眠れない夜のオフィーリア、
貴女は死に向かって歩む?

{ルビ水面=みなも}に映える白詰草には、
僕たちの{ルビ記憶=おもいで}が散りばめられて。

貴女は、夜へと歩き去るオフィーリア、
 ....
ねじばなの咲く土手にすわって、
 わたし、むこうを向いていたの。
 
ローカル線の電車が駅に、
 すべりこんで、鳴らす警笛……
 
ええ。2両しかない電車で、
 雲のようにながれてゆく。 ....
ふわっと地面におりてきて、
 着地。
 
ああ、ここに貝殻があるわ、
 と手にとって、
 
お日さまにかざして、
 すかしてみる。
 
貝殻は、貝殻だわ。
 わたしも誰かにとっての ....
1.
「ンテゥア、最初のオーシャニスト。
彼を、いや、彼女を形容するのは簡単なことではない。
なにぶんその「人」は性別など超越しているしね。」
ノイズの少ない首都(ポリス)一番の頂きで分人民主 ....
端っこまでクリームの詰まったクリームパン。
そういう幸せが、君の人生に沢山ありますように。
もうかなり昔のこと
僕はあなたの住んでいた部屋
お墓を訪ねたことがある

そのとき、あなたのお墓の前で
僕はこう祈った
『クラシック音楽、あなたに関わるこの仕事を
僕の一生の仕事、天職と ....
けさは涼しい
というより
とても寒かった
燃えた
燃えた
燃えたものたちが
凍りついて
少しやさしくされて
笑ってしまった
今日は大切な儀式をしようと
早々帰ってきた

ホ ....
誰かがいて
誰もがいなかった

隠れんぼのように
取り残された
神社の鳥居に
ブランコはない

バチが当たるのか
風が当たるのか

日常のノイズ
白く飛ばした
青春はまだ
 ....
きみとぼくは警察に追われている
ぼくは強盗をしたらしい
きみはその手引きをしたらしい
派手なカーチェイスがあり
奇跡的な突破があり
きみとぼくは南国の
テーマパークにどうにか
辿り着 ....
もう
これいじょう私を

厚化粧で
着ぶくれさせないで

そんな言葉
誰にも伝わるわけない

そんな
仮装行列で詩にしないで
海と空をうつした写真を逆さにすると
水の球がみえてくる
全ての検札がこれで済めばいい

非常階段の裏を踏んで
ただひたすら空へ
かけ降りていきたい時がある
希望や
憐憫だったり
愛に似たふちどりをしたものが
夕暮れの街には
霧のように立ち込めている

同じ風が吹き抜けるなか
悲しみしか知らない人もいるだろう
繋いだ手を放さずとも
違う雨 ....
汚れたままでいます
あの人がくれたキスがなくならないように
顔も洗わず、シャワーも浴びずに
太陽を浮かべてくれた貴方
演奏されたリクエスト曲は「明日への架け橋」
一緒に聴いた歌の意味も分らず ....
適当な気持ちで
適当に書いたものを
適当に投稿したら
詩人に怒られた
詩への愛が足りないと

そんな日もたまにはいいな

もう、とんと
私の適当を
詩に近づけて話す人
いなくなっ ....
近所に世界の果てが出来た
白いベンチがひとつあった
僕らはベンチに腰かけて
パストラミのサンドイッチを食べながら
突き当りで折り返して行く飛行機を眺めた
世界の果ての地面にも小さな虫はい ....
そこは始発駅
そこは終着の駅も兼ねている

冬の夜はまだ明けていなかった
寒気が顔の皮膚を
まるで
剃刀みたいに切り裂いてくる

旧年が去って
新年を向かえていた

時刻は午前四 ....
切りすぎた足爪
花嫁 花嫁
夜通し夜を押しのける
暗く蠢く四角い風


水のなかで踊る刃
片足の羽
夜に傾き
海と空と地の螺旋


折れないのか 原を蹴り
 ....
夜に
仔猫が出没しなくなって
2週間?
虫の声が聴こえはじめて
1ヶ月?
新しい時代になって
6ヶ月?
私うまれて
何十年?

秋は、紅葉
秋は、満月
秋は、いろんな欲 ....
流した涙の数だけ
人は人の中を清潔に
保つことが出来る
体みたいに、心もそう

嫌いな目上の連中に
ぶち殺してやるとか
300年呪ってやる
そう言わなくていい

とびきり幸福な人生 ....
個人のつつましい民主主義が疲労して
つま先から順に夏に攪拌されていく
暮らしの行き先など
だれも責任を持たずに今日も花市だ
詩は円環軌道で経営され
詩は競争優位のためにイノベーション
 ....
秋口が開き
無辺の静かさ、響く
赤々と彼岸花咲く土手の向こうから
手招きするように
ゆっくりと、ゆっくりと

)もうはっきりとは
)思い出せない過去がある
)色褪せながらジリジリと
 ....
夜半、防犯カメラの死角を縫って駆ける。
あの子のハートに火をつけにいく。
死んでしまいたいと思うことは多々ある。
わたしが今住んでいるアパートのベランダからは、
オベリスクのような細いビルが見える。
わたしはその細いビルをわたしの墓標だと思っている。
その細いビルを ....
悲しみが少しだけ減った夜には、
悲しみをプディングにして食べてしまおう。
そうしなければ生きられないのであれば、悪になることは悪ではない。
問題は悪をもって何をなすかなのだ。
悲しみが少しだけ ....
打ちっぱなしのコンクリートに、ウサギ模様。
あれは星雲、これは星。あれは星座、これは銀河。
わたしたちの見ているのは、宇宙。
まだ見ぬ宇宙がそこにあると……紫煙の向こうに、確かめているわたし。
 ....
夕べみた夢は
愛ある人に囲まれていた
幸せな一夜だった

悪しきを忘れ愛だけが
今をつなぐ脳の自動回路
まさしくそれは健常の証

現世に生きる人間の
心の内は理解できず
時に刃で突 ....
私は一千九百五十五年の生まれです

歴史の示す通り
十年前の四十五年に世界大戦が終結していますね

この国は
ポツダム宣言を受諾して
敗戦を向かえました

学校で教わったよね

 ....
導かれながら
月へ行くロケット

破れない鼓膜
その仲間も消え

これからは全て
通いやすくなる

磨いた爪で
傷付けぬように

指を立てたら
足に変わるんだ

夜に動か ....
また


とらわれている
思考
律して
脳を
諦めさせる
ことはできるか

けさは涼しい
わたしは時間まで
待つ
思考と
反思考 無為
のせめぎあいのなかで
くりか ....
前ぶれもなくざわめき、ふるえ
雑用の手を止めて
窓ガラスの向こうの外側に向かってつぶやいていた

上手に作った紙飛行機がすんなり空気をつかんで
ひとしきり空の空気を楽しみ
 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
etudela_fem...3*19/10/7 16:49
3*19/10/7 16:45
4*19/10/7 16:44
昔の詩(未結)4善最ぴっきゐ019/10/7 13:07
クリームパンクーヘン17*19/10/7 12:17
ブラームスへ日比津 開519/10/7 12:06
コーラス #09田中恭平4*19/10/7 9:11
ノイズミナト 螢3*19/10/7 8:49
ファタジェトジュ後期119/10/7 8:24
言葉が言うには丘白月219/10/7 8:09
空白ぽりせつ4*19/10/7 8:00
街並いまり919/10/7 6:00
汚れまみ4*19/10/7 5:51
詩人に怒られる木葉 揺(こ...319/10/7 0:59
世界の果てたもつ619/10/6 21:37
楕円こたきひろし319/10/6 20:35
かたちたち いろたち木立 悟319/10/6 20:35
窓からながめる満月の夜秋葉竹1119/10/6 20:16
ネン219/10/6 18:13
律動葉leaf219/10/6 16:11
秋口ひだかたけし719/10/6 13:48
クーヘン5*19/10/6 12:24
ポエムla_fem...11*19/10/6 12:13
4*19/10/6 12:12
4*19/10/6 12:12
夕べ見た夢フジ子2*19/10/6 11:06
巡礼こたきひろし519/10/6 9:47
ヴァージンミナト 螢119/10/6 8:45
コーラス #08田中恭平319/10/6 8:29
10/6(日) 曇り山人2*19/10/6 7:13

Home 戻る 最新へ 次へ
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.54sec.