるわけでもなく
背景はわたしの視線をズレてどんどん透明になっていく

古着屋で買ったスカートはこの問題を解決できない
そしてまたわた ....
双つの矢が
雨にまぎれ 落ちてくる
見るものの影を
激しくはためかせながら


夜から朝
残る風の門
片目だけの雨
手のひらの雨


はためくものがうずくま ....
空を横切る黒い線

手を繋いで風に揺られる

交差点では

信号無視の歩行者が

一人、渡ればまた一人

ヘッドライトの流れに飲み込まれていく

濃紺に反転する手前の空の鱗 ....
最近は毎日が
元気出したり
落ち込んだり
嬉々としたり
鬱々としたり
したりしたりの
繰り返しだ

それでも今日は

緑照り映え、陽光に
貴女の顔は、明るんで
悪くない、悪くな ....
うつうつ

打つ
雨に

ふる
古り
歴史の始点となったそのとき
文化の
はじまりは
おっ おっ おっ おっ おっ
駄目だ
わたしは病気だ

みんな病気だ
そう ....
針と糸でまつ毛を縫い付けて
空に夜をプレゼントするから
青いドレスの裾で生きる
蛇口を捻っても
きっと美味しい水は出て来ない
この部屋にあるものは
形を忘れてしまいそうなほど
影に呑まれ ....
あなたの愛は分かりにくい
言葉にも
行動にも
現れることは滅多になくて
わたしはあなたの視線を辿って
いつも愛の在り処を探している

甘い果実の香る様な
夢を見たけれど
現実とは程遠 ....
まいにち つくる
 きみのべんとうは まいにち
 ぼくが つくる

 だって きみは
 まいにち まいにち
 はたらいているんだもの
コロナあいてに
 キリキリ ギリギリ
  ....
干上がった海に熟れた西瓜が割れ落ちるよな
愛や恋を編み込んでいく箱に然られた綺麗事
傲慢な遺体たちに接ぐ 太陽とハロゲン帽
空いたハマグリのブローチに被されば曇天
気持ち取り残した朝日の影を踏 ....
棄てたのは思い出
あたしの暗い庭で咲いてた薔薇

棄てたのは思い出
あたしの暗い庭を照らせない朧月

棄てたのは
ギラギラとした
あたしの蛇のような心だったのか

それとも誰に ....
駅近の便利な物件、小さな
黄昏がキッチンに立っているそっ、と

かってにハンカチを取り出して
ついになみだまで浮かべるものだから

それが一番うそっぽいでしょ、って
しずかにキッ ....
解法を開放するとの快方を介抱した会報は、たちまちきんいろの瞬火と等価に交換されて消えていってしまった。吹かれていたよ。誰よりも。あなたは恰好よかったよ。でもそれだけだった。そのしらせが持ち込まれた時も .... 10年前未練に溺れてた私へ。

そんときは辛いけど、
そもそもあなたの好きってなに?

あなたの未練と呼ぶものは本当に未練と呼べるんですか?
きちんと何も愛せなかった、愛してなかったと
 ....
死ぬ気のない自分は、
死ぬ気で、物事を考えたことがない。

殺す気で白人警官は、黒人男の首を、
殺す気で踏んづけた。

眠らせる気で夢魔は、女の胸を、
眠らせる気で踏んづけた。
 ....
  
 その話は終わりだ

 あれが

 雷だったのか

 烏賊寿司だったのか

 三日月だったのか

 など





「 モー 」 と、

 午
 
車内でマスクをするのは、賛成です  
ただ、忘れずにいたい 

思わず、くしゃみをした人へ
私の目線がささらぬように
ちょっとの 間 を置いてみる 

口と鼻は隠しても
〝まなざし〟だ ....
今宵も一人ひとり
友の顔を浮かべれば
それぞれの夜を
闘っている

{ルビ面=つら}の皮一枚
透きとおる風のマスクで顔を覆い 
今迄の僕より
少しだけ、つよくなる

もし君か僕が疲 ....
靴紐を結べば解けるように
約束をしないままで光ってる
野を越えて海へ潜り
花を踏んだ底は美しくて
さよならで振り替えた未来を歩く
もう会うことはなくても
ポケットには君の居場所がある
素 ....
なにもないことが自慢だった
なにもないから傷付くことも出来なくて
だからそれで良かった
良かったのに

どうして芯を持たせようとするのだろう
顔も知らない有象無象は
寄ってたかって
自 ....
からになった包装シートが
転がって見上げている
中から押し出された銀紙が
恨めしいとでも言うように

未来、と君は云ったね
でも
今、
今、楽になりたいんだよ

左手首は痒いまま
 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
感電のさなかには痛みなど感じていないものだホロウ・シカ...020/6/4 22:37
夏日ネン220/6/4 21:56
酩酊ヱ昊 稀220/6/4 21:13
遺影墨晶020/6/4 19:22
夢と夜風と雪山とひだかたけし3*20/6/4 19:16
黒炭田中恭平6*20/6/4 17:04
独り言259集  ホカチャン1*20/6/4 14:25
流星群ミナト 螢120/6/4 14:13
うたき鳴神夭花320/6/4 1:23
支離滅裂の嘘ばっかりこたきひろし520/6/3 23:21
スカートはこの問題を解決できないカマキリ320/6/3 23:04
花と灯り木立 悟420/6/3 20:09
電線とゆめ三月雨320/6/3 19:13
ひだかたけし520/6/3 19:06
ジャポン田中恭平7*20/6/3 17:49
真夜中の詩ミナト 螢220/6/3 16:34
すっぱい幸せ卯月とわ子220/6/3 12:40
きみのべんとうはぼくがつくる草野大悟2120/6/3 12:09
透明標本ヱ昊 稀220/6/2 23:49
絶望の風景秋葉竹420/6/2 23:11
黄昏がすむ部屋420/6/2 23:07
ああモザイク万願寺りり120/6/2 22:24
前略 あなたへ幻御菓子120/6/2 21:48
気概ナンモナイデ...4*20/6/2 21:23
胃 -l'estomac-墨晶2*20/6/2 20:36
コロナ詩篇4服部 剛320/6/2 20:31
月の夜020/6/2 20:29
いつかどこかで someday,somewhereミナト 螢320/6/2 16:17
明日は雨鳴神夭花220/6/2 15:45
次は水色がいい120/6/2 15:37

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.45sec.