1 情景の街

ドブ川に、
真っ赤なバラを突き刺した、
ような東京タワーの夜景よ。


ひとごみを
かき分け歩く足早に。
有楽町の階段よろめく、


さみしいと
『 ....
天高く
伸ばすてのひらヒラヒラと
透きとおる風、雪舞わす風

あなた待ち
こころがきゅんと鳴る音と
聴かせてあげたいシャランと月光


倒れ込む
キラキラ夜空の下の街
初冬の ....
ジーパンに


ジャージの君を




姫として

傅くために













朝焼けろ海
薔薇園の香りを吸って幸福感人々が持つ美を引き上げる

自宅から歩いて五分の公園に遊具も多く人気が高い

夏になり経験のないことしたい短い夏が僕を焦らせる

古民家が密集する地区迷路のよう近 ....
地球儀を回して世界一周し少年はもう老いてしまった

そっと咲く花より花壇のなかに咲き競いあいたい女でいたい

人混みの人の匂いを避けたくて空いた電車を待ち続けてる

肌に薔薇彫っているのに ....
湿気より暑さが強くなる真夏多少は過ごしやすい気がする

かき氷食べて頭が痛くなる嫌な記憶がぐらぐら動く

激しさが増すように降る夜の雨家族会議を遮るように

山菜を採る名人と呼ばれてる近所 ....
胸もとも
濡れてるいろの恋の花
キラキラしている色気の無い雨
  
潤いの
ある意味ある目が死んでいて
流す涙は阻止するプライド
  

寝ていたが
世界の終わりに気づいてた
あ ....
人恋し神様お願い助けてと言えるうちは癒える内から


ほら、これあげるからとレントゲン写真をプリントアウトしてくれたおじちゃん先生はそうか自分で見つけたの偉かったねと言った。わたし子供みたいだっ ....
愛の傷
君も痛みを信じない
ふたりの世界を救ってみせるわ

勘違い
しなくてすんでまだましだ
あたしを好きか聞きそうだったよ


その愛の
結晶となる十字架を
 ....
喧嘩して
言ってはいけないホントを怒鳴り
一瞬凍ってヒビ割れた愛

襟もとに
指を這わせてみだらになれない
狐がコンと啼く指人形

なぜ逢った
思い返してももっと大好き ....
新作の料理娘と考える良いアイデアがまだ降りてこない

初めての店でカレーを注文する家のカレーの味に似ている

行きつけの中華料理の店がある辛さが強く汗が噴き出す

過去読んだ小説映画になる ....
もしかしたら
ヒトの成分は
血と涙と汗だけで
てきているのかもわからない

喉が異常に渇く
「オーイお茶を」と妻に声をかけた
反応がない 無理もなかった 彼女の両の耳はイヤホーンで塞がれ ....
あたま撫で
られて小さく嬉しくて
目をみひらいてみえないなんちゃら


愛もらい
期限つきでも笑ってる
いつ去る秋に凍えるかんちゃら


ふもとから
登って来たの ....
夢を見るあなたもわたしも歩く人 色彩のない花畑をゆく


思い出は消えていくからまたいつかふたりっきりで花を見ようよ
雨女の女性社員と営業にやっぱり雨が降ったと笑う

晴れになり予定通りにバーベキュー会社仲間と賑やかに過ごす

お茶漬けをたまに食べると美味しくて毎日食べても飽きないだろう

紙芝居娘が作り ....
寂寥が近づいてくる夕暮れは駅の改札素早く抜ける

汚れてた鏡の中に映る顔拭い取れない俺の目線は

生き方を記した地図は襤褸になり風に千切れて拡散しても

気になって仕方ないのにその女抱きた ....
誰彼の配慮で自死となりちゃんと伝えたかったことばが消える 何もかも輝いて見える日常の幸せばかり舞い込む魔法

山の上の畑まで一時間かかる毎日だから体力もつく

想像と違うイベント目の前に陽差しが照らす努力の数々

梅雨明けを待てば待つほど遠退いて ....
既読にもならない夜に
ストロングチューハイを呑む
麗しき姫







既読にも
ならない夜に
狼が
赤ずきんちゃん
 ....
ただ君が生きたことそれすなわち詩 何百年後も語られるような なにひとつ
持たないことが自由だと
ロッククイーンのほざきしあおはる

「なにひとつ
持たないことが自由」と「ロック」を
信じていたのはむかしの彼です

暮らしても
いろ ....
世の中の 人の評価がどうであれ

  ことばを紡ぎ続けるさだめ
 .... カラオケで君は昭和の歌ばかり今とは違い魅力ある歌詞

目の前に今しかなくて過去はない未来もなくて今の連続

花畑その中心で深呼吸体に漲る愛の大自然

いつもの急な坂道登り切る長い坂道息切れ ....
カフェラテの
味するみたいな君の部屋
駅から歩くわ、ほんのり黄昏


お日様の
残り香、胸に、吸い込んで
本屋のまえでたまたま出会って



サラダと言う
言葉がこれ ....
もうあと一滴で溢れそうだねと歌姫住まう耳の暗闇

彼女が歌うのを初めて見たのは深夜の音楽番組でした中学二年生の地味な女子にとっての深夜は零時を回るか回らないかくらいの今となっては浅めの夜に日本人な ....
美女と野獣
おまえの運命は ねぇ!
あたしに惚れるって決まってるんでしょ?


刀剣で
積み木のように遊んでいる
醜いおまえは、私のダイヤさ!

宝石を
抱きし ....
木犀の木漏れ日の路に座りこみまばゆい風が吹くの待ってる 何でだよなぜ詠むんだよ歌なんてみそひともじが空から降って

そのうちに天使の羽根にゲロ吐いて記憶なくして汚物になって

もう二度とあんたなんかとしないから背中向けられ埋まらぬ溝が

左側頬 ....
みずうみにゆく日写真を束ねる日クレヨンもらう日いま 生まれる日
短歌
タイトル 投稿者 Point 日付
あの街の灯りの下で秋葉竹1*18/11/17 9:26
キラキラ、初冬818/11/15 22:11
ジーパンにジャージのTAT018/11/14 23:16
古民家夏川ゆう318/11/13 5:14
地球儀と地球こたきひろし418/11/11 8:37
家族会議夏川ゆう218/11/6 5:25
さくらいろ秋葉竹418/11/4 11:33
人恋し神様/即興ゴルコンダ(仮)時間外こうだたけみ2*18/11/4 0:58
愛の傷秋葉竹418/10/31 22:08
円盤、思い出す 5+18/10/30 22:35
小説夏川ゆう218/10/30 4:58
血で血を涙で涙を汗で汗をこたきひろし7+18/10/28 9:51
あいがなんちゃらかんちゃら秋葉竹718/10/27 9:52
水宮うみ2*18/10/26 19:31
紙芝居夏川ゆう318/10/23 5:02
人込みはこたきひろし118/10/22 0:29
自殺きらく018/10/18 12:28
努力夏川ゆう418/10/16 4:57
既読にもならないTAT018/10/13 18:47
君は詩王野118/10/13 14:01
あおはるのせいさ秋葉竹418/10/12 22:35
宿命Sensui018/10/10 20:08
秋刀魚TAT018/10/9 20:21
深呼吸夏川ゆう318/10/9 5:18
ため息も、桃色になるあなたの部屋で秋葉竹318/10/8 22:24
世界は悲しみで満たされる(短歌)/即興ゴルコンダ(仮)投稿こうだたけみ3*18/10/8 14:28
ほんとに醜いのは、あたしのほうだね秋葉竹318/10/7 8:51
ただ一日の秋もっぷ318/10/7 8:19
未完のままに未熟のままにこたきひろし218/10/7 7:15
星屑もっぷ218/10/6 9:33

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【短歌】このカテゴリでは31音律「5.7.5.7.7」を基本とした短歌と、その音律を崩した自由律短歌作品を受け付けます。短い自由詩は自由詩カテゴリへ。短歌批評は散文のカテゴリへ
0.26sec.