血潮の騒ぐまま

夜の徒然なるままに

繰り返す螺旋の疑問符

指でなぞる唇が冷え切って

斜め上を見やってみる

月と自分と枯葉の声

教えてほしいのは

問いかけてほし ....
大人はうそつきだから
子供の反論はそれです

二つの間を
誰も座っていないブランコが

きしきしと ぎこちなく
ざわざわと せわしなく

さらなる高みを目指そうと
宙をくるりと回り ....
主の居ない壊れかけの蜘蛛の巣に
わざわざかかった薄茶の蛾
そこに光でも見えたのかい
でも人工的なものなんだよ

ごらん、あれが唯一のものだ

電線が張り巡らす中
四角い結界にみっしりと ....
題名は最期につけましょう

果たしてそれすら叶うか解らないけど

言葉として形を得れるか解らないけど

残したい

概念としての存在ではなく

きちんと具現化をして

たとえ
 ....
葉に翳る白桃の
香に透き通る憂い
青く伸びやかに
移ろう若き眼よ

白墨の粉に指を染め
唇は今日も弛緩する

午睡の夢に残り
紙の切れ端に
忘れんとする戸惑い

まだ熟れぬ実よ ....
時を巻戻すのは 解せぬ言葉

時を先送るのは 返せぬ欲望

消えない内に 証明したくて

見えない儘に 軸から外れる

隙間に伸ばすのは 足か手か

糧も枷も得られず 目眩き廻 ....
畳一枚に張り付いた背中
切れかけの電気が最後の瞬き
嗚呼…お前と心中しようか
死ぬ時は誰でも独りだって
そうは言っても寂しいんだよ

大きな揺れを期待してみるも
窓ガラスは微動だにし ....
卵が割れてまた割れて

中途半端がどろりどろぉり

二進も三進もいかない生

ハウスダストやカビたちに

あらゆる雑菌病原菌

もういいから寄生しなさい

変色するほど侵食して ....
ここにたつあを つれゆくあを
すいてもすけぬ ながるるままに
こころおきなく こころにもなき
ことばをはきて うたはすてよ

うらごほし たちかれるきぎ
うらさびし はるのめぶき
しろを ....
癒着する襞の呟きに
「寂しからずや」
と夜が往く
薬指は今宵も夢を見れず
「あな哀し…」
と月に憩ふ

胎動することと
何ら変わりは無し
女が腐食してゆく
朝日に窓枠は枯れて

錆付いたカーテンからは

夜が死んだ匂いがする

炊き立ての白いご飯が

今日はもう仕方が無いんだよ

と生きる糧を与える

箸に摘めるだけの物を

 ....
ぼーん ぼーん
内側から鳴り響く
真白いカルシウムの固まり共
ぼーん ぼーん
時を記すのではないのだろうに
余計なものを剥ぎ取った痕
ぼーん ぼーん
そこは特に空っぽだから
音が共鳴し ....
反芻する嘴に傷をつけないでくれないか
誰が為に歌っているのでない
鷹になれ!この目!
兎になれ!この耳!
犬になれ!この鼻!
貫く空に顔向けが出来るように
蝙蝠が夜明けを見送って
遥か先 ....
蜜のために眠るストレイキャット
廃墟の揺り篭は懐かしいか
チョウセンアサガオは雨に報復を受け
明日は古びたレコード盤のために
きっと声を張り上げて歌うのだろうよ
おいでおいでストレイキャット ....
真っ白な紙面に
溶けて流れる
心臓を内側から貫く穴
何億光年もの時
繋がっている
夜空を縫う一筋のレール
賛美歌の音色
安らかな顔をして
真っ白な紙面を
溶けて流れる
一つの星が死 ....
蝶の軌跡は有刺鉄線か
剥れゆく皮膚を剥れるままに
見るもの見るもの
瞼を伏せ、視線を逸らし、
目を両手で覆いたくなるような
垢に塗れた赤黒いそれ
剥き出したままに
海の風が轟々と
悲鳴 ....
初秋の真夜中には
静かな鬼がひそんでいる
カラメルの味を口一杯にして
ゆっくり天井へと吹けば
セピアのまぁるいシャボン玉
鬼は大事そうに掌にのせ
凪に向かって謡うのだ
?天国での罪を今、 ....
切り取られた空を
更に4分割してみると
あなた・わたし・からだ・こころ
世界がよく見えてきた
泳げる空と
沈んでゆく空
飲み込む空と
突き抜けてゆく空
ほら簡単
結局ね
私もあなた ....
彼女は飛んでいってしまった
灰色のコンクリートに
白い羽を数枚残して
夕日目指して飛んでいった
だめだよ
あまり高く飛んでも
あまり低く飛んでも
失墜する
ほらイカロスのように
大き ....
白い咽喉仏を
伝うものを見ずにはいられず
愛おしければ尚の事
枝葉の若いものは
根っこの存在を感じつつ
きっと知らないのでしょう
何を養分に今在るのかを
伝って落ちたものが
今は亡きも ....
棚に飾られた人形
一体全体何処も見てない
ガラスの瞳に溜まるのは
精一杯の誇りでしたか?

二十一歳の人型
一体全体何もしてない
粘膜の眼に浮かぶのは
虚勢を張った希望です

対峙 ....
心の海は
?ジエチルエーテル?
醜い嫉妬は
?火打石?
カチリカチリと…
追い詰められた
時間は短い
導火線
軽い火傷か
重症か
逝くか堕ちるか還るのか
粉々に散ってゆくのは…
 ....
月が回って溶けてゆく
オレンジ色の火花を散らして
バッハ『インベンション第13番イ短調』
堕ちて行くのは君の声か私の声か
螺旋階段の果ては無く
「何故手を離したの?」
折り重なる指と指
 ....
空に唸るは誰かの口笛
いづれの日にか朽ち果てる
転がる銀杏のお誘い文句
「さぁ選び取れ!幼子よ!」
静かに身を横たえて
排水溝が今宵のお相手
疾走する虚無たちよ
口笛なんぞは助けてくれな ....
サロメは報われない恋心を抱いていた預言者ヨハネの首を欲したが、
私は彼の腕を欲す。
その腕の白きこと蝋を塗りたるが如し。
繊細なる指から零れ出づるピアノの音色。
彼の全てが欲しい等とは言わぬか ....
賑やかなるは人の群れ
震える瞼は今何処
卓上実技の儚さよ
脱力演技の獏が云ふ
小さき戸口の優しさに
独りぼっちの眼球と
手に手を取りて
試作の詩作に思索する
波紋の中に波紋あり
中心で蠢くものを鷲掴み
掌で光合成するツートンカラー
「モチベーションは何ですか?」
頷く森の梟よ
私は首が回りません
0時はとっくに過ぎたとさ
枯葉の筋に老いを知る
彼はグレーの服ばかりを着る
そして私はシンデレラ
王子様には成り切れない
名は?みゅんひはうぜん?
嘘の上手いガラスの靴
大根足は入らない ....
いつか食卓に青い鳥
それは一羽で充分過ぎる
メインディッシュは程遠い
一体何羽を食したか
前菜鳥 前菜鳥 前菜鳥
カリカリになった白い骨
ただ白き色をしゃぶる日々

いつか食卓に青い鳥 ....
たゆたふ明日にさようなら
今宵の星にお辞儀する
母上は魚を捌き
父上は機械を解体する
ワタクシは殻と戯れ幼児退行
「この球は割れないよ」
小さな赤子の澄んだ眼に
穢れを知ってさようなら
 ....
唯浮(32)
タイトル カテゴリ Point 日付
路程自由詩113/11/21 22:19
思考の公園自由詩210/10/4 22:46
シンダーガールの目覚め自由詩110/10/1 15:33
題名自由詩210/9/23 22:46
実守る日々自由詩408/7/14 0:28
点人自由詩307/11/3 22:38
自由詩3*07/7/15 23:44
卵の憂鬱Ⅱ自由詩206/5/27 23:36
あを自由詩106/3/4 3:10
体内の揺り籠自由詩206/1/25 0:06
朝日に窓枠は枯れて自由詩11*06/1/15 0:18
白い音自由詩1+*05/11/2 6:03
鶏鳴自由詩105/10/30 21:21
猫の子守唄自由詩205/10/26 7:52
ソラノハナ自由詩205/10/15 3:18
生身自由詩405/10/12 3:01
真夜中の鬼自由詩305/10/8 3:31
クォーター自由詩205/10/7 17:57
十六の声自由詩205/10/6 6:07
血脈自由詩205/10/5 5:17
ヒトガタ自由詩205/10/4 3:51
ココロノ〝ドク〟自由詩205/10/3 4:01
夜に啼くは…自由詩205/10/2 1:27
秋の口笛自由詩205/9/30 16:00
白き腕未詩・独白105/9/30 2:26
小人の叫び自由詩105/9/28 4:49
ふらすとれーしょん自由詩205/9/27 4:05
灰被り女自由詩305/9/26 4:11
宇宙鳥自由詩205/9/23 4:00
卵の憂鬱自由詩305/9/22 18:40

Home 次へ
1 2 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「路程」から「卵の憂鬱」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.