わたしが

うまれてから

なみだを

 このてで

  ふくまで

ちちははは

どれほど

こころを

 ぬらした

  ことだろう


いきていく

 ....
夜ふと目をさましたら
胸におおきな風穴があいていました
最近苦しい恋をした覚えはないので
これは病気に違いないとおもったのです

翌朝ユリノキ通りの魔女の家にゆきました
ヤブって評判だけど ....
イライラしているときに数学はどうも相性が悪いらしい。


あぁ、また間違えたと心の中でぼやきながら消しゴムを掴む。
消えていく数字の隣で、小さな濡れた染み。
キミがさっきまで此処にいたという ....
君と僕にできること
それは優しさの眼差しで
雪の白さを歌うこと


君と僕にできること
それは愛しさの眼差しで
山の青さを歌うこと


歌の心は見た目じゃなくて
揺り動かされた心 ....
花が咲き乱れ
緩やかに風が渡る高原を
想うのはもう やめた

  飛べないのではなく
  飛ばない虫

穏やかな海に向かう
明るい窓を
開けるのは やめた

  鳴けないので ....
夜と昼間のあいだには
真っ暗闇の泪川

ほんの些細なひとことで
抜き差しならないドツボに嵌り
この頃の寒さも張り付き凍えてく

あまい言の葉に ほだされて
安眠毛布のクモの糸
 ....
夕暮れの空にはむくどりが群れて
毎日あんなことしてて
むくどりは飽きないのだろうかと思う私も
飽きもせず夕飯をつくる
いや飽きてるんだけど
夕飯に飽きても
生きてるのに飽きても
生きてな ....
暗い夜道の向こうからランタン売りがやってきたよ
道行く人には見えないらしい
こうもりマントをすっぽりかぶり
すべるように探しているのさ
まれに時間の隙間に落っこちた
わたしのようなものをね
 ....
貧しい人の手は、いつも淋しいかたちをしていて
貧しい人の目は、いつも悲しい言葉を探している


(本当は、とても綺麗な詩が書きたいのです)


雪降る夜の寒さは、震える指を動かして
して、そして
 ....
 すこしずつ
 色を足し
 
 気づかれないよう
 形をかえて

 満月を
 あとふたつ数えたら
 「春」になります


北風の止んだ空に
雲の声がした
 心が迷う そんな時こそ
空は青いということを思い出そう

光が空気中のガスに反射して

 ウンタラ
     カンタラ

空は青い それでいい

ならば
心が迷う 当たり前じゃ ....
緋色の帯を解く君は頬を赤く染め
何だか恥ずかしげな風情だね
帯止めの色目は玉虫だから
綴られた思いも刻々とその表情を変え


真新しい紙とインクのほのかな香り
読みかけの頁に挟んだ栞のよ ....
英語の先生が教えてくれた
一番長い単語は

「smiles」

最初の「s」から
最後の「s」まで
1マイル

たとえば僕が笑顔のままで
1マイル
歩きとおせたとしたら
もっと ....
ケータイの震えをピッと指で止め、いつもの声にからだ温もる


「何してた?」「月を見ていた」五百キロ離れた二人を結ぶ光を


電話だと君の声が近すぎて星座をつなぐ孤独に気づく

 ....
自分が出したモノの行く末など
どこへ流れて最後はどうなるのかなんて
気にするものがいないように

自分が吐いた言葉の行く末など
本当のところは
どうなるかなんて
気にするやつはいない
 ....
大きな街のお空には 
本当の空は無いと言うのに
太陽が高く射す昼休み
呼吸をふーーと吐き出して
皆が窓を開けた
深呼吸する時間 一斉に


大きな街のお空には
化学記号が飛んでい ....
夜のプラットホームで
骨がきしむ程
抱きすくめられて
心よりも先に
からだがイタくなる
メを閉じて
ジンジンしている
この世で君とふたりだけ
ジンライムに力を借りて
ユける処までユき ....
先月 熱海へ 向かった
一人 海辺に 流され
心は 官能を 破棄した

唯人形であるから
などと いう 説教はいらず
先月 熱海の 海に 流された
行く先は 私の 死亡時刻
数学が苦手だって言うのに
もう少女ではないから
計算違いは許されない


髪を伸ばすこと
それは可能性
ダイエットコークの味を好きになること
それは目論み


統計では
きみの ....
 日経新聞日曜版、詩歌・教養欄の「詩歌のこだま」(結構、毎回楽しみにしています)で小池昌代による須永紀子著「中空前夜」についての書評が掲載されていました。う〜ん、何だか面白そうってことで、今回は丸善の .... 暗がりの中で一滴水を垂らす
砂が命を吸い上げ源が潤う
暗潮に透過光 眩く

かけがえのない命の満ち引きは
今 満月の力を借りて海に帰らんとする
握りしめてこの世に生まれしお子は
全ての災 ....
焦って一番大事な所で
感情を爆発させた
あわてん坊な君

さあ聞いてやろうじゃない
そんな勝気な態度だったから
なおさら格好悪くて

でもその瞬間ゾクっとしたんだ
あ、この子は可愛い ....
正月に日本酒を飲みながら詩を書いていたら
火曜日に詩を教えているキムからskymailがきた


「幹さんやばいっす、オレ犯罪犯しちゃいそうです」
『ちゃんと詳しく説明してミソ』
「ちんこ ....
空が飛んでいる
空が飛んでいるので全ての羽が浮上する
見つめることはいつだって透きとおる
見下ろせば ものの在りかはかなしい

重力の堆積が歴史で出来ているなら
ぼくらの言葉は足跡のように ....
空ばかり流れる雲なら

風の中を流れる雲にしてしまえ


地球上で悩み多きなら

いっそ心の中に

地球を入れてしまえ
くるくる回る
ピタと止まる
生きているから
小さくても感じます

繋がるのはカラダだけじゃなく
その手になりそうなトコロも
高くなりそうな鼻のトコロ
長くなりそうな足のトコロ
あるか ....
その昔
刑場へ向かう道程で咎人はこの橋の上に立ち
己の最期の姿を川面に映したと云う


インチキな占い師に
「貴女の前世は罪人でした」
と 言われて以来占いはやめた

この善良な ....
内助の功には触手が動くけれど

オルレアンの乙女に思い入れは無い

王女でもない一介の農村の娘が

神の啓示を受けたことで

歴史を変える働きをしたのは

まぎれも無い事実 ....
 街灯灯る深夜の通り
 できそこないの自分には
 ふさわしい

 迷子の猫が鳴いている
 宴を終えたサラリーマンが
 鼻歌まじりにとおりすぎる

 いつもいつもおもってること
 秘密 ....
こんなさびた暗いアパートに
なぜぼくは住まなきゃいけないんだろう


カスバの女をよく歌っていると
父さんに言ったのは母さん
その歌を二階の女の人は
今日は歌わず階段を降りてきた

 ....
阿麻さんのおすすめリスト(1119)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
きねんび- まほし自由詩22*06-1-27
青猫の意見- 佐々宝砂自由詩606-1-27
まとまった消しクズが僕を責めるから- 時雨自由詩4*06-1-26
雪溶歌- 恋月 ぴ ...自由詩16*06-1-26
つなぎとめるものはだれ- たりぽん ...自由詩11*06-1-25
*なみだがわ*- かおる自由詩8*06-1-25
鍋が煮え立つまでの即興- 佐々宝砂自由詩12+*06-1-25
ランタン売り- 暗闇れも ...自由詩2*06-1-25
貧しい人- ベンジャ ...自由詩4*06-1-25
桜雲- LEO携帯写真+ ...19*06-1-25
青い蒼いハナシ- maumi自由詩3*06-1-24
風に舞い風に歌う- 恋月 ぴ ...自由詩15*06-1-24
笑顔までの1マイル- ベンジャ ...自由詩4*06-1-24
星座をつなぐ- まほし短歌6*06-1-24
ふれあい下水道- maumi自由詩2*06-1-24
懐かしの詩- 千月 話 ...自由詩15*06-1-23
夜のかたち- スイレン ...自由詩306-1-23
えんぷりてぃ_ぺーじ- 奥津 強自由詩6*06-1-23
アルゴリズム_オンナの端くれ- 銀猫自由詩20*06-1-22
リーマンはどこで詩集を読むべきか?- 恋月 ぴ ...散文(批評 ...12+*06-1-22
理り- maumi自由詩2*06-1-22
可愛い人- 和泉 誠自由詩106-1-22
金(キム)- 馬野ミキ自由詩90+*06-1-22
鳥瞰図- tonpekep自由詩29*06-1-21
雲ばかり- 純太自由詩4*06-1-21
小さい蓮のハナシ- maumi自由詩3*06-1-21
面影橋- 落合朱美自由詩20*06-1-21
*Jeanne_d'Arc*- かおる自由詩4*06-1-21
こころにいつも花束を- 炭本 樹 ...自由詩206-1-21
夜に咲く花- 純太自由詩6*06-1-20

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38