すべてのおすすめ
レベル7になりました/惑星報道をお伝えします/詩人を乗せたタイムマシン11号は地球から十一億光年の地点を通過しています/孤独に浸るにはあと九億光年ほどお待ちください/続報です/タイムマシン11号は旺盛 ....           140829
バケツをガンガン打ち鳴らし
村中の家から家へ
いよいよ明日から学校だ!
昼間は勉強が出来るんだ!
祭り囃子より素早く届けられ
どんがんどんがんやか ....
            140826


ニイタカヤマノボレの暗号に
我勝ちに風鈴を粉々に砕いた
冬の最中にわざわざ探し出して割ることもないのにと思っていたら
なにごとも徹頭徹尾完済しない ....
浅草寺ほおずき市の七月
鉢植えの中で膨れる橙と
頭上につらなるガラス玉
風が吹くと一斉に揺れる
景色すべてが鳴っている
母にねだって風鈴ひとつ

更埴市稲荷山お花市の八月
妹と揃いの服 ....
 
 
水のノートに
垂線を引いていく
印刷された罫線と縦横になって
小さな枡がいくつかできる
溺れないように
慎重に枡に指先を入れてみる
体温より少し低い水の温度が
むかし一緒に寝 ....
「織姫、彦星」

一、

年に一度の逢瀬の日だと地上が先に盛り上がってしまい、天上の二人は今ひとつ盛り上がれない。


二、

毎年「あの時の子よ」と織姫は子供を連れて来るが、ど ....
知らない言語を聞いている
彼が何を言っているのか、私には分からない
「大好き」かもしれないし
「死んでしまえ」かもしれない
「そこ空いてますか?」かもしれないし
「昨日のテレビがどうした」こ ....
                     100525




木漏れ日が地上に撮すのは
我らが太陽
吉祥寺が叫ぶ
渋谷はその名の通り渋い顔
しかたなく新宿に向かう
途中の明治 ....
ぱらぱらと降りそそぐ
オレンジ色の十字星     / ジュウジボシ
軽やかに土を跳ね
思い思いの居場所に
身を委ねる
 
 ....
 
 
きらきらと
光が降りている
あれは神さまが
写真を撮っているのだ
という話を
君としたかもしれない
木漏れ日の下で
あの日僕らは
どんな生き物の姿で
 ....
難破船が、出港する。船であるからには。海が。あるからには。心優しい、友人たちよ。惜しまないでくれ。わたしは。幸福とひきかえに、世界を。手にするのだから。



棒のようなものを、ふりまわす。 ....
ベガとアルタイルの15光年の隔たりに
孤独だなんて名前をつけて
夜空を眺めてみれば
その距離は所詮
人差し指一本分で。


私と貴方の間の隔たりは
人差し指一本では足りなくて
呼ぶべ ....
わけいってもわけいっても古い本


この家の主はすべての本に番号をつけて
それが災害でぐちゃぐちゃになってしまってからというもの
番号通りに並べなおすことにのこりの人生を費やすつもりでいる
 ....
手首を切り落とす、
という妄想が頭から離れない。
私の手首を切り落とすのではない。
最愛の人の手首を切り落とすのである。

切り口はなるべくすっぱりと潔いのがよい。
切れ味よく骨まで切り落 ....
                    
内地から釣りに来た太陽と恋人たちを
島尻の斎場御嶽にガイドする。
財布から百円玉を取り出し受付機でパンフレットを買うのを指笛に
午後の観光が踊る。
 ....
黒い布が二本 
電信柱に結ばれて 
風にひらひら泳いでる 

長い夜を越えて 
透き通った柱に掴まった 
僕等の姿のようだ 

あの柱には 
きっと 
僕等のいのちを生かす 
ほ ....
 
 
門のところにクラゲが大量に発生していた
透き通ってきれいな形をしているのに
触手に毒のある種類なので
外に出ることもできない
裏門から出ようとしても
この家には裏門がないし
裏 ....
鉛色の岸辺


蒼い木馬が燃えている 
塩辛く 蝕まれた 薄い身体を 震わせて 
揺れている 
錫色に泡立った 波頭の拍子を 執りながら 


砂の一粒一粒は 鋭く  ....
はあとのつもりで
はあとをつけた

いたがった

はあとのつもりで
あとをつけた

いやがった

はあとのつもりで
はとをつけた

とんでいった

はあとのつもりで
と ....
40歳になったので
煙草を覚えることにした
からだにわるいことをなにもしてこなかったから
何だか申し訳ないような気がして
ベランダで星をみた
あおい煙が目にしみた
すこしもおいしくはな ....
              てんてん だけは
              我慢できないんだよね

              確かにあれは失敗だったなあ
              と思ってる ....
                100507






年齢がばれる
こまったと
案ずるなかれ
その時は
ロケットで逃げればよいと
ロボナビを確認したら
北行きは明日だ
 ....
 
 
先生はもう液状になって
黒板の海を
白墨で汚している

本当は海の生き物たちが
みんな住んでいたはずなのに
僕の皮膚には朝から
いろいろなものが刺さって
痛くはないけど
 ....
重力の演奏が、あた  乾燥し、聖文字の様
りには散乱している、 に去勢された植物が、
カーテンが何かを隠  森のあちこちで絵を
し、塗り潰された色  描いているから、足
の部屋、大きく ....
朝のような
首すじだから
遠くから見つめている

階段をのぼっているだけなのに
人生だ なんて言っていいのか

自由と自由の間に
履物をそろえる

わたしを取り去った世界とは
ど ....
               100119




寒いからと
布団に潜るのは
いけませんと
朝の神様が戸を叩く
紙の上に描いたお供えを
満足げに召し上がり
神様は帰られた ....
 うたっている 腫
れは四つあって 猿
には片目がない あ
の草はらはぼくの腕
の内側にはぜている
今も 白い土と赤い
石が落ちている 腫
れているので穴は塞
いでしまった 探し
 ....
花瓶を洗面所まで持っていく。
中の水を排水口にゆっくりと垂らす。幾分大きな花瓶のためどうして水を汲もうかと逡巡したのち病院の外の水道を探しに行く。消毒の効いた洗面台が花びらの一枚一枚を枯らすかもしれ ....
 
 
ちょい悪オヤジがホテルに泊まった
何かの手違いだった
手違いだったはずなのに
彼はホテルの一室で
快適な時間を過ごしていた

ノックする音がして
ドアを開けた
ボーイだった ....
二十三年間生きてきたのに
おめでとうのひとつも
満足に言えない
そのことについて
頬杖をついて考える
一人で
室内で吐く息は白い
ストーブは足元ばかりを熱くする

家 ....
クローバーさんの自由詩おすすめリスト(208)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
PLANET_NEWS_LEVEL_7/即興ゴルコンダ(仮) ...- こうだた ...自由詩7*14-9-12
明日から学校- あおば自由詩11*14-8-29
その日、風鈴の割れる音をきいた- あおば自由詩10*14-8-26
その日、風鈴の割れる音をきいた/即興ゴルコンダ(仮)投稿- こうだた ...自由詩7*14-8-26
波紋- たもつ自由詩610-8-9
七夕祭- 明楽自由詩18*10-7-7
[あるものねだり]- 東雲 李 ...自由詩6*10-6-1
木漏れ日カメラ- あおば自由詩6*10-5-27
金木犀_零れる- 鵜飼千代 ...自由詩11*10-5-26
木漏れ日カメラ- 小川 葉自由詩14*10-5-26
poetarot(魔術師のカード)保存版- みつべえ自由詩1510-5-23
また会う日まで。- 亜樹自由詩210-5-20
書物の家- 因子自由詩4*10-5-20
手首のソネット- 佐々宝砂自由詩710-5-19
蝶の廃棄- 楽恵自由詩20*10-5-14
透明の柱_- 服部 剛自由詩410-5-11
- たもつ自由詩1410-5-10
蒼葬_/_****'02- 小野 一 ...自由詩11*10-5-10
はあと- 紀ノ川つ ...自由詩7*10-5-9
長い家出- はだいろ自由詩1110-5-9
てんてん- 鵜飼千代 ...自由詩4*10-5-9
小指から散る- あおば自由詩7*10-5-7
水を買う- たもつ自由詩1310-5-6
ワールド・ライト- tomoaki.t自由詩7*10-4-19
首すじ- 昼寝ヒル ...自由詩1310-2-9
ラブ波- あおば自由詩3*10-1-19
猿のうた- 梶谷あや ...自由詩510-1-17
抱える- 相田 九 ...自由詩6*10-1-17
ホテル・リグレット- 小川 葉自由詩3*10-1-15
おめでとうの仕方- 吉田ぐん ...自由詩2707-1-12

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「PLANET_NEWS_LEVEL_7/即興ゴルコンダ(仮) ...」から「おめでとうの仕方」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。