1.

ある日
ふと思い立って
きみの世界に寄ってみた

そこではきみが
四足歩行で用を足していたり
三色に光りながら交通整理に励んでいたりして
それは
何一つ変わ ....
失敗を許すのは三回まで
三回を過ぎたら、期待ごとゴミ箱へ
仏の顔に倣ったのはいいけれど
あんまり正確にしていると
神様と見間違う


私の優しさは有限です
愛も有限です
怒りには ....
記憶の足音がしたから
きみを差し出して
代わりにぼくを貰った
あいつは
自分のことを神様と呼んだけれど
どうだってよかった



毎日が消費されていく
時計の針 ....
難しいことを
ムズカシイことのまま、放って

そらを仰いだ



{引用= 窓から細く伸びたひかりの帯に

 ひるがえる

 わたしの頭から、逃げ出していったもの ....
{引用= 目が覚めるほど愉快だった国で

 いつか帰る予定の町へ向かう、片道切符を捨てたあの日

 ぼくは

 お母さんを、お袋と呼ぶようになって

 いつか恋する ....
風に騒ぎ立てる木の葉の影を踏んで、はしゃぎまわる
子供たちを見ていた

庭先で香る金木犀を指して
あなたは今日も
幸せそうに、笑う





恥ずかしいものばかりを ....
あの子は大人になってしまった


彼女は虹のたもとで
まだ
じょうろを握り締めている



***



鈍色のカーテンを引いて
人々は眠りについた ....
まるで、舌なめずりのように生きた彼女は
東京の隅の方に好んで住んだ

茶色くて背の高いルームランプと
うぐいす色のカーテンの側で
彼女の歌に返るものは
目の前の壁が、低く唸る声 ....
{引用=




 音を立てながら崩れていく我が身の
 なんと愛しいことか


 (耳、口、指、踵、その諸々から浮かんでは消えた
  その事実に「 」をそばだてて
 浴室の蒸れ ....
{引用= いっそのこと
 君が死んでしまえばよかった
 
 血生臭い、たくさんのやり取りの果てで
 私が
 産み落とそうとしたのは
 いつか君に
 捨て置かれた、壁際の
 ひび ....
どこか、遠い、ある日に作られた柔らかな言語で
その柔らかさよりずっと柔らかく、けれど反響する言葉で
夕立が襲う屋根の下の静寂のように
あるいは待ちわびるスピーカーのざわめき、そのよ ....
急かすほどに緩まる手綱を
持て余しながら
黒目がちに揺らめく人々の波を掻いて
少女は
遠く、海を目指した





蹴り飛ばす買い物袋から、無精卵が弾け飛んで
方々 ....
指の腹で押し潰す頬の、
薄皮一枚先を流れ去る
君はすっかり青ざめてしまって
嘘のような住宅街に漂う金木犀の香りと
ぶら下がる総菜屋のコロッケは
いつだって口論を止めずにいるか ....
{引用= そこには、ひとつもない

 うらがえしてみると

 ふたつもある

 ななめからみようとすると

 たくさんのかげにはばまれて

 くちをとじられる

  ....
正直な話
黄緑のスーツは無いな、と
パンツ一枚で団扇を泳がせる


三日間カフェインを絶って
頭痛やだるさが私を捉えたら
カフェイン中毒のサインらしい
でも
コー ....
{引用=


  ゆるせないものたちの
  正しい呼び方を
  毛布に{ルビ包=くる}んで
  抱いて眠る

  おやすみ、
  
  受話器の向こうの
  どこか分かりえない場 ....
囁くような
耳元で
部屋を抜けて行く、風の
足踏みの音


甲州街道を過ぎた頃だろうか
君の走る跡を
閉じた瞼の隅で追う


雨の匂いが止まない日にばかり
鈍い痛みを思 ....
必要性に応じて生きている

大人たちの叫ぶ声で
雲の影は去った

君が泣かないために
氷砂糖と毛布を買って
家に帰るけれど
本当は、君の好きなものを知らないし
そもそ ....
{引用=




朝は深く、
ただ中空に泳ぐあなたの意識に
射し出された火が寄り添っている


瞼の内側で退化し続けた羽に気付いた夜のこと
終に
全身を震わせて飛び立つのだろう ....
とぼけた顔で写る、家族写真の度
食卓には痛み止めばかりが並び
学生はいない
当たり前に

不親切な人の群れは総じて新宿方面に流れるから
指差し確認の習得は必須条件だった
肌の ....
*こんさい

想像に難くない範囲で
丸々としていく姿に見とれる
絡まったり
時に、何かに潤されたりしながら

どこかの食卓に並ぶ
あんまり嫌われることもないから
それ ....
{引用=すきなものがたくさんあった
ある、女性歌手はそのふうけいのさきに
ひとりきりのみらいをみた}


 *


すきな人がたくさんいても
私のことをよくしる人はひとり ....
要は啄む真似なのだ


唇やら首筋やら鎖骨やらに
私の都合のみで捧げる雨のことを
正しく呼ぶ必要はない



同等に返る行為に名前をつけて
例えば、嬉しがるのは子供
 ....
毎日は平和です幸せですとりたててやるべきことも無く平凡です
起床時に布団を畳むことが面倒なので、昨日からベッドの購入を検討しています

重くのしかかる頭で考えることといえば
 ....
面倒なことを喋る縁
男女の関係


 (憶測


通りすがりの意識に残るわたしを美しく飾るため
きみの、その、言葉があって
縫い糸は池を泳ぐ



スプーン「 ....
それは腕でした

ベッドは空を飛ぶいきものになったので
わたしのライフカードからは
にんげんが外れました


それは腕でした

ブランケットの内でまどろむわたしを抱き
耳を塞い ....
わたしはついさっき
きみを忘れた

すぐに思い出すこと/その過程/は
随分と、昔から
変わらないのだけれど

ひとびとはそれを指す



{引用=わたしは、たった今も
 ....
 
 

 
押さえ方は思考中で

今日も、少なくて手に余る弦を
行ったり来たりしている



進行は常に楽を目指したい

多分その通りに
作られていそうなのだけれど

 ....
例えの一つ
それは「きみの手が背中に触れる」こと

二つ
「葉桜の下で覚める、今年のつつじの鮮やかさ」のこと

三つ
「平穏の走る音」のこと


雨宿りをしたくなる季節に
置 ....
似たり寄ったりな景色が並ぶ町で
わたしは、言葉を持たない


認識のそれぞれが
役目として語られるには
少し
役目を過ぎている、という気配


適当なリズムで鳴るヒールに
 ....
山中 烏流(307)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
東京ゴンドラ文書グループ13/3/16
投稿作品
きみに寄せる詩群自由詩5*16/1/30 13:42
プリペイド自由詩914/4/12 16:34
世界のはじまり自由詩1*13/5/28 6:20
まどろみ[group]自由詩3*13/3/16 4:12
居残り[group]自由詩2*13/2/9 2:44
明くる日の丘自由詩2*13/2/5 3:13
リバース自由詩4*12/12/25 7:02
生者の行進自由詩5*12/4/16 6:05
入浴賛歌[group]自由詩2*12/2/8 6:35
水槽部屋自由詩2*12/1/22 0:08
相談[group]自由詩4*12/1/20 2:11
クロール自由詩2*12/1/19 4:40
mash mellow自由詩6*11/10/2 22:40
会話[group]自由詩3*11/6/30 10:11
熱中症自由詩2*11/6/21 23:09
グッドナイトダイヤル[group]自由詩5*11/6/20 22:47
素描[group]自由詩1*11/6/19 1:16
ジュブナイル自由詩5*11/6/18 2:07
黙祷[group]自由詩2*11/6/14 22:19
夏の日のポートレイト自由詩3*11/6/4 12:46
おやさいについての五品自由詩3*11/6/3 4:11
生活自由詩7*11/6/1 1:58
めまい[group]自由詩2*11/5/30 5:14
ハッピーダイアリー自由詩5*11/5/23 23:00
カロリーオフ[group]自由詩3*11/5/10 23:46
レストルーム自由詩3*11/5/1 22:10
一方通行[group]自由詩2*11/4/30 23:13
コード[group]自由詩2*11/4/30 4:05
初夏[group]自由詩2*11/4/19 2:31
川底[group]自由詩3*11/3/19 1:25

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「きみに寄せる詩群」から「川底」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.48sec.