ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(123) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

全自動一行物語シアター (創作系)スレッドオペレーター:片野晃司
一行物語を書きつのる場所です。飯田茂実に続け!


*一行物語とは
 全体で「。」が一度だけ現れて、そこで終わる物語。短い。改行不可。ブラウザの表示の都合による折り返しは可。
 一行詩不可。あくまで物語。

*例いくつか
・ふたりともついつい体に有刺鉄線を巻いてくるので、何度デートをかさねても抱き合うことがなく服を脱がせあうこともない。
・幼馴染のふたりが年老いて死刑囚の監獄で再会し、一方が執行のために連れ去られる日まで、寝る間も惜しんで、幼年時代の出来事や故郷の風光を思い出しあった。
・墓地から枯れた花束を盗んでくるたびに背骨が少しずつ湾曲してゆく。

 飯田茂実『一行物語集 世界は蜜でみたされる』(水声社、一九九八年刊)より

*他参考リンク
 Monk『おはなし 1〜50』 http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=10872


[666]比呂[2009 12/24 20:03]
黄金の実る樹木を発見して近づこうとしたが、ゆすりたかりを行うわけにもいかず、風が強く吹くのをただじっと待った。
 

[665]比呂[2009 12/24 19:59]
シーソーが釣り合うように台の長さを変えつづけて漸くある日完全なバランスが完成したが、お互いの顔も見えないほどすでに離れていた。
 

[664]黒乃 桜[2009 12/24 10:10]
私は卵を割るように、カラースプレーを蹴飛ばすのです。
 

[663]K.SATO[2009 12/24 00:20]若原光彦
マグロを、ひとつもない銀貨につまむ。
 

[662]K.SATO[2009 12/24 00:19]
晴れて、無形人間になって、蒸発していると、風呂場の体重計のメモリが霞になっていった。
 

[661]K.SATO[2009 12/24 00:19]
君の何にもなくなった体には寂しい鼓動だけが流れていて、ミスチルすらそこにはうかばなかった。
 

[660]榊 慧[2009 11/06 11:36]
信長さん、あんた美形すね、どう、信長さんなら一晩でデージュー稼げますよ、やりません?
 

[659][11/04 16:45]
久々に見た夢の中で、僕はまた夢を見ていた。
 

[658]TKUDIODA[2009 11/03 20:18]
…おい、月に着陸したんだ。でもそこには実際問題として、兎ちゃん、いなかったんだが、つまり、ただそれだけの事で、それだけの?事で、車まで呼ぶ奴の気持ちが知れないぜ?なあ?
 

[657]K.SATO[2009 11/03 17:56]
家からさいなまれて、子供がここにひとり、ひとりすらも帰れない彼らに、僕のほほえみに暴力的な家庭にできることはなんだろう。
 

[652]笠原 ちひろ[10/30 21:39]若原光彦
ぷりぷりおしりの天使が舞い降りて、「ねぇさん、ざんげは必要ないっスよ」と厳かに告げてくれたので、わたしはひゃっほう、と叫び、街へと、バーゲンへと繰り出した。
 

[651]都志雄[2009 10/29 15:39]笠原 ちひろ黒乃 桜
祭りの帰り、父が改札口で駅員にこっぴどく叱られているのに出くわしたが、彼女のいる手前、完全に他人のふりで通り過ぎる。
 

[650]都志雄[2009 10/29 03:17]
死、すら「贅沢品」と禁じられ、「右の頬」の後は「左の頬」をも自ら差し出し、いつ果てるとも知れぬ地平の彼方へと、君からもらったマフラー巻いて、歩き続けるだけの、僕は歩兵。
 

[649]K.SATO[2009 10/28 23:58]
指先で返そうとして滑らされつつ、ポイントを思いとどまった。
 

[648]K.SATO[2009 10/28 23:49]
サビキ釣りをしていたのだが、何匹かの小アジが食いつき、入れようとしたところ、ビニールへビチビチと踊りまわってはじき飛ばされた。
 

[647]ふるる[2009 10/28 20:38]
長いトンネルを抜けてついにりんごの裏側へ出たのです。
 

[646]黒乃 桜[2009 10/28 19:09]
自分の事をあげた棚からぼた餅が出てくる事を、天は二物以上お与えなさったという。
 

[645]若原光彦[2009 10/25 04:01]
職人達が道路に白く「止」の文字を染め付けている、そのすぐそばで、看板にはもう「工」「事」「中」が光っている。
 

[644]若原光彦[2009 10/25 04:00]笠原 ちひろ
商品に値札がないので、これは幾らぐらいか、と訊ねると、店主は肩をふるわせて、幾らでもある! と怒鳴った。
 

[643]黒乃 桜[2009 10/14 18:54]
あたしは女王様でなくアリスで、アリスはあたしではなく女王様で、だからいつまでもいつまでも帽子屋さんに憧れてしまうの。
 

[641]ミツバチ[10/14 09:00]
記憶の泉に言葉を投げて、広がる波紋をいつまでも見てる。
 

[640]笠原 ちひろ[10/13 17:22]
揮発性のタマシイの叫びは、すぐにきえてしまうので誰にも届きやしない、と、またタイミングをのがしてしまった私は、ため息をついて携帯電話をぱたんととじた。
 

[639]笠原 ちひろ[10/13 16:05]
キャラメル色の四角い空見上げて、ブリキの折り鶴ふっとふくらませて飛ばす。
 

[637]ミツバチ[10/12 22:37]
何かを求めてさ迷った、自己を正当化して、過ちは砂になり、無造作に足元に散らばっている。
 

[636]蒼木りん[2009 10/12 22:05]
おめでとう おめでとう 42年も生きられた おめでとう わたしは かあさんよりもとうさんよりも 先に死にません
 

[635]K.SATO[2009 10/12 00:23]
野球ボールを投げると、グラブが僕の青春も掴み、それを隠された。
 

[634]K.SATO[2009 10/12 00:11]
立ち飲み屋で吐くと嘔吐物がバウンドし、スーツの新人たちを汚し、責任としてそれらを持ち帰ることになり、詰めたビニールにタクシーではねられた。
 

[633]笠原 ちひろ[10/11 22:59]練若原光彦kawa
「マフラーの件で新しい動きがありました」と、男の声で留守電に吹き込まれていたが、もちろん私は「マフラーの件」とはなんの関係もなく、同じ空の下そんなことにかかずらわっているその男に申し訳なく思った。
 

[632]笠原 ちひろ[10/11 22:56]
自分の立ち位置をはっきりさせるために、イヤナモノはイヤダと不快感を表明する。
 

[630]比呂[2009 10/09 03:44]
時間が1時間ほど時計より遅い。
 

[629]比呂[2009 10/09 03:34]
長い冬の間クラゲはどうしてみんなは透けていないのかを苦悩し続けていたが、春が来て同じ悩みを抱えたクリオネと出会った時にはじめて胸の内でざわめく何かをまたしても隠せなかった。
 

[628]比呂[2009 10/09 03:23]笠原 ちひろ
どうしてそんなにお酒を飲むの、と母が訊いて父の胸骨がトントンと鳴りつづける音だけが部屋を満たしている間、僕は、誰もが飲まなくても素面に戻らなくていられるからだよと、誰かを小さくかばったような気がする。
 

[626]若原光彦[2009 10/07 18:47]鎖骨
公衆トイレに入り、用を済ませ、元通りに鍵をかけてそこを出た。
 

[625]若原光彦[2009 10/07 18:45]
その夜、旗手は、アトラスとなって虹を掲げる夢を見た。
 

[624]若原光彦[2009 10/07 18:45]kawa
一着は、彼の影だった。
 

[623]K.SATO[2009 08/30 03:34]
穴を掘り進めると着いたマントルに、名を歴史に刻んだ。
 

[622]たもつ[2009 08/27 00:00]比呂
携帯電話に砂糖をかけると甘くなる気がしたので塩をふっておいた。
 

[621]ふるる[2009 08/26 23:56]吉田ぐんじょう
(そうそう、あの小さな子供たちはみんな、南の風に飛ばされてそれぞれのおうちへ帰ったんですって、だから読者のみなさん、安心してこのご本を閉じてくださいね。)
 

[620]K.SATO[2009 08/26 02:01]
暗闇の中で拷問され、脱獄を夢見て、掘っていた壁に、穴が次第に空き、5年後に見たのは緑の壁だった。
 

[616]id=5239[2009 08/08 20:20]
コレ何?と郵便ポストのメールを送ってきた甥の為に、余った年賀葉書を探す。
 

[614]K.SATO[2009 07/09 03:06]たもつ
親のスネをかじっていると、眠くなって、そこから必死で羽ばたいていった。
 

[613]ピッピ[2009 07/08 12:17]比呂
お前の「微グロ」はあてにならない。
 

[612]K.SATO[2009 07/06 02:10]
ドドンパとかめはめ破による大規模な戦争の決着がつかず、高視聴率をたたきだしたアニメに、親は怒っていたが、子供は被害者のフリをした。
 

[611]K.SATO[2009 07/06 02:02]
ドラゴンが唱えたドラゴラムに、マシンはフリーズした。
 

[609]K.SATO[2009 07/05 02:48]
渋谷にナンパ出かけたら、そこに女子高生が現れて回避しようとすると、すぐにカラオケボックスに連れ込まれて、なにも選曲するまもなくルーズソックスを売りつけられた。
 

[608]K.SATO[2009 07/05 02:40]
加湿器を全開にしていたらやがて熱帯の部屋になり、砂漠を思った。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.16sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート