おじいさんの毛糸帽子、
先っちょの球が揺れ
寒さに震える頭が傾ぎ
白い髭に霜降り模様
時の最中を彷徨って

十二月の一日、

青く瞬く街の電飾、

帰郷するには早すぎる
哀悼する ....
僕は寝ながら考えた

「思い上がってはいけない」
「思い上がってはいけない」
呪文のようにとなえた
人にはやさしく自分にもやさしく
見えにくいのは自分の姿だ
毎日よく反省し
自分の言動 ....
十二月の一日の朝には何かがあるのだろうと表に出てみた
ロゼット葉の雑草の諦観と茶色いススキの亡骸と
あたりを埋め尽くす名もない空気が右往左往していた
棒の様になった私は手をポケットにさしこみ ....
北陸電力が
家庭向け45%値上げ申請とは
本当に驚いた!

何か
数字の間違いかと思う程の
凄まじいインパクト

かくして
電力会社の宣伝に乗せられて

オール電化にした人たちは ....
部屋はかなり寒い
氷入りのコーラを飲みながら
シケモクを順番に火をつけて
吸っていたけど
最後の一本を
吸いきってしまったので
明日用に買っておいた
新しいフォルテの封を
切ってしまっ ....
夕べに小雨、
待ち人あらわれず

肉は冷え切り
床に伏し

深い眠りに
底は抜け

聖なる宇宙の
内よりぽっかり

今宵限りと
銀河をわたり

輝く恒星のうた
耳澄まし ....
元気には
少し遠くて
寂しさとは
距離を置いた

前にも
後ろにも
道はあるのに
ここはどこなんだろう

穴の空いた下着でも
歩ける場所なのかな

本当は不安で
いっぱいな ....
○「一つの言葉」
一つの言葉で傷つき
一つの言葉で励まされる
言葉は魂である

○「セルフレジ」
無人販売店の弁当を盗まれるテレビニュースが
また流れてきた
人件費節約のためにやってい ....
「大丈夫です。娘さんは必ず取り戻してみせます」
アイソニアの騎士は、床に散らばった皿の破片を片付けながら、
ハーゼル夫人を落ち着かせるような言葉を口にした。
しかし、(俺は遅すぎたのか!)という ....
アイソニアの騎士は大股の歩調で、ノーム邸へと入っていった。
アースランテの千人隊長である、アイソニアの騎士は、
ノーム邸の中へと、すんなりと通されたのだ。
ヨランは(さすが騎士様だ)と、感心する ....
「俺は、これからイリアスの屋敷へ行く。しかし、
 彼女はコウロウ・ノームという男の邸宅に住んでいる。
 もしかすると、イリアスはノームの娘なのかもしれない。
 しかし、詳しい事情は俺も知らない」 ....
 胃の中の血が身体中の肉に溶けていくのを感じる。

 差し伸べられた手に俺は噛み付いた。

 噛みちぎられた指を俺はかまずに呑み込む。

 指は食道に引っかかって、俺はひどい痛みを感じる。 ....
最終便の窓に
輪郭をすて
崩れる夜をみつめ

泡だつ雲に
色をさがす音が
ビルの光にあつまる

Y字路で仔犬が
左右に別れたり
黒板に隠れた
誰かが消されるたび
触れたい、これ ....
朝に雨、やみ
空気、冷気を孕み
熱持つ体、気だるい一歩

人々は駅へと集積し
多淫な花々は身を隠し

岬の断崖に打ち寄せる高波、
泡立つ潮の激したうねり、

通勤快速内の無言の厚化 ....
壁紙の
見知らぬ山の
雪景色

日本の北も
いまごろは

吹雪らしいと
いう便り


 )秋咲薔薇が
 )残る庭

 )裸木に遊ぶ
 )小雀が

 )チュンチュン
 ....
ネオン管に伐りまかれ
純粋にとり込まれた艀や汀
ほんとうには離れるつもりないんでしょ
こころから落ちてくゆるひらの
退屈さ
におい感じた
猫のように

丁寧にたたもうと
手荒くまるめ ....
愛はこわくなる
ぬいぐるみはいいものだから
人の手によるなぐさめ
こころをうばわない

あまく昏いひとみの理想
ここのことばをそこなうって
とおざけられても
しらぬ間にそだつ 雲みたい ....
水曜日の頬肉を柔らかく仕立てるには、鉄条網も注射針もコンポストにもどこにもつながらない、
濡れ落ち葉だけが氾がる、オモチャの兵隊だけど、/畳縁より注意してみる。深夜に及ぶ偏頭痛、
モンスターの危機 ....
黒い鳥を探してるんだ

みんなが見たっていうから

どこを探しても

残りがみたいなものばかりで

ひょっとしたら

そんな鳥なんていなかったんじゃないかと

思ったりもし ....
引き

かれた

路傍の草
むっとする湿気

雨 アメリア アメリカナイズ
憂鬱な空は
したり顔した無意味の羅列
その重苦しい隙間から
ぽっかりと
浸出しはじめた
ひとつの ....
雨が
少しばかり
降った夕、

庭の裏手から
ぬっと現れる
太陽、

凝視する

私を笑う
海、

青に黄金に

風は吹き、
こんな寒い日には
古いカフェに行って
温かなアイリッシュコーヒーを飲みたいな
店で流れているのはジャズで
可愛い制服を着た
アルバイトの女の子がいて
その子が温かなアイリッシュコーヒーを
 ....
おまえと向き合い 対峙する
玄明をおもえ
機械ではない というなら

暁のはじまり 風のない
すべてを包みこむ 巨大な闇空
十二月 ひとつの満月
裸足のまま突っ立っていた

 ....
何か 詩(うた)は ないのか

さびしくて せつなくて むなしくて

ならんのだ

たましいの 飢えを 満たす

詩(うた)は ないのか

どこにも ないのか

詩(う ....
雑木林の木々から
ひらひらはらはら
葉が舞い落ちる
もう次から次に
舞い落ちる

病院からの帰り道、
バス停に立つ
僕の頭上を

ひらひらはらはら

黄色い群れ、高曇りの空
 ....
記憶を思っている
遠い昔の 景色に見えた
その 見知らぬ国のテーブル席で
通り過ぎる子供たちの姿の前で
僕はちり紙を取り出していた
鼻をかむわけでもなく そして
かむべきちり紙を置いたまま ....
そのころ盗賊ヨランとアイソニアの騎士は、
次元跳躍をして、アースランテのアイソニアの騎士邸へと辿り着いていた。
「イリアス! 俺のイリアスは無事なのか?」
「お待ちください。ナディ邸まで行ってみ ....
「それは心強いな。しかし、フランキス・ユーランディアとは……」
「そうだ。あなたの妻を盗むのだ。それだけ手練れのものでなければ」
「我が家の従僕たちも無能ではない。そう簡単に盗めはしないだろう。
 ....
今、クールラントは祭祀クーラス派と、反クーラス派に分れて、
相争っているのだった。そこでは、多くの粛清も行われていた。
もちろん、エインスベルも祭祀クラースの粛清リストに含まれていた。
しかし、 ....
君が
秋の終わりに拾った
茜色のドングリ一個で幸せになる
小さなリスだったら

どんなにか欲しいものでも
この手の熱で溶けてしまうな
分かってたから
触れなかったんだな

君を拾っ ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
十二月の一日ひだかたけし022/12/1 11:21
独り言12.1ホカチャン022/12/1 9:50
花ひらく時まで二篇山人022/12/1 7:24
生き残るためにst022/12/1 1:41
「防衛費の財源は国債で」ジム・プリマ...022/11/30 23:19
待ち人ひだかたけし322/11/30 19:43
大丈夫ミナト 螢122/11/30 18:29
独り言11.30ホカチャン1*22/11/30 17:53
盗賊ヨランとアイソニアの騎士(四)[group]おぼろん122/11/30 17:47
盗賊ヨランとアイソニアの騎士(三)[group]122/11/30 17:46
盗賊ヨランとアイソニアの騎士(二)[group]122/11/30 17:46
柔らかな硝子伊藤寂滅122/11/30 15:08
soft_m...022/11/30 13:09
通勤快速ひだかたけし3*22/11/30 11:29
よなかの夢想松 けい子4*22/11/30 9:55
猫のようにsoft_m...022/11/29 21:54
ぬいぐるみ122/11/29 21:47
綾錦とするための朽葉022/11/29 21:24
ロックバンドに献上したいうし222/11/29 20:11
道標Giovan...3*22/11/29 19:09
宇宙の秒針ひだかたけし5*22/11/29 18:20
「詩的な夢想十一月二十九日」ジム・プリマ...1*22/11/29 15:27
玄明湯煙保存322/11/29 12:46
詩(うた)は ないのかダンテ カフ...122/11/29 12:14
ひらひら はらはらひだかたけし4*22/11/29 11:28
白い思い出番田 122/11/29 1:03
盗賊ヨランとアイソニアの騎士(一)[group]おぼろん1*22/11/28 21:34
戦士エイソスとエインスベル(九)[group]1*22/11/28 21:34
戦士エイソスとエインスベル(八)[group]1*22/11/28 21:33
秋の終わりにyatuka122/11/28 20:45

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.42sec.