ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(123) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

全自動一行物語シアター (創作系)スレッドオペレーター:片野晃司
一行物語を書きつのる場所です。飯田茂実に続け!


*一行物語とは
 全体で「。」が一度だけ現れて、そこで終わる物語。短い。改行不可。ブラウザの表示の都合による折り返しは可。
 一行詩不可。あくまで物語。

*例いくつか
・ふたりともついつい体に有刺鉄線を巻いてくるので、何度デートをかさねても抱き合うことがなく服を脱がせあうこともない。
・幼馴染のふたりが年老いて死刑囚の監獄で再会し、一方が執行のために連れ去られる日まで、寝る間も惜しんで、幼年時代の出来事や故郷の風光を思い出しあった。
・墓地から枯れた花束を盗んでくるたびに背骨が少しずつ湾曲してゆく。

 飯田茂実『一行物語集 世界は蜜でみたされる』(水声社、一九九八年刊)より

*他参考リンク
 Monk『おはなし 1〜50』 http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=10872


[292]蒸発王[2006 01/25 22:47]ピッピヤギ虹村 凌でこちゃんkawa
死んだ恋人の眼球を取り出して切り開いたら、中身は私の写真ばかりだった。
 

[290][2006 01/23 21:52]蒸発王
カラスが雪上で死んでいた。
 

[288]ラプンツエル[2006 01/20 17:07]
終わりがあるのならば、始まりもなければ良かったのに。
 

[287]辻野克己[2006 01/20 16:16]空人PULL.ヤギ馬場 こういち
あなたがグーグルで「アナゴ君の年齢」「あなご君の年齢」と熱心に調べているのが履歴を見てわかり彼が27歳だということを知ってあなたはまだ自分が年下であると安心したのでしょうか誕生日おめでとう。
 

[286]蒼木りん[2006 01/20 09:12]
おとといは赤だった昨日は青だっただからすごく聞いてみたかった黄色はあるのかい?もしかして今日の気分の色かい?そういえばあずき色もあったよね。
 

[285]PULL.[2006 01/20 09:04]モリマサ公ヤギ
星をひとつ取りました、 これをふたりの約束にしましょう。
 

[281]ふるる[2006 01/13 14:09]
「骨が折れた」と言って傘で添え木をしている君に、その傘の骨が折れていることは言わない方がいいのだろうか。
 

[278]ヤギ[2006 01/13 06:55]
卒業したばかりの僕たちは、よろんでまた入学していった。
 

[277]空人[2006 01/13 00:04]松本 涼
お義父さん、生ジュースに玉ねぎはきついです。
 

[275]モリマサ公[2006 01/12 01:45]佐々宝砂ヤギ
「じゃーん!お父さんはこんな風に現れた」ってやってみせてくれるおねえちゃんが今月パパの借金の支払いを全部終えて結婚することになったよ、ママ。
 

[274][2006 01/11 23:14]
「世の中に無意味なことなど何もない」という歌を聴いて彼は首を吊ってしまった。
 

[271]暗闇れもん[2006 01/11 08:10]蒸発王
あの時涙した懐かしいかおりはあなたでしたか。
 

[270]松本 涼[2006 01/11 08:05]暗闇れもんMonk
ある日とても強い風が吹いて僕は雲の上まで飛ばされたが、そこは今までに飛ばされた人々でごったがえしていた。
 

[269]馬場 こういち[2006 01/11 05:00]松本 涼佐々宝砂ヤギ
もう時間だから行かなくちゃ、というときに限って、冷蔵庫の宇宙人は難題をぶつけて来る。
 

[262]馬場 こういち[2006 01/11 02:23]モリマサ公
同じ名前の通りの、同じ番地にある、同じ造りのアパートの、同じ部屋番号の扉は、やはり同じ鍵で開いた。
 

[255][01/09 02:40]ヤギ
深夜に誰もいない公園で走っていたら、地面から太陽が這い出して容赦なく僕を照らしつけた。
 

[253]松本 涼[2006 01/08 23:30]ヤギ馬場 こういち渡邉建志空人しみまん
街の外れでもう一人の僕と出会ったのだけれど、向こうはそれを認めなかった。
 

[251]ふるる[2005 11/25 21:54]
20年も通い続けている皮膚科でいつも「後藤さん」に間違えられるのだが、一度も「後藤さん」に会ったことは無い。
 

[250]ふるる[2005 11/25 21:52]
無闇やたらに風を切って走ったので風はバラバラになり、後ろで飛び散っていた。
 

[249]ふるる[2005 11/25 20:36]
レモンの匂いのする愛玉果凍を一口含んで、彼女は一つ、ため息をついたと同じ時刻に僕は理由も分からず追いかけられ銃で撃たれその弾がわき腹に貫通
 

[245]アザラシと戦うんだ[2005 10/15 06:01]
ぺりかんが、ぺりっと剥がれてかーんと走り去っていった。
 

[244]ピッピ[2005 10/14 19:01]ヤギ大村 浩一比呂
振り返らないでも、今ぼくの自転車を追い越そうとしているのは古館伊知郎だと分かった。
 

[243]ふるる[2005 10/14 08:25]かぜきりヤギ
膝を抱えて川面を見つめる河童に声をかけるすべはなかった。
 

[242]たりぽん(大理 奔)[2005 10/13 23:53]半知半能
男がたこ焼きを調子よく返していると、片面に顔のような模様が見えたので、再度返すと、今度は足の裏のような焼きあとがあり気持ち悪かったので、鉄板に移して押しつぶしお好み焼きにしたら、自分が変な顔で笑っているのに気がついた。
 

[240]ふるる[2005 10/13 15:58]嘉野千尋ヤギ蒸発王
左手首にはめた星座で季節がよめた。
 

[239]ピッピ[2005 10/08 17:11]アザラシと戦うんだかぜきりPULL.ヤギ有邑空玖半知半能でこちゃん松本 涼
佐藤が絶滅したので田中が頑張っている。
 

[237]灯兎[2005 10/08 12:36]
白々しい眠りから独り引きずり下ろされたウサギは涙に船を浮かべて
漕ぎ出せるようになるまで泣き続けなければならなかった。
 

[235]ヤギ[2005 09/19 05:59]
蝶はサナギの間に祖父母の一生を夢で知る。
 

[234]ヤギ[2005 09/19 05:45]
「お母さんに噛まれてしまう夢を見たよ」と子ライオンは笑い、「そう」と母ライオンは新しい恋に気もそぞろでいる。
 

[233]ヤギ[2005 09/19 05:39]こしごえ
おやすみと言った彼女の声が寂しかったので今朝の夢を思い出せない。
 

[231]ヤギ[2005 09/13 17:07]
「同じお墓に入ってくれる?」と聞きながら彼は生唾を飲みました。
 

[230]でこちゃん[2005 09/11 23:59]ヤギこもんこしごえ虹村 凌灯兎
ブラックホールは、いつか自分を埋めてくれるものが現れると信じて今日も手当たり次第に呑み込み続ける。
 

[229]ヤギ[2005 09/11 15:41]虹村 凌ピッピしみまん
投票したのが一千万人目だったそうで、僕は内閣総理大臣になった。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.15sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート