ああこれは恋と違って甘くなく
まるで呪いのような灼熱

空き缶が転がるビル街風吹けど
晴れわたる空ひと一人無し

二人して別れに納得した夜に
さきに泣かないようにうつむく
 ....
夜が明けるまえに
聴こえる悲しみのなかから
海の音を選んだのは
この国で恋を失った人魚が
そこで泣いたと聴いたから

夜の花がしおれてゆき
夜は最後の呻めき声をあげて
抱き ....
ゴールデンウィークに金比羅さんに行った
雨のなか、傘をさして階段をのぼった

晴れの日にのぼったほうがいいと思ったけど
それは雨の日にのぼったからわかったこと

なにごとにも、 ....
なにをどうしても
生き尽くすしかないおれの人生
生き倒れたら目の前に
輝く細いアルファベットでネオンの光は
Purple と。

ガキのころ聴いて
心の肌を切られたブルース ....
うきうきと狭い部屋をぐるぐると歩きつづける外は快晴


大川の上の大橋にかかる海も間近な釣りの看板


絶対に心の中はみえないし好きでないふりずっとできるし


壁に向けボー ....
考えても答えがでないので
なにも考えていない振りをして
やってきたのだけれど

それでも
腹が立ったり
涙を流しそうになったり
いろいろと
楽しいことも
たまにはあったり ....
愛して欲しいっていったらダメな時
愛したく無いって言いたい夜の世界

僕はいつものみなとのみえる部屋から
昼間にみた白いカモメと
銀髪の人魚を思い返しながら
夜が照れながら笑っ ....
ようやくうたを歌う理由を
手にすることができた瞬間から
あたしの好きなうたは
聴くことができなくなる

なんども、なんども、
なんども、なんども、
この身をゆだねた
 ....
あおいブランコが
艶めかしい金髪みたいな
風の中
閉ざされた午後の公園で
ゆうらりと
ゆうらりと
ゆらされていた



目にみえる
死人に
いのちはあるのだろうか? ....
 淡い陽が君の横から降る朝のわたしに向けるまなざしは青



 凍る髪のままでいたのはあの夜の吐息が今も溶けないからだ



 髪を撫でその罪を知る限りある時間の無駄を知る ....
からだ汚れて帰る家には
やくそくなどなく
ひとの影もない



花が一輪、咲いています

ひとの影が肉なのだと
あるいは水分なのだと
あるいは血、なのだと

絶えるこ ....
渋滞の車の窓から顔を出す子犬の野生がこぼれる唸りよ



朝焼けの赤い空気に立つ不死の人工建造物の寒さよ



好きというただ言の葉が突っ立って電気も消 ....
桜木の下の子猫の鳴き声を日向ぼっこをして聴く風吹く


瀬戸内に秒針みたいに沈む陽の最後に伸ばした指先の朱よ


《永遠》という言葉だけは知っている 今はおそら ....
冷えたお水をちょうだい
胸に沁み入るような
キンキンに冷えた、痛いほどの正しいヤツを

熱いお手紙をちょうだい
読めば君を嫌いにならずにいられなくなる
レトリック無用で、心に突き刺 ....
ラーメンになまたまごを入れかき混ぜる君の食癖だけ嫌いかな



日本一長いと誇る滑り台その丘に立つ初夏星月夜



一部屋にみんな雑魚寝の飲みのあと目は合わせずに手をつなぐ ....
彼女のことは雪が降る夜に知った

罪を飲みこんだ白い獣の子が
すがるみたいな小さな鳴き声で鳴き
だれも好きになれない自分のことを
お手上げだから、と、足下の
黒い砂あたりを蹴り上 ....
ねぇ、想い描いてみて?

言葉がまったく通じない世界、
彷徨いたどり着いた
行き倒れの『私』だから、

じゃなくて。

この国で、
同じ言葉を話す人々と、
話しても話 ....
街の灯が、ダイヤモンドの高潔を
つらぬきとおせばカッコ良いのに。

飛んで虫。ふところに入る、ちょっと待て、
虫は嫌い!てか怖いんだよォー!

遊びでね、大大阪(だいおおさか)のミ ....
たそがれよいときこころも濡れる

あおぞらゆく春みあげて歩く

うたをうたって笑うあなたの

しあわせいろのみらいが視える

この街いっぱいおれんじそまった

空からき ....
あおはるの紙飛行機が飛ぶ海辺、はるかにイルカと人魚がお遊戯


風も舞う、街が守ってくれるのは砂漠の白砂に埋もれた歌声


死ぬのなら死ぬまでに二度夢をみて一度はかならず失う純血
 ....
夜に、心が、透けた。

僕らはいつだって泳ぐ魚のように、
自由に青い空間を跳ね回るんだって、
べつに日々の暮らしを守るなかで、
そんな風でいることがあたりまえだと思っていたよ。

 ....
(教会のまえで佇みうたう歌)


寂しいから、
満月の夜、吠えてみる
このバカヤローとじぶんに向かって

懺悔って
なんだか値打ちがあるみたい
その小部屋では罪さえ消える
 ....
ホロホロと
春の花が散って
守られるための約束を
してくれたひとだけがまだ来ません

折り紙のような階段が
雲の中までつづく白昼夢
勇気を振り絞って昇るから
総てを忘れがちにな ....
下手くそな歌を
歌う喜びがあった
手に入らない美しいため息を
言葉に変える人に憧れた

悲しいけど窓を叩く風の音が怖くて
震えながらもう歌はうたいませんと
そう誓わされてし ....
ぬくもり、棄てて、傷つき
消えゆく、生活に、怯える

唇、かみしめて、涙、こらえる、
過去、忘れようとする
無かったものにしたい、想い


愛が、その時、立ち止まってく ....
あたま撫で
られて頰そめ微笑むわ
あたしの心をみないで眼をみて


あたたかい
愛がそろそろ終わりそう
お願い冬には切り出さないでね



ふもとには
雪解け水が走 ....
ワイシャツの前ボタンに指を掛ける

ワイシャツって、Yシャツ、じゃなくて
ホワイトシャツの略なんだって、知ってる?

とか聴きながら、ちょうど耳元に
息を吐きだす関係を維持したままで
 ....
声が、
汚くて、
歌うことを諦めたのに、
こどものころに。

今になって、
歌、歌いたく、なってしまうなんて。


水面に、
やすっぽい宝石が浮いている、
ので、
やす ....
青空に吸い込まれたいという希(のぞみ)さえ
ただの嘘さと言い放ちたい

僕はひとりで生きてるみたいに

そんなひとりが
いいと思ってた
すぐに汚れていた日々。


新しい道 ....
目を、
合わせなかったのは、
嫌いって言われるのが
怖かったからではない、

ただ、あなたの瞳をみるのが
恥ずかしく………


時は流れ、
想い出は、
その優しさに連れ去 ....
秋葉竹(799)
タイトル カテゴリ Point 日付
空模様は恋模様短歌122/5/15 15:41
朝焼けの空を眺め自由詩122/5/15 6:37
香川の水自由詩022/5/13 23:52
だから、生きている(改)自由詩122/5/12 21:07
こどもみたいに短歌122/5/11 7:11
いろいろあるよね自由詩222/5/10 21:20
みなとのみえる部屋から自由詩122/5/9 23:07
そしてまた、うた歌いの夜は、更けゆく自由詩122/5/6 23:54
落花自由詩222/5/5 22:37
青の惑星短歌122/5/4 19:58
罪を洗う風自由詩222/5/3 21:10
点景あるいはかくれて泣くうた短歌122/5/3 6:46
ゴールデンウィーク短歌222/5/1 13:35
ねがい自由詩022/4/30 10:21
アレしてあげたい短歌122/4/29 8:53
鞦韆自由詩122/4/29 4:31
へびつかい座流星群自由詩222/4/26 8:06
けっきょくは《恋棄て》られなかったやつのうた自由詩122/4/23 14:20
たそがれおれんじ自由詩122/4/23 8:54
砂漠の白砂に埋もれた歌声短歌222/4/23 7:53
透ける月光自由詩222/4/21 23:16
懺悔の小部屋自由詩122/4/21 7:29
未来の色自由詩122/4/16 19:58
僕は僕の歌を歌う下手くそでも自由詩122/4/16 11:49
ひとつの光のように(光に愛された夢を抱いて)自由詩122/4/13 20:50
あたしの心のなんちゃらかんちゃら自由詩222/4/12 23:18
こころ刺し自由詩122/4/11 9:19
歌わなければ良かったのに自由詩222/4/8 23:24
まったくの、純情。自由詩122/4/8 21:35
愛が、みえたから。自由詩322/4/7 20:11

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 
0.11sec.