降り積もった雪の中で
世界は沈黙してしまった

雪の白さは
街のネオンを覆い隠し
喧騒を吸い込んだ

世界は終わってしまったと思われた

窓から明かりが煌々と灯された
人々がそれぞ ....
新型コロナウイルスの緊急対策で
一人十万円支給が決まった日
昔、中学生の授業で
もし宝くじで十万円当たったら
何に使うか宿題があった事を思い出した

翌日息子が
お父さん一人十万円はボク ....
新型コロナウイルスの
緊急事態宣言は
人間に向けての発令であり
自分は恐竜だと思っている人は
対象だと思っていない
しかし一律支給の
十万円は貰うつもりらしい

モンスタークレーマーは ....
逆上がりで夕陽を枕にして
今日が終わるのを食い止めていた
また朝が始まるつもりでも
僕が生まれた日を知る人は
もうどこにもいないというのに
明日を恐れた夜に価値がある
この先は次の年まで何 ....
久しぶりに西の空を見上げた
夕日が燃え落ちようとしていた
新鮮だと思った

路の傍らに紫陽の花が
かたい蕾をつけていた

風が心地よかった
夕空が綺麗だった

久しぶりに心が洗われ ....
在るかないかわからないから書いているのかもしれない。
ここに在ったかもしれない、なかったことになるかもしれない、
この場所を覚えていたくて言葉に変えている。

書くことは願いにすこし似ていた。 ....
降り続ける雨は永遠の化身
わたしたちは閉じ込められている
どこかで花の匂いがするけれど
確かめに行くことはできない

濁った窓の外から聞こえてくる
心を削り取る無数のノイズたち
に耳を傾 ....
○「理想の現実」
私たちは理想と現実の狭間で苦しんでいる
私たちの
どこに理想の家庭があるのだろう?
どこに理想の学校があるのだろう?
どこに理想の会社があるのだろう?
どこに理想の老後が ....
あてもなく 街を歩いたのは
わたしとあなたが 若者だったから
まよなかの くうはくの
模型のような街の
くらやみの つくりものめいた
明滅してやすらう
信号機のひかり

かなしみを 特 ....
子供の頃に母親の財布から小銭を抜いた。
母親はそれを知ってか知らないか何も言われなかった。
勿論、紙幣には絶体手を出さなかった。バレてしまうし、それ以上に私んちが貧乏なのはイヤと言うほどわかってい ....
陸の上で産まれて陸の上で成長し今日も陸の上で生息している。
当然空気と水は欠かせない。

人類とか人間社会とか文明とか文化とか。
に拘って縛られて一体の一個のヒトとして生かされている。果たして ....
心は枯れ井戸みたいに空っぽ

溢れるように湧いていた苦しみがなくなったのだ

逃げた過失が残った


心は軽い灰みたいに、無い

ごうごうに盛っていた苦しみが燃え尽きたのだ

悶 ....
あのひとはやみに閉ざされていたころの
北極星
もう去った
気配だけが

ことばにつながる みち が幾らでもあったことを

まだわたしはひとではない
ひとであったことはいちどもない
こ ....
問い質すことはしない
その背にただ頷くだけ
否定も肯定もしないことで
ぬかるみを隠し
死へ そっと後押しする



数十億の盲人が夜を編む
匂いを持つ風は翼を解くと
女のつま先をし ....
雨が降る
漆黒のタール、銀に輝かせ
雨が降る
懐かしい匂い、散布しながら
雨が降る
遠い記憶の感触、浮き上がらせ

今宵すべてすべて静まり返り
わたしは独り寝の床を整える
未知の予感 ....
寄せては返す
心の波

優しさに
留まる事もせず

微笑みに
甘える事もせず

哀しみに
逆らう事も知らず

涙に
帰る事もできず

切なさに寄りかかり

今日も ま ....
近所に黒ヒョウの家がある
比喩とかたとえではなくて
実際に居住している
屋外に出ることはない
あくまで家の中だけだ
時折窓の内側に
黒いネコ科の横顔や
しなやかな毛並みがちらりと覗く
 ....
(チィロン!)
桃花「明日って何が必要なんだっけ?」





=>検証

----------
<title>山野桃花</title>
<h ....
 
 朝の生ぬるいミルクは狂者に揺れる鏡

それは夢と希望を織りまぜた苦い蜂蜜の跡
 
        急ぎ足に躓いた 襟巾の呼吸が

今日も樹海を彷徨う亡者の影が     みえてくる
 ....
窓辺の白い靄に似た雨が
都の煌びやかな二酸化炭素へ憧れて
ぽつりぽつりと呟くように
私の廃墟へ響き渡る

ここは
「腐ったこーひー店」
店全体が
そろそろ偲びあるく
煙草の煙に抱かれ ....
澄んで
空は澄んで
心は空に住んで
もう全てが済んで

建てた
果てに立てた旗は
白く

いつまでも脆く
壊れやすい新興は
信号を渡れない

続けなくても続く道は
ずっとず ....
花が花を追い
光が光を追う
互いが互いであることを忘れ
互いが互いをくりかえす


雨は雨
ほつれた糸
珠つなぐ音
雨と雨


何も無さをついばむ鴉
 ....
死体から死が遠ざかる
にわか雨
冬の陽だまりは
いつだってやさしくて
初夏の風は
いつだってあたらしい
あなたのとなりで
春を聴いた私は
なつかしい秋を待つために
紅い日傘を買うだろう
耳飾り揺れて
響く音楽
あれはバイオリン
嗚呼
声が聴きたいな
なんて
恋する乙女は
また歩みを進める

あなたのさした傘の下
秘密を一つ分け合って
大事に大事に
心臓に埋め込 ....
年を取ると
暑さ寒さも
わからなくなる
年を取ると
人のことにはうるさく
自分のことにはルーズになる
年を取ると
言ったつもり
したつもりが
多くなる
年を取ると
トイレと入浴が ....
君との距離が
縮まるほど
言葉が少なくなる

言わなくても伝わる想い
重なり合った想いがときめく

恋が始まって
切なさの重みよりも
明るい日常が生み出される

愛されているとい ....
練れた人には畏敬の念を


自分に都合の悪いことは

すぐに忘れてしまうけれど




後から気づく浅はかさを言葉に変えて


ここに
ぜんとぼうよう
本当にどうしようもなくなったとき
そのとき
人は一番生きている
深夜灯りの小さなキッチンで
ミルクを飲みながら
わかれた酒のことをおもう
ぐいっとミルクを飲みながら
つ ....
わたしの潮位はあたたかいですか

あの肌のぬくもりよりも

潮汐ふたつ

重ねたりして

潮騒も遠く

弔意をしるべ

さすれば息が上がっても

さすれば息が絶えても
 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
雪の白さと炎とopus020/5/10 14:55
十万円宿題イオン020/5/10 13:15
コロナザウルス020/5/10 12:21
Birthdayミナト 螢020/5/10 11:49
見上げるとあおいみつる1*20/5/10 11:16
なかったかもしれない水宮うみ3*20/5/10 9:13
やわらかい牢獄もとこ14*20/5/10 9:05
独り言252集 ホカチャン1*20/5/10 9:04
若者のすべてうみ320/5/10 8:53
子供の頃駄菓子屋でこたきひろし420/5/10 8:11
宇宙の片隅で020/5/10 6:15
心はリグレット020/5/10 1:21
小さな庭田中修子9*20/5/10 1:02
流刑者の楽園ただのみきや4*20/5/9 23:29
雨が降るひだかたけし9+*20/5/9 21:25
心波風の化身120/5/9 21:06
黒ヒョウの家やまうちあつ...220/5/9 17:50
programfile:山野桃花.htmlふじりゅう020/5/9 16:17
針時計アラガイs10*20/5/9 15:11
腐ったこーひー店ふじりゅう020/5/9 15:02
もう十分トビラ2*20/5/9 13:44
風 煙 灰木立 悟420/5/9 10:44
無題空丸1220/5/9 10:38
今日の風もっぷ320/5/9 9:30
デート卯月とわ子220/5/9 9:27
年を取るとホカチャン2*20/5/9 8:31
恋に生きる夏川ゆう420/5/9 5:22
メモかば020/5/8 22:09
朝─永遠に死ねない詩人田中恭平520/5/8 18:27
冥腑ナンモナイデ...7*20/5/8 17:59

Home 戻る 最新へ 次へ
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.55sec.