僕は今まで恋愛をしていない

可愛い人を見つけても可愛いの感想だけで終わる
今までにフリはあったことに気づかない後悔はなかった
だから本気で想った人なんていなかった

可愛い女性と友人が談 ....
どんな時に笑えるのだろう
どんな時に泣けるのだろう
答えを出さずに歩いて来た
星の隙間であやとりをして
君の横顔を振り向かせたい
寂しそうな表情の理由を
僕に押し付けて欲しくて
勝手な想 ....
フライヤー横
からあげが
汗を流している

一昨日 仕込んだ
もも肉 卵 醤油 塩
ブラックペッパー ガーリックパウダー
ごま油 酒 小麦粉 片栗粉

ジュワジュワと
 ....
春が終われば逝きますが、
悲しくはありません。
あなたの名前を知っている最後の生き残りです。

森に住む賢者の虫かごに一匹の蝶々、
神の庭から盗まれました。
それが私です。

この世に ....
そうこうするうちに
なんだかつめたい夕暮れがきて、

影たちがふれ合う
街は灯る
日々は揺れ
そこかしこで蓋がひらかれる

完全な夜がどこにもない
まぶたの裏にも
スカートの中 ....
星の表面に無数の星があった
消失する約束を見送っていて


余白の海にただよう文字たち
それがきみの星かを知らない


時間は立ち止まる風が生きる
部屋に焼きついたきみの寝言

 ....
その堤防は黄昏に
染まる海の静かな波の音に
つつまれていた

おだやかな心象風景のなか
ふたりだけが
迷っていた

それは
爽やかな夏の音楽が
昼間は鳴り響いていたから?
 ....
遺伝子というつづれ織り
きみとぼくを区別できなくったって
たいした支障はないのにね

ぼくの遺伝子はときどきエピタフを聴きたくなる

螺旋状の階段をのぼりおりするうちに
階数がわからなく ....
簡単なことだったのに
忘れていたね
君を待ちわびた世界は
まるでマンハッタンから
月を投げた薄い明かりだ
遠くても分かっているし
近くなら歩いて行けるし
どんな小道具も役に立たない
君 ....
過去も
未来も
かんけいがない
げんざい
わたしの内面は煮えたぎって地獄のようで
いいや
かるい地獄
ソフトな地獄
労働をおえて
しっかりと原付30キロの速度をまもり
帰るわた ....
夫が食器を洗ってくれている音がする
それを背中で聴いているのが好きだ
時々、夫は「よーしゃ」「うぉーし(ゅ)」と言う
それは私の心を思いきり健やかに笑わせてくれる
○「ゆるみ」
 ゆるみがあるからこそ
しめることもできる

○「10万円給付」
昨日申請書が届いた!
さっそく記入したが
まず老眼の年寄りには
文字が小さ過ぎる
また
記入の仕方に ....
さくら「んぼっ!」
しくら「め~ん」
すくら「んぶるえーっぐ!」
せくら「……」
そくら「テス、テステス。マイクテスト、ワンツー」

せくら(いったいどうしたら…)
せくら(なんとかして ....
光にむしばまれ
腕を失った
女神のへそを
愛撫している
孔をのぞけば
青い
青い
そらが気だるい
気だるさは
笑いをこらえる
しりから
尻をひっぱたく
尾骨がある
あ ....
今朝も歩いて
一キロ先の氏神さんを
ひとりでお参りする

石段を上り
小さなお堂の前で
鈴を緒でガラガラ鳴らし
気持ちをチャリンと投げて
手をぴったり合わせて
住所と名前を言い
あ ....
短冊状の虹の中で
7人の独りぼっち達が泣いている。
調和の為に
触れ合う事が出来ないって

白い光の中で
沢山の色達が泣いている。
自分の居場所を
見出すことが出来ないって

孤独 ....
盗人のような夕日が、薄曇りの空に紛れてゆっくりと沈んだので、俺はまるで破産した大金持ちのような気分で遮光カーテンを閉じた、喰い過ぎた晩飯がウェイトになって胃袋に伸し掛かる、だからイヤホンを突っ込ん .... ゆるやかに
五月の日もとけさって
みひらいて
あとずさりか
いつかの希望
いくらかのプログラム
明日も言っている
いいかげんに
殺せと
街はすぐに変わってしまうから
僕が代わりに留守番をしよう
黄昏の遠隔地に遊園地
もう回らないメリーゴーランド
捨てられたように待っている
明日はどうなっても楽しいはず
たてがみがてがみを残 ....
開いた口が塞がらない
鳶に油揚さらわれて
いちまい足りない
よつやかいだん
裏のめしやは
まぼろしの
あけない
ころな
お冠

とか
絆とか‬
おひとり‬
サマーには‬
 ....
 
 
 根拠の雉鳩色は空の濁りである。蓋し、悲しみはわたしの本日なのだ。
 屋台が引き寄せる天命の片隅で、ホットドッグは寂寞の内的公園であると同時に、云うまでもないが、珈琲のアナロジーは肉片を ....
誰かを愛するために牛乳を買った
あなたを愛するために卵を買った
砂糖が一匙分も無かった
もう買い足す元気が無かった

ソファに寝そべって映画を観ていた
開始10分で涙が出てきた
牛乳をマ ....
雨の吐息に八重咲きの桜しばたいて
落ちたしずくを掻き抱き夢見心地で逝く蟻の
  複眼の曼陀羅
    太陽を入れた万華鏡

黒曜石は夜に溶けながら半球を渡る

うす闇からうす紅
八重に ....
先生の使い残した白いチョークをこっそり持って帰ったりした。
僕ね、先生のことが大好きで、僕ね、先生の遺骨が欲しくって。
 
 
妻は昨日より少し細長くなって
収まる場所がまだ見つからない
その隣では去年より手足の短くなった娘が
似合わないチェックの服ではしゃいでいる
息子はといえば三日前からトランクに入った ....
 菜の花を食べて
 咳きこんだ


 あの日の熱は
 そのあたりに置いてある
 曇り硝子
 ロー・テーブル


 けれども 一体どこなのだろう
 ぼくはきみを見たことがある
 ....
新型コロナウイルスで
全世界が死を身近に感じて
感染拡大を防ごうとしていても
毎日、自殺する人はいる

誰もが互いの死を恐れて
加害者にならないようにしている
しかし互いの自殺を恐れて
 ....
新型コロナウイルス対応で
学校が休校になった時
不登校の息子が
ボクは今日から不登校でなくなる
とポツリと言った

新型コロナウイルス対応で
休校が延長された時
不登校の息子が
行き ....
過ぎて去った日々を
ふと立ち止まり振り返る事は誰にでも起こる

そこに見えた四つの苦しみ
そこにあった八つの苦しみ

愛情もあれば
憎しみも存在した

快楽も有れば
激しい痛みもあ ....
自己評価と他者評価の{ルビ乖離=かいり}
己の評価がことさら高く
他者からは評価されてない場合

彼は不断に鼻っ柱を強くし
不機嫌な具合で何とも残念な
これが未成年だっ

こういう場合 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
告白〜僕が本気で想ってる人へ〜ぺぺ220/5/19 14:54
HAPPYミナト 螢220/5/19 13:10
からあげぱーちゃん020/5/19 2:34
ネン320/5/18 22:49
なんだかつめたい夕暮れがきてはるな820/5/18 22:33
表面にいる水宮うみ2*20/5/18 21:50
小虹秋葉竹520/5/18 21:18
遺伝子のうた梅昆布茶1020/5/18 18:13
新世界ミナト 螢4*20/5/18 16:50
ソフトな地獄田中恭平6*20/5/18 16:31
すみれ日記もっぷ320/5/18 15:25
独り言254集  ホカチャン2*20/5/18 14:06
プラトニック桜にゃんしー020/5/18 13:41
であることナンモナイデ...1*20/5/18 13:40
お参りもちはる3*20/5/18 9:01
グッバイ・フォトンasagoh...220/5/17 22:31
現実だってたぶんまじないみたいなもんホロウ・シカ...2*20/5/17 22:07
ひとりごえナンモナイデ...2*20/5/17 21:11
黄昏のマーチミナト 螢120/5/17 20:08
鳶に油揚/即興ゴルコンダ(仮)投票対象外こうだたけみ2*20/5/17 20:06
挨拶、あるいは悪文修行時代墨晶3*20/5/17 18:07
ミルクセーキ印あかり720/5/17 14:59
八重に愚かにただのみきや4*20/5/17 14:41
先生クーヘン7*20/5/17 12:19
ドライブたもつ420/5/17 11:37
菜の花草野春心720/5/17 10:50
自殺ウイルスイオン1*20/5/17 10:25
全国不登校体験会3*20/5/17 10:24
過ぎて去りし日々をこたきひろし220/5/17 5:49
一人上手さんりゅうさん220/5/17 5:16

Home 戻る 最新へ 次へ
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.61sec.