誰にも迷惑かけないで
当たり障りのない方向で
車内の携帯電話は捨てて
社内の恋愛報道はスプレーで駆除
噂する奴等は
永遠に改心しないから
ガムテープで止めちゃって
ぐるぐる巻きに ....
しゅーるってなんですか
おいしそうなしょーとけーき?
しゅーるってなんですか
まっかないちごのこと?
しゅーるってなんですか
ぎんいろふぉーくのさきっちょ?
しゅーるってなんですか
 ....
くるくるくるくる
せんぷうきのまえでおどる
くるくるくるくる
せんぷうきのなかでおどる

くるくるくるくるしていたら
あたまおかしくなっちゃった
めだまおかしくなっちゃった
くるく ....
わたしにしかわかりえない気持ちを抱えたまま、
なぜだか泣きそうだ。

誰もわかりやしないのに、
わかってほしい気持ちがあって、
それでもさりげないやさしさが、
ここにはきっとあるから、 ....
{引用=ただそれだけのことなのに、
ただそれだけのことが、
ちっぽけなんだけど、
それがもうすべて。}
{引用=きみの なまえ なに?
なんの なまえ なの?
それは、
いい においが するの?
さわりごこち いいの?
どんな おとが するの?
おいしい ものなの?
あったかいの? ....
春って、五感をなくしても、わかるような気がするって、
ずっと前から思っているけど、
ほんとうに、まぶしいんだ。
いたるところで生命がうまれてる。
みえるところでも、みえないところでも、 ....
{引用=なつかしい気持ちになって
それでも変わんなくて
やさしい気持ちになって
涙がにじんで胸にしみこむ

さびしいね、
さびしいねって
今日はなんだか思うんだよ

今だけは ....
{引用=いみのない はなしをする
ぺちゃくちゃ ぺちゃくちゃ
おわりのない はなしだから
とてもくちがかわく

ぼくは すっからかん
はなすことがないんだ
つたえることも あまり ....
{引用=ぼくはね、いろんな 色をもってる。
だれにでも あって、他ひとつとして ないやつをね。
ゆずれないんだ。そう、だから
ぼくは すがたを けして みせるのさ。
あれは まぼろし  ....
テイブルの下に
ひきっぱなしの布団
みかん転がり落ちてるよ
段ボールから猫

なんもないのはわかってるんだ
ポンコツ話も聞き飽きただろ
こっちもうんざりしてるから
冷蔵庫にはたまご ....
なんで泣いてんの
泣いてないなら笑えよ
まあそんなのはいいから
とりあえずめがねかけようぜ

長すぎる前髪が
カーテンみたいになって
太陽の光隠してる
はさみ持ってバスルーム!
 ....
まっすぐゆけない
あるけない
ななめ15°にみえるけしきは
いつかのじごくえみたいなハロウィン

つかれたのはいいわけ
うそはつきたくないけど
ほんとうのことをいえば
さいていなじ ....
ほんとうにすぐ、
いちばんだいすきなものだって
すてられてしまうんだ
わかっていたんだ
だからこわいの
ぼくはぼくをすきになれない
きらいになれるじゆうがこわい

きみもいつだ ....
{引用=窓からどこかの海の匂い
裸足の記憶
真夏の少女
炭酸みたいな少年

君は忘れた
僕を忘れた
僕は忘れた
僕を忘れた

太陽をたべた夕立
生ぬるい風
熱くなる空
 ....
{引用=炭酸水がほしい夜明け
ひんやりとした空気
窓から入り込む光
うすくなっていく、あお

きっと今だけ
今は、
誰のものでもないはず}
{引用=ねえ、
大丈夫じゃない
君は今、
どうしてる?





神様なんて
便利なものだ
好きな時に
利用すればいい
無料でレンタル
但し
使用後には
対価 ....
ぼくには、会いたい人がいっぱいいる。
それってすごく、しあわせなことじゃないかな。
また会える人、もう会えない人、いつか会える人。
その、みんなに会いたい。

こんなことを考えている ....
{引用=ツキが、
ツキがいないから
ぼくは今日ここで
闇にとけるんだ。


わからないことは、
知っているつもり。
うそだけは、
吐いてもゴミにならない。
すてられない。
 ....
よるがおわるまえに、きみといちどはなそう。






ここは、おいてけぼりのいばしょであって、
しかしながら、いつかはみんなでてゆくのだ。
ふしぎなことにね、なきがおがと ....
{引用=ゆめのなかに すいこまれて
なみだはとけてしまったよ、

ぼくは ぼくという
かたちをなさないまま、

さめない げんじつに
にげつづけることはできず、

いつかは  ....
せかいは
まわっている
かんたんに
ごくまれに
とまる
いっしゅんだけ

だけど
それはだれもしらないから
せかいはまわりつづけるのだ

あたりまえのように
しったかぶ ....
なんで ここに いるのか
わからない まま
ぼくは
わらって ないて
つかれて ねる

ゆれうごく
ここは
エスカレーター?
エレベーター?


ジェットコースター な ....
{引用=空を描いてクイックターン、
ビルとビルの狭間で
きみはとてもしなやかに
うつくしく、

透明だけど色がある
ゴーグルはすきじゃない、
ただよっているさかなは
酸素がなく ....
{引用=シロップに
涙を溶かして
ノンアルコール
カクテル作ろう

夜を飾る星
三日月の船
誰にも似つかない
孤独のアクセント

君はまだ
夜更かし少年
なんにもないか ....
{引用=たぶんなんにもなくたって、
生きてゆけるのさ。

本当はね、
本来はね。

だけどぼくは、
なくせないのさ。
生きてゆくために、さ。


生きやすく首を絞めている ....
{引用=さっきから
同じ音
同じ声
同じ言葉

きこえるかい、
きこえるんだ。


嫌気がさしたりしないかい
光は射したりしないかい

それはないな、
ないな。

 ....
ぼくが夜に眠る理由は
寂しさ以外のなにものでもない。

人間じゃなくなれば
人間じゃなくなれば
きっとぼくは眠らない。


うさぎは寂しいわけじゃない、
ましてや死ぬわけでも ....
{引用=ここには
なにも
ないから

花を
摘んで
帰ろう


意味は
なくていい
理由も
なくていい


そばにある
海はとおく

星々と
同じように
 ....
{引用=濡れたアスファルトに
まぶしい太陽
蒸発する匂い

恋しい
恋しい
夜の虫


お祭りが終わって
少しだけ冷めた
熱がおこす
ちょっとした過ち
冷静を気取って ....
ゆうと(408)
タイトル カテゴリ Point 日付
さかなたべるねこ自由詩2*10/7/5 20:49
ショートケーキ地獄自由詩1*10/7/5 19:38
せんぷうきダンス自由詩1*10/6/22 22:22
それでいて世界は素晴らしい散文(批評 ...2*10/6/14 1:41
世界がすばらしい理由自由詩1*10/6/14 1:10
なまえをひとつ自由詩4*10/4/8 17:34
フレンチスリーブ散文(批評 ...2*10/4/8 17:29
夜凪自由詩1*10/3/16 14:36
すっからかん自由詩0*10/3/16 14:33
みえない星自由詩2*10/3/16 14:30
段ボールから猫自由詩11*09/11/23 0:16
めがねかけようぜ自由詩0*09/11/23 0:16
ナイトメア自由詩0*09/11/23 0:15
屋上ナイフ自由詩2*09/10/15 22:07
ジュブナイル自由詩5*09/8/12 14:28
bleach.自由詩1*09/7/4 4:47
神様レンタルサービス自由詩2*09/7/3 15:32
左胸にブローチを散文(批評 ...2*09/6/22 2:16
指先自由詩2*09/6/21 0:44
逆光散文(批評 ...0*09/6/12 1:53
よるのアンブレラ自由詩3*09/6/7 2:45
かげむしゃ自由詩1*09/5/15 1:49
ことばのひびき自由詩1*09/5/15 1:48
水のようだ自由詩3*09/5/4 10:38
ノンアルコール・カクテル自由詩1*09/5/3 2:27
自由詩009/5/2 21:40
てのひら自由詩3*09/5/2 2:38
ひとりごっこ自由詩3*09/4/23 12:44
あおくない地球自由詩0*09/4/18 18:50
夕立待ち自由詩3*09/4/13 23:02

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「さかなたべるねこ」から「夕立待ち」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.67sec.