なくしたもの
ここじゃないどこかで
落としてきたもの
きっと大事だったもの

ああ
いつになったら
涙はかたちになるかなぁ

アップルジュース 飲みたいね
アップルジュース お ....
灯ったら
と思ったら
なんでかな
すぐ消えた

ここでお別れ
夕方五時の鐘
最後にひとつ
一番星をプレゼント
たいしたことなくてごめんね
できることがすくなくても
いつも
 ....
あたらしくなったすべて
ここで
はじまっていく
いまは
いまだから
とりあえず
わすれよう
めのまえに
ひろがる
こうけいが
すべてなら
どうだい

むかっていくあした
 ....
雨の日の地下室で
僕らはコーヒーを飲んだ
君はホットで 僕はアイス
隣の二人の会話が大きい
いまならおどろかないから
ひみつの話をしよう

たわいないひとことに
僕がもうひとこ ....
苦しくなったね
言葉がでなくて
誰のせいでもなく
死んでゆくのだ

{引用=--- ラ、ララ ララララーララ ---}
なんで おしゃれ するの
きみは かわいく ないのにね
 ....
{引用=見えないどこかで
血をわかちあって
自ら肢体を埋葬する様が
今日の君を物語っていた

冷たい肌に触れる
うすい膜に包まれている
心髄は?
心髄は?
無重力の彼方

枯 ....
どうしようもなく悲しい世界になってしまったなあ、
つらいことばかりが浮き彫りになっていく。
ニュースキャスターは落ち着いた口調で教えてくれる、
世界の終わりに合図はない。サイレンは鳴らないよ ....
かなり笑って消えたがる 揺さぶられる白い朝
あんなに狭い空はもう どこか彼方へいってしまった

約束を破った搭乗券は 僕の尻尾を掴む
本当ならここにいてはいけない いていいはずがない
伏 ....
{引用=きみはぼくのこども
ぼくはきみのこども
こどもあつかいしてね
こどもあつかいしてね
ばかってわらってね
えらいってほめてね
おとなになんなきゃいけないなら
こどもあつかいして ....
{引用=粉々になっていく夜。
くだかれていくね、
散り散りになる朝。
そうして舞う昼、
さらさらという音。
照らされる夕暮れ。
消えるひとつの灯り。}
{引用=電気が流れた
ついでに光も
目に見えるものは
心を放っている

地球から出て少しした頃に
出会ったあの娘は今
スキップをしながら
街を歩いている

悲しみは消えないし
 ....
{引用=酔ってしまいそうなころ
大人になれない僕を思う
いつしか離れたことにも慣れて
きっと君も忘れるだろう

風吹き草木も眠る夜
踏み出した一歩先で
逃げ出してしまう影
もうひと ....
{引用=雨が降っているなかで、きみとのやりとり浮
き上がる。水色の紐であやとり、つないでい
る細い声。たしかにきこえた澄んだ心の内側
で響く、エナジー。明日には見失うなら今す
べてを捨てて ....
きみがあるいて渡る歩道は
せまくて車は通れなかった
体温をうしなった右手は冷たく
あたたかい血をわけあたえたかった

今日はもうかえさないよ
やさしい瞳で言った
深海のような濃い色で ....
椅子が揺れてる
じつに不安定な
音に沈む
いつの間にここにきたの
ぼくの居場所なのに不思議だね
他人行儀に笑ってる

夢をなくしたの
誰がこわしたの
うらまないで うらまないで
 ....
隠し持ったナイフを、見せびらかす夜。
似合わない僕は、おぼつかない歌を。
君のためのうそを、全部失くしたころに。
ただよう、淡いシャンプーの香り。
(もうすぐ飛ぶ、飛べるだろう。ね)
ほ ....
きみは まさか、
さかなじゃないかと思ったんだ
背骨が あばらが
見たことのあるような
かたちをしていたから

コンタクトレンズをはずした
いつもと違う世界だといった
きみが見てい ....
ぼくをなんて呼ぶ
ぼくをなんて呼ぶ
かなしいと呼ぶ
うれしいと呼ぶ

ぼくを嫌いになってくれていいよ、なんて
ぜったいに言わない
思ってもないこと言うなんてダサい
大事なところでう ....
だれもわるくない
だれもわるくないから
すこし胸を撫で下ろす
それはつらいことでもあるけど
やさしくありたいと願う
泣かなくていいんだよ
泣いてもいいんだよ
それはあかるいことでもあ ....
携帯電話 充電器持って
逃げ惑ってる 逃げ惑ってる
アンテナの立たないところで ひとり立つよろこびを
踏みしめて 踏みにじって 街の雑踏に消える

樹海は一体どんなところ
樹海は一 ....
さいしょにたべたのだれ?
さいごにたべたのなに?
ぼくをぼくあつかいする、ひとびとはてなれてる。
すとろべりーはすきじゃないといったらおこられる。うそはよくないと。
だからぼくはおれん ....
こうやっていつも春は来る

嫌いになったわけじゃない 彼女はどこへいったのだろう
途絶えた連絡は 繋ごうとしないから 切れていく
忘れたふりしていていいよ 笑っているなら それで

 ....
{引用=みずうみを およぐ
底から数センチ上、
ひとたまりも なく
ひとは 笑うかもしれない
ぼくは無力 だと
ぼくも 知っていたから
あきれることも なく
ただ 光を 見つめる ....
白い庭,近くにある,すぐそこの,犬と,たべる実,無音と罵声,いつもより饒舌なきみ,少女の顔をして,次から次へと映像をみてゆく,退屈な冗談とたまにあるビビッド,こえてゆく壁と脳みそと値段,なくなった .... だいじ、大事だよ、ちいさなこと全部、響くよ、心になくならない傷が増えて、増えてね、似通っていく、将来のきみ、ぼくの行く末。 悲しい旋律が好きなんだ。希望じゃ救われないんだ。
絶望の淵に立っているのも希望と呼べるだろうか。
流星が沼に落っこちた。後追いはしなかった。

スケートリンクの下で今日も一戦交える。
見 ....
君が眠っている頃に、僕は泣いてる。声を殺して。
ここはあたたかだから、心配はいらないよ。
ひとりだからわかるよ。ありがとう。だから夜は好きだ。
明日になったら平気だよ。もう大丈夫。きっと笑え ....
群青にどっぷり、ひたひたになるまで
冷やされて、ゼリー状になるまで
僕ら懲りずに傷つける
あきらめる 和解 そしてまた、
みえなくなって、また、ちか、っと、みえそうで、まばたき、みえない、ぱち、ちか、ぱち、ぱち、しずか、うるさい、しずか、しずか、だまる、とめる、しずか、しーん、せいじゃく、ちんもく、あれだれもいない、 .... あたたかな日曜日
きょう、きょうですよ
今日は水曜日

やわらかな時間
曲がりくねって ねり歩く
徒歩十分は
時に徒歩一時間にもなる
みちしるべはどこにもなく
太陽はどこかにおっ ....
ゆうと(408)
タイトル カテゴリ Point 日付
アップルジュース自由詩511/8/2 16:30
エクリチュールの星自由詩311/6/24 17:32
シロツメクサ自由詩311/6/24 17:08
コンクリートと靴の音自由詩211/5/22 23:20
プラスチックのダイヤモンド自由詩211/5/22 23:18
ただの青さ自由詩4*11/5/6 20:40
NEWS自由詩111/4/27 13:45
カイト自由詩011/4/18 0:47
ゆめのなかのこども自由詩111/3/31 23:16
a_ca_ri_.自由詩211/3/31 23:15
あのこはひかりをもっている自由詩0+11/3/23 14:59
ビールのにおい自由詩211/3/23 14:58
あやとり自由詩511/3/21 16:21
TomorroW LighT自由詩1*11/3/21 16:19
ゆぐむ自由詩0*11/3/19 20:56
満月をたべる自由詩211/3/19 20:53
ミルクセーキ自由詩1*11/3/19 20:50
星のなまえ自由詩111/3/18 20:14
わるくない自由詩1*11/3/13 23:19
青の他人自由詩0*11/3/8 19:23
さいしょでさいごの晩餐で自由詩111/3/2 20:33
Endless Goodbye自由詩211/2/25 17:54
mizu.umi自由詩311/2/21 1:40
Ennui/Film自由詩2*11/2/15 17:41
あそぶかねほしさ自由詩0*11/1/27 18:58
Sad Chord自由詩111/1/19 1:44
たまにある日/或る夜自由詩111/1/17 18:55
リキッド・アクアリウム自由詩111/1/17 18:54
ちかぢか電球きれるだろう自由詩1*11/1/17 18:52
週末中日自由詩1*10/12/22 18:01

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「アップルジュース」から「週末中日」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.65sec.