{ルビ私=ワタシ}ノ、{ルビ詩=シ}ハ、{ルビ疲=ツカ}レテイル。

  {ルビ詩=シ}ハ、{ルビ手紙=テガミ}デモ、ナイノニ、イツモ、{ルビ何=ナニ}カヲ、{ルビ託=タク}サレテ、

 ....
 
出會い飽く草木

やあ、ターナーの{ルビ霧月=Brumaire}よ





光の馬鈴薯

ジャイナの戒め

肉揉まれ 窒素を厭う



校正の{ルビ時化者達= ....
光りはじける一声
波は波を呼び
せきこむ未来
いつのまにか
追いかけていた
いつのまにか
結ばれていた
いつのまにか
いつのまにかだった
いつのまにか
ひかれたメロディがあった
 ....
今日も郵便受けによけいなチラシが差し込んであるのだが、あの赤いジャージ姿の少女なんだと思えば許してしまう。
かってに裏庭から入り込んできて、一度文句を言ってやろうと車の座席から飛び出そうとして止 ....
正義は海ではなく
正義は魚ではなく
正義は船ではなく
正義は風のようなものであった

正義は絶命したのではなく
はじめから生きてすらいなかった
風と共になだらかに滑り降りる海鳥の羽を掴ん ....
音楽が聴こえる

それは海のさざめき

貝殻の伝える記憶

次の子らに残すために

仕舞い込んではいけない

次の子らに残すために

貝殻の伝える記憶

それは海のさざ ....
寄せては還す波 ・・・



静かな夜更けに誰にも知られず

営まれている諸々の事象



昇っては沈む陽 ・・・



喧騒に終わりを告げる いや

喧騒の始まりか
 ....
――隣のベッドの人が「移った」

あの部屋に あの ・・・



そうして二度とは戻っては来なかった笑顔

無理して作っていたあの懐っこさ

苦しい 痛い 怖い に耐えて

無 ....
自称詩人は
アーティスティックであれば
何にでも食いつきがちだ

実は良さなんか
これっぽっちも分からないけれど
取り敢えず口に出せば
自分はアーティスティックな人間であると
みんなが ....
月のかたむき
くまの夢
片方のこったパンの耳
この日差しのあふれた一粒を
こまかく こまかく
もっとこまかく、美しくみがいて
あつめて
天からふりまいたのを
永遠と呼ぶから
きみ ....
この凛とした 、夜の大気に
夕暮れ斜光の余韻 未だ響き
寂寥空洞のその彼方 、遠い畏怖が蘇る

君の豊かな白い乳房に
西陽のなか幾筋も浮いていた、
蒼い血管の生々しさを
善いことばかりしてきたけど
うまくいかない事ばかりで
ワタシ、つまらない

悪いことばかりしてきたけど
うまくいく事ばかりで
オレも、ある意味でつまらない

ワタシ不良になって
人生 ....
ちいさい秋みぃつけた、と
歌う、子らがいなくなって
久しい庭で百歳近い老木が

風にひどく咳をする
また長く延びる影を
煩わしく思った人が

老木を切り倒して
春には明るい庭で
 ....
歌う事に怯えた小鳥が一羽
開いた鳥籠の中に落ちている

首を吊ろうとして紐が切れ
喉を裂かれてから嚥下すると痛む

明日は死ねると思っているんだろう?
誰も自分の為に泣かないから

 ....
甘いなぁ…
お前は甘い…
人生をなめとるやろ!
何て聞かせても…
無駄だろうなぁ
ぶら下がったまま
じっとして
頬赤らめて膨らんで
挙げ句奈落に落つるのみ…
そんなお前に私はなりたい ....
  詩んナニもとめて呼吸浅なっても、
 火無しで燃ゆ地図に魅かれるこっから定めろ、
  見’nnで生きているのを見られている無出奔叉路で、
 時代脱都市時代の砥石を、
 一目でわかるょに削り出 ....
 透き通った世界の境界には、透明な獣がいて、澄んだ夜を吠えている。明け方の明星を夢みて、夜明けの明けない空に遠吠えをする。透明な獣が夜空を嘆く時、そこには無限の連なりと重なりがあって、透明な獣を優しく .... いま、
都市の図書館に満ちている、
青い満月のようなものの、
正体をめぐって

だれも知らないふりをしている
その、
ウソのような
だからほんとうのような果実について
(大きな 空虚 ....
ご飯を炊いて
魚を焼いて
味噌汁作って
食事をする
生活の回る
快い音が聞こえる
幸せとはこういうものだ

洗濯をして
ベランダに干して
部屋に取り込んで
きれいにたたむ
 ....
忘れることができたのは
ついに自分に勝てたから
ではなく
燃え盛っていた胸の火が
ただ儚くもかき消えたから


恋慕い
ついに手に入れたもの
手に入らなかったものたちが
木立の間に ....
田舎じゃ入って二年の女子高生が仔を孕み
どうすることも出来ずに
協会病院へ行ったと
子ども堕して平気の平左
不審に思って病院が問い合わせて
ばれたんだと
学校辞めて今家に居るんだと
ばが ....
you tubeのクリスボッチの曲
「Chris Botti - Emmanuel」

ブログのBGMとして自動で流す
お抱えの持ち曲

或る女にこの曲を聴かせたら
酷く感動した

 ....
空腹の怪獣は
なんでもペロリ
ひと口で食べつくす

おいでよ、怪獣
僕の悩みも
ペロリと食べて
この憂鬱を消し去っておくれ
誰にも会わなかった日の午後
思い浮かんだ 友達との日々 だけど 顔は忘れていた
僕は夢ばかりを見ていたからだろうか
だけど 夢は僕に 一体 何を与えてくれたのだろうか


六本木でバスキア ....
人は詩人にはなれない
まわりくどく
うんざりするほど
くどい説明しか書けない

月や花は何も語らないけど
存在そのもが
永遠に詩を詠ませる

季節だけが唯一詩人であり
人はその ....
大阪は、ゆめなか在住なもので、

火傷しながら。

たこ焼き食べても
美味しいといい張る、かもしれない。

それは強がりなのかもしれない。

そんなとき
素直に弱音をは ....
冬のしゃぼん玉たち
雪にはじめまして やぁ、はじめまして
それからさよなら ふれたら消える友だち
めくばせしながら ふるりふるり

のぞきこんでごらん ほら うつるよ
 ....
季節のない島には誰もかれもがやって来て、そして鳥のように消えていく
島の中央には工場らしき姿勢で大きく聳え立つ、この施設は時穴(ジーナ)とも呼ばれていた
それは単純に施設の内部が空洞化され、暗 ....
ある日
どんな気持ちの迷いか
それとも突発的な事故と解釈するべきか
お年頃の二人の娘に
お父さんは童貞だよ

言ってしまった

すると上の娘が何ら怯む事なく
私達二人共、小学校の時 ....
坂の下は霊魂の溜まり場だった
降りて行ってはいけない と彼女に言われた

彼女は二十四の歳に逝ったままの若さだった
その代わりにある家を見て欲しいと言う
二階に八畳間が二つ在るのだけれど何か ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
満月。中村遠吠519/11/7 5:51
屏風墨晶2*19/11/7 5:42
ふるえる詩ぱーちゃん119/11/7 3:44
碧い鴉の赤い十字架アラガイ3*19/11/7 1:52
希望の海茶殻1*19/11/7 1:46
海を聴くもっぷ2*19/11/6 23:33
コンクリ塀の上のねこ(2007夏)0*19/11/6 23:31
いつでも ぼく 店に出ていますから1*19/11/6 23:27
アーティスティック自称詩人花形新次019/11/6 23:27
かわいいはるな519/11/6 22:53
残響ひだかたけし719/11/6 22:50
善悪輪廻イオン4*19/11/6 22:47
小さな秋帆場蔵人519/11/6 22:17
チョコレートネン119/11/6 21:59
秋と縁側しょだまさし2*19/11/6 21:50
アナハタ善最ぴっきゐ019/11/6 17:01
けものの夢おぼろん1*19/11/6 16:56
前川さんのヒンコン調査報告書一輪車3*19/11/6 15:49
幸せ葉leaf819/11/6 15:32
晩秋の空にLucy13*19/11/6 11:45
ばがでが板谷みきょう019/11/6 10:45
こころよい連鎖フジ子6*19/11/6 10:01
はらぺこ卯月とわ子019/11/6 9:33
僕とバスキア展番田 019/11/6 8:44
丘白月419/11/6 8:42
水の都の花か団子か、はるかなたこ焼きみたいな満月に照らされ。秋葉竹619/11/6 7:36
冬のしゃぼん玉たち帆場蔵人319/11/6 7:15
無人島「梟石」アラガイ5*19/11/6 3:10
月の満ち欠けにまつわる物陰こたきひろし519/11/6 0:11
夢現〇境界ひだかたけし6*19/11/5 22:17

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.57sec.