落ち葉を踏むと
くしゃみをするから
肺が潰れて
壊れてしまうね
折り重なった
体をかばい合い
伝染病のように
死んでいく

同じ顔をした
違う命に
秋という音が
渡される時
 ....
雲が行く
夏空雄大に
雲が行く

時は刻々と移り進み
季節は淡々と入れ代わり
命は生まれ育ち輝き枯れて
人は何かに導かれつつ自らを更新し

雲が行く
夏空雄大に
雲が行く
あの頃棲んでいた借家には夜な夜な鼠が現れた。
一匹だったけど煩くて仕方ないから薬局でネズミホイホイを買ってきた。

俺は「ゲゲゲの鬼太郎」の中で鬼太郎よりもねずみ男が好きだった。
彼は世俗の象 ....
その光、その色
ジェラシーに似てる
太陽の末路
心にも沈める
海があったら
こんなにも熱く
燃えたりはしない

鍵穴から
ねじ込んだ想いを
君は受け取って
くれなかったね
あれ ....
側溝に流した葉っぱ
ボクと枝分かれした航路を川の方へゆらゆらと

側溝に流した今日
ボクと枝分かれした時を昨日の方へゆらゆらと

側溝に流した葉っぱ
ボクと枝分かれして青い海へとたどり着 ....
ぼくにもキミにも二つの人格があってさ
二重人格とかそんなんじゃなくて
星のゆりかごに揺られながら
人は二つの人格をそこで宿すんだ

ぼくにもキミにも二つの人格があってさ
二重人格とかそんな ....
 500円コインで販売している未来の事

 3分先の未来情報

 競馬場で入手できれば

 紙吹雪の中で、ほくそ笑む自分を見る

 1億円で販売している未来の事

 10年先の ....
星の死がいつまでもうつくしいってのは
人間のかんかくで勝手にいっているだけで
おなじ星同士からみたら
けっきょくねえグロテスクきわまりないだろう
人間はいろんな色やひかりに
わりあいなんでも ....
おぼろげな夢のなかで
おまえは踊りはじめた
おざなりなワルツのプロローグ
おぼつかないステップの羅列

金属のような月明かりが
照らす板張りの床のうえで
同じリズムが何度も、何度 ....
笑うのにも
エネルギーがいる
口角を上げるのにも
努力と練習が必要

気が付くと
みんな同じ表情をしている

泣くこともなく
頑張りを見せることもなく
日々を受け止めて

言い ....
君が、ひどくカッコ悪いおじさんになってたらいい、って思う

あの頃の面影もなく太ってハゲちゃったりなんかして、肌もガサガサで…
そんな風なこと考えてちょっと愉快になって笑ってしまうあたしは嫌な女 ....
どれだけ愛に幻滅しても
どれほど裏切られて
傷ついたとしても、
あなたが
あなた自身の
愛のすべてを誇れるように
抱きしめられるように
心の根底に決して消えない
愛が、だれにもある
 ....
夢を見る。同じような夢を何度も。
昨日見た夢の中では
あなたに既に恋人が居て、
恋人はロンドン出身で、
私が突然あなたの住む土地にお仕掛けて
電話をしても、会ってもらえなかった。
もう電話 ....
ぼろぼろになった心を引き摺り
全く青い空を眺めている
恐らくは誰も行方を知らない
孤独なだけのろくでなし

星の光る夜をじっと待って
そこに君がいればいいとか
本当に下らないなと思いなが ....
滲んで光る月の下

背中にある声は優しくて

瞳を閉じて闇の中

あなたの胸に落ちてゆきたい
鉢植かってすぐ枯らす
屋台の金魚すくっては死なせるみたいなりぼん型につくられて売ってある帯の醜さ!
提灯の影のいちばんうすいとこめがけて投げたみずふうせん
いつまでもごむのにおいが掌にのこっ ....
カジノ反対ってさ
嫌なら行かなきゃ良いだけだろ
一週間に一度は行くのが
義務だってんなら
俺も大反対だけどさ

必死に反対すんのが
いまいち分からない
ダービーの日に
府中でデモして ....
後悔したときは、
後悔に苦しむ
自分を許してあげましょう

だれかを憎んで
腹が立つときは、
仲良くなりたいなと願って
許しましょう

自分自身が許せないときは、
自分が自分を愛し ....
立っている
風のないブランコの上で
身体に巻き付けた鎖の鎧

もう抱きしめたり出来なくなった
誰かの抜け殻に熱を上げて
錆びた鎖には映らなかった
思い出の日々を揺らし始める

砂時計 ....
熱風が吹く夏の午後
僕は木陰に座っていた
何一つ考えることなく
ただ予感がヴィジョンを結ぶまで

草木が揺れ
積乱雲が流れ
風景は異郷と化し
一日も百年も等しくなって
裸の少女が夢見 ....
紙に描いた仮定の人物の横顔
その輪郭線は自分の顔だと主張して
パズルのようにピッタリ向かい合う
二つの概念
対義ゆえに二人ひとりの正面画のよう
口付けを交わし続ける恋人たちのよう
その愛は ....
氷が溶けて鳴る
その音に瞼をひらいた
汗をかいたグラスにジンのなごり
君の香りを撹拌する空調
目覚めぬそのまぶたを震わす夢に
嫉妬しながら氷をつかむ
さあ グラスにもう一杯の媚薬
蜥蜴み ....
夏の陽射しに
笑いながら
水が流れている

ひざっこぞうを陽にかざし 飛行機雲を一本ひく
西瓜の種をどこに飛ばそうが自由だった
あの頃はどうでもよいことなど一つもなかった
遊び疲れた子ど ....
○「弱肉強食」
強いものが
弱いものを食うのではなく
悪いやつが
やさしいものを食う

○「人間関係」
悪意はすぐ伝わるが
善意はなかなか伝わらない

○「大型店」
広い駐車場に ....
汗が出る、汗の起源を思う。どんなことも潜り抜けてきたその瞬間瞬間に汗は湧き、汗汗汗と濁音は止まらない。
夏は無言だ。夏の喧騒は喧騒の中に吸い込まれ、無色無音という形態を呈する。その中で汗だけが真実を ....
壊れるから注意
壊れたから注意
壊したから注意
壊されたから注意

ワレモノ注意
我のモノ注意

心を壊そうとモノを壊す
壊れた心がモノを壊す

ワレモノ注意
我のモノ注意
 ....
無意味に星が光ってる
無音の中に光ってる

無意味に地球がぐるぐる回る
特に変わらず回ってる


だから無駄にブルブル言わせて走る
無駄にでかい声でしゃべってる
にいちゃんねえちゃん ....
瓦礫



ぬくぬくの
肌のにおいの子守唄
あきらめにぬるい血が満ちてゆく
とっくに腐ったぬるい血が
ビニール袋に穴開いて
ぴゅーぴゅーこぼれる腐った血

ずっと

ただ、謝 ....
完全にすりつぶせ
火種完全にすりつぶせ
もう燃えたりしないように
全部壊せ
変わらず際限無く水銀が蛇口から出るから





これはもう毒ですらない
ゴミ
臭いだけのゴミ の ....
悩んだとき
季節を感じたいとき
独りになりたいとき

晴れでも雨でも散歩したくなる
心が静かになっていく

周りは騒がしくても
心は静かになっていて
雑音が入ってこない

緑の多 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
空の穴ミナト 螢018/7/22 11:35
夏空ひだかたけし018/7/22 10:00
その頃棲んでいた借家にはこたきひろし218/7/22 9:01
タイヨウのうたミナト 螢018/7/22 8:43
側溝の旅山下ヤモリ018/7/22 8:41
傍観者018/7/22 7:28
未来販売機佐白光118/7/22 2:23
硬派万願寺りり118/7/22 1:02
ソリチュードのもつれホロウ・シカ...118/7/21 23:41
うたたね猫の耳118/7/21 23:10
夕暮れと夜の境目にYu-118/7/21 22:56
八木ヒロマサ018/7/21 22:38
無縁美加018/7/21 22:23
プロポーズネン018/7/21 21:44
月夜巳 砂018/7/21 21:13
おまつりはるな118/7/21 21:06
反対しているのはきっとパチンコ屋に違いない花形新次1+*18/7/21 18:30
許してあげましょう八木ヒロマサ018/7/21 16:46
ミナト 螢118/7/21 15:34
贈り物ひだかたけし318/7/21 14:21
アントニムな気持ちただのみきや218/7/21 11:58
夏の夜の夢218/7/21 11:12
あの夏雲のあたり空丸ゆらぎ・...718/7/21 10:37
独り言58集    ホカチャン018/7/21 10:07
山人118/7/21 8:37
ワレモノ注意イオン118/7/21 8:36
無題しゃぱだぱ118/7/21 8:02
瓦礫218/7/21 7:26
瓦礫 2018/7/21 7:07
独りきりの散歩夏川ゆう518/7/21 5:35

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.39sec.