日常の些細な悩みでもなんでも。
謙虚な気持ちで相談し、思いやりをもって回答しましょう。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
これではない、
これではない、と言いながら
なにも指し示すことができず
しかしそれは確かにあるのだと言う

散り敷いた花びらかきあつめ
その手をかかげあげても
ばからしいと言う

見 ....
炎昼を赤子の声で鳴く蝉や

誘蛾灯十枚の爪かかりけり

泳ぎきし手足を埋めて砂の城

真夜中の汗つま先へ到達す

扇風機ふいに大きく頷けり

蟹踏みし踵より蟹生まれ{ルビ出=い}づ ....
わたしは新参者だから
とにかくにっこりと会釈する
「こんにちは」
と声をかける
するとにっこり
が返ってくる
けれどもそれは
返ってくるばかりで
声をかけるのはいつもわたし

それ ....
油蝉の断末魔に
ふりむくと
老婆がひとり
まどろんでいた
石段にひろげられた紙の上に
硬貨をひとつ
投げてやった
老婆は顔を上げると
おれの目を
じっと見つめた

あくる日
老 ....
 『最果て』水在らあらあ
 http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=123658

 ワタナベさんがこの詩について述べた文章http://po-m.com/f ....
 ニフティのF文学(文学フォーラム)には、『いまのは倶楽部』という短歌・俳句の会議室があり、私はそこで読み書きをしていました。
 私が参加しはじめたころは、発言数は一日四つか五つくらいだったでしょう ....
蛍火の点滅そろふ魔の息はさうしてわれらの耳をかすめる

あれは蛍だつたのかしら言ひそびれ秘密となりしことの幾つか





          {引用=一九九八年七月一七日}
collector さんから以下のコメント頂きました。ありがとうございます。
{引用=いっこ訂正っす。または便乗裏話と取っていただければ幸い。
フォーラムは、例えて言えば、楽天のショップをシンプ ....
 私がニフティサーブに入会してパソコン通信を始めたのは、一九九五年。
 その頃、プロバイダは二つか三つの中からしか選べなかった。
 ニフティにはさまざまな「フォーラム」があった。今でいえば、サイト ....
娘の胸が次第にふくらんでいくのを
心ひそかに嬉しく思っていた。
と、母が告白する
だけど、ついには大きくならなくて
ちょっとがっかり。
などと、母め

シャツのボタンを上から順に
はず ....
外から帰ると乳房がつめたい
それは脂肪のかたまりだからだ
血の通わない、けれども
ゆたかに潤し育むことができるふくらみ

「脂肪のかたまり」と呼ばれた女は
蔑まれながら
馬車のなかで飢え ....
蔓の先はしがみつくあてをもとめている
ひょろひょろと風にあおられるのも策略
つるりぬるりと小鉢の中を逃げ回る里芋を
こどもの箸が突き刺す
突き刺すのだ!

もとめるかたちはとがっている
 ....
一回転してしまえない飛び出せないからぶらんこの鎖がたわむ

靴だけを先に逃がしてぶらんこに繋がれたまま残ったわたし

順番を待ってから乗るぶらんこはつまらないからぎりぎりねじる

ぶらんこ ....
{ルビ門=かど}ごとにあふるる花を競ひ合ふ住宅街を光貫く

やはらかき茎裂けながら薔薇の芽のあたらしき肉色に生い{ルビ出=い}づ

腐りつつ笑ふ黄の花雨受けてプラスチツクの鉢膨張す

恨ま ....
木々の芽の{ルビ魚=うを}の頭のかたちして霞の谷に息ひそめゐる

この冬も人失はれ残雪の谷さやさやと木の芽張り初む

断崖に身をよぢりたる一樹あり芽のあをあをときのふを忘れず

約束てふ言 ....
うららかに風のかすめる真昼間を透きとほる茎ゆらゆら歩む

いつぱいにひろげし指にうららなる光を溜めてさよなら少年

仰向けの蛹にうららなる日射し二度の誕生ゆるされてをり

うららかな日の暮 ....
寄せ植えのパンジーの黄がまぶしくて日向のしあわせって感じね


紫のパンジー口につめこんで嘘つきの舌染める刑罰


うつむいたまま愛される菫草みたいな女友達のばか


摘むならば ....
人ふいに春の水から石拾ふ


うららかや友うつくしく疎ましく


花冷や行方不明の恋敵


ボンネットに足跡残し春の猫


春嵐緑の騎士を連れて来よ


花冷のされど ....
いっぽんの木は森にまぎれ
ひとつの屍は累代の死にまぎれ
かすれない文字が積み重なることばにまぎれ
わすれることをゆるしながら
不意打ちのように
わすれたということを思い出させる

――― ....
「おらあ悪党だすけ、地獄の閻魔様にも嫌われてなかなかお迎えが来ねぇ」
と元気に遊びに来ては、父によくこぼしていた祖父だったが
晩年はながいこと寝たきりだった
曲がったまま固まっていた脚のせいで棺 ....
電線の雪ぶつ切れて落ちて来し

ポケットに凶器あたため暮れかぬる

妻を殺して帰る家 冴え返る

遺書などは無くとも二月の首縊り

シクラメン呪いは無垢なこころから
春の水濁れよ神の指触れん 空からは 降りてくる
土からは 起きあがる
手をさしのべて
のびをして
あくびする
呼ぶ声にこたえる
うつくしく
わらう





                    { ....
 昔、ネットである人の書いた作品を読んでいたく心傷ついたことがありました。
 数首の短歌が書き込まれていて、一つは我が子の靴を見てその成長を思う、といった内容の歌だったのですが、そのすぐ次に書かれて ....
 自分はもう詩歌の読み書きに飽きたんじゃないかと思う時期が繰り返しやってきます。何を読んでもおもしろくない、たのしめない、ある詩に幾人もの人が賛辞を送っているのを見てもそらぞらしく感じてしまう。
  ....
なぶられて大鼠の尾やはらかに冬の地を打つ死してなほ打つ



むざむざと引きずられゆく鼠の尾 師走の道をけものが渡る



人並みにもの{ルビ購=あがな}ひて心安し師走の街の世 ....
言い訳は「ほんとうのわたし」がします 巨人の足跡に舟を浮かべ
わたくしたちは向かい合う

ここは空の真下

もう片方の足跡は
はじめからなかった





          {引用=一九九八年二月二四日}
大クレーンふいに傾く{ルビ雪催=ゆきもよい}





          {引用=一九九七年一一月三〇日}
冬の月中天にさしかかるとき人魚は難破船を{ルビ欲=ほ}りゐる

憎しみに冴えたるこころ煌々とはげましゐたり冬の満月

冬月が鉄橋の上に待ち伏せる窓にもたれる男の額




 ....
渦巻二三五(67)
タイトル カテゴリ Point 日付
会議室スレッド
平成時代の身の上相談会議室10/10/19 13:54
投稿作品
花あそび自由詩1108/3/17 10:39
怪談俳句俳句21+*07/9/10 13:46
イナゴ自由詩707/9/10 13:31
夏の終わり自由詩907/9/10 13:09
『最果て』を読む散文(批評 ...4+*07/7/13 23:11
パソコン通信の思い出 3散文(批評 ...1207/6/29 11:28
短歌507/6/21 12:06
パソコン通信の思い出 2散文(批評 ...1007/6/21 11:31
パソコン通信の思い出散文(批評 ...1607/6/18 11:51
おっぱい(天)自由詩11*07/6/7 12:00
おっぱい(地)自由詩4*07/6/7 11:59
先端は求めよ自由詩407/5/2 13:01
ぶらんこ短歌11*07/5/2 12:43
幸福の廃墟短歌207/4/27 11:04
木の芽立つ短歌207/4/27 10:52
麗らかなきのふ短歌207/4/27 10:42
ときには悪に短歌207/3/30 11:00
花冷俳句7*07/3/30 10:39
自由詩307/3/4 0:54
おらあ悪党だすけ、自由詩8*07/2/26 13:16
冴え返る俳句207/2/26 11:46
春の水俳句207/2/26 11:34
はる自由詩11*07/2/26 11:25
作品が人を傷つける散文(批評 ...14+*06/12/29 12:31
詩に飽きたとき散文(批評 ...406/12/29 11:49
師走の鼠短歌406/12/28 9:56
言い訳川柳506/12/19 12:24
大座法師池自由詩606/12/18 11:32
雪催俳句306/12/18 11:26
冬月短歌706/12/18 10:14

Home 次へ
1 2 3 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「花あそび」から「冬月」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.26sec.