ソラノハナ
唯浮

真っ白な紙面に
溶けて流れる
心臓を内側から貫く穴
何億光年もの時
繋がっている
夜空を縫う一筋のレール
賛美歌の音色
安らかな顔をして
真っ白な紙面を
溶けて流れる
一つの星が死を向かえ
艶やかなエネルギー
やがてレールを伝って
溶けて流れ込む
暗く漫ろなる胸の内
静かに広がるは
バラ星雲


自由詩 ソラノハナ Copyright 唯浮 2005-10-15 03:18:25縦
notebook Home 戻る  過去 未来