猫の子守唄
唯浮

蜜のために眠るストレイキャット
廃墟の揺り篭は懐かしいか
チョウセンアサガオは雨に報復を受け
明日は古びたレコード盤のために
きっと声を張り上げて歌うのだろうよ
おいでおいでストレイキャット
蜜のために眠らずに
コンクリートの壁に埋れてゆくな


自由詩 猫の子守唄 Copyright 唯浮 2005-10-26 07:52:49縦
notebook Home 戻る  過去 未来