ワイフが何か質問する
すると僕はそれに真面目に答える
するとワイフは
ああ、そうなの、とはいわない
たいていいや、それはちがう!という
そして言い合いになる
しまいには
ただ聞いただけな ....
10代前半女子しか
愛せない青年が
今にも犯罪行為に走りそうなのを
実際は10代でも何でもない
140cmシリーズのAVを観て
必死に堪えているとしたら
誰がそれを非難出来るだろうか?
 ....
ふうっと
息をつくと
こびりついていた何かが
テーブルの端まで
遠のいた

そおっと
見渡すと
微かに青みがかった指先が
木の葉を鳴らすのが
見えた

自由になった
意識 ....
とまどい生きて 夜の果て
時過ぎて わたしは老いてゆく
いつまでも夢の中 さまよいゆくが
現実に生きてゆきたくも ついに秋きたり
病におかされ 苦しみ悶え
一瞬に旅立ちたいのに
神が許さな ....
波長が合わない音楽に
置いていかれた気がして

落とした涙が
トンボの羽根の
動きを止めていると
思ったのに

ちっとも動かずに
死体だと
気付いたせいで
そこには触れずに

 ....
君の家に
お呼ばれなんて
珍しい
何故なら以前
君の部屋に
招かれた折
錚々たる顔ぶれで
鎮座まします
ぬいぐるみ
意外な趣味だと
一笑した為
さてそうなると
今日の招致は ....
駆けていく星が流星というなら
命のきらめきも同じだけ流星といえるんだ
わたしの星のはなしをしよう
夜明けが見えない遠くの星月
ここから先、指じゃないよ、あれを見て
暗闇を切り続ける君の粒子が ....
洗濯物を干す時みたいに
等間隔だと不満が起こる

もっとあなたの側に行きたくて
うんていを渡る風を待っている

遠すぎたり近すぎたり
見えないものがいつもより増えて

口紅の汚れが落 ....
田んぼと田んぼの間の細い道。その道端に夏草が生い茂っていた。
道の上に陽炎が立って揺れていた。

普通の人は誰もが忌み嫌う蛇がくさむらのなかに潜んでいた。
少女は夢のなかに現れた
少年は夢を ....
秋の、早朝の、爽やかなころ、
あえて、徹夜で、詩を書いてみたら、
こぼれおちた、言葉たちは、まるで、
珊瑚礁のように、真っ白なノートの、
深海で、輝いて、希望を、照らしている

 ....
ライオンが駆けキリンが跳ね

シマウマがゾウが土煙をあげ

太陽が沈むまで

バッファローがハイエナが

ぼくのこころは永遠に雄大だ


主義ややり方

人間関係や政治力
 ....
ぴこん、ぴこん。

人もまばらな仄暗い駅のホーム。
まるで、テレビゲームでハイスコアをとった時のような、軽快な音。
電車がホームに来ることを告げるものだった。
何もかもがばかばかしくなる ....
秋の雨はしとしとと降る

仄かな月明かりを纏い
冷たい風を誘う

闇がじわじわと迫り来るのを
背後に感じながら

長靴を履いて
せめて足取りを軽くして
色づく落ち葉が降り積もる
 ....
──幻詩の果てへ。

 若い詩人のかさぶたは、0と1に濡れていた。端からゆっくり剥がしても、爪をたて一息に削っても、いつも同じ、0と1が滴るかさぶたを、うたうよりも速く書き写し、有事の際には、また ....
自分は何を再現しようと
しているのだろうか
網膜に写っているビッグデータ
そのうつらに映える像だけを
脳細胞は欲しがっているにすぎない
《信念はいかにして真なる知識となりえるのか》
 ....
マスコミや世論におもねって
恥ずかしいと思わない奴は
何をやってもダメだ
とりあえず
こいつらとは逆、逆行けば
間違いないことに
いい加減気付け、ドアホ!


LGBTに
SとS( ....
波が粒になる
ピアノの旋律が 時の
奥へ奥へと誘う
発見された涙の化石
剃刀みたいな言葉にも愛情は宿るのだと信じていた。切っ先のひかりを盲目的に見つめて、この体がふたつに切り落とされる瞬間、左右どちらの器にあたしは棲んでいたのだろう。解を得ないまま伏せるまつげのすきま、き .... 血や肉に変わる
栄養がメロディだった

肩で捉えた朧げな
始まりと終わりを
狭いアパートで
録音をした

仕事や買い物も
忘れがちで
それでも何ひとつ
奪われたくなくて

時 ....
ひたすら憧れて
螺旋階段を昇っていく降りていく
根無し草の宙吊りで
呼ばれるように拒まれるように
(何一つ叶えられることはないのだと)
遠い遠い鐘の音を追いかけながら
ただひたすら憧れて
彼女はほんとうは、登ろうとしていたのではないか

山頂の標識に手を触れると、もうすることはなかった
あたりは一面雲の中で、遠望できるはずの峰々も麓の集落も、
あるいはどちらが上でどちらが下なの ....
川にiPhoneを投げない
あたりまえのことなのに
ついやってしまいそうになる
川にiPhoneを投げない
あたりまえのことなのに
あたりまえじゃない気がしてくる
夢の中で死んだ。
何かの箱のなかに入れられ、
火葬された。
パチパチと燃える音が、リアルに聞こえた。
ああ死ぬんだなと、
すでに死んでいるのに
なぜかそう感じた。
みんなと同じ服装
みんなと同じ髪形
みんなと同じ食べ物
みんなと同じ考え
みんなと同じが幸福
みんなとちがうと不幸
これじゃ
造花ばかり
生きた花は咲かぬ
ワイフは
毎日隣の犬との散歩を
楽しみにしている
毎夕1、2時間ほど散歩している
隣の飼い主が
仕事や介護で多忙なので
かわりにやっているのだ
毎日やっているので
「一回いくらでやって ....
落日の量る太陽の重みを
その身の上に遊ばせて
女は隠れた感情に名付け始める
喜びも悲しみも薄く展開していき
愛は少しずつ輪郭を明らかにする
女は陽射しのパンを食べ
風の美酒を飲み干 ....
巨峰よりも

マスカットが好きだ


好きで好きでたまらない

一年に一度だけの 

食べる恋人



なんといっても ぶどう狩りで

ぶどう園へ行き

熟したてのマ ....
山からはキンチョール
海からはフマキラー

虫は震えている
足場の悪い磯辺で

蚊取り線香の煙は揺らいで
遠く乱れ雲が重い

わたしの足元で
虫はつぶれている
闇の中で燃える火よ。泣き疲れた女、マラルメよ。軌道の果てに行き着くことはないと正しく異なるステップで奏でた草花。夢から夢へと遍歴する、酩酊ののちの酩酊、燃え尽きたページをめくる骨の手の群れ。ぼくらは死 .... 乾いて荒れた
まぶたが開いて
かすれた小さな
産声が午前を揺らす
きみは何度目かの
救済と絶望のなかで
目に見える世界は
たしかなものではないと知る


クロー ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
質問妻ホカチャン018/9/26 20:33
私は差別しない花形新次118/9/26 20:18
距離/秋nonya018/9/26 20:17
つぎはぎの詩あおいみつる018/9/26 17:10
拘束ミナト 螢018/9/26 15:38
ぬいぐるみ裁判雨宮 葉一 ...118/9/26 15:19
星のはなしをしよう日々野いずる218/9/26 11:10
ハンガーの詩ミナト 螢018/9/26 9:50
忌み嫌う蛇がこたきひろし218/9/26 8:35
秋の心秋葉竹318/9/26 7:13
太陽が沈むまでペペロ218/9/26 1:23
ホーム言狐318/9/25 23:45
秋雨坂本瞳子218/9/25 22:39
Elegy #2018/9/25 22:29
再現宗像現象3*18/9/25 21:51
LGBTSSSPYR花形新次118/9/25 20:07
作品 NO46空丸ゆらぎ・...518/9/25 19:27
きる・み青花みち418/9/25 15:53
覚醒ミナト 螢218/9/25 15:39
憧れひだかたけし418/9/25 13:57
すれ違いアマメ庵218/9/25 13:19
iPhoneyup218/9/25 13:12
218/9/25 13:03
みんなと同じという不幸ホカチャン018/9/25 11:51
待っている隣の犬018/9/25 11:44
葉leaf318/9/25 3:32
マスカットst218/9/25 3:21
山海虫柔刃318/9/25 1:35
月―Mallarmé春日線香518/9/25 1:14
モメンタリ・モーニングホロウ・シカ...418/9/24 23:58

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.43sec.