ながしそうめん9軒目(768) これは否定したい!6(510) 書き換え連詩スレッド(192) 食べているかい?(276) ことことひとこと。その2。(883) 雑談スレッド7軒目(487) 詩を書く場所(35) 連座 萬草庵 参軒目(115) よろず臨時話し合いのぼやきスレ。(423) フォーラム内での私信友達をつくろー会(11) 恋文(696) これはめでたい!(257) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(694) ☆の♂ろ♀け♂ス♂レ♀ッ♂ド☆(800) 感想スレ(496) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(126) お酒スレ(919) マンガすれ(823) 廃人がポツリとつぶやく部屋14(1000) 好きなフレーズ その3(839) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

マンガすれ (趣味)スレッドオペレーター:Monk
おすすめのマンガ、読んでるマンガの感想、紹介
こんなマンガないですか?あれ、タイトルなんだっけ?などの質問
あんなシーン、こんなセリフ
マンガみたいな恋したい!マンガみたいなドライブシュートうちたい!マンガみたいな一子相伝の拳法学びたい!なんでもどうぞ

ああ、ネタバレは適度に注意

[320]佐々宝砂[2006 09/20 16:35]
「栞と紙魚子」に反応してみる佐々宝砂。私が書けばあがる!
文庫の方で持ってます。ワイドがほしかったけど。
あれ好きなのは、クトゥルーなオクサマ。なのだがそれ以上に好きなのは、
栞と紙魚子のキャラ、というか単純にルックス、服装。
わー高校時代の私と私の親友の格好そのまんまだーと思ったもん。
私が紙魚子、私の親友が栞ねー。
町を歩いてると、確かにああいう組み合わせのふたりのおんなのこっている。
いまだにいる。きっと未来にもいる。
#佐々宝砂を釣るのは簡単だ。SFかホラーがあればよい。ただしコアなやつ。
 

[316]大覚アキラ[2006 09/12 01:49]こもん
ハチクロ、終わりましたねえ。
サンドイッチの中身がアレだったのを見て、
ちょっと泣けましたよ。
 

[315]ピッピ[2006 09/11 23:06]佐々宝砂容子
「だめんず・うぉ〜か〜」くらたま
漫画の中で「くらたま」と呼ばれ続けているのでPNが分からなくなってしまった。
くらもちふさこ?それじゃくらふさだ。まあいいんだ。
この漫画は一言で言うと「ダメ男図鑑とダメ男を愛するダメ女図鑑」だ。
とにかくダメ男がダメすぎて笑える。そしてダメ男にほいほいついていくダメ女に
くらたまがいちいちツッこんでいくのだが、その理由がダメすぎて笑える。
ドラマなんかでダメな人間を作ってるんじゃない。
救いようがないよね、というのを端から純粋に笑える素敵な漫画だ。
 

[314]Monk[2006 09/11 13:47]
>>313
スピリッツですな。
バンビーノは読んでる。おもしろい。
料理マンガじゃなくて、料理人マンガ。俺もあの絵のタッチは好きです。
2週くらい前のラストのコマ、女社長の「うまそうだね」と指さすコマはよかったなあ。
しばらく休載してたけど、最近また復活したみたいなので楽しみ。
 

[310]加藤泰清[2006 08/26 14:34]半知半能
げんしけん8巻を買った。
はじめて「萌え死ぬ」という体験をしてしまった。
もう戻れません。

#げんしけんは最初は陽的な感じのオタクライフを描いてたけど(陰はらぶやんとか?)、
#6巻辺りからラブコメに移行していった。それがやだ、コンセプトがずれてると言う人もいるが、
#そうゆう人らはげんしけんのラブコメは立派なオタクライフであることをわかっていない!と感じた。
#それにラブコメというのは木尾士目の本領発揮テーマだから、逆にそれがナイと困る。

8巻で終わると思ったら書き下ろし漫画追加されてて9巻まで続いた。
しかも6巻時のように特装版として同人誌付き漫画。予約してしまった。
発売日の12月は忙しいというのに。
#ああ、6巻の特装版も欲しい。

ちょっと10キロぐらい走ってきますよ。sage
 

[308]ピッピ[2006 08/25 12:17]
ぱにぽに9巻買った。某掲示板では「これ読む奴は漫画読むな」とまで言われたコミックだけど、
面白い。いや、面白いことを期待して買ってはいけない漫画なんだけど、だって面白いんだ。
 

[306]いとう[2006 08/12 12:18]
徳弘正也「バンパイア」は次号で現代編終了とか書いてあったけど、
これってもしかしたら「狂四郎2030」へ続く物語なのではと、ふと。
手元に本がないので検証できないけど、「狂四郎2030」で登場する為政者たちと、
マリア会のあの人や武器商人とかが、なんかだぶる。同一人物だったり。と考えるのは考えすぎか。
 

[305]完食[2006 08/12 06:12]
モテ王サーガ太蔵作者の将来に不安
 

[304]虹村 凌[2006 08/11 21:11]
今週のYJを何の気無しに衝動買い。
真ん中のグラビアの水着メガネの子が可愛かった。

しかし再来週の水曜に日本を発つので、YJの続きが気になって仕方無い。

ギリギリでマガジンは読める。ジゴロジゴローの続きが気なる。

sage
 

[303]Monk[2006 08/11 16:06]いとう佐々宝砂れつら
お盆なので週刊誌はスキップされて増刊が出てますが、俺は読み切りが好きなので増刊
を読む。
モーニングのいつもの増刊かと思ったら「モーニンツ・ツー」らしく、創刊号だった。
いつもの増刊も生きてるらしいけど、なんかコンセプトが違うとかそのへんの理由で
分かれているのか知らない。
でも内容はすこぶるよろしい。オノ・ナツメって誰だよって思ったけど別作品が読みたい
し、やまだないとなんか久しぶりに読んだなあとか、スレにちょっと書こうかなと思う
ような内容だった。

関係ないけど今週の朔ユキ蔵ハクバオウジはすばらしい。最後のカットが。何をバッサリ
切ってるのかよくわからんが、前カットとのギャップを1コマで文字通りバッサリいった
ところがすごいなあ。朔ユキのこういうとこが俺は好きだ。つゆだくは嫌い。

あとちょっと前にヒロユキ「ドージンワーク2巻」買った。
一般誌は窮屈そうな気がせんでもない。
 

[302]容子[2006 08/04 22:33]佐々宝砂
「シトラス学園 完全版」山本ルンルン
メルヘンでダークな漫画です。
アニメ化されてた「マシュマロ通信」とは違って毒が強くてひきこまれる。
 

[301]半知半能[2006 08/04 08:40]大覚アキラAKINONAミヤムロイツキ完食れつら
日本橋ヨヲコ 「G戦場ヘブンズドア(全3巻)」

本当に馬鹿としか言い様がないくらい漫画読みで、BOOK-OFFに毎月大量のお金を落としていた僕なのですが、そんな僕がアメリカに唯一持ってきた漫画。
漫画がきっかけで繋がった二人の高校生が主人公の、漫画描きの漫画である。
魂というものがこの世にあるのなら、この漫画を読んで自分の中で震えるものこそが魂だと思う。
漫画・イラストを描く人に限らず、全てのクリエーターに。全ての青春を生きる人達に。


#ああ、言葉が全然足りない。けれど、本当に良いんだ。僕は読むたびに泣きます。
#それにしても日本橋ヨヲコはすごい。もっとしかるべき評価を受けるべきだ。
#皆に読んで欲しいけど読んで欲しくない。そう思える漫画です。
 

[300]木賊ゾク[2006 08/04 00:58]
「ブラックラグーン」
正義が無くても地球は回るぜ、ってせりふが好き。
 

[297]きみ[2006 07/31 12:39]
「きょうの猫村さん」らぶり〜ヽ(*´∀`)ノ。.:。+♡
 

[295]虹村 凌[2006 07/30 19:51]容子
ゴルゴ13が面白いぞ。
1,2巻の頃の彼は、口の端を上げて笑う事があったようだ。

にしても、訳わかんねーな、あの狙撃の腕。
 

[294]士狼(銀)[2006 07/30 14:38]
「ハチミツとクローバー 9」
密かに泣きました
「生きる」ことを蔑ろにしていた自分を再確認
失ってしまう怖さを確かに分かっていた筈なのに
 

[290]AKINONA[2006 07/24 10:12]虹村 凌安部行人いとう容子半知半能
「ジョジョの奇妙な冒険」

当初は、ネット上で散々ネタ&ギャグにされているこの漫画独特の絵や言葉
台詞回しの元ネタを知りたいが為に読んだのですが
その途端にうっかり第一部からハマってしまい、現在も猛烈な勢いで読破中です。
ところが、近くの同性の友人には

「あれは絵がどうも……なんか、ちょっとね。話もよくわかんないし」

と、どうしても愛=理解! な意見を得られないのが悲しい限り。
実は私も最初はそう思っていたのは内緒の話ですが(ぉぃ)
漫画で大切なのは絵柄(第一印象)で選り好みせずに、
取りあえず読んでみることだなあ、と思う今日この頃。

………「のだめカンタービレ」や「トーマの心臓」も大好きで
友人宅で読んだ「ホスト部」や昔バイト先で読んだ「ラブ☆コン」も好きだ、
なんていう人間が読んでも立派に面白いんだけどなあ(私が単に乱読派なだけか)

それとヤングガンガンで始まった『いわせてみてえもんだ』が気になります。
前々からネットで読んでいたら、ある日突然商業誌デビューしてしまい吃驚。
Googleで検索かけるとネットで読めますよ。
 

[289]モリマサ公[2006 07/21 18:36]安部行人AKINONA水居佑梨
のだめカンタービレ
 

[288]虹村 凌[2006 07/21 00:31]
週間ヤングジャンプの「嘘喰い」が面白すぎてたまらん。

貘さん!俺をオヒキにして下さいよ!
 

[287]なを[2006 07/21 00:27]
高校時代は飴屋さんの写真下敷きにはさんでたなー。
あの人が世の中でいちばん綺麗な人だと思ってた。

21世紀になって東京グランギニョル絡みの新作が観られて幸せ。
古屋兎丸GJ。
 

[286]虹村 凌[2006 07/13 08:25]
>>285
舞台を漫画化出来るなら、映像化だって出来る筈だ!
等と訳のわからぬ無謀な計画を打ち立てました(ぇ
 

[284]いとう[2006 07/13 02:51]
「ヘルプマン」
介護に携わるなら、一度読んでおいた方がいい作品。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063520706/250-1902860-8764245?v=glance&n=465392
 

[282]安部行人[2006 07/09 11:34]嘉村奈緒容子
「リストランテ・パラディーゾ」(オノ・ナツメ 大田出版)
あークラウディオみたいに歳取りてー
 

[275]加藤泰清[2006 05/24 22:10]大村 浩一
ttp://negineesan.fc2web.com/
オレは好き
#sage
 

[274]大村 浩一[2006 05/18 18:13]いとう
>>273 いとうさん。
 時期はもうちょっと最近かも知れないけど、ワタシも読んだ記憶があります。
 確か谷川俊太郎さんの特集で、谷川さんの「4コマもの」という詩をネームに使って
いがらしさんが漫画を書いたものと記憶しています。むーん坊を使って「命令形がある
のは助かる」だとか、ゾウがウンコをし続けてて「時間はいったい何をしているのか」
とか(笑)けっこう鮮明に覚えています。
 いがらしさんが「ネ暗トピア」とかの連載を全部止めて、休んでいた時期ですね。そ
のあと暫くして「ぼのぼの」が始まった時は、雰囲気の差にちょっと驚いたものでした。
最近は闘病中で、何かシリアスものを書いたと聞きました。早よ読まないと。
 

[273]いとう[2006 05/17 23:44]大村 浩一
そういえばずっと昔、現代詩手帖で
「文:谷川俊太郎、画:いがらしみきお」という4コマ漫画のセッションがあって、
あれは面白かった記憶がある。しかも当時、いがらしみきおは休筆中だったはず。
(今調べたら1985年の10月号らしい)

あー、あの頃の詩手帖は(以下略)。
 

[272]k o u j i * i k e n a g a[2006 05/17 23:10]
吉田戦車といえば「ぷりぷり県」が大好きです。
でも5巻が手に入らんとです。
 

[271]Monk[2006 05/17 17:15]大村 浩一佐々宝砂k o u j i * i k e n a g a
>>269
あ、クロ高うちきりなんですか。今週のマガジン買ったけどまだ一歩がふっとんだとこ
までしか読んでないや。
バンチョーちゃんは最初おもしろかったけどちょっとひっぱりすぎだったなあ、という
かクロ高は微妙なネタをひっぱるよね。パワーダウンは否めないなあ。例えば吉田戦車
もかなりパワーダウンしながらあの位置に落ち着いてしまって、俺の中では水戸黄門み
たいになってしまっているわけだが、クロ高が今の位置に落ち着けるかというとあまり
需要がなさそうだなあ。じみへんにはなれないし、戦車ほど予定調和にもなれない(作者
がいやがってるような)。なんとなく中川いさみを思い出した。

前にも書いたんだが戦車の予定調和というのはもうずっと伝染るんですを引きずってい
るわけだが、最近の短編も読んだが一生懸命機械の頃から変わってないんだが、うまく
戦車的調和を作ってエラいんじゃないかなと。クロ高はそこまでいけてない。ちょっと
ネタの主観というかポイントにばらつきがあって、同じ読者を囲っていけないような。
作者が飽き性なんじゃないかとも思う。
んで、ホイチョイの気まぐれコンセプトなんかはマンガとしておもしろいわけじゃない
が(笑わない)、あれはホイチョイしか書けないのか他に誰も書こうとしないのか、とも
かくなくなると寂しい感じがする。じみへんについてはもうかなり別格じゃないだろう
か。じみへんと青春くんは俺のなかで別格。
同じくうすた京介もまだ微妙な位置にいて、綱渡ってる気がするがたまに持ち直すので
浮き沈みするのがこの人のリズムなのかと思ってしまう。

んでさ、デスノート終わったっすね。やけに普通に終わってしまったっすね。
ワタリって二代目?とかミサはどこいった?とかあるんだが、気にするほどファンでも
ないので、ああでもそういう研究サイトありそうだよね。
 

[270]美味[2006 05/17 13:34]嘉村奈緒
高尾滋さんの「ディアマイン」が面白い。
全四巻であっという間に読めるので、丁度いい。
何回読んでも楽しめる作品。
今は漫画のほとんどが実家に保管されていて、
帰郷する度に読み直したりします。
もう一つ、犬上すくねさんの「恋愛ディストーション」
あれは、堪らない人には堪らない面白さです。
何巻まで出てたか忘れましたが・・・。

ああ、書き足りないす。
 

[269]大村 浩一[2006 05/17 12:48]佐々宝砂
沼谷さんも読んでる、クロ高が連載打ち切り。
四天王が化粧取った時点でヤバいと思った。(笑)

ワタシ的に近作で一番バカバカしくて良かったのは、
バンチョーちゃんの頭+フレディの暴れ馬。
なんだその「いちご大福」とか「幼妻」みたく(<喧嘩商売)
おいしいものにおいしいもの足したらもっとおいしくなったみたいなのわ。
映像的にもスバラシかったです。
次回作も期待していません。(悶)がばて下さい野中さん。
 

[268]士狼(銀)[2006 04/27 22:01]
中2辺りからずっと好きな作家さんは、「モリエサトシ」さんです
少女漫画で執筆中
が、未だ単行本化されておりません(涙
女友達に貸し付けられた漫画の切り取りの中にあり、
それ以来、掲載されるたびに読んでいます
吟遊詩人が描いたような作品たちです。本当に素敵なんです

「展望回帰」と「戦場にて、言葉無くして」が特にお勧めです
 

[263]吉岡孝次[2006 04/12 21:22]
週刊少年サンデー今週号の『からくりサーカス』は
加藤鳴海としろがね(エレオノール)の結婚式の巻なので、
そういうのが好きなひとは読んでおくように。
 

[262]なを[2006 03/25 18:29]
鈴木志保の新刊がでていて吃驚した!
 

[261]ピッピ[2006 03/17 03:17]
さて、またうんざりするくらいに漫画を買いました。時々無償に買いたくなるんだよなあ。
払ったお金分ほど読んでないかもしれない。

★マブラヴ
名前だけは聞いたことがあったけど100円で売ってたので購入。
嫌味じゃないくらいに色気があって、ストーリーも破綻してないし、良作だと思う。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.21sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート