複雑な小路が入り組んだ先に
ほんの小さな広場があって
そこに君の住むアパートメントがある

夢しか見えない君を訪ねる
思い切り太っていて
あらゆることに考えが歪曲し
君はすっかり君でなく ....
わたしたちは実は何も知らない。
米大統領を決めるのは米国民の有権者だと錯覚しているが、法的にはそうではない。
米大統領を選ぶのは「選挙人」と呼ばれる人たちである。
では「選挙人」を選ぶ権限、権利 ....
{引用=
 毎晩、おなじ夢をみていた。 

 わたしは、丘の上にいる。神さまといる。丘のふもとは男たちで埋め尽されている。男たちは、肉に飢えている。わたしの肉を、欲している。わたしはかれらを ....
鳥たちの声が響き渡れば静かに夜が明ける

聴き取れない信号に、眠りは妨げられている

馬鹿馬鹿しいと笑えば笑うほど、泣けてくるにつれ

人の声も次第と嫌いになってくる、御時世の宵

 ....
ふかい眠りより急浮上し
体のそこかしこ痛く
一杯の水を飲む
ここらの水は地下水だという
豊潤な水に
恵まれた土地なんだ
水はピュアだから
それを毎朝飲んでいる
わたしもピュアになれ ....
詩を書くと
詩のなかに彼方が生まれる
その彼方について詩を書くと
そのまた彼方が生まれる

身体は此処にとどまったままで
幾重もの彼方の谺を聞く
瞼のおくに
鼓動がやどって
かなわなかった祈りも
血肉となって
いつか
癒える日を
ゆるさないでいる

それぞれの
さいはてに立って
白い旗をふる
くさはらのそこここは
まあた ....
バターは素晴らしい
バターは偉大だ
バターを見ているだけで幸せな気分になれる
人類はバターの前にひれ伏すべきだ

おかしいな
ぼくはバターが好きなだけなんだ
それがどうしたことか
こん ....
{引用=(*昨年書いて現フォに投稿せず忘れていたもの。アーカイブ目的で投稿。石村)




しつこい梅雨が明け
夏がはじまつた
はず であるのだが
ひさびさに傘を持たずに
散歩なん ....
どういふことだ
まだ
ひとのかたちをして
星の上にゐる

急がなくてはいけない

廃村のはずれの小さな草むらに
菜の花が咲きはじめてゐる
……風にゆれてゐる
やさしいやうな ....
ひらかれたまま
あつめていく
私に似たものを
私に似ていないものを
あつめて
もやして
ふたたび解き放つ
それらはすべて
私ではないもの
それでいて
私をかたちづくるもの
すでに ....
空間に貼り付いた言葉
人差し指ひとつで文字は消える
腸内視鏡/素描

それが私の詩

仮に詩人というカタチが図表に存在するならば
喜んでわたしは詩人を受け入れよう
何故ならば詩人と ....
現代ならば夜行列車ではなく、
夜行バスに乗っていく。
でも誰も、
銀河バスなんていう奇妙なものは思いつかない。
(あ、毛糸で編むのを忘れた)
(あれはあなたのための毛糸だったのに)
車窓に ....
わだかまりが
嫌で
夜を歩くのです

わかってもらえない
プライドを捨てて
夜を歩くのです

すべてを終わらせるために
生きてきたわけではない

夜を歩いて
たどり着いたコンビ ....
高音の反響は 
悪魔たちを招集する 絶望の神の宴
  生贄の女たちが叫ぶ 歓喜と恐怖の波長

 極低音の響き ゆるんだはらわたをゆするのは
 夜更けの広大な倉庫に集う 怪物たちの排気音

 ....
従者の祈り

其は虚慢に非ず 神より賜りし巨万の富。
人たりながら 人の世に生き難い者
神の子でありながら 兄弟に拒絶された者
また 神の慈しみを奪われた者 その者なり。

我が神よ 貴 ....
暗闇ににじむ モニターの光が 
風の死んだ 霊廟のような部屋を照らしている

もう長い時間、きしむ椅子に座って ここで過ごしている

深い傷を癒すために

外部から与えられた傷と 
自 ....
さだめなき世に
年古りて
なにひとつ
新しくもない
年がまたくる

十二月
三十一日
午後十一時
五十九分
五十と
五秒

冬の雨が
雪にかはり

廃屋の時計が ....
  旅


こころは
しらないうちに
旅に出る

笛のねに さそわれて
むかし 人びとがすんでゐた
海辺の村で
潮風にふかれてゐる

いつになつたら
かへつてくる ....
七色をしたイルカが、
妥協を許さないスピードで海の中を進んでいく。

 ああ、わたしたちは誰の子供たち?
 皆、神の子供ではないのだと、
 そのことを知っている。
 皆、神の子供ではないの ....
サーカスとは

ライフル銃の回転もなく
ただ無防備に
悲しみの心が
ただこのサーカスに舞うころ

流されている
こころぼそさが
ふたりの身体をひとつに溶かすけれど

そのと ....
部屋のうちがわに乾いていく洗濯物の香りと、秒を刻むオイルヒーターにすこし触れると指はめくれるようにぬくもる。
お外にそぼ降る氷雨と、窓ガラスの滴がつっとななめに、透明に流れ星するのは。

喉が痛 ....
君と星狩りに行ったことを思い出す
空が星で埋め尽くされて、金や銀の星が嫌というほど輝いていた
肩車して虫かごを渡し、小さな手で星をつかんではかごに入れていた
ときおり龍が飛んできて、尾で夜空をあ ....
釘は六寸に引っ掻いた胸の痕跡
左は股の付け根から膝がしらにかけて
合わせて一尺近い縫い込みの跡が盛る
想像するリアル怪人(例えばフランケンシュタインとかゾンビだとか)
切り裂き息を吹き返す ....
裏山の湧き水でできた小さな池に
動物たちの残していった
木の実が沈んでる

私は薬罐に水を汲んで
庭でとれた渋柿を置く

いつか絵が届いたら
匂いをかいでみて

今年もここで枯れ葉 ....
季節のない島には誰もかれもがやって来て、そして鳥のように消えていく
島の中央には工場らしき姿勢で大きく聳え立つ、この施設は時穴(ジーナ)とも呼ばれていた
それは単純に施設の内部が空洞化され、暗 ....
剣呑なのよ 指先が
 うめき声は、畏火火ッ、として焼け野が原で
  野犬に噛み殺されているのは腐れた指ですぜ
   触れ、そうで、触れられな

ああ、金や橙のマンションの窓からのぞく団らんの ....
或るひとのことが心から離れない
胸がときめき締め付けられる
そのひとを思うと切なくなり
夜が一気に長くなり眠れなくなる
それはいつかとまた同じ

きっときみは笑うだろう
いい歳をして何を ....
腑を抜かれた魚の目が街を睨めている
斜視の感情は月光の行先を知らないので
真ッ黒く塗りつぶされた日々を燃やせない
虫を嘔吐する街灯はこうべを垂れて
舌下に縫いつけられた言葉に耐える

 ....
見上げても答えはない
だから空があるのだろう
庭先では
雨があがったようだ
帆場蔵人さんのおすすめリスト(384)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
帰路- 山人自由詩12*20-11-16
米大統領を決めるのはだれか?- 一輪車散文(批評 ...5*20-11-11
海鳴り- 羽衣なつ ...自由詩14*20-6-18
誰が説法をした- アラガイ ...自由詩5*20-4-23
水と星- 田中恭平自由詩820-4-19
彼方が生まれる- 塔野夏子自由詩8*20-4-17
くらげの骨- むぎのよ ...自由詩10*20-4-16
バターのうた- 一般詩人 ...自由詩920-4-15
レモンサワー- 石村自由詩18*20-3-3
初春- 石村自由詩13+20-2-12
詞華集- 岡部淳太 ...自由詩8*20-2-9
私の詩- アラガイ ...自由詩10*20-2-7
無題- 朧月夜自由詩14*20-1-19
夜を歩く- 立見春香自由詩920-1-19
地下室の明滅- いねむり ...自由詩220-1-11
エゴ・エリスⅠ_従者の祈り- PAULA0125自由詩1+*20-1-10
青い炎- いねむり ...自由詩320-1-4
行く年くる年- 石村自由詩11+*20-1-1
旅・遺作- 石村自由詩19+*19-12-30
無題- 朧月夜自由詩9*19-12-20
サーカス__サーカス- 秋葉竹自由詩1219-12-11
ゆきまち- 田中修子自由詩5+*19-12-9
星狩り- 山人自由詩15+*19-12-8
昔怪人と呼ばれていた男は七面鳥に惚れる- アラガイ ...自由詩12*19-12-6
どうぞのいす- mizunomadoka自由詩17+19-11-12
無人島「梟石」- アラガイ ...自由詩5*19-11-6
傍ら- 田中修子自由詩9+*19-11-3
落とし穴- HAL自由詩13*19-10-29
下らない- 新染因循自由詩319-10-29
遠く此処にありて- 空丸自由詩1219-10-26

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「帰路」から「遠く此処にありて」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。