ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(123) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

全自動一行物語シアター (創作系)スレッドオペレーター:片野晃司
一行物語を書きつのる場所です。飯田茂実に続け!


*一行物語とは
 全体で「。」が一度だけ現れて、そこで終わる物語。短い。改行不可。ブラウザの表示の都合による折り返しは可。
 一行詩不可。あくまで物語。

*例いくつか
・ふたりともついつい体に有刺鉄線を巻いてくるので、何度デートをかさねても抱き合うことがなく服を脱がせあうこともない。
・幼馴染のふたりが年老いて死刑囚の監獄で再会し、一方が執行のために連れ去られる日まで、寝る間も惜しんで、幼年時代の出来事や故郷の風光を思い出しあった。
・墓地から枯れた花束を盗んでくるたびに背骨が少しずつ湾曲してゆく。

 飯田茂実『一行物語集 世界は蜜でみたされる』(水声社、一九九八年刊)より

*他参考リンク
 Monk『おはなし 1〜50』 http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=10872


[168]ヤギ[2005 06/05 18:13]
彼女は減点法で採点すると0点なのだが加算法では100点を少し越える。
 

[167]ヤギ[2005 06/05 18:11]
全て忘れようとしながら却って思い出してしまうので、もう全部覚えている事にしたら全ては覚えていられなかった。
 

[166]ピッピ[06/05 17:16]
パンはワインに浸してどうこう、というレシピを読んだことがあるのを思い出してしばらく浸していたら、はちみつ色の芽が出てきた。
 

[165]ヤギ[2005 06/03 18:43]
僧侶になると家出した祖母が入れ歯を手に持って腹話術でお経を読む「いっこく堂のモノマネ」という芸をマスターし一躍時の人となりお小遣いをくれる。
 

[164]ヤギ[2005 06/03 18:39]かぜきりふるる嘉野千尋
昔贈られたCDを川へ投げたら15回くらい水を切った。
 

[163]ヤギ[2005 06/03 18:36]佐々宝砂
買って来たトビウオの羽をぱたぱたやって遊んでたら「キュウ」と鳴いたので食べずに飼う事にした。
 

[162]佐々宝砂[2005 06/03 01:21]
死よ、何故わたしを愛してくれない、と嘆いて、詩人は死んだ。
 

[161]佐々宝砂[2005 06/03 01:20]
物語を物語る物語の老婆の皺は、物語が物語られるたび、物語を物語るものになってゆく。
 

[160]佐々宝砂[2005 06/03 01:19]ヤギ
もう夜はこない、闇黒はない、二度と来ない、そう悟った彼女は明るい笑みを浮かべ、明るい海に、ひらり、身を投げた、絶望のあまりに。
 

[159]クローバー[2005 06/02 23:50]
あやとりをする子供の指が釣り針のように曲がっていて糸はパクパクと口を開けたり閉じたりした。
 

[158]ピッピ[2005 06/02 23:46]ヤギ
バック転をしながら目の前を通り過ぎていく少女の名前を呼ぶたびに、少女は「クシコスポスト!」と言って近所の親父を怒らせた。
 

[157]クローバー[2005 06/02 23:36]ヤギ
時を刻むと涙が出る。
 

[156]佐々宝砂[2005 06/01 16:44]
沼から手が出るの、と母親に怖い昔話を聞かされて育った男が、沼から突き出た死体の手を発見した。
 

[155]佐々宝砂[2005 06/01 16:41]ヤギクローバーチアーヌ
一日だけのバイトと言われ2tダンプを運転しているところを警察に捕まり積荷について尋問されたが答えられずバイト契約先の電話も繋がらない。
 

[154]佐々宝砂[2005 06/01 15:49]
地下鉄に乗りこむと自分以外のすべての乗客が死体だったので運転士と車掌を探したらどちらも死んでいた。
 

[153]ヤギ[2005 06/01 04:43]クローバーチアーヌ
「都道府県全部に住んでみるなんてあなたはしないのよ」と出会い頭に指摘された。
 

[152]ヤギ[2005 06/01 04:40]
スーツ、ネクタイ、シャツ、靴、腕時計、全部黒いので揃えてから身の回りのものを一つずつ買い直した。
 

[151]ヤギ[2005 06/01 04:33]佐々宝砂エズミ
「飴ちゃんあげる」と誘われていつの間にか鉛筆工場で働いている。
 

[148]クローバー[2005 05/30 23:49]ヤギ佐々宝砂
夜を引っかけば裂け目から綿が見え、繊維は些細なことでできていた。
 

[147]Monk[2005 05/30 23:44]ヤギ
もう限界だ!と勢いよく玄関を飛び出した男と同時に向かいの家から飛び出した女が道の真ん中で力強く抱き合い、お互いの耳の裏の匂いを深く吸い込んでいる。
 

[146]ヤギ[2005 05/29 18:35]
拾ったマツボックリのために心休まる事はなかったのであるがなんとなく植えられずに閉鎖された海の家に来た。
 

[145]佐々宝砂[2005 05/29 14:54]ヤギ
彼は一生このままなのだ、と納得した彼女は彼の胸に伏して泣き、彼はその重みと暖かさを懐かしく認識することができた、そのときは、まだ。
 

[144]ヤギ[2005 05/29 05:41]
クモの糸先に餌もなく食いついた魚はやせ細った僕であった。
 

[143]佐々宝砂[2005 05/28 22:32]ピッピクローバーヤギかぜきり川村 透
塩をひとつかみ、黒糖を小さじ一杯、あと何か必要だったのだけれど、どうしても思い出せないまま鍋に夕日が落ちてくる。
 

[142]逢坂桜[2005 05/28 21:50]
その日の祖父は、いつもの昔話のようでいて、とても大事そうにつらそうに、金髪で盲目の少女の話をしながら、遠くを見ては時々声を詰まらせて、大きな深呼吸のようにため息をついては、私の頭をなでて、夕陽をまぶしそうに見つめると、眠るように息を引き取りました。
 

[141]ヤギ[2005 05/28 03:00]
「空を」と呟いて去った少年に虹が射す。
 

[140]ヤギ[2005 05/28 02:56]
翼が花になった天女はその治療のために海へ飛び込み迷った挙句深海魚と結ばれる。
 

[139]ヤギ[2005 05/28 02:47]嘉野千尋クローバー
モズク酢ばかり食べていたために体が柔らかくなり中国雑技団に入るも大陸の空の色があまりにも寂しかったので胸に穴が開きそこにカッコウが住み着いた。
 

[138]ピッピ[2005 05/28 00:06]佐々宝砂
やわらかい声を練習していた少女は、1日に1センチメートル床に沈んでいった。
 

[135]クローバー[2005 05/03 01:25]ヤギ
真似ばかりしている少年は、臆病な風に吹かれているが、観客は少年を強いと勘違いしたまま、舞台に立たせ続けた。
 

[134]クローバー[2005 05/03 00:54]
蛇口から出てきた透明な少女は、コップの中にいなければ流れてしまうが、ガラスが邪魔で、恋人と触れ合うこともできない。
 

[133]クローバー[2005 05/03 00:50]
失敗作の札をつけた箱の中では、たくさんの小人がすやすやと寝息を立てていてその寝息を聞く僕は、焼却炉へと歩かねばならない。
 

[131]ピッピ[2005 04/02 12:46]ヤギ
この中に、水平線と水平をなしている線はいらっしゃいませんか?と婦警が走り回る。
 

[127]ふじわら[2004 12/17 20:57]半知半能藤崎 褥
家のものが目を離した瞬間に、干していた毛布は雲の上へと遊びに出かけ、遊びつかれた毛布は太陽の香りを引き連れて、家のものたちと眠るのだ。
 

[124]ピッピ[2004 12/15 23:02]ふじわら
この工場では、缶詰スイートコーンが少女の掌に流され、それを少年が舐めることで熱エネルギーを生み出しています。
 

[123]ピッピ[2004 12/14 18:35]ふくエズミふじわら本木はじめ山内緋呂子
あ、2004年12月14日18時35分01秒が死にますよ、今。
 

[121]半知半能[2004 12/13 22:20]チアーヌ
おしまい。
 

[120]ピッピ[2004 12/13 21:42]ふじわら
透明なCDプレイヤーの中にハムスターが迷い込み、そのままCDプレイヤーを縦に置いたらハムスターはいつのまにかCDになっていた。
 

[119]桜 葉一[2004 12/13 21:39]
君への贈り物としてリコーダーを一生懸命練習したが、いざ本番となると君への思いが詰まって、何一つ音を出せなかった。
 

[118]Monk[2004 12/13 00:11]半知半能虹村 凌サカナフユナヤギ
クラス中の女子たちが一斉に立ち上がると上着とブラウスを脱ぎ捨て、「あなたたちはいったい何がしたいのか」と男子たちに回答を強く求めている。
 

[117]クローバー[2004 12/11 22:51]半知半能虹村 凌
ポケットの中にはビスケットが一つ入っていて叩いてみるたび、いてーなこのやろう、という声によりいっそうのエコーがかかっていった。
 

[115]ふじわら[2004 12/11 22:12]
音符が夜になると踊りだすのだと、ある有名な作曲家が言っていて、その作曲家の家には、靴作りに飽きた小人が三人住み着いていた。
 

[114]あかり[2004 12/11 00:19]虹村 凌ふじわら川村 透
「高校の制服はセーラーじゃなくてブレザーだから、ネクタイの結び方がよく分からないの」と、彼女はようやく彼を誘い出す言い訳を見つけた。
 

[112]渡邉建志[2004 12/10 17:33]サカナふるる半知半能川村 透
怪盗ルパンアルカリ性が仲間の四次元大介と石川ポエモンとともに山の古城に閉じ込められた峰ストローネを救うべく崖を登っているが、ルパンアルカリ性は崖の上から降ってきた酢酸に中和されて溶解し、四次元大介は誤って時間軸方向へ登っていって視界から消え去り、石川ポエモンだけが崖の上に立ち詩を朗読し(「石川には/金沢がある!//金沢には/兼六園がある!」)、偶然兼六園マニアだった城主はひどく心を動かされ門を開くのだが、峰ストローネはすでに城主によって食べられてしまっていました。
 

[111]虹村 凌[2004 12/10 15:29]ふじわら
やれやれ、期末が終わったぜぃ…と思ってたら、あぁ何てこったい夢ぢゃぁねぇか。
 

[110]石川和広[12/10 11:59]
神様の声が聞こえる気がしまして、誰かなと感じたのですが、振り返ると猫が塀の上で、クシャミしてました。
 

[108]桜 葉一[2004 12/09 22:38]こもん虹村 凌半知半能ピッピ渡邉建志藤崎 褥ふじわらふくRTれつらかのこサカナフユナヤギしみまんkawa
ドラクエ?を買ったが、PS2を持っていないことに気づいて、仕方なく僕たちは旅に出た。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.14sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート