へろへろ酔いながら終電の乗り換えで走り、座ると寝ちゃうので立ったまま、
駅から家までけっこう遠いのにちゃんと帰り着き、昨日はとても自慢したかった!
でもそんなスレッドがなかった……作ります。
日 ....
ご無沙汰しております。
田代です。
このたび2017年に発行した同人誌『東京パーラー同人』をPDFでオンライン公開いたしました。
どうぞお楽しみください。

【東京パーラー同人 目次】
こ ....
足から入り腕を出すと
ダンボールのほかは空ばかりで
おれは首のばし
下をのぞきこんでも
からり晴れわたり風鳴る底なしの

しまった
あれも連れてくればよかったと
ポケットの小瓶 ....
鳥のため
おおきなおっぱいが
ほしいとおもう
春さかり
右のほうが
小さいと気づいてから

左おっぱいの下に
空袋があって
そこに鳥が棲む
とっととっとなくつがい
一羽とびた ....
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=100523

 〈ネット詩f〉という語に託し、インターネット上における新しい文学としての「ネット詩」に可能性を求めたこ ....
まっていたおもいすらする懐かしい驚きは
鼻の奥から桃の実の香をともなって
額のさきへとつきぬけふきだした
馴染みぶかいあの痛苦のみなもと
乳白と鮮赤の漿と沫がまじりあい
桃色の滴となって地に ....
 この作品を観るのは初演以来2度目になるのだが、前回はドストエフスキーの原作を読んでいなかった。今回は読んでいる。そうすると、もちろん両者を引き比べざるを得なくなる。しかし意外なほどに、野田の『贋作』 .... 鉄柵に囲われた駐車場
夜の水溜まりより黒い わだかまり
うごめい たようだ 眉根しかめ眼を
夜より黒い水溜まり よりもっと
濁りまじる ぬらり 猫背のましら
互い気づかれ アスファル ....
叶いっこないと言いきかされて育った期待が破れんばかりの心臓をおさえつけ
明滅する。おまえなんかいないほうがいいのだと言い聞かせて育てた期待が、
かじりつこうとしている一〇〇〇円ばかりの分け ....
あの家は娘が男と死んで
父親は耄け録でなし倅に
譲るつもりのなかった家督を譲り
母親は髪を落として家を離れ隠ったまま
思えば娘は母親似だった
あの家は息子が女と死んで
親夫 ....
錆こする
     蝉 が赤土の
踊り場を囲い 哉
 哉哉哉哉 といにしえの

唱をまねび叫ぶ
     哉 哉哉哉 哉
橡の木の下で錆び
       た旋盤機が
抱 ....
めぐりきた
この日はなぜやら 決まって晴れる 蒼い
冥い中天に垂れなびく布帯 黄 紫 緑
八方の声明 太鼓と鉦 衆生の足は土をたたく
たたく
肉焼くにおい 黒ずみはじめた果実の甘露
巡 ....
指でつなぎとめ
奥にひろがるはずの
水をかくした葦の
叢で
わらい戯れてひそみ
その口をふたぎあって
ちいさな音に身を寄せ
ぬくもる鳥となった

あたたかい日に歩こう
の約束は ....
「天動説の子ども」 ロボウティー
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=32950


 この詩を読んで感じる苛立ちはなんだろうかと考えた。初めは何故 ....
「とりあう手」 原口昇平


こぼれた兵隊のおもちゃがあって

はらはらとねじがまかれているこの世の誰にも知られないように手にとる手をとる

写真にとられるのをきらった友人の顔に似て ....
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=31081

 なにはともあれ難点を言わなければならない。前後があまりにも分断されている、ということだ。1連目と2連目に ....
液晶が 関東平野を東へ走る青年 を映す 速度にまつわる素朴な
感嘆は冷気にあてるとしぼむ はずだから「ああ」という呼気をふ
くらまさず口のなか でビールと混ぜてのんでいる 速度よりも  ....
今日だけの花 さわぎの水のふりかけて かじり抱きして朝にしおらす


しょうちのうえで怒らせて 悪気もありで涙なら さじもなげる身もなげる 君


泥となり眠る あまい泥なら手でつかみ 掘 ....
後頭部のかさぶたかきむしって
かきむしってはじき出したコンテンポラリー都々逸 雷鳴のごときフレーズ
こいつをひっさげ天京ツアー 俺たちの前で
広大なクレーターは激揺れ 無音だ ....
祭りのごとく花を蒔き
塩を蒔き
くうとなき空飛ぶ鳥に
豆を蒔き米を蒔き
菓子を蒔き食うや食わずの
子らには餅を蒔き
子らは走りきて掴みあい
奪いあい
わらうか
視子は
 ....
蒼天つくだんだら赤白鉄塔の
てっぺんクレーン釣り針の
先端に
に脚ぐみしてぶらさがる
誰?
誰なんだあいつは

宙をささむけに削ぐ切望の伝播
を適当にちぎっては投げ掴んでは ....
批評だ批評だ批評が必要だ−佐々宝砂
 http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=12681&from=listdoc.php%3Fstart%3D210 ....
天根の辻で水をもらう
日の暮れるには早い刻で
このまま休みたくもあり
まだ行くかとも計り
いつまでもたばこをのむ

新開通の鉄道がここいらを
過ぎ越してさびれた土産屋
小唄の焼 ....
また まだ
ほらまた
同じように
同じこと
同じことば
同じことばかり
またかけたもう
かけた
ほらまたかけたし
にかけのことばで
もう忘れて
忘れている

ぐるぐるのロ ....
赤土の皿に赤い身
濃い溜まり醤油と
潮気かおる雨宵

ここでしか漁れんもんやから

引き戸かたつく飯どころ左隅で
ちらちら横目くれられビールを半分まで
流し込む
わぁ美味しそう  ....
誰にくれてやることもせずむさぼった
粗いフィルムの陰影を透しスカートから
のぞくガーターの片りんを思う
音量は振動となり骨肉に伝う こんなときには
ありがたい むさぼるだけ
むさぼっ ....
おれだけならばあの塔までも行く
がおまえが
いて

ああ見てみろ青あおく明けそめの空
がひとすじの月
に切れる

うなだれた影たちが行く
塔へ
(動くな)
影をおさえ
て低 ....
口に押し込んで手でふさぐまま
そんなむちゃも呑み込んでみた
のどにかたく詰まったグルテン
を流し込むのはみどりのボトル
氷にたらす焼け石の水にライム
をふりかけた無敵の溶液ばかり
 ....
薄い光が
瞼の縁からにじみ
あまねく人々は夜をなくす
かくも永き不眠

頭骨の隙にガムテープを貼り
モジュラージャックから脊髄を
抜いて試みる

眠れない人々は言おうとするだろう
 ....
プラズマ放電のなか生まれ落ちた

ハイパーコダマこんじきの馬体



かの女の競馬熱は
とどまるところを
知らない こんやも
カクテルライトに浮き沈み
ターフのへりにぶ ....
かな小父の通夜はにぎわい
三弦と木魚 お宮の龍笛をひきあいに
かな小父の唄と三弦曲かれこれが寄って
大ざら酒瓶もたたかれる とむらいの夜
かな小父がわたしにくれる遺物 掌が
その壺の ....
田代深子(31)
タイトル カテゴリ Point 日付
会議室スレッド
嗚呼いまだけは自慢大会会議室12/7/21 14:54
投稿作品
東京パーラー同人PDF公開しましたおすすめリ ...120/5/9 20:06
空の箱自由詩15*07/8/17 23:34
春とおっぱい自由詩12*07/6/9 21:23
清野無果「■批評祭参加作品■ネット詩fについて」を読んで、イ ...散文(批評 ...20*07/1/31 2:03
桃源歌自由詩1106/5/4 2:19
野田秀樹『贋作 罪と罰』を観る散文(批評 ...606/3/7 19:34
猿精自由詩906/2/19 20:21
おけら街道自由詩6*06/2/5 20:22
ろみじゅり自由詩405/12/4 21:11
回 帰自由詩10*05/9/3 14:46
下野自由詩1005/5/22 6:30
水鳥自由詩1205/4/2 14:01
ロボウティー「天動説の子ども」について散文(批評 ...1105/3/20 10:09
【批評ギルド】原口昇平「とりあう手」について散文(批評 ...405/3/12 11:57
【プレ批評対象作品】あほん『釣り人』 について散文(批評 ...4*05/2/27 9:35
散乱自由詩805/2/22 21:40
冬のおわり苺を摘みに短歌5*05/2/10 21:36
鳴 動自由詩605/1/31 8:02
花蒔き自由詩904/12/3 0:09
混線させる者自由詩204/12/3 0:07
山田せばすちゃん『ハンバーグをめぐる冒険』について散文(批評 ...404/9/22 7:05
天根の辻自由詩704/8/31 21:29
ripetere自由詩604/8/22 11:50
潮宿自由詩704/7/29 0:51
フラッシュバック自由詩1104/7/9 6:45
自由詩504/7/9 6:42
パロールなど自由詩504/6/11 12:36
不眠自由詩504/3/18 6:58
オシラ自由詩703/12/10 13:16
にぎわし日自由詩1003/10/24 10:57

Home 次へ
1 2 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「東京パーラー同人PDF公開しました」から「にぎわし日」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.