「本当にごめんね」
その口癖を聞くのも今日が最後
本当は私が悪かったのに
貴方は一度も怒らなかった

返せなかった部屋の合鍵を
そっとキーホルダーから抜いた

帰りの駅のプ ....
15分延長のバイトが終わり
駆け足で向かう先は待ち合わせのツリー前
震えて待つ君にごめんねのキスをして
イルミネーションの町並みへ繰り出した

今夜のプランはウィンドウショッピング  ....
午前二時
ブラウン管の海は大荒れ

漕ぎ手のいない舟は進んでいく
水平線の彼方に光る不知火

Is it a dream?

午前四時
ブラウン管の砂漠は砂嵐

駱 ....
靴紐を踏んで転んでしまった
消毒液が擦り傷に染み込んだ
もう二度と転んでしまわないように
靴紐を固く結び直した

赤い糸が誤解で解けてしまった
生身の言葉が心に染み込んだ
も ....
名前を知らない人にとっては
五つの星にすぎないけれど
カシオペヤは輝いている

名前を知らない人にとっては
七つの星にすぎないけれど
北斗七星は輝いている

そして中心で輝 ....
汚れてしまったら洗いなおせばいい
破れてしまったら縫い直せばいい
だけど捨ててしまったら
どうする事も出来なくなる

掛け違えたら着直せばいい
シワになったら熱を与えればいい
 ....
一人きりの夜には
君が残した最後の言葉が
走馬灯のように甦る

夢の中でさえ君は
私を許してはくれない

一人きりの夜には
携帯電話を握り締めながら
ボタンを押す事を躊 ....
I wish...
すべての子どもたちが
武器の使い方を教わることなく
大人へ育っていけますように

I wish...
すべての大人たちが
憎しみや悲しみを教えることなく  ....
I know...
多くの子どもたちが
命の重さを理解しないまま
平気で人を傷つけていること

I know...
多くの大人たちが
子どもの心を理解しないまま
力でねじ ....
季節外れの海辺に残されたものは
一夏の甘い恋物語
青春時代最後の思い出
そんな綺麗なものじゃない

あるカップルは
変わらぬ愛を誓い合いながら
かき氷のカップを砂浜に投げ捨て ....
此処までずっと歩いてきたけど
なんだか一休みしたくなって
夕陽ヶ丘のベンチに腰掛けて
刻んだ足跡を振り返ってみた

知らない間に時は流れていた

仲間と乗り越えた苦悩の数々
 ....
「ひとりになりたい」
その言葉は適切じゃない
初めからずっと独りだった

「ひとりは寂しい」
その言葉は適切じゃない
誰かといても満たされはしない

最後のわがまま
悲 ....
小さな種が風に乗り
何もない原っぱへ流れ着いた

恵みの雨から栄養を貰い
小さな小さな芽を出した

その芽は太陽の光を浴びて
人間くらいの高さになった

巡る季節を幾度も ....
鳴らないインターホン
一人では広すぎる部屋
無意識のうちに閉ざした心
誰が扉を開いてくれるだろう

疑うことはとても簡単だ
小さな綻びを見つけだせばいい
厳重に施錠された鉄の ....
コンビニへと向かう無花果の坂道は
街灯の灯りがほとんど無いから
月の光が際立って見える

変わらぬ愛に誓いを立てる人
変わってしまった愛を嘆く人
平和な世界に願いを託す人
誰 ....
1486 106(555)
タイトル カテゴリ Point 日付
Merry Christmas Good-Bye自由詩2*06/12/25 1:17
クリスマス、天使の羽根につつまれて…自由詩1*06/12/25 1:17
26時の幻影自由詩1*06/12/22 19:48
固結び自由詩2*06/12/22 15:10
北天自由詩4*06/12/21 19:54
ワイシャツ自由詩5*06/12/21 1:19
一人きりの夜には自由詩3*06/12/20 18:08
祈り自由詩3*06/12/20 1:05
願い自由詩1*06/12/20 1:05
海水浴場自由詩3*06/12/19 17:58
夕陽ヶ丘自由詩3*06/12/19 0:49
生と死の狭間で自由詩3*06/12/15 1:14
芽〜大木自由詩2*06/12/13 0:25
オートロック自由詩3*06/12/12 0:42
同じ月を見ている自由詩6*06/12/11 0:39

Home 戻る 最新へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「Merry Christmas Good-Bye」から「同じ月を見ている」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.