ウールのマフラーを強く巻いても
誰かの腕を離れたこの首は
隙間だらけの星空みたいな

編み目のひとつにほどける思いを
両手で救って届けたかった

チクチクと痛むウールの感触
太陽の熱と ....
パッパカパッパカ
お馬が走る
パッパカパッパカ
お馬は走る
お馬とても賢そう
パッパカパッパカ
とっても元気で
人参美味しそうに
食べるお馬さん

ざあざあ
ざあざあ

雨が ....
山から下りてくる冷気が十月の浅い日のふくらみをおびやかす。男は人生の折り紙ばかり折っていて、その折り目の正しさを論述している。白紙の暦に少しずつ日付が折り重なり、日付には詳細な日記が書き込まれている。 .... タイトルは私の書き方とする
私ではなくても良いのだけど
特定の他人の話にすり替えると悪い気がして、さ

鉄鎖を断ち切りたくつて、さ

痛いけど
一枚、剥がすだけさ

直ぐに終わる ....
あたたかい人も、いたよ
やさしい目をしていた

責める人も、いたけど
そんなつまらないものを
書くものはバカだぞ、と
もう、いい加減にしろよ、と
圧倒的なパワーで
わたしを諦めさせ ....
キレイで大好きなものに囲まれたまま13月になると
服や口元に一本シワが入れば呼吸ができなくなって倒れてしまう
起きるはずない 、
年を取って嫌いなものが増えるのも、白髪やシワが増えるのも全部
 ....
気づくと森に向かう途中
緑の中赤い屋根の家が一際目立っていて
わたしは夢中でシャッターを押す

何度撮ってもぼやけて写らないその家が神秘的だったけれど
なぜかすんなりとそれを受け入れたのが不 ....
並木道のやわらかな絨毯
ざくざくと二足の靴がふみ鳴らす
転がるように進んでいく

寂しい色したフェンスの影
まるでレースみたいだった

ざわめき

小さな音が重なって騒がしく
虫と ....
深夜のラジオ

うまく生きていくための鍵をもらった

赤い会議中

近づけば隠れるひくい月

壇上にパイプ椅子

間に合いそうもないなら電話いれて急ぐな


調べたのか、経験 ....
それからぼくたちは
かつてよりよく知っていた幸せを
なんとか取り戻そうとするのだ

だれにもできない
永遠の愛をふたりが
ふたりだけが
手に入れることができるとは
信じられ ....
  けだもの


ひとの声がする

空がなく
土もない
紙の色の月がうすく照らす
このわづかな世界に

やさしく
神々しく
いつくしみ深く
ひとの声がする

《祈りなさい ....
いつも通る道
いつも出会う人
いつも歌う歌
いつも曲がる角

いつも読む雑誌
いつも食べるパン
いつも乗る電車
いつも降りる駅

いつも見る鏡
いつも見る私
いつも見るけれど
 ....
雨らかに拡げぬ君の声ゆし
空らかに蔓延たけ我が命なふ
知らず逝かれ残されれれれるるる
阿弥陀一筋縄モノ鳴らす
夢らかに途中気づく木屑坂
登らかに娘傘拡げぬ君の髪ゆし
吐き気れば車内にゆれれ ....
霧のつぶが
ここらに留まっている

セイダカアワダチソウが
しっ
と立ち尽くしている


秋は秋でさみしいから
オルガンを弾く
幼き
亡き王女に寄せたこころを
いつまでも

 ....
ブランコをこぎやすい服を選んで試着した
試着室の中のブランコをこぐと
鏡の自分は楽しそうたったので、その服を買った。
ブランコも込みで23万6000円だった
愚痴は言うまい
ただ ただ 感謝を

愚痴は言わせまい
隙は与えまい
それが得策

神様に賛美を
そして祈りを

愚痴は言うまい
言わせまい

気にするな
落ち込むな

 ....
橋学部をでた若手職人が意気込んでサッカー場とシベリアをつなぐ橋を作った。
ブリザードが吹いて観客は凍えた!!
強烈なシュートが打たれて、氷は解けてみんな生き返った
職人は橋のてすりを毛布に取り換 ....
何が仮装だ、アホどもが!
つまんねえ仮装は
萩本だけで充分なんだよ!

ワケわかんない
どんちゃん騒ぎは
どうせ電通の差し金だろ
あいつらは
日本転覆を画策している
広告テロ集団なん ....
きみとなにかを分け合う様に生きていたいとおもう
からっぽのカゴの自転車のままで自由を走ろう

所有することなしに生きてゆくことも良いのかもしれない
手にするものすべてはさよならをはらんでいるか ....
『わかりやすい労働基準法』というタイトルの本はあるけれど『読んでしまうでしょう』というタイトルの本はない。仮にあったとしてもそれは『呼んでしまうでしょう』であったり『混んでしまうでしょう』であったり『 .... 紙の質感やインクの匂いが
伝わる指先を誰かに向けて

1ページの物語も読まずに
主役を生きてる人が妬ましい

自分らしい振る舞いやセリフを
学んできたのは同じはずなのに
シャボン玉の大 ....
僕は眠りながら考えた
ただ自分の欲のためだけに生きるならば
どれだけ成功したにしても
人生は空しい
どれだけ健康で長生きしたにしても
人生は空しい
敵の飛行機が一機だけ群れからはぐれてしまった
首都を爆撃するために幾千の機体が飛来した夜に

無差別に投下された焼夷弾は
街を容赦なく火の海にした

それは
幾千の渡り鳥が
幾千の糞を ....
溺れないようにもがく
ここにあるものは肉体と
満たされない空と
注ぎ足されつづける水

酸欠の頭で考えることは
誰が注いでるとか、
どこまで行くのかとか、
そんなことではなくて ....
バンコクの光の中
仕事場へ向かう人たちと
そこから帰る人たちとで混み合うバス
ガイドブックに無いスーパーの前


バスに乗っていた僕だった
高架下はどこか寂れた冬の風景
暑いけれど ....
ハロウィンに参加をするために
よく使う渋谷のショットバーで
待ち合わせをした

隣の席に苦労して作った
ジャック・オーランタンを置いた

しかし約束の時間に
彼女が来ない

いつも ....
自分が将来
なにになりたいか
もちろん考えたことはあるけど
本当になりそうにない

将来わたしは
なにになればいいんだろう?
どんな仕事をすればいいんだろう?
友達は パパとママが医者 ....
月や
完璧な嘘や
まるい
(でもさわれない)夜で

車内はぱんぱん

世界と わたしとのわかれめの
つねにつめたい線は
そう望んだような気がする
わたしが
わたしをわかるよう ....
小指で伝う葉脈のか細さをきみは知ろうとしない。生きるうえで不要なのが繊細さなら、搭載された生き物は最初から負けているの。きみはいいな、と指で葉をなじった。神さまを信じないきみこそが、神さまに愛されてい .... アルフレッド・ヒッチコックの夕暮れのような空のなかで今日が竦み上がりながら死んでゆく、その悲鳴は、その悲鳴は…昨夜俺を悪夢から叩き出したその声とまるで同じで―なにを見ていたのか、なにを知っていたの ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
シリウスミナト 螢3*18/10/30 8:19
腰国改修4*18/10/30 6:23
拍動葉leaf218/10/30 5:54
● 雑に書くのが良いのか悪いのか ●らどみ2*18/10/30 3:51
あたたかい人立見春香818/10/30 2:01
13月の眠り姫オオサカダニ...018/10/30 0:13
まどろみ十一月の失敗...318/10/30 0:01
地面を飾る日青の群れ618/10/29 23:18
バックトゥザフューチャーペペロ318/10/29 23:12
ミッドナイト・ハッピー・ハロウィン秋葉竹218/10/29 21:54
けだもの・部屋石村27*18/10/29 21:10
いつもやまうちあつ...3*18/10/29 20:21
秋雨幻視腰国改修1*18/10/29 19:05
オルガンの景観印あかり13*18/10/29 19:00
ニューヨーク天神駅37「洋服屋」オオサカダニ...118/10/29 18:28
勝利の秘訣あおいみつる2+*18/10/29 18:15
ニューヨーク天神駅36「橋作り学部卒」オオサカダニ...018/10/29 18:13
10月31日花形新次118/10/29 17:49
きみと梅昆布茶1218/10/29 17:32
隆盛人間ゾーン腰国改修2+*18/10/29 17:23
落丁ミナト 螢2*18/10/29 8:24
スーパーボランテイアホカチャン118/10/29 6:19
空を飛ばない円盤こたきひろし418/10/29 2:17
輪廻に溺れる新染因循418/10/29 1:18
バンコクのスーパーマーケット番田 318/10/29 1:15
ジャック・オーランタン羽根19*18/10/29 0:55
宿題マルチー318/10/29 0:10
車内はるな318/10/28 23:13
きみは最強のノーマルタイプ青花みち218/10/28 23:10
混沌をまんべんなく敷き詰めた小さなベッドに(そして窓の外にや ...ホロウ・シカ...4*18/10/28 22:48

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.39sec.