物音がしない家
誰もが寝静まった時間
わたしだけが動き、音を鳴らす

見えない波紋がふわふわと広がって
音を響かせる

誰も起こさないように、静かに
そう気をつけていたって
キーボー ....
美しいような、やましいような、奇妙に研がれた気分です。

この本?、この本には詩の息吹がかけられています。ま(だ)新しい本です。
この本は、特別な薬効で私の目蓋の裏にあります。

生きている ....
心静かに私は行こう
  神よ 貴方の平和の裡に

藍色夜空に降れる 沢山の微笑みに
私は 微睡まずには いられない
魂は 永遠の安らぎの 中にあり
最早何を 疑うこともない

夜の帳が ....
もっとたいせつな
丸いこころがあると
しっているけれど

そんな玉ねぎみたいな
ひとを泣かせることばを
なんどもきかされると

全てをおわらせても
ないふでそのかわを
むきたくなる ....
地方の町のラーメン屋
小汚くて愛想のない
何か独り言いっている
味噌ラーメンひとつと言っても
聴こえているのか無視されたのか
よろよろ歩くお婆さん
お客がひとりまたひとり
注文しても
 ....
「ここは抱っこおう」と
駅の構内に響く声
電車の中は我慢したんだから
ここは抱っこでしょ
我儘いうよ全力で
「ママここは抱っこ抱っこおう」
跳ね飛ぶ小さな身体とくつくつと
若い女性が振り ....
   

    
                            









          

 ....
 


黙して待つ
それだけのことが
辛い

私はここよと
叫びたくなる

目を閉じて
眠ってしまえば
逃げ場を亡くし
回り続ける

水の中に
ゆだねたのは
存在理由 ....
惨めな人生を長くするために
幸せを大量投与
町も
人にも
簡単に生きれるようになった代償に
楽しむ数が限度を迎え
伸び切った時間を外れた

構造の新パターンを開発するなら
全部を経験 ....
黄昏に見つけた帰り花
あなたの好きな白い花
雪を踏む音がいつまでも
歌っているように離れない

季節外れの桜が散りそうで
妖精にたずねてみる
花をひとつ雪に包みたいと
花を連れて帰 ....
ずいぶん待たせたね
傘に積もる雪
踏み固められた足跡
肩越しに白梅が夕日に染まり
タンポポの綿毛が息で溶ける

抱きしめてしまえば
肩に滑り落ちる雪
雪の中に春がいる
梅の妖精が ....
その冷たい花が
君の心へ舞いおちて、

白雪みたいと思った
僕は、
そんな、おろかものだった。

ただ揚羽蝶を切るような
疾風が、
この野原に吹き狂う。


瞳が汚いヤ ....
どうみても詩にしか見えない
読むまでもなく詩にしか見えない

まるで
ことわりの塊にしか見えない詩

すべて
すべてが
同一人物の作品にしか見えない

もう日本人は精神個性は枯渇し ....
洞窟の分かれ道を全部綺麗に間違えて行き止まり

深く小さな穴ぐらに住む少年は
外の空の大きさを知らない
知らないということだけ知っている

価値観が
尺度の変わる物差しに翻弄されながら
 ....
赤い信号の光りが
濡れたアスファルトに落ちて
滲むように拡がっている

思い込みに過ぎないけれど
濃くて固定された光りと
薄くて拡がる光りの違いが
誰かさんと私との違いを
抽象的に表 ....
詩を書かない夜も
詩を紡いでいる、
私の心の底。
 
 人の、声に、疲れたら、君、月を、見てくれ、

  犬が、吠えても、知らん、顔、返事も、しない。

 気儘に、生きろ、それでいて、丸く。
料理を丁寧にゆっくりして
くつろぎながら
笑いあいながら
好きな人と語り合いたいな

あらそうのは嫌だ
競うのは御免だ

おいしい料理に舌鼓うち
思う存分たべたいな
幸せになれるだ ....
・お母さんの膝を滑り降りて君はこの惑星に来たんだよ

・あいつにキスをしておもいっきり息を吹きこんで風船にして割ってしまいたい

・僕のキンタマの裏は迷路になっていて君を一生惑わせておくため ....
「環状線に乗っていつまでも回っているのが好きなの」

東京から来た彼女は言った。

それでも大阪環状線は
大阪以外からやってきた人を
大阪の外に吹き飛ばしてしまう。

奈良から来た人を ....
  見上げておいでよ
  きみのあるく道を

 鳥のねむり
 花のいのり

  きみの道をめぐる
  日時計が差す影を
たんたんと過ぎていく味気ない毎日だね。
たんたたんって、少しリズムを変えてみようか。
今、私の目の前にあらわれる
あらゆる誘惑は

かつて、かすかに望んだ願いが
まるで今もわたしが願っているかのようで

(そうかもしれない。けど。
ちょっと強がるのが将来への気品でしょうよ ....
早朝日が昇る前、まだ深夜に目が覚める

そしておもむろにPCに向かいゲームを立ち上げる
若いころに感じていた解放感はもうない

コーヒーを一杯入れてゲームとツイッターやら
同時進行で眺める ....
歴史は僕じゃない
言葉が機械的に繰り返されるから
畑は地平より広くて
空瓶に自然な重力を恵んでいる
旅客機、君は賢い猿
僕は椅子の形をした幽霊
君が話すから
僕はそして黙っている
死ん ....
線香花火のように跡が残りそうな
恋をしてる人は終わり方を知らずに
運命線が赤く見えるから
あなたとまた会える気がする
そのために壁を作らなかった
低温火傷をした日は泣かない
遠い空へ投げる ....
94歳の僕らの山の師匠は
相変わらずあちこちの山に登っておられたところ
ある日下山時枯れ枝をつかんだために崖下に転倒してしまった
病院に行ったら腰椎圧迫骨折で即入院だった
二ヶ月ほど入院されて ....
蝶が一匹蜘蛛の巣に引っ掛かって動けなくなっていた
飛んで巣にいる蝶って訳か

その姿が何とも哀れで、どうにかしてやりたくなった
しかし
既に死んでいる様子だ
どうせ死んでいるのなら
救っ ....
私の原風景はお母さんだった
お母さんが大好きです
聖者とは、その人の智恵がすべて体験から出たものである人のことだ。

私にとってそれは基礎のようなものだ。

リアリティがないものを書きたくない。

病に犯された詩人が、顔をゆがめながら書い ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
広がる波紋卯月とわ子220/1/8 4:14
000%由比良 倖2*20/1/8 3:02
エゴ・エリスⅠ 心静かに私は行こう  神よ 貴方の平和の裡に[group]PAULA0...0+*20/1/8 1:56
いき立見春香1120/1/8 1:47
味噌ラーメン灰泥軽茶320/1/8 1:24
ここは抱っこ120/1/8 1:05
うまれてMOD020/1/8 0:11
ハシビロコウの憂鬱Lucy7*20/1/7 23:24
不誠実の歌竹林 蒼一郎2*20/1/7 23:20
帰り花の妖精丘白月020/1/7 21:52
梅の妖精120/1/7 21:51
冷たい花。秋葉竹1020/1/7 21:49
ことわり丘白月220/1/7 21:45
やまない若乱120/1/7 21:22
光りの違いmmnkt3*20/1/7 20:38
心の底ひだかたけし520/1/7 20:26
満月。中村遠吠320/1/7 19:42
本当は・・・あおいみつる1*20/1/7 18:28
一行詩フッカーチャ...120/1/7 17:58
大阪環状線にゃんしー3+*20/1/7 17:03
かがやくMOD020/1/7 13:30
たんたんクーヘン2+*20/1/7 13:01
洗面所にて 仮たこすけ2*20/1/7 12:42
スターターキットりゅうさん320/1/7 12:38
君が話すから吉岡220/1/7 8:52
線香花火ミナト 螢220/1/7 8:29
健康格差ホカチャン1*20/1/7 8:17
どうせいつかは誰だって死ぬんだこたきひろし220/1/7 7:10
二歳の夏、夕景もっぷ220/1/7 1:15
雅歌viraj220/1/6 23:22

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.57sec.