短歌専用スレッドです。原則として一記事に一首。連作は禁止。
本気!浮気? …どちらでも。 ケータイ/パソコン →どちらからでも。

「自由詩」に対する「未詩」のような意味合いで、ちょっと31 ....
友よ、と言った君の声をこの耳は聞いた
この耳を大切にしたい
けれども声はすぐに去っていった
彼方へ、とあの人も言った
あの声をそっと眺めていたい
けれどももうここにはなく

日々打ち上げ ....
フォーラムにいらっしゃるみつべえさんからいただいた個人詩誌『卵』11号に、電子詩集作成記があり、私信でおっしゃるには「簡単ですよ」とのことで私も作ってみたくなりました。
文字を電子書籍向けに変換した ....
約束に約5分遅れる
シロップロックアップサイドで会う
こめかみ
みだりに髪
かみしめる一言
会いたかった……

すうーっと楽になる午後だ
この緑色したミントの束で叩けば
色んな音がし ....
とうとう名を知らないままその人はいなくなった
知る機会は色々あったのだが
誰かが呼びかけるのを
耳にしてもすぐ忘れて
次があるしと思っていたが
次はなかった

寡黙なその人は昏い目をして ....
サーモンピンク
色した指先で
鍵盤を健気に押して音楽
空は明け方のおおらかさ
赤ん坊の鼻息がぷうぷう

一緒に朝食
きゅうりってこんなに薄く切れるんだね
とあなたが感動している
こと ....
耳の森、目の島、パーティーを開こう

渡し守、渡し船、何度も来ては

肺に入る宝石、出る水鳥、キキキと鳴いて

じっと待っている足たち、大人しくして、子どもらしくあしらって

暮らしや ....
子どもだからと置いていかれた
それでもそっと覗いて見ていた
あなたと私
繋がらないまま黙っていた
想像していたよりも良かった
でも と言い淀んで
私とあなた

すぐに来るからねとうなず ....
千の陽光が結んでほ
王位を継承したいと言
ころぶ子どもたちの足をまたはらう稲穂
うその曠野を食べなければならない

立ち入り禁止の看板にな
必ずや勝ってみせると言って引
だれの予言なのか ....
夜のとばりをバリバリとかじり
新しい鳥が生まれる
生まれながらにして重要
で不確かな自由を継承
ピカピカの街の看板に降り立つ
翼で指図する
お前はあっちでお前はあそこ
立っていればそのう ....
その大きな屋敷にわたしの兄姉はいた
少しだけ血が繋がっていたので
わたしは右手で彼らは左手と思うことにした
左手を使う時彼らを思い出した
出されたデザートの皿は欠けていた

兄はとても器用 ....
空に湖のある場所に引っ越してから
薔薇は世話が大変だと知った
この土地は気にいるかな君は雨が好きだから

素直な枝と同じに左右に分かれる道があった
僕たちはやがてはなればなれになり
優しく ....
かまぼこのカーブはいつまで美しいだろうか

遠くに霞んでいるトンネルの入り口
小雨が降りはじめ暗い匂いがする 
黒く濡れた何かが静かに入ってくる

そんな車からさっと降りた
姉さんは真っ ....
コインランドリーの特徴的な匂いが彼の持ち味。
君は綺麗だとは言うものの斜め後方から。
日曜日の午後はいつも小雨の降る街で手を繋ぐの。
そんな決まった天候のある街などないと言う常識人。
あの人は ....
月があるから地球はまだいい星



ビニールで包んだプレゼント丸見え



川があっちからこっちへ流れてく



星は動いてるんだろうけど分からん



太陽当たり前過 ....
秋の雨が窓を打つ
静かな音の中
君の寝顔を間近で見ていた
冬の厳しさがすぐそこにあり
空気は冷たく
一向に縮まらない距離に悩んでいた
近付けば逃げるのに
留まると残念そうな顔なのは何故
 ....
随分と明け暮れた
袖が長くなった
言葉は短く
体毛は薄く白く
はかないものに近づいていく

そんな母に高齢の魔女たちが詰め寄り
うらみつらみの思い出話に花は咲かずに散りしきる
というよ ....
そうやっていつも気づかないふりで逃げる
上手く逃げたと思っていても
いつかは対峙する時が来るものだ
ひとり
佇んでいたプールサイドは
夏の光に汚れて立つのがやっとだった
きみが
手のひら ....
数年前に戸田山和久著『哲学入門』ちくま新書 を読んだ備忘録です。PCあさっていたら出てきました。前半は自分用の疑問をはさみつつのまとめなのでスルーしちゃって最後らへんの感想などご興味ありましたらお読み ....  一段下がったこの一行目を歩くみちゆき
二行目には何かの展開が来るはずで
三行目ははなから期待してなかったけど
四行目の隣に
       かわいらしい花が咲いている
のを見ていたら六行目に ....
サカガミが猶予はないと言うのだった
彼はいつも唐突な喋り方をした
そして黙るので沈黙を料理しそこねた我々はつらい気持ちになるのだった

サカガミの母親は彼を随分と気に入っていて
息子なのにさ ....
星光るタンスの奥に猫の国




風の夜メロンの飴を売りに来る




ねじれてる瞳の中のお菓子箱




裁縫を教わる度に消えてゆく




梅雨のこと傷つけ ....
どちらか好きな方

をせよ。と声がした
冬晴れがそこかしこを粉々にしてゆくようだった
寒くて…
とてつもなくクリーン。

澄んでいるので電車の音がよく聞こえた
一キロは離れていて坂もあ ....
私はある事件の参考人だった
様々な人がありとあらゆることを聞き
黄色い疑いの目で私を見るのだった
私は何も見ていないし知らないのに
そんなはずはないと言うのだった
都合のいい事を言えたら良か ....
いつしか、
日は暮れていて足元は寒くなった
ももに置いた手は静かに落ちた
しばらく眠っていたらしく
目の前で遊んでいた子たちも
いなかった

こうして一人の時間が増えたかわりに
雨や落 ....
雷を髪に飾ることはできる、とあの人は言いました。
プラスチックの黄色い髪留めのことかと思いました
あるいは単なる冗談なのかと

朝食は取らない主義で
それはお腹が弱いから
薄紫の傘が立て掛 ....
真面目なあの人を笑わせたい
そう思ってたくさんの嘘を用意した
花を摘むよりも簡単
お箸を並べるよりも
宇宙人の話は全然だめで
にこりともしてくれない
幽霊も金縛りもだめ
好きなものを知ら ....
大きな山だった
立ちはだかったまま青く動かないで
汚れたままの靴と
広くて深い空
その空に追突していった
ま白い鳥が
置いていった羽をくるくるもてあそびながら
雲の上や切れ間を流れる風に ....
「イラハポ」は、「イラストレーション+ことのは=ポエム」の略(イラ は ポ)です。
ポエケットで販売しようと思って詩画集みたいなよくわからない冊子を作ったのですが、コロナ自粛で参加できなかったので、 ....
   {引用=二月}
この頃はわりと気楽に構えてた若者は平気と思ってた

備蓄品増やしといてと夫言う海外見たら笑ってられない


   {引用=三月}
フラダンス教室なくなり暇になりだか ....
あなたがわたしの近くや遠くにいる
騒がしいので目を塞いでいた、
この暗くて曖昧な場所に
午後の日差しがようやく届き始める
長い時間がかかって
忘れ物はないかとポケットを確かめる
駅の時刻表 ....
ふるる(651)
タイトル カテゴリ Point 日付
会議室スレッド
ながしそうめん9軒目会議室22/11/13 17:31
文書グループ
。。。。。恋愛詩っぽい。。。。。。文書グループ22/4/18
?不思議シリーズ?文書グループ22/4/12
気に入ってる横書きの詩文書グループ21/12/21
☆彡詩とイラスト、イラハポ☆彡文書グループ21/8/19
■■■詩についてのあれこれ■■■文書グループ21/8/19
川柳文書グループ19/8/10
     短歌文書グループ12/1/23
短いおはなし文書グループ09/2/20
日々思うこと文書グループ08/12/10
☆☆☆視覚詩について☆☆☆文書グループ07/11/13
○○○詩+散文の試み○○○文書グループ07/10/29
五 行 詩文書グループ07/6/1
□□□抒情詩っぽい□□□文書グループ07/3/29
見開き文書グループ07/3/29
Red文書グループ07/3/29
ハラピン文書グループ07/3/29
****印象詩っぽい*****文書グループ07/3/11
◎◎◎ほのぼの系◎◎◎文書グループ07/3/11
★★★視覚詩の練習★★★文書グループ07/3/11
♪♪♪リズムに注目♪♪♪文書グループ07/3/11
投稿作品
自由詩7*22/10/26 16:47
電子詩集を作ってみたよ散文(批評 ...322/10/26 16:25
シロップロックアップサイド自由詩3*22/9/3 18:30
あの人自由詩1022/8/24 13:43
音楽自由詩422/6/30 17:25
耳の自由詩222/6/19 10:18
水辺自由詩10*22/6/18 21:51
いきつ もどりつ自由詩322/6/14 9:01
別れのために自由詩9*22/2/21 11:20
軋む自由詩922/2/8 16:59
空に湖のある自由詩8*22/2/3 12:00
運動 それから自由詩1121/12/18 21:01
写真自由詩5*21/11/30 19:01
ムンク川柳3*21/11/28 0:17
記憶の部屋自由詩11*21/11/22 16:26
財産自由詩8*21/11/13 22:29
夏声自由詩8*21/9/14 11:32
哲学入門備忘録散文(批評 ...1*21/7/20 18:24
みちゆき(ブラウザにより意味不明になりますすみません)自由詩7*21/7/20 17:45
サカガミ自由詩2*21/6/18 14:28
ささやきがやさしい川柳9*21/5/24 23:41
思いやり自由詩121/3/17 11:15
書くことを恐れてはいけないと誰かが言った自由詩2*20/12/17 11:39
栗のスープ自由詩920/11/14 22:51
雷を髪に飾ることはできる自由詩14*20/10/28 9:37
真面目なあの人を笑わせたい自由詩10*20/9/19 21:24
手探りで自由詩8*20/8/13 21:48
詩画集みたいな変な冊子「イラハポ」についてのご説明[group]散文(批評 ...4*20/7/24 19:12
コロナ十首短歌020/6/18 17:20
あなたがわたしの近くや遠くにいる ( ...自由詩520/4/14 0:40

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.26sec.