実守る日々
唯浮

葉に翳る白桃の
香に透き通る憂い
青く伸びやかに
移ろう若き眼よ

白墨の粉に指を染め
唇は今日も弛緩する

午睡の夢に残り
紙の切れ端に
忘れんとする戸惑い

まだ熟れぬ実よ
涼やかに飲み干せよ
湧き出づる内
思惑のまにまに


自由詩 実守る日々 Copyright 唯浮 2008-07-14 00:28:13縦
notebook Home 戻る  過去 未来