題名
唯浮

題名は最期につけましょう

果たしてそれすら叶うか解らないけど

言葉として形を得れるか解らないけど

残したい

概念としての存在ではなく

きちんと具現化をして

たとえ

他人の言葉が彩って

一人歩きをしたとしても

ほんとうを私が知っていればいい

そして

恐れられたり

愛されてみたり

忘れられたり

思い出されたり

無題でもそれが題名であるように

そっと

私だけが

最期につけましょう

原点へと戻るために


自由詩 題名 Copyright 唯浮 2010-09-23 22:46:59縦
notebook Home 戻る  過去 未来