さてもさても
今宵も意味のないものを書いた
かと自問してみると
どこかからそんなことはないよと
聞こえてくる
耳鳴りだろうかそうかそうか
捨て置け捨て置け
思いながらも

 ....
  

ふいに淋しくなる
なんて口にしながら
随分と
正体も無くして
やがて眠りにつく

ひとの子の様で
子猫の様で
寝息とその顔は
野に咲く花が
白い野の花が揺れていた畔と ....
おぼろ

あさをむかえるぎしき
ひとりの
そして
ふたりの
さんにんの

わたしのしまいかた

うつむかないで

だれにともなく
たぶんいきた
いきた

わた ....
  

眠る私と眠らない私
半球睡眠の見る夢

日々の
狩る私と狩られる私と

生きているうちに
おはようと、おやすみと

まだ生きているうちに
ごめんなさいと、ありがと ....
みっつのぼくは
へりぽくたーにのって
みなみのしまにいったよ

そこは
サラマンダーのおともだちが
したをぺろぺろしてあるいてて
おとなたちはみんな
はにわのようなめをしてるから
 ....
あの夏が来るね
とつぶやきながら
それはもう
来ないことを知ってる

同じ空じゃないこと
同じ雷雲じゃないこと
同じ夕立じゃないこと
同じ僕たちじゃないこと


あれが初恋な ....
昨日の夜と新しい朝と
越えてきたいくつものこと


少し通勤時間をずらしたぐらいでは
気分は晴れるものではないけれど
流れる景色に
少しだけしがみついてみる


それは
セピア ....
● (曙)


薄暗い部屋の中
光のはしごがすうっとかけられ
それは
雨戸の隙間から漏れていて
僕はふとんから起き出て
手を翳した
掴むことはできない
ああ それでも
光に触れ ....
見えているものも見ないで
見えないものばかり探している
そんなふうに季節が過ぎて

あなたは
どこにいましたか
あなたたちは
どこにゆきますか


わたしは
さみしくて
 ....
こころは
小雨あとの
路傍の石のように

こころは
鼓動もせず
虹を見てなをふるえず

明後日のほうばかりを
らいごうらいごうと
ずっと眺めてる




終らない話へ ....
あの人は日記のような詩を書く
あなたは詩のような会話をする
その人と会話のように目配せる
かの人の目のような月が笑って
あの人たちは笑いながら消えて
私たちは消えるような息遣いで
そうして ....
京急のね
蒲田、平和島あたり通るころ
富士山が見える時があんのよ
そしたら何でもない車内で
あぁってじんわり沁みてくる
それが沁みてくんの

朝はもう乗ってるだけで
鬱になりそうなと ....
世迷言のだもうどしゃべらぃでも
心のまま、心のままよど
思うで来だのみにで

何が間違うだのが
そりゃ何がは間違うだるべ

日ノ本の国の
日昇るべど沈むべど
何も感ずられぬままのふと ....
世迷言のたもうと言われても
心のまま、心のままよと
思うて来たのみにて

何か間違うたのか
そりゃ何かは間違うたろう

日ノ本の国の
日が昇ろうと沈もうと
何をも感じられぬま ....
彼の人がああ言えば
彼の人もこう言う
輪廻転生
無限の水掛け
既の所で一服すれば
微々たる事よと

御主が情どぅ頼まりる


茜差す
一之宮
茜差す
向こう岸

明日へ明 ....
 

言の葉の理
十と七つの理
禾の理
半人前の理
野辺の理
言霊の理
遠津近津の理
春まだ遠くの理
輪廻の理


あいあむ
     あんど
         あいわず ....
明日への昔語り
陸の魚と
折節の細道ゆく
陸の鯨と
半人前の空へそら
弁当箱より
陸の海月の揺れ出でて
伊邪那岐伊邪那美坐す社
罷り越したる夢の術も無し
微風に統べて
帰り来ぬ人と ....
さてもさても
今宵も意味のないものを書いたか
と自問してみると
どこかから
そんなことはないよ
と聞こえてくる
耳鳴りだろうか
そうかそうか
捨て置け捨て置け
思いながらも

 ....
  

あけぼのも
 やぶんの
  しろしのたまいも
   うんじゅがなさきどぅたぬまりる
    こうとなく
     そのこえそのこえこそ
      ものの
       のぞ ....
ながりゆるみじぬあてぃん     流りゆる水ぬ在てぃん
がれちぬあとぅんかい       瓦礫ぬ跡んかい
りんどうぬはなぬさちゅる     竜胆ぬ花ぬ咲ちゅる
ゆちゅぬさちや       ....
月がきれいに見えるここで
ちゃんと話そうか
って思ったんだよ

そんなことしなくたって
気持ちの問題だよ
って優しいんだけどさ
口に出さなきゃ、や
なんでしょ

こんなとき ....
211
おはようって
誰かが誰かを愛する事と同じように
金色の穂が夕陽に輝くように


212
裏の用水で彼岸花を見たよ
と言っても
きっとそれどころじゃない


 ....
やわらかいことばで
伝えようとすると
よけいにかたくなに
なってゆく

ひとは水なんだってさ
そんなことも



夕方にもなればようやく
ひとごこちのつける
その風 ....
121
で、あなたはどうして 
あなたの存在を否定しているのですか
私は信じています


122
あの人の心の隙間に繋がりたがって
ゆうなんぎいのいとの
そよとばかりに
 ....
91
同じ月の夢に 
ニャー
   と哭く


92
過ぎゆく夏を見ているのでしょうか
こちらでもようやく
蜩の声が聞こえてきました


93
君に伝えたいこと ....
61
息子よおれらはどうやら
よっぽどのおぶたよしみたいだぞ
せめて最後に唄うぞ


62
ずるいよ
まだ帰れない
まだ、帰れない


63
あの頃のようにこたえてく ....
  

海のいきものになる
瑠璃色のひかりでいきると
遠くの錆びたレールから
らいせ、らいせ、と響く合の間

間違っていた事なり
理由の答えられない境界線
無ではない君の宇宙

 ....
  

ああ、もったいない、
と羨望の思いを
なかなか、正面向かっては言えない
いや、そもそも言うべきではない
入射角=反射角ではない人なのだから
まるでつかめないと言われたい
そんな ....
全部あきらめた
と嘯きながら
いくつものことを忘れてきた
(つもり)
甘いのか、苦いのか



{引用=即興ゴルコンダ より、お題は たばすこ氏}
湿る金属 の臭いと 舌の先

{引用=金属は湿っている
唇は乾いている

それは六月二十三日
信号は点滅している}



主の無い 蛍袋と 荒屋敷

{引用=壺屋の水は ....
AB(533)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
連音(れのん)文書グループ17/12/5
夕焼けが足りない文書グループ17/10/23
しらやまさんのこと文書グループ07/3/20
fromAB文書グループ06/3/7
投稿作品
あいわず自由詩121/9/20 12:30
彦根湖岸自由詩421/9/16 19:53
おぼろ R自由詩221/8/26 18:39
mRNA自由詩121/8/16 20:14
子ども王と影自由詩221/7/7 18:07
ミリンダ自由詩4*21/6/28 18:16
流れる六月自由詩121/6/25 10:55
よっつの梯子自由詩8*21/4/20 17:57
渡り自由詩121/4/15 18:14
自由詩3*21/4/1 9:26
さくらはさくら、で自由詩12*21/3/25 16:44
富士見自由詩621/1/29 17:30
神の川 神の魚(細道)自由詩121/1/12 20:56
カムイペッ/ア・カムイチェㇷ゚自由詩420/12/31 21:38
あいわず 4自由詩320/11/21 17:14
あいわず 3自由詩120/11/20 22:38
あいわず 2自由詩220/11/19 19:16
あいわず 1自由詩320/11/18 11:33
此処乍ら自由詩220/10/29 23:04
流りゆる/照らしょうり自由詩220/10/13 19:51
中秋自由詩220/9/30 19:17
フラグメンツ カタログNo.211~240自由詩6*20/9/18 17:46
はなび自由詩620/8/20 9:02
フラグメンツ No.121~150自由詩320/8/16 18:02
フラグメンツ カタログNo.91~120自由詩320/8/12 8:03
フラグメンツ カタログNo.61~90自由詩320/8/11 19:14
ウルトラマリン自由詩7*20/7/24 12:03
もったいない自由詩4*20/7/19 23:37
ネガティブショコラ自由詩4*20/7/15 11:07
梅雨も明ければ自由詩12*20/6/30 8:57

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「あいわず」から「梅雨も明ければ」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.