遠い過去に陽射しが当たり浮き上がる痛い記憶はソフトに消える

雪は溶け白くない街顔を出す何年かぶりの大雪騒ぎ

鍋囲み思い出話に花が咲く美味しさよりも会話がメイン

夢で観た雪降る街の中心 ....
降る夜の白熱灯の儚さよ人生アドリブだけと限らず つらい時いつも会いにいく銀杏樹の秋を語れぬ今日は切り株 青空の少ない曇り空の日に池に映った曇り空揺れる

大雪で積もったままでそこにある街の機能が正常ではない

広島の市内は雪に覆われて見慣れない雪に戸惑うばかり

何処までも青いばかりの今日の ....
美しい
貴女に呪いをかけたいな
どんなときでも私を好きって

水溜り
アメンボの波浮かんでる
まるで世界が変わるきっかけ


傷ついて
三日月尖って空高く
心が鋼という嘘も知る ....
あたしだってあきらめましたかあさんのぼうれいとはもうおわかれしたい おとといもきのうもきょうも金木犀きっとあしたもかおるといいな ぼくはくまぬいぐるみのくまこわくないかおるちゃんちにおじゃましてます 遠い日の思い出たちが集まって今現在に懐かしさ残す

飼い猫が落ち込む僕を慰める潤う心取り戻せそう

寒い日々もうすぐ終わることを知る春の植物顔出し始める

ピンク色梅から淡い薫り出る冷たい ....
その恋が私の孤独にそっと触れ、驚いた目に涙がにじんだ



今もなお、身捨つるほどの祖国はあるか、詠んだ修司の心が聴きたい



すすき野を遠くの月を眺めつつ君を誘って歩くと、鈴虫 ....
新年の挨拶終えてホッとする毎年同じこと繰り返す

近所との繋がり薄いこの時代一昔前が何か言いたそう

広い川海が近くに見えている潮の香りが川原に染み込む

白基調の明るい部屋に身を置いた真 ....
目の前を
私の中の諦めが
口笛吹いて歩いているよ

どうとでも
なれとまごころ傷つけて
すれ違う恋、なんてバカなの


ドアを開け
そちらの夜を覗いたら
まるで十字に ....
つくしんぼくわえ煙草の真似をして、東風(こち)と白桃甘水(ピーチジュース)で酔い醒め 街散歩興味をそそる店構え揚げたばかりの天ぷらの香り

寒い冬家の中は夏のようアイスクリーム売れてるらしい

正月は何処も行かずに家にいるテレビ番組毎年同じ

お年玉貰ってた頃が懐かしい今で ....
松川の
駅に到着した方の
きらめく白刃陽光を受け

変わらない
昔を思い出す癖は
スプーンを使って流し込むだけ

次の人
捜す力も気もなくて
悪人だと知るただれる月夜 ....
黄の蝶と白の蝶とが連れ立って渡る線路に光倒れて


風も無く半旗を垂れたわが心空は高くてなにも見えない


あてどなくふるえて迷う小さな蛾人に纏わりなにを思うか


説明も言い訳もも ....
洗っても落ちない汚れありまして消すにけせないワルな汚れさ

生まれつき「死」の刻印が押されてる逃げ場ないんだ命の世界

雨降って地が固まるは嘘だろう弛んだ地盤に潰れた家屋

増税に酒と煙草 ....
港から出て行く漁船見送って身体に染みる潮風が舞う

高台から瀬戸内海を見下ろして何処かに向かう豪華客船

寒さ増し鍋のコマーシャル増え始め食べたい気持ち倍増させる

コンビニのおでんは味が ....
悪行の限りは尽きぬ欲尽きぬ仕上げに政治 屋を目指し

悪徳の専業主婦は家事しない育児もしないパチンカスかよ

魔が差したその言い訳の便利さに罪の意識が麻痺してる

悪い癖人の男が欲しくなる ....
{ルビ開=あ}き切った青の深みに呼ばれたか秋津は震えて空に溶けた


梯子を失くした煙が人のふりをして野山をうろついている


透けたくびれには永遠も一瞬もないただ砂の囁きだけ


 ....
優しさが
流星のように降り注ぐ
あの《恋棄て》のあとの言の葉


清く堕ち
十字架が好きファッションで
汚れた愛がきらめく白銀


苦しみが
人の数だけある意味は
みん ....
ゴルフ場友とコースを回ってるアドバイス聞かない者同士

生きているただそれだけで楽しくて数え切れない経験がある

解散は寂しいけれど今までに貰った愛は永遠に残る

出逢いから生まれた繋がり ....
秘めている思い丈を伸ばしても貴女の乳房に届きはしない

傷つけて傷つけられる痛みから油注がれ炎上し


火のついた体を濡らすその仕組み男昂り女は声を

唇に唇あわせ無我になり激しさをます ....
翅を欠く揚羽と並び歩く道白磁と見紛う骨の白さ


すずやかな朝にまどろむ娘たち夏の火照りを蓄えたまま


安全も安心も不安あっての約束手形不渡りもある

今朝はまだ世間の目には止まらな ....
クリスマスツリーは目立ち魅力あり人が集まり街は賑やか

寒い冬そう思いつつ暖かいそんな日もありリズムが狂う

恋人と寄り添い歩くクリスマス街全体が愛を囁く

大晦日今年最後の日を過ごす重々 ....
互いから目を反らすため見るテレビテープを貼った風船に針

見開いて水に倒れた金魚の目土葬にした日の絵日記帳

酒が止み雨に酔ったら{ルビ螻蛄=ケラ}の声死ぬまで愚直に夢を掘り

四十万にも ....
広島の駅前開発ただ進む立ち退き交渉時間かかった

様変わり昔の姿もう無くて新しい街違和感はない

次々とスマホは進化繰り返すマナーの悪い人増やしながら

年末の冷たい風と忙しさ落ち着きのな ....
兄笑い弟泣いた花火は海へ闇へ消え何も残らず


カブト虫カバンに隠し学校へ死んだ弟靴音軽く


廃屋の塀からおいでおいでする夏草に咲いた少女の指


死んでやる孫に向かって言う母をさ ....
いまさらで
死ぬの生きるの気が引ける
恋の終わりって遠くを見るよね


旗をふれ
白く正しく潔く
あすはこの手でさわれない恋


酔ってみた
ほんのり赤いほお撫でて
酔 ....
あれかやし季語のない身をふるわせて
いくつも嘘をみのがしました
短歌
タイトル 投稿者 Point 日付
中心地夏川ゆう119/10/29 5:36
すみれ日記もっぷ119/10/22 14:51
219/10/22 14:26
戸惑う夏川ゆう319/10/22 4:42
たどり着いたらそこは夕凪秋葉竹719/10/21 21:46
菫印もっぷ219/10/19 19:25
すみれ日記 2019.10.18119/10/18 21:18
あるひ森のなか219/10/18 13:54
ピンク色夏川ゆう319/10/15 5:03
『叫び』秋葉竹419/10/13 3:52
白基調夏川ゆう219/10/8 4:46
恋の真理の扉秋葉竹619/10/8 1:01
落花春恋519/9/26 4:20
テレビ番組夏川ゆう319/9/24 5:11
ただれる月夜秋葉竹419/9/23 17:05
まねごと――門口に終わりの予感ただのみきや3*19/9/22 18:24
雑首こたきひろし019/9/21 7:13
美味しさ夏川ゆう319/9/17 5:16
悪行こたきひろし219/9/14 22:51
まねごと――喪失目録ただのみきや3*19/9/14 20:10
東の朝秋葉竹519/9/13 7:33
出逢い夏川ゆう219/9/10 5:17
妄想恋愛こたきひろし119/9/8 1:27
まねごと――やすらかに老いる町ただのみきや3*19/9/7 14:34
クリスマス夏川ゆう219/9/3 5:11
まねごと――悲哀のもどかしさただのみきや4*19/8/31 21:01
進化夏川ゆう419/8/27 5:05
まねごと――夏から秋ただのみきや2*19/8/24 20:03
恋する旗《改》秋葉竹519/8/23 7:10
あれかやし[group]はるな119/8/22 8:21

Home 戻る 最新へ 次へ
12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 

【短歌】このカテゴリでは31音律「5.7.5.7.7」を基本とした短歌と、その音律を崩した自由律短歌作品を受け付けます。短い自由詩は自由詩カテゴリへ。短歌批評は散文のカテゴリへ
0.66sec.