登場人物が2人いると
何か話さなければならない
わけでもない

僕はからだの底から走った
でも君はそれに気づいていない
僕はからだの底から叫んだ
でも君はそれに気づいていない

登場 ....
シャンプーのにおいがぷかぷか踊る
ぴしゃりという音
バイクが通る
ぶいぶいいわせてんだ

眠りに落ちる前の呼吸
すでにどこかへいっている
寝返りをうつ
汗はべたりと肌につく

 ....
さっきから失敗してばかりだ
ついてないな、じゃ終われない
カウントし始めている時計に
かける言葉はないだろう

英語ができない
日本語もできない
うまくなんてできない
なにもで ....
先取りされる前に
先取りされる前に
殺られる前に殺れ



ベルトコンベヤーの上
次から次へと流れてく
端から潰してく



108号室で起きた
殺人事件の犯人は
自分 ....
日が暮れる
気が狂う
僕たちはいつまで
生きていられるんだろう

日が暮れて
気が狂って
すべてが真面目な顔しちゃって
僕を歪んだ目で見つめている

僕たちはいつ
死ぬんだろ ....
さあ行こう
すこしだけ
生きることを考えよう

ぼくたちはもう
生きることしかできないのだから
こわいものはないよ
ぼくたちは死を選ばないから

負けは認めるよ
だから
ぼく ....
秋になって
空がうすくなった
ぼんやりとした視界に
君の姿が浮かぶ

単純な僕と淡白な君
君の言葉のひとつひとつに
どきどきするんだ

ゆっくりと向かおう
風吹く街へ
冷たい ....
やわらかいメロディで
押しつぶして
お願い

僕の中で君が渦巻いている
目が回って気持ち悪くなりそう
また何かを巻き添えにして
何かを犠牲にしていく

やさしいメロディで
押し ....
怖いものなんてないよ
みんな人間だよ
みんな馬鹿だし
みんな完全じゃないし
みんなひと括りにはできない何かを持ってるし
みんな別々だし

誰かに何かを言われようが
あなたとわたしは ....
ヘッドフォン
外の世界を
シャットアウト
君と僕だけいればいい
待てないの
そこに いられないの
君は 死んでしまうの
目に 見えてるの?

疲れてんの
くたびれてんの
ねえ 君
なんでそこにいるの
くたばれよ

触れなくても
感じるん ....
かなしいかなしいかなしい

僕が爆発する



さびしいさびしいさびしい

君が爆発する




僕の気持ちは届かない
君の気持ちはわからない

いつか、なんていう ....
誰もが思いつく言葉を
口にしてしまったらおしまいだ
あんぐりと開けた口に
飴玉を放り込んだ

いつの間にか
スキップの仕方を忘れて
靴の底が磨り減っていくのを感じる

だらしなく ....
骨だけになったさかなのように
あいつらはしんでる

疲れちゃって ねえ
なんもないの ねえ
気づいちゃったの?
わかってるの?

細胞が分裂
小刻みに震えるからだ
あたま 割れ ....
おんなのこ
女の子がやってくると
憂鬱になる
とても疲れてしまうのだ

おんなのこ
女の子がやってくると
不安になる
とても疲れてしまうから

おんなのこ
女の子がやってくる ....
かなしい
さびしい
つらい
くるしい

どんなにならべても
ぼくのきもちにはちかづかない
さらさらと
指の間からこぼれてく
砂は密かに熱を持ってた


(風があなたをさらってしまった)


足跡が
不機嫌そうにゆがんでく
波は静かに寄せては返す


(終わって ....
君の声を聴くと
絶望するんだ

I hate you
それでも
I need you

狂っている世界
濁っていく視界

It's a nauseating world
それ ....
チヨコレイト
パイナツプル
グリコ
階段を駆け上がっていく

チヨコレイト
パイナツプル
グリコ
階段を駆け下りていく

夕方5時の鐘
あの子は遠く 帰っていく
ぼくは帰る ....
透明な温度を下げていく
あなたのぬくもり
かすかな光が胸をさす
氷のようなつめたさで

肌が焦げていく
においが鼻につく
電車の中では冷房が
滝のように流れている

さらさらと ....
あなたが大好きなお菓子を並べたら
僕は満足するだろうか
それとも悲しくなるだろうか

明かりが燈る午後6時
試行錯誤したのちの
過ちと化した告白は
届かないまま消える
誰もいない公 ....
虫の死骸
冷房で焼け死んだ
カーテンの裏
君の横顔と少し似ている
僕の背中に映し出された
影は光と対等だ
好きな気持ちに
理由がないのはそのせいだ
いつの日か
かえらなくなったこころを抱いて
僕は今 ここにいる

あの日とは違う あの人に
僕はいつも打ちのめされて
崩壊した空想の
破片を拾って怪我をして
傷から吹き出る赤い血が ....
蒸し暑い朝
目が覚めた
何もする気が起きなくて
ぐうたらぐうたらしているうちに
ちくたくちくたくと時計は進み
お腹が減ったなあと
冷蔵庫を開けても
何もなくて
ばたんと閉める

カ ....
おちつく
羊水のなか
ぼくは息を忘れて
ひとり

つめたいなみだも
あついあせも
あめのなか走ったことも
だれにもさとられない
だれもはいることのできない
ぼくだけのばしょ
 ....
おさないあいのことば
かんたんにだまされた
おさないあいのやくそく
かんたんにやぶれた、よ

きみはいつだってそう
かんたんにだまして
おなじように、
ぼくはいつだってそう
かんたん ....
さよならは、さびしいことだ。
だけど、かなしいことじゃない。
お別れは、さびしいことだ。
だけど、かなしいことじゃない。

かなしいことなんかじゃないから、
ぼくは上を向いて、空を見るので ....
燃え上がる恋を吹き消した
君の冷たい言葉
君の冷たい態度
それでも再び燃え上がる恋
片想いでもいいよ
つまさきを
ぼくのよわみにつけこんで
かなしそうにわらうの
きみは
あいをしっているんだろう
それなのに
ないしょってくちをふさぐ

ぼくは
あいしているよとうそをつく
きみは
 ....
ちりばめられた星
かみさまの忘れ物
引き裂かれた恋は
運命という紛い物

きらきらひかる
宝石みたいな

きらきらひかる
思い出になった


さようなら
あいしてる
同 ....
ゆうと(408)
タイトル カテゴリ Point 日付
物書きストーリー自由詩1*07/9/20 18:59
眠りに落ちる前の呼吸自由詩1*07/9/18 20:22
It's not death自由詩2*07/9/18 0:52
ジャム自由詩1*07/9/17 21:55
引き金自由詩2*07/9/14 17:58
甘い水自由詩1*07/9/11 22:14
創書日和「淡」[group]自由詩2*07/9/9 21:19
ナミダシロップ自由詩4*07/9/7 17:38
ずっと何かに怯えてた未詩・独白2*07/9/7 0:09
名前のない世界自由詩4*07/9/6 23:10
さよならの前兆自由詩2*07/9/4 17:26
いつかに向けた夜のこと自由詩1*07/9/2 22:17
僕らが生きたということを自由詩2*07/9/1 13:14
水葬自由詩10*07/8/26 21:47
女の子がやってくる自由詩3*07/8/25 23:15
ゆらぐ自由詩3*07/8/17 20:51
創書日和「砂」[group]短歌1*07/8/10 12:14
It's a dying world自由詩3*07/8/9 22:03
風の子自由詩2*07/8/8 22:45
あんず飴自由詩8*07/8/4 23:05
不変世界自由詩3*07/7/30 10:12
シルエット自由詩4*07/7/27 19:23
リアルのない世界の中心自由詩2*07/7/27 10:07
(夏休み)自由詩5*07/7/24 18:17
ふやけたからだ自由詩4*07/7/22 20:28
ラブレター自由詩1*07/7/22 0:17
夕空自由詩9*07/7/12 17:55
恋のろうそく自由詩7*07/7/11 19:38
はくちょうとみずうみ自由詩2*07/7/8 21:16
天の川自由詩2*07/7/7 23:32

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「物書きストーリー」から「天の川」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.62sec.