どうせなら
食蜂操祈の
孤独感

キミらはみんな
彼女の手のうえ
精神科が出張ってきたらこうなると。先の戦と同じ学びか

絶対に負けないと言い犯される、裏病棟の見えない隅で

極小の地獄は始め家にあり。子に振るわれた暴力の跡

その惨事それはミクロでこれ ....
ラジオ聴き深夜の空間心地良く揺れて身体に刺激与える

雨はまだ降りそうもなくただ曇り湿度は高い梅雨真っ只中

コーヒーをブラックで飲めば体に良い美味しいだけではないコーヒー

躑躅咲く広い ....
わからない
まま言うけれど
その先を
見つめながらも
ただ繰りかえす
広辞苑の半分は愛で半分は君の永遠と共にあれ、かしこ


水色のケトルでお湯を沸かしてる鳥のつもりで眺めているの


感情が死んでいくんだ僕はもう君が見上げる空にはいない


しーずー ....
空中にある水分の欠如とか呼吸してたら泣きたい理由


街はまた昨日の街に似ています記憶通りで死にたくなります


街はもう昨日の街に似てなくて予想外れで死にたくなります


私には飛 ....
「私まだ褒められてない」悔し笑いソーダ色の朝世界間に合わず

冷凍庫 プリンは普通そこじゃない私が生まれたきいろい凍土

少女余生一人で処女路踏みしめてひきずってゆく白いドレスを

日本語 ....
土曜日の予定聞かれて何もない友達三人と急遽ドライブ

川の水綺麗になって魚増えあるべき姿街は潤う

気分良く二時間コースの道歩く自然のパワー元気の源

しまなみの良い場所良い店探す旅自転車 ....
鬱なのに
ユーウツと書けず
生真面目に
我にせめいる
美男美女
軽作業
大切なこと
ミスをせず
われを忘れず
入力業務
人間の醍醐味かけて
一瞬にミームがかわる
人がかわる
決戦場
町裏空地
チャオシュール
ねこが大好き
のらくろ嫌い
楽しみが多くて困るぐらい多い安定感のある日常

海と川交わる場所を覗き見る潮の香りが染みついた地区

良く通る道よく見れば何かある今まで気づかなかった何か

細い道で猫の親子をいつも見る親 ....
ぼろぼろと
食べこぼしたる
泪目の
動かぬ手足
爺捨て山の

神つきに
噛みつく犬も
いとおかし
りんご啄む
カラスが言った
風呂に入る温泉だったらいいのにな温泉の素では物足りず

夏みたいな四月を終えて初夏という五月になって気温安定

全国の温泉一つずつ入る夢では全て廻りきった

山間の温泉施設設備いいスポーツ ....
ギターを弾く在りし日の子のそのいまを春のひかりとなりて抱きしむ お兄ちゃんはやくごはんをたべたいよ猫とあたしとポチがまってる 砂浜の周りの岩が個性的押し寄せる波が岩を擽る

気温差が激しい春の昼下がり雹が降ったり霰が降ったり

友達とゴルフのことで盛り上がる何時間でも話せてしまう

初夏の風幸せ含む緑色子は勉強も ....
共通語の
音楽は
阿吽の呼吸の
彼のポエム
生先の庭
花は咲く
1分の1サイズから始めたはず
なのに今ではスコープゴート

#これでどうだ #短歌 #tanka
木曜日何故か憂うつな午後過ごす味気なく感じる好きなココア

月末の忙しさ終え暇な日々会社の事務所閑散とする

ゴルフ場あまり上達しない友大好きなのに上達してない

肉ばかり食べる知り合い野 ....
セックスを
部活のように
笑いつつ
やれた生涯
唯一のひと
どうした、もう書かないのか弱虫と。はい書けません書きません

きみとの意見は平行線、僕は閉口するばかり

わからない、から黙っている。主導権から身を引いて

映像で見れば零れ落ちるものがあ ....
ちはやぶるマクドナルドの駐車場今誰の筋肉で飛んだの?

ちはやぶる誰の素粒子も咲いて目を閉じて猿が飲む果実酒
日ののぼる前の空には雲黒く飛んでちぎれる約束は今




{引用=角川『短歌』2022年 3月号分「角川歌壇」にて
福島泰樹先生選 谷岡亜紀先生選 佳作
水原紫苑先生選 秀逸}
この夜を
涯から涯へ
列ぶ灯は
ヘッドランプか
テールランプか
生活を捨ててしまっていいでしょう? 虚しい日々の真夜中くらい


毎年の数万人の自殺者のリストの端の私の名前


情報に重さがあると考えた物理学者の夜の悲しみ


常識を説く父親の瞳 ....
見分けれぬ みどりと機械 ゅ㋱のほ゛り 未徠樂園 桃源郷歌

{ルビ氵旦=ゕゎ}は{ルビ曜=ぁゕ}るひ蘆葉のジーンズ穿ゐてゐる{ルビ浮き素彫りの=ラヰト・モチーフ}一コマ{ルビkinema=映 ....
入浴後冷たいジュース飲み干した入浴剤の匂い好まない

火曜日の社員食堂から匂うカレーうどんが人気沸騰

水曜日週の真ん中だから何?自動操縦みたいな仕事

仕事場に着くなり出張指示される小規 ....
ともだちは100人いない私たち
貝あわせつつ100年生きたし
短歌
タイトル 投稿者 Point 日付
あたま悪すぎるよ足立らどみ122/4/14 6:24
君の見た悪夢りゅうさん3*22/4/12 7:01
コーヒー夏川ゆう122/4/11 19:13
わからないまま言うけれど足立らどみ122/4/11 7:43
12 Songs由比良 倖122/4/11 5:56
終わる世界122/4/9 16:41
そーなんしんずくらいんで帰るね万願寺122/4/9 8:07
自然夏川ゆう122/4/4 18:17
ユーウツな人足立らどみ222/4/4 6:46
出入口デイリー222/4/3 12:49
ミ一ムード(31611)または、ミーム(316)/みとら222/4/2 21:42
いつもいつも722/3/29 6:38
日常夏川ゆう322/3/28 18:52
ぼろぼろ足立らどみ522/3/28 5:29
気温夏川ゆう322/3/22 5:19
<春のひかりとなりて抱きしむ> ギターを弾く少年るー322/3/17 3:06
<春のひかりとなりて抱きしむ> お兄ちゃん222/3/17 2:44
ゴルフ夏川ゆう322/3/14 18:22
花は咲く足立らどみ422/3/12 7:05
Twittertanka322/3/10 7:09
ココア夏川ゆう422/3/7 18:31
神様コイツですかTAT022/3/5 16:12
混迷の明日にりゅうさん522/3/4 15:26
ちはやぶるダニケ222/2/27 18:41
約束は今こしごえ5*22/2/26 10:14
_TAT222/2/26 2:36
揺れて生きてる由比良 倖322/2/23 9:18
ヌコの日4短歌:Have ya done, tha Cat ...大゜揮∞ ₎...4*22/2/22 11:27
入浴剤夏川ゆう322/2/21 18:32
ともだちだよね足立らどみ222/2/20 12:37

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 

【短歌】このカテゴリでは31音律「5.7.5.7.7」を基本とした短歌と、その音律を崩した自由律短歌作品を受け付けます。短い自由詩は自由詩カテゴリへ。短歌批評は散文のカテゴリへ
0.57sec.