This is private

きみだけが判ってくれていた気がするけれど
それは錯覚だったかもしれない
きみはこんなところまで来なくていい
きみは温かい部屋で笑っているのが似合う  ....
口に含むたび
かみ切ってやろうと思うのに
かるく歯をたてることしかできない

こんな瞬間でさえも生殺与奪の権をにぎっているのは貴方なのだから

泣き出す寸前の子供みたいな顔で
貴方が嗚咽 ....
もう少ししたら
貴方はきっとねむってしまうから
ひとりで町に出ようと思う
あかるい黄色のみじかいワンピースを着て
下着はつけないで

雨の夜なら

私の足に
白い粘液が伝って落ちても ....
指にはさまれた紙片はガラスの破片のように鋭利に
あなたの皮膚を切っているらしかった
あなたの体液はきっとすこし酸っぱいのだろう
あなたの指を舐めている蛙は
横に広いはずの口を丸めている

 ....
赤ちゃんがあまり泣くから頭が痛くなってしまって
鎮痛剤を2錠飲んだのだけれど治らなくて
もう2錠飲んだらついうっかり眠ってしまったの

目をさますと 部屋中に片づけてない洗濯物
たっぷりウン ....
そら、なのか
から、なのか
どっちでもいいけど
「宙」と書いて「そら」と読ませるよりも
「空」と書いてなんと読むのかわからない
そんな曖昧さがわたしはすき

そら、だったのか ....
01,3,2,1.02,2,0,0.03,2,0,0.04,2,0,0.05,3,1,1.
06,3,0,1.07,3,0,2.08,1,0,0.09,3,0,1.10,2,0,0.
11,2,0 ....
雨は降りそそぐでしょう禁じられても
大地は受け止めるでしょう嘲られても

たとえ何億回囁かれたとて
愛は愛でございますとも
たとえ道端で売られていてさえ
人は人でございますとも

あた ....
うちの近所の橋の下に
ホームレスのおっちゃんが一人住んでいて
橋下さんと呼ばれている

橋下さんは五十代半ばくらいで
よく釣りをしている
釣れた魚は焼いて食うらしい
釣りをしていないとき ....
駅のホームに
オクラがひとつ
おはなしは
あなたが考えて

(夜勤前に愛野駅にて)
ブラジルサントスの珈琲は飲む人の注意力を増し
キリマンジャロだかブルマンだかは飲む人をリラックスさせるのだそうで
でもそんなことどうでもいいなカフェインが欲しいだけだよと
夜九時半の駅前ローソン ....
昨日を映す鏡がある。
鏡の中の私は
コーヒーカップ片手に
煙草をくゆらしている。
煙草の煙が文字を描く。
危険
と読める。
昨日の私はいらただしげに
カップを持っていない方の手で
空 ....
僕の腕には骨のない子ども
僕の隣には乳房の三つある少女
骨のない子がくねりくねりとうごめくので
僕の両手は自由にならず
電車が揺れるたびよろけて
少女の乳房をわざとではなく肘打ちしてしまう
 ....
安心できる人に出会ったので、
すこし、うれしい。

あなたが今おもったような意味ではなくて。
私はその人を放っておける。
ほっといても心配しなくていい。
私がバカげたことをしても、きっと
 ....
鉄の箱の天上に
はりつけられて
どこにも飛ばぬ
翼たち

(境港にて)
おれが人間味を失いはじめる
二日月の一日
おれは昼行性のホモ・サピエンスらしく
眠ろうと試みている

もうすぐ明け方になるらしい
九月なかば
エアコンのない部屋は
こんな時間にもまだま ....
私の身体はやわらかい、
私の身体に剛い毛は生えない、
私の頬は滑らかで、
私の胸は満月の丸さ、
私の下腹には毎月ひとつの卵が生まれ、
そして死ぬ。

音もなく霜の降りる夜半、 ....
ひとり入ったいつものスナックで
私は少し怒っている
はじめて会う客の唄声が耳につく
頼むからひとりでデュエットをやってのけるなよ
それってもう長いこと私の{ルビ十八番=おはこ}なんだから

 ....
降りてくる。
それは不意に、
エスカレーターで、それともエレベーターで、
あるいは手すりのない広い階段を。
鏡に映るわたしの姿が歪む。
墜落する軽気球。

わたしは呼ばれてい ....
私は知っていた
この部屋に積もる埃全てに意味があることを
皮膚をかきむしってもかきむしっても
私の皮膚がぽろぽろとこぼれるばかりで
わずかに血がにじむだけであることを
睡眠薬の眠りは決して
 ....
南西からの風が荒れて
夏は終わりかけているらしい
それでも温度は32度あるし
湿度ときたら80%を越えようとしているし
気圧計はどんどん下がる一方で

そのくせ雨はちょっとしか降ってなくて ....
新字新仮名編)

憂いと恋を取り違えし愚かなる女あり。
己が憂いは詩人の言の葉ゆえと逆恨みして、
詩人の口に轡を填め己が耳に大鋸屑を詰めしが、
詩人の指ひらひらと動きなお言の葉を綴りた ....
さっき何となく星が見たくて外に出ました曇りなので星は見えま
せんでした街灯ばかりがあかるい淋しい夜です何がしたかったの
かわからなくなって家に戻りました家の中は静かなようでいてじ
つはいろ ....
三十はとうに越したが
精神年齢がそれほどいってるかは疑わしい
とにかく子どもは二人ほどいる
「ほど」の部分に何があったかは想像に任せる
下腹はよれたTシャツを膨らませ
ジーンズはさっき下の子 ....
精霊が戻る夜
移動する鉄の塊のうえ
眠れない君は
きちきちと鳴く


(携帯苦手だ)
最後の夜なんだからどうせなら
もっといい男と過ごしたかったよと言うと
そりゃ俺も同感だもっといい女がよかったよと
答えたその男をみると
なぜかそいつは夫でも昔の恋人でもなく
遠い昔に仲がよか ....
手伝ってあげたのはわたし
猿ぐつわをはめて
両手を後ろに縛りあげて
うきうきと心弾ませて飛び込む
井戸のくらがり

よい井戸姫になるのだよ
井戸の底は竜宮に
天に通じるのだからね
よ ....
1 夜の庭で

白い米を
黒ずんだ木の升で三合量る

最初のとぎ水は
庭に撒く

立秋を過ぎたので
コオロギが鳴いていて
いるか座が光っていて

だから私はしばらく庭にいた
 ....
夜が終わろうとしている
真夏午前四時半の空は青ざめて

ほのかに光るシリウス
さっきまでは見えていたプレアデスは
もう見えない

コオロギが鳴いている
いちばんよく響くあれは
たぶん ....
夏バテしちゃって
ソーメンばっかり食べていて
しばらく米を食べてなくって
米びつの米はほっぽらかしで

へんだなあとは思っていた
締め切りの部屋に小さな蛾が群れ舞うから
妙だなあとは思っ ....
佐々宝砂(871)
タイトル カテゴリ Point 日付
プライヴェート・エンド自由詩5*04/10/18 20:57
夜の笛[group]自由詩304/10/18 17:15
雨の夜なら[group]自由詩504/10/18 17:14
狐座リング状星雲のあなたへ自由詩7*04/10/15 23:10
いと自由詩3*04/10/15 23:07
わたしがシャンブロウだったとき自由詩1604/10/15 0:29
Fifty and one. No.1自由詩004/10/12 21:50
わかりやすい最古の商売自由詩904/10/6 22:36
橋下さん自由詩7*04/10/6 17:18
おはなし携帯写真+ ...2104/9/30 21:03
ブラジルサントスの珈琲は[group]自由詩404/9/30 2:15
鏡の国からの強迫自由詩404/9/30 1:45
死にも詩にもならなかった断片二つ自由詩304/9/30 0:26
安心できる人自由詩704/9/20 15:11
妖怪電車携帯写真+ ...204/9/18 12:51
夜風に吠える自由詩404/9/15 1:33
夜を恋する人自由詩6*04/9/5 23:57
そんな背中なんて見ない自由詩104/9/4 10:10
シャマンの唄自由詩5*04/9/1 10:24
Shaman's Love Song 2自由詩304/8/31 5:04
Shaman's Love Song 1自由詩204/8/31 3:59
愚かなる恋の顛末自由詩104/8/30 6:50
置手紙自由詩504/8/30 6:49
午後の喫煙自由詩6*04/8/26 17:15
仮寝の宿携帯写真+ ...004/8/26 5:06
歓喜の海[group]自由詩104/8/21 4:16
彼女が望んだように自由詩104/8/21 4:15
単純な喜びについての単純な唄自由詩904/8/14 0:06
夜の秋自由詩3*04/8/10 4:50
コクガ(百蟲譜46)[group]自由詩7*04/8/10 2:15

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「プライヴェート・エンド」から「コクガ(百蟲譜46)」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.89sec.