卵の憂鬱Ⅱ
唯浮

卵が割れてまた割れて

中途半端がどろりどろぉり

二進も三進もいかない生

ハウスダストやカビたちに

あらゆる雑菌病原菌

もういいから寄生しなさい

変色するほど侵食していい

巣から蹴落としたから

親鳥の羽は疲れてしわしわ

籠の内と外との行き来

見えない空に疲れた寝床

からからに乾いた殻

ぽつねんと転がるがまま

丸まった時間の反復横跳び

陰影の薄い能面

誰かが踏み潰すまで

未練がましい粘着音

王子様を待っている

足跡を付けてくれるような


自由詩 卵の憂鬱Ⅱ Copyright 唯浮 2006-05-27 23:36:49縦
notebook Home 戻る  過去 未来