※感想と雑文です。

宮沢賢治の詩的リズムの推移
①57577短歌
②734短歌的終止
③3443俗謡系
④337わらべうた系
⑤447仏教歌系
⑥十五音=律

77の俗謡

 ....
吊革につかまる
リュックを背負った妄想の列

モノクロフイルムの
買い出し列車
一応に皆、リュックを背負い
何があってもリュックを手放さない
網棚には何も無い
大したものが入ってい ....
※ほぼ感想文です。

どうも、私は彼のとても薄い教え子の一人のようです。
 明治大学法学部の一般教養課程の「国語」で彼に教わっていたようです。
 それも一年生の時で一、二回しか授業を受けていま ....
幸せは昔掴むことの出来る玉だった。
それは時間が経つと色褪せ、
ついには砂つぶになってしまい
指の隙間からこぼれ落ちるようになった。
それは最初気づかないほど僅かで。

しかも気付いた時に ....
雨の中を歩く人
雨の中を急ぐ人
雨の中をゆったりと

雨は霧のようにとりとめもなく
雨は上から落ちてくる
上が空とは限らない

無数の穴があいている
無数の裂け目が開いている
 ....
脳の病って、人間の一部が次第に失われてゆく過程なのです。
その傍で過ごす自分も失われてゆく過程をただ見ているだけではなく
一緒に自分の一部が失われてゆきます。
君は
次第に右手がきかなくなり、 ....
駅から続く桜並木
だらだら坂のドン詰まり
君がいた病院があります。

桜並木の木の下には
死体と狂気が
埋まっています。

もう四年も前の想い出ひとつ
今年も桜の木の下で
散りゆく ....
「もし」という言葉を使わず
今の紅葉を見たなら
過去の幻影を胸に確実に幻滅するだろう。

「もし」という言葉を使わず
自分の日常生活を描写すれば
過去の自分が皆輝いて見え
確実に気分 ....
あの時代に街を彷徨う男は
夜の気配のする街角で
剣玉を所在なげに操る
夕暮れの街灯の下
足を組んで剣玉する男一人

街灯から降り注ぐ
まやかしの光の粒は
ぼーっとした色を男に与え
髪 ....
ネコのなで肩の背中越しに
ぽっかりと雲の浮かんだ空を見た。
一輪挿しの花瓶のように
首を伸ばしたネコは
空を眺めて何を思う

雲は肴の形をしているのか
雲はキャットフードの形をしているの ....
そろりそろり

五分前からの右手
ふるえふるえている

一〇分前からの右足
動かせなくなり
そろーりそろーり

言葉にした声
言いたいことが唸り声になり
うーうーうーうー

 ....
寂しさを忘れ忙しがる

言葉笑い 言葉失う

一人 一人女房泣く

くもなくさみしい晴れの空

友は猫ウォヲシュレット

だからなんだとテレビのニュース
木の間に覗く風景は子供の頃の思い出
溢れ落ちる春の光に
きっと明日を眺めている
春の光は淡く優しく それでも二人を包んでいる
春の光に想いを込めて
それでも景色を眺めている。
春の光に包 ....
桜並木のその先にある病院で大事な人は死んじまった。

二年も前の出来事で、

桜並木のその先で大事な人が死んじまった


最後に見つめる瞳は

俺に一言

助けて だった。

 ....
白濁した海に混濁した意識が漂う
二年漂った結果は
表面がぶよぶよした海月状の肉体
漂うままに
また、意識が突然回復する

白濁した海の彼方の水平線は
鈍色の空に溶け込んで
その先にある ....
朝露に濡れた薔薇のつぼみよ

蕾の持つ美しさ

それは未来(あした)という一瞬の輝き

過去(きのう)は蓄積され

そして、沈澱してゆく

現在(いま)は消費され

そして、過 ....

歩いて 歩いて 歩いて 歩いた

道の先には丘があり、その先めざして、

歩いて 歩いた。

会える何かをめざして歩いた。

丘の先には空があり、空の中にはぽっかり雲が

歩 ....
哀しいこと 思い出一つ 沈んでゆく

猫が降りてくる きみを探しに

二つの命と六つの思い出

あやめが咲く頃 三回忌です
幸せの街、幸せの国
グロスナショナルハッピネス
GNHが世界一
何が幸せの基準なのか
GDPは156番目
民主主義には程遠い
民族衣装の着用義務
何をするにも許可がいる
それでもみんな ....
朝の微睡みの中

腹の上に行儀良く座っている黒猫

薄く開けた眼の先には
彼女の瞳がある。


夢と現(うつつ)を行き来するうち

そのまま抜け出した僕の意識は

彼女 ....
奇妙な絵だった。

空には赤い月
青いグラディエーションの夜空に星はない。
地平線は白く
大きな駱駝が1頭
太い大きな足は象のようだ。
蹄はなく
指が三本
駱駝の顔は大きい。

 ....
座敷の鍋の中から窓越しに雲が見える。雲に隠れた月がぼんやりと
少し前の地震で己が実を揺すられ、少し味が出汁に溶け出したかもしれない。
食欲満々の座敷の客たちは鍋の火加減を気にしている。
解体前の ....
弁慶が大口開けて鍋の中
曇天月隠す湯気あんこうの鍋
煮凝りやぷるんとする皿皮の裏
舌鼓おやじに高笑いでも無く福笑い

角の老舗の佇まい
ガラス戸を開けると顔を出す
ぬっと顔出す親父の顔は ....
川端康成的なもの

左手の小指薬指の
欠けた少女よ

僕は君に恋をする。

君に微笑むことは出来ても

結ばれない
約束すらできない少女よ

僕は君に恋をする。

そして、 ....
天気が良いなどという言い回しは誰が考えたんだか。
九月の晴れ渡る青空は凶暴としか言いようの無い
殺人熱光線の矢を地上に叩き込む。
しかも肌に纏わり付くスチーム爆弾を抱え込んで
アスファルトが歪 ....
八月一五日、僕は早朝仏壇の前で線香を上げ

手を合わせ、妻の位牌に向かって詩の息を吹きかける。

随分長い間詩を書かなくなった僕は肺の中にたくさんの思いが膨らんでしまい

他人様には気づか ....
梅雨晴れの下
ビール腹を揺らし
何處に行くか?蛙一匹

ゲコゲコと鳴きながら
生ビールを求め
下戸下戸と鳴く

また、どんよりとした空の下
ゲコゲコと鳴きながら
舌なめずりして
 ....
その男
生まれたときは貧相で、猿にも似た面立ちで
決して可愛い泣き方もせず、

その男
幼児となって生意気に
おさがりは嫌だと駄々をこね

その男
友も作らず師も知らず
世話を ....
心弾む春の息吹を感じられる今
街中にぽつりぽつりと桜色が見える。

昨年
駅から病院へのだらだらとした並木道
物言わぬ君に逢うため、毎日歩く桜並木
春はもう来ていて、桜は花弁を散らして ....
黒猫

サッシ窓の外の白い雨
買い主のベッドの上
端正な座り方をしたまま
黒猫は夜の雨を眺めている
飼い主が死んで一年
じっと外を見ている

黒い瞳に映っているのは
寒い線なのか
 ....
……とある蛙(629)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
文書グループ15/11/11
文書グループ15/7/6
文書グループ14/8/21
子ども時代文書グループ14/3/1
記紀文書グループ14/1/7
文書グループ11/5/12
投稿作品
岩手軽便鉄道 七月 ジャズ について散文(批評 ...221/9/10 10:03
朝の列車自由詩7*21/8/31 10:10
大岡信の評伝について散文(批評 ...221/8/30 9:35
幸せの玉自由詩119/10/4 5:30
雨で自由詩119/8/29 10:32
自由詩219/6/19 14:48
鬼と桜自由詩11*19/4/9 14:46
仮定的自分に関する論考自由詩218/11/7 10:59
ケン玉自由詩618/9/3 16:57
猫のなで肩の背中越しに自由詩218/8/31 14:34
いきている自由詩218/5/7 16:30
独りぽっちの自由律俳句218/2/7 21:54
春の日自由詩318/1/31 20:44
桜並木のその先で自由詩317/9/12 11:34
ホワイトノイズ自由詩317/7/1 14:21
薔薇の蕾自由詩417/4/26 16:30
道∞自由詩217/4/14 14:48
思い出自由詩517/2/21 16:10
標高2600メートルのティエンブー自由詩2*17/2/14 16:04
朝の微睡み自由詩4*17/2/10 11:48
月の砂漠自由詩5*17/2/6 15:21
鮟鱇の独白自由詩12*17/1/25 11:58
あんこう鍋自由詩7*16/12/8 14:44
少女ー川端康成的自由詩3*16/10/5 16:25
九月の残暑自由詩216/9/13 14:33
二人の朝自由詩516/8/17 16:55
蛙の愉しみ自由詩316/7/27 15:16
その男 どの男自由詩716/6/22 14:07
桜並木自由詩216/4/7 10:58
白い雨自由詩11*16/4/1 16:27

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「岩手軽便鉄道 七月 ジャズ について」から「白い雨」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.