どうしようもないことばっかりで
全部放り投げて酒飲んでパチンコがしたくて
煙を吸って吐いて
馬鹿みたいに笑って
かえるが鳴いていたよ
きっと一生懸命膨らましてるんだろうな
あれを針でつつい ....
{引用=ふりしきり
牡丹雪
ふみつぶし


雪のこと
バターや砂
小休止の記号 

時計
飛び回る鳥たち
訳について

目盛りの隙間に
蜂鳥の逆巻く
海馬に一 ....
脳内を楽園にしたい
せいり
せいとんして
アイスコーヒーで一服
まだまだ飲みたいまだ飲みたい
足るを知るを知らず
でもお金をもっていないんだ
生活ははんたいの方に
清貧をめざすよう ....
弟よ
見失うな
一日ずつ進む
不安と愛しいこと
今日という本当のこと
向き合う意味がある
ずっとなくならないと思うことがあるだろう
強い風のなかでは息がしにくかった
心をわだかまらせた ....
オルゴヲルの中で星が廻る
そこで夜空より少し明るい
黄昏を知って優しくなった
街の十字路に消えていく人は
昔の記憶を抱えたままで
お子様ランチの旗は
どこの国のものだったのか
そもそも作 ....
冷たい夜の薄い布団になかにもぐりこむと
いくつもの雪明りの中に浮かんでは消えてゆく狐火がある
その狐火に誘われるように怪しい足取りで歩いているのは
まだ若い母と、背中には小さい私だった
母の狼 ....
鼻から鼈甲飴が垂れてきました
これで蓄膿症が治るかもしれない

両手でガンガン引っ張っりましたら
牡丹餅くらいの大きさになりました

(棚から牡丹餅

誰かが囁いて教えてくれま ....
色味にトチ狂って
暗がりに吐瀉物
別々の腕時計の
指し示す同じ時刻
グランギニョールのフィギュアと
バラライカのドーナツ盤
ベゼルの割れたディスプレイ
気分の乗らない売春婦
電気自 ....
ゴールデンウィークも終わりだ
今日から気持ちを切り替えて
一日パソコンの前に
座り続けるぞ~!
座り続けてやるぞ~!

オーッ!

と言いつつ
この間死んだ
ヨハン・ヨハンソンの
 ....
穏やかに時は流れますか
穏やかに時は流れ得るものでしょうか
ふわふわしたものが好きです
きらきらしたものが好きです
それだけの私にも
穏やかに時は流れ得ますか
時の問いかけに
とまどいながらも
特別な大切と

ため息つき
躊躇いつつも
試す尊さを


真っすぐな祈り 
今こそ もう一度

祈っても 
変わらなくても 祈らずには  ....
人と人との関係しか書けなくなりました
人間失格です

神さま、教えてください

何故、私達の見る夢やドラマや映画の大半は
出てくるのは人間ばかりなのですか

何故、私達の見る夢やドラマ ....
ああいたい

忘れたころにやってくるこの痛みを

何と呼べばいいのか



言葉にするとすこし和らぐ
いつか父が日曜大工で建てた日曜日の家。
その小さな家から僕が巣立つ月曜日の朝。
それなりに人を踏みつけてきました。後ろから思い切り蹴られもします。みんな思い思いに傷だらけです。でもそこに因果関係はないんです。みんな痛いけれど、相手の痛みは生涯分かりません。死に際に隠れれば良いと思 .... 氷上に吐露した朽葉 時に流れる
季節はスライドを重ねる微粒子たち
誰のものにも二度と靡かない睫の艶
声帯を潰した天邪鬼の嫉妬も息が上がる
駆け足で滑り台を駆け どこへ行くか朔風

めくるめ ....
降り積もった雪の中で
世界は沈黙してしまった

雪の白さは
街のネオンを覆い隠し
喧騒を吸い込んだ

世界は終わってしまったと思われた

窓から明かりが煌々と灯された
人々がそれぞ ....
新型コロナウイルスの緊急対策で
一人十万円支給が決まった日
昔、中学生の授業で
もし宝くじで十万円当たったら
何に使うか宿題があった事を思い出した

翌日息子が
お父さん一人十万円はボク ....
新型コロナウイルスの
緊急事態宣言は
人間に向けての発令であり
自分は恐竜だと思っている人は
対象だと思っていない
しかし一律支給の
十万円は貰うつもりらしい

モンスタークレーマーは ....
逆上がりで夕陽を枕にして
今日が終わるのを食い止めていた
また朝が始まるつもりでも
僕が生まれた日を知る人は
もうどこにもいないというのに
明日を恐れた夜に価値がある
この先は次の年まで何 ....
久しぶりに西の空を見上げた
夕日が燃え落ちようとしていた
新鮮だと思った

路の傍らに紫陽の花が
かたい蕾をつけていた

風が心地よかった
夕空が綺麗だった

久しぶりに心が洗われ ....
在るかないかわからないから書いているのかもしれない。
ここに在ったかもしれない、なかったことになるかもしれない、
この場所を覚えていたくて言葉に変えている。

書くことは願いにすこし似ていた。 ....
降り続ける雨は永遠の化身
わたしたちは閉じ込められている
どこかで花の匂いがするけれど
確かめに行くことはできない

濁った窓の外から聞こえてくる
心を削り取る無数のノイズたち
に耳を傾 ....
○「理想の現実」
私たちは理想と現実の狭間で苦しんでいる
私たちの
どこに理想の家庭があるのだろう?
どこに理想の学校があるのだろう?
どこに理想の会社があるのだろう?
どこに理想の老後が ....
あてもなく 街を歩いたのは
わたしとあなたが 若者だったから
まよなかの くうはくの
模型のような街の
くらやみの つくりものめいた
明滅してやすらう
信号機のひかり

かなしみを 特 ....
子供の頃に母親の財布から小銭を抜いた。
母親はそれを知ってか知らないか何も言われなかった。
勿論、紙幣には絶体手を出さなかった。バレてしまうし、それ以上に私んちが貧乏なのはイヤと言うほどわかってい ....
陸の上で産まれて陸の上で成長し今日も陸の上で生息している。
当然空気と水は欠かせない。

人類とか人間社会とか文明とか文化とか。
に拘って縛られて一体の一個のヒトとして生かされている。果たして ....
心は枯れ井戸みたいに空っぽ

溢れるように湧いていた苦しみがなくなったのだ

逃げた過失が残った


心は軽い灰みたいに、無い

ごうごうに盛っていた苦しみが燃え尽きたのだ

悶 ....
あのひとはやみに閉ざされていたころの
北極星
もう去った
気配だけが

ことばにつながる みち が幾らでもあったことを

まだわたしはひとではない
ひとであったことはいちどもない
こ ....
問い質すことはしない
その背にただ頷くだけ
否定も肯定もしないことで
ぬかるみを隠し
死へ そっと後押しする



数十億の盲人が夜を編む
匂いを持つ風は翼を解くと
女のつま先をし ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
サイダーストーム鳴神夭花320/5/11 16:51
在処蟇沼3*20/5/11 16:42
徒然書いた #1田中恭平320/5/11 16:21
弟よ黒髪2*20/5/11 13:06
少年の夜ミナト 螢120/5/11 10:17
琴線山人8*20/5/11 7:18
鼻から鼈甲飴らどみ220/5/11 6:11
だったらrip it upホロウ・シカ...2*20/5/10 23:33
朝陽を浴びたリビング花形新次120/5/10 21:52
今日の風もっぷ220/5/10 21:41
あの海へ飛ぶ鳥 あの空へ泳ぐ魚  【参考】 LUNA SEA ...komase...020/5/10 21:33
神さま、教えてくださいらどみ2*20/5/10 21:22
メモかば020/5/10 21:09
日曜日クーヘン6*20/5/10 20:55
市民と天使ネン120/5/10 17:15
哭き風ヱ昊 稀120/5/10 15:03
雪の白さと炎とopus020/5/10 14:55
十万円宿題イオン020/5/10 13:15
コロナザウルス020/5/10 12:21
Birthdayミナト 螢020/5/10 11:49
見上げるとあおいみつる1*20/5/10 11:16
なかったかもしれない水宮うみ3*20/5/10 9:13
やわらかい牢獄もとこ14*20/5/10 9:05
独り言252集 ホカチャン1*20/5/10 9:04
若者のすべてうみ320/5/10 8:53
子供の頃駄菓子屋でこたきひろし420/5/10 8:11
宇宙の片隅で020/5/10 6:15
心はリグレット020/5/10 1:21
小さな庭田中修子9*20/5/10 1:02
流刑者の楽園ただのみきや4*20/5/9 23:29

Home 戻る 最新へ 次へ
7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.81sec.