日本語を間違えている

「純」と付けば

混ざってはいけない

献立に洋食なんだ

ガッツリ洋風が占める



たぶん「店の内装が」

純和風でこだわったんだ

 ....
涙、溢れて
記憶は麻痺し

思い出せない、
いったい何があったのか

)幼いままの愛娘、
)夢で踊り飛び跳ねて

眠薬片手に
横たう今宵、

涙、溢れて
記憶は死に絶え

 ....
 
 満月、艶っぽい、光、松果体を、刺激、する、

  {ルビ人気=ひとけ}の、ない、{ルビ叢=くさむら}で、夜露を、指に、絡ませて、

 僕は、何処かに、行っちゃうんだよ。
 
 満月の、夜、たくさんの、猫は、見殺し、

  ドブ臭い、町を、走り抜けて、奪いに、行くよ、

 君を。宝石箱の中で、眠る、だけの、日々、から。
 
 月は、自分で、光れない、と、人は、言うが、

  本当、だろうか、信じ、られない、な、常識、なんて。

 見惚れるほどに、美しく、私を、誘う、眩い、光。
花にも悪巧みをするというイメージを恵んで下さい
綺麗なまま汚される恐ろしさから逃がして下さい
言葉にも休日を下さい
無言という世界を情報過多の今にどうか与えて下さい
思い出に付箋を下さい
忘 ....
「あの美しい富士山のてっぺんに
 円盤を停めるのも悪くないなぁ」
「はい、隊長」
「よーし、我々宇宙人の征服作戦は
 まずあの日本から開始する
 おい、資料を見せてくれ」
「はい、隊長」
 ....
根拠のない発言で
生活環境を情報汚染し
理論のない閃きで
文化文明を皮肉る

そのクチが
ゴミを巻き散らかしても
そのゴミで喜ぶのもゴミだから
問題はないらしい

テレビに出て高収 ....
ジャズを聞きながら
君に手紙を綴っていたら
知らぬ間にアルファ波が
出ていたらしい

気がつくと
時計の針の30分が
あっという間に過ぎていた

願わくば
退屈で長い1日よりも
 ....
渋谷・RUBYROOMのカウンターで
白ワインを飲む
今夜は嬉しいことがあったから

先月はここで
赤ワインを飲んだ

この店では月に一度
「SPIRIT」という朗読会が行われ
今夜 ....
きみが恋になったみたいで、
ぼくの心がずっと変。
俺は体も硬かったし泳ぐのも下手だった
エミリは泳ぐのが上手かったよな
スイミングスクールの帰りにふざけて
君はよく俺のパーカーのフードに物を入れて、
俺は背中に手が届かないから、それを見 ....
光を見た
瞼は下ろしたままだったから、それはぼんやりとしていた
遠くの方で地面へとたどり着いたあと
弾けて消えて
あとには朝が残ったようだった


有り金をはたいて
青い鳥を買 ....
弁当屋から出てきた
普通の格好をした普通のおばちゃんが
グレーの軽自動車まで歩いていく
弁当屋から出てきた
作業着にベストを着たおっさんが
仕事用の車まで歩いていく
ただそれだけのことなの ....
その
誘惑はアミューズなものでしかありません
缶コーヒーを3ポイントで引き換え
行きつける時間
額に汗をぬぐえる遊戯を
与えられたというしあわせに
きがつかなくてもいいのです
軍 ....
10分前に着くつもりが10億光年前に着いちゃった。
可愛い君との待ち合わせに、僕は時空を超えちゃった。
喉にやまびこが届かなくなって
トンネルの前を近道するよ
錠剤みたいな苦さも持たずに
ミントのトローチ優しく積もり
熱で溶けたのか舌で溶けたのか
喉が帽子を脱ぐまで舐めていた
挨拶ができるよ ....
ズボンの下にスカートの下に
ヒトは何でパンツを穿くんだ
そしてせっかく穿いたパンツを
何で脱ぐんだ

ズボンの下にスカートの下に
あるパーツは
そんなに特別なのか

そこは
凹凸の ....
ねえ
もうこの声は届かないのでしょうか?
無機質なメールだけが貴方の存在を教えてくれた
もう
冷たい文章もいくら待っても届かないんですね
わたしの指先も冷えていきます

ねえ
不自由な ....
娘よ
お前の遺伝子に
私の劣性が伝わらないかと危惧していた
訳じゃない

そんな事気にかける余裕なんてなかったよ

私は働く事に必死だったんだ
働く事で得られる生活の糧
そこから涌き ....
どんな恋愛も
ドラマのよう

魅力的な出来事が
重なるようにして
目の前に現れる

ドラマで見たような情景が
今目の前に映し出される

あなたのその瞳が
キラキラしていて
幸福 ....
今日も
なすのぼけ雑炊が
ひなたにおる
雨みたいな顔して
途中のことが思い出せないから
今があやふやになって
こんなに寒いのに
ガラス越しの太陽が照ってる
あったかいからちょっと
ガ ....
夜の列車に乗ると
窓に映る自分の顔が
なぜあんなに
悲しく見えるんだろう

色あせて
薄ぼんやりした
古いフィルムみたい

これ誰だったっけ?
って思い出す
昔の友達みたい
ナニカガ ウマレ ソウダ

言葉
宇を身籠もり
身籠もる言葉は
響く声また声の渦
何かが何かが ウマレテイル

夏の炎天下の縁側で
西瓜を食べている
兄と弟、汗流し
その頃青大将 ....
今夜みた
満月が
おそらくいちばん冷たくて
世界のすべてよりも
美しい白だった。

かつてみた
大三角形に囚われた
真夏の満月。

よりも早く
よりも深く
心に刺さった
 ....
天気の良い日は遠くへ行きたい
二人は別々の食事を取り
別々の町へ出かけて行く

天気の良い日は恋しくならない
今のことをうたがわない
時の流れを気にしないで肯定する

始めて会った日の ....
お肉屋さんで牛肉一五〇
切り落としであんまり見栄えはよくないけれど
赤く染まる白く映える
霜降りふりふりお尻ふり
じっとり牛脂
快感弾けるフライパン
にんにくと大葉を刻んで
大根をおろし ....
西宮神社で行われた
福男を決めるレースを
テレビが取り上げていた
一位になった男は
俺と同い年くらいの
体育教師だった

赤い服を着て
途中からは独走状態
ゴールをすると
勢いを ....
頬杖が似合うようになったら
ここにおいで

贋物たちが微笑みかける

ごめん
まだ
もうちょっとだけ
真実とやらを見てくるよ



  ふりかえるな
  ふりか ....
従者の祈り

其は虚慢に非ず 神より賜りし巨万の富。
人たりながら 人の世に生き難い者
神の子でありながら 兄弟に拒絶された者
また 神の慈しみを奪われた者 その者なり。

我が神よ 貴 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
純和風の洋食屋木葉 揺(こ...320/1/11 22:13
忘却1ひだかたけし620/1/11 20:38
満月。中村遠吠120/1/11 19:32
120/1/11 19:30
120/1/11 19:29
見つけられないものきみのてを220/1/11 19:27
銀行振込日本征服作戦イオン2*20/1/11 18:54
クチゴミ020/1/11 18:52
純粋な時間服部 剛820/1/11 18:35
SPIRITの夜420/1/11 18:29
ずっと水宮うみ1*20/1/11 17:31
スイミングスクールフッカーチャ...2+*20/1/11 17:11
憧憬320/1/11 16:24
隣の芝生mmnkt220/1/11 14:03
アミューズな誘惑レタレタ193*20/1/11 13:21
ちゃったクーヘン4+*20/1/11 13:04
工事中ミナト 螢220/1/11 8:33
くだらない詩だけどこたきひろし420/1/11 8:23
ねえ卯月とわ子420/1/11 7:38
優性と劣性を兼ね備えてヒトは人になれるのさこたきひろし320/1/11 7:21
ドラマ夏川ゆう320/1/11 5:00
なすのぼけ雑炊次代作吾120/1/11 1:22
ゆうれいガト3*20/1/11 0:27
在るの根っこ言葉の根っこ(改訂再録)ひだかたけし420/1/10 22:25
冬の満月秋葉竹520/1/10 22:17
期待感せき2*20/1/10 20:57
贅沢お肉灰泥軽茶320/1/10 20:27
福男mmnkt020/1/10 20:21
ミシガン・レリックス 4AB320/1/10 19:57
エゴ・エリスⅠ 従者の祈りPAULA0...0+*20/1/10 19:56

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.72sec.