風なのか

名もなき季節を通りすぎ

名もなき町をめぐる

僕らは









ひとつだけ朝をください。

この胸がいっぱいになる朝をください ....
誰よりも

遠くへ飛べる気がしてた

ぶらんこ漕げば空に近い頃









かなしさと

やさしさはどこか

似ています

悲しいひと ....
映写機のカラカラする音が響く



遠くでぼくらが病んでいる



満天の星に 落としてしまったもの



青いおれんじ色の枕 ひとつ下さい



噴水 世界は世界の意 ....
初恋を{ルビ啄=ついば}む小鳥に啄まれたとこがいつまでたっても甘い


祖父のつくったハーモニカはなつかしい波の音がするカモメも鳴くし


泣き虫の泣き声で孕んだ空気が夏の青と白に融けてゆ ....
ラムネ工場で作られたビー玉にあの夏の日が閉じ込められてる


初恋を{ルビ啄=ついば}む小鳥に{ルビ啄=ついば}まれたとこがいつまでたっても甘い


遠くまでちいさな泡がのぼるからおそらく ....
ある朝わたしは鴎になり
中央区永代橋の橋桁から白い小さな翼をひろげとびたつ

(そのときわたしははじめて空の名前を知ることになる)


江東区東陽町一丁目三番地
古めかしいビルの窓から
 ....
優しさで出来てる星がひとつくらいあってもいいね。行けないけれど。


ふわふわでほんわかしててすべすべですうすうしながらしゅわしゅわなあさ


クローバー見渡すぼくらの遠くに町のような ....
みんな少女みんな少年みんな子らだった
みんなちいさな罪を秘め




小鳥らの囀り籠り淋しくもすることのない空白い日




遠くまでちいさな泡がのぼるから
おそらく空に溺れて ....
土手沿いの夕焼け小焼けの帰り道
君の口笛をきいていた




さみしいと死んじゃうウサギに向けて
滅びの笛を吹きつづける夜




初めてきみとキスをした
ゴッドファーザーの ....
そよかぜに
運ばれてゆく
たんぽぽの
小さな種子は
わたしなのです



役目終え
ほんのかすかに
反射する
人工衛星は
わたしです



花の野で
じっと動かず
 ....
[郷愁]


小学校の理科の時間に
習った

雨は
空にある記憶の破片ひとつひとつに
水蒸気が付着し
それ自身の郷愁の重さに耐え切れなくなったとき
地上まで落ちて来るんだと

 ....
ぼくはとうめいなまくだ

まくのこちらがわでは
なんらかの化学現象がおきているけど
まくの向こう側にそれが伝わるということはあまりない


ぼくはとうめいなまくだ

まくのこちらがわ ....
たなびくそらの彼方から
沈黙する
よるだね
ぼくたち
詩人も
涙を流して
沈黙するよるだね


ねえ
また見えない戦争がはじまるね
やわらかな影が
いくつも射殺されてくね
ぼ ....
[銀波]

あおじろいいのちが
誰かの胸にともる頃
あなたの耳のなかに
夕暮が入りこみ耳の
中で星たちはしみわ
たる水の音を聞き入
りながら瞬き始める




[tears] ....
永遠に嫌な昨日はよみがえる
天気予報は
すべて謎のまま




掃除機が
茶色の夏に恋をした
高圧線も遠くで揺れる




透明な先っぽのなきがらがまだ
詩人のよ ....
三月の街で産まれる陽炎の
涙のような
きみが夢にいた




永遠にはじめてなのです
あたしだけ砂漠のなかを
さまよってるから




サイダーの夜明け前に
肩寄 ....
魂のいくどもかよふ天空はみずの音さへ彼方にひびゐて


坂道に桃の花咲く 初恋の悲しき予感はじめて抱く日に


美しき名前のごときやさしさでちひさき庭にも雪は降りけり


 ....
だってまだ夜明けなんか知らないし。十四歳は虹をあつめて。


はだかでも一本くらいもってるの。女の子だけのキレキレナイフ。


アパートで寄せ鍋つつく樂園を追放された天使のわれら。

 ....
がらすつたう
あめつぶのやさしさ
ゆるされて
このほしにあること
いきていること





おともなく
おれんじいろに
もえるそら
だれかぼくに
てがみをく ....
ひとはかくことでしか、解消されないものがある、じぶんはじぶんいがいにはなれないんだ、じぶんはじぶんでしかないだ、じぶんをさがしたってじぶんいがいになれるわけじゃないか、じぶんをさがしたってじぶんいがい .... {引用=

ねえ、でぶでぶ
神様は毛がないってホント?
みたことある?










ねえ、でぶでぶ
にがいって字書ける?



でぶでぶの字って
うさ ....
少女は
朝が嫌い

目を覚ますと
いつも

知らない町に
置きざりにされた
気持ちになるから



少女は
朝日が嫌い

朝日は
いつも

こんなにも
世界を歪ま ....
横丁の角を
曲がると
公営住宅の
アンテナの遥か上
ライオンの
かたちした雲が
広いサバンナを
駆け抜けていた
それは
かつて、
波であり、雨であり、
きみであり、ぼくであった、
青い黎明の影に涼しく揺れる、
ひとつぶの露。

魂は、ほどけて、
空の記憶、海の記憶、大地の記憶、愛の記憶 ....
見えない糸でんわで結ばれていても
青い微笑がしみわたる夜ですから
ともだちだけが変わってゆきます


無声音の言葉はみちにあふれ
生きる水位が青い
少女たちの
渋谷の街です


 ....
{引用=

外は雨。







窓のガラスに幾粒もの涙が
透明な線を斜めに描いていく。





ベッドの上からその景色を見上げていると
左手がやさしい感触に包 ....
ポケットに溢れるほどの夏の恋




なつかしい蜜柑色した夕の街




白い鳩しみわたるほどのあおぞらに




ちいさな手 氷のグラスを握りしめ




白 ....
{引用=冬のきみがすきだった
冬のきみがきらいだった




ひややかな恋のまま
ずっととおりすぎて
しまいたかった















あの ....
もしも
かなしみのなかのかなしみで
そだつきがあるならば

そのきは
うみかぜのなかで
ぐっとねをはり
えだをすこしずつのばし
はなをさかせるだろう

そのはなは
きっと
すい ....
ひとつの生身である
わたしは
いま
海の声を欲する


この星を覆う
巨大な潮力によって
なんどもなんども
運ばれていく
その声が


遠いきみに
いつか
とどくように
 ....
青色銀河団(315)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
恋歌文書グループ07/1/14
文書グループ06/4/17
投稿作品
思い出ノート短歌121/10/31 19:23
ひかりのノート短歌121/10/30 22:15
複数の一行詩自由詩121/6/18 22:21
花の降る夜に短歌3*20/8/8 15:37
誰もいない夏短歌6*20/7/30 14:47
白い鴎自由詩3*20/7/27 23:39
風がはじまる場所短歌5*20/7/26 19:07
硝子の花束短歌020/6/10 0:00
水蜜桃の夢短歌2*20/6/4 19:43
貝殻のうらの虹短歌020/6/4 19:34
ぼろぼろのつばさ 5自由詩220/4/23 16:58
ぼくはまく自由詩120/4/23 0:02
よるの果てまで(改稿)自由詩3*20/4/22 14:24
ぼろぼろのつばさ 4'自由詩4+*20/4/21 23:30
夜の日記短歌118/2/18 1:19
かなた。短歌118/2/17 23:58
二月二十六日短歌117/2/26 18:57
二月二日短歌417/2/2 22:14
虹をあつめる短歌116/5/28 18:06
よごれたなみだ自由詩116/5/25 0:04
ねえ、でぶでぶ自由詩216/5/23 23:43
携帯写真+ ...514/10/13 0:43
横丁の角を曲がると携帯写真+ ...014/10/12 23:59
携帯写真+ ...114/10/12 23:45
天使携帯写真+ ...114/8/30 0:52
ガラスのかけら自由詩3+14/4/16 23:05
夏(九)俳句113/8/10 17:41
きみへ自由詩412/9/21 0:44
風葬自由詩8+12/9/18 0:19
あいたい携帯写真+ ...212/6/11 23:40

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「思い出ノート」から「あいたい」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.