ひらかれたことばたち。
いみからすこし、とおくでひかる。
ひとのあたまのうえを、ひらひらとまう。

かんじをすてて、かくことで、
かんじのないぶんを、よむことで、
かんじられるなにかが、あ ....
お月さま踊り場に降臨


満月にわっとおどろく


月と一緒に夜の音を聴く


月語も話せるメイドさん


あの日の風船が月まで届く


月夜は君のなかにある
たんたかたんたんと君の足音

世界救っちゃってテレビに出演

めっちゃ楽しいねってめっちゃ笑う

君のせいで毎日が動物だらけ
夜の風孤独を洗う

もっと優しい嘘をちょうだい

つらいから星がみたい

少しずつ真珠になる

公園で自分を拾う

子守唄こころに寄り添う

てのひらから流星群
歌うだけ歌って眠る

恋人を連続再生する

ときどき人間を忘れる

君を街ごと抱きしめる

夜だ思いっきり泣こう
今日も静かに笛をふく

ノートにあなたの横顔を書く

白昼夢飛び立ったことば

雨が降るメールのなかで

夜は素敵さ星がみえる

君の声で君の恋を聞く
豚丼どんどんと届く

担任は単純にダンサー

うちのチワワちくわ食うわ

文庫本半分こ

断固だんご拒否
のうのうと罵るの

雑草颯爽と立つ

あるアヒルビール浴びる

運命の梅埋める

まぁわらわらと集まるわな

愛ゆえのあいうえお

なんとなくにゃんと鳴く
汚れなき怪我をした崖で

なんであんな銀杏噛んだん

ダサいサンダル下さい

安全な温泉で観戦

淡々と歌歌ったった
私たわしをわしゃわしゃするの

とりあえず鳥預けとけ

しゅうまい旨い参った

やけくそに約束する焼け野原で
君がいなくなってしまって、とても悲しい。

君に怒りたいこと、謝りたいこと、伝えたいこと、たくさんあるけど、
「君がひと時でも、いてくれてよかった」とだけ言うよ。

君がいなくなってからも、 ....
あなたが落ち込んでいると、わたしも悲しくなるよ。
あなたは今、いろんな事に絶望してしまっているんだよね。
つらい思いを、たくさんしてきたんだよね。
「大丈夫だよ。」っていうわたしの言葉も、あなた ....
彼は世界一静かに電話をかける。
彼が電話をかけるとき、何故かコール音も小さくなるので、ほとんどの人は、彼から電話がかかってきても気付かないだろうと思う。
だけど、わたしは電話に気付いた。ずっと耳を ....
わざわざ詩にするようなもんでもないことを詩にできたらいいなと思う。
新発売のジュースが美味しかったこととか、野良猫をみかけたこととか、
そういうことを、家族や友達に報告するように詩にしたい。
当 ....
泣けば良いそれがあなたの雨になる

神様が一緒にいると仮定して

僕の目をまっすぐ見たのが君だった
どうにも詩が書けないので散歩に行くことにした。

外は、晴れ晴れとしていて、言葉を忘れるくらいに平穏だ。
雑草の生き生きとした緑。空のまっさらな青。そういったものに見惚れる。
風景は言葉のいら ....
君の頭のなかに幾千もの数が降り続けている。
暇さえあれば君は、暇さえなくとも君は、一心にノートに数式を書き続ける。
あまりにも君が夢中だからみんな不思議がるけど、なんのことはない、数が降ってきてい ....
現代詩フォーラムを見つけてはじめの一年ほどは、見ているだけだった。投稿しなかった。
投稿などできるはずもない。詩を書いたこと自体なかったのだ。
たくさんの素晴らしい詩を読ませてもらった。優しい詩、 ....
「夏休み」
夏休みになったら火星に行きたいね。
そんなことを言いながら、僕らは地球で空を見上げる。

「手紙」
手の届かない場所へ手紙を送るよ。
誰かが、そこにいてくれたらいいな。

 ....
もういいよ善とか悪とか正義とか公園のベンチでビスケットを食べよう



味気ない今だとしても生きてれば星の綺麗な夜にも会えるさ



入力の速い彼女はいつだってタンタカタンと短歌を ....
君と一緒に花火をしたら、
夏が可愛くなった。夜が可愛くなった。
君ももっと可愛くなった。
僕は、夜の絵を描きたい。
あなたが安心して眠れるような、温かい、あるいは、涼しい夜を描きたい。
もし描けたら、僕もその絵のなかに入って、
きみと一緒に夢を見たい。
寂しい夜も、悲しい夜も、眠れない夜もあるけれど、夜がなくなればいいなんて思わない。
だって夜がなかったら、空でたくさんの星が瞬いていることに、気付けなかっただろうから。
遠くにも光があることを、世 ....
悪党と昼寝をしている夏休み

帰り道小さな思想ぶつけ合う

悲しみに終わりはないから手を繋ぐ

覚えてるあなたの優しい木漏れ日を

なにげないさりげない日々愛してる
現実が架空の国からやってくる

喜びにあふれた街で夜を待つ

手遅れになる五秒前踊り出す

音もなく忍び寄ってくる四分音符

夕焼けのように素敵な恋をした

青い空鞄に入れて持ち歩 ....
右腕が休憩させろと訴える

靴底に違和感があり立ち止まる

腰掛ける話の腰を折りながら

水筒の中には水が詰まってる

包丁で切っても豆腐は驚かない

走り出せそして疲れたら寝転が ....
好きだから君の四月のような声

ビー玉が転がっていく青い空

僕たちのとても遠くにある理想

優しげな月に出会った帰り道

後悔をしたくないから追いかける
鐘の音が鳴り止んだらすぐ鐘叩く

美しいおばけとともに徹夜する

音楽もいつかは空に還ってく

猫の背が語る一日の過ごし方

初夏の風 海の匂いと鼻ピアス

ひとりきり遅刻早退を繰 ....
朝、目を開ける。
夢を現実にするために。

今日も、目を開く。
新しい気持ちに出会うために。

目の前のあなたと、目を合わせる。
言葉にできないことを、分かり合うために。
迷路の出口には、新たな迷路が設置されている。
僕らの世界は果てのない迷路。
どこまで続くかわからない。どこまでも続くかもしれない。

最近、それが救いのように思えてきた。
例えば、数学という ....
水宮うみ(435)
タイトル カテゴリ Point 日付
おと。自由詩1*18/9/19 23:03
月夜ソング川柳2*18/9/15 20:56
にぎやかな暮らし川柳0*18/9/15 1:04
エンドロールの静けさ川柳2*18/9/14 22:20
ちょっとだけ人間が好き川柳0*18/9/14 20:52
青空のうたた寝川柳1*18/9/13 21:08
日々が常に日常川柳0*18/9/12 23:21
科学光り輝く川柳0*18/9/12 16:20
問題ない問題集川柳0*18/9/11 23:59
うとうとする弟川柳0*18/9/11 21:13
君が住んでいる自由詩018/9/10 19:41
あなたに自由詩1*18/9/8 22:19
静かな電話散文(批評 ...4*18/9/6 21:37
家族や友達散文(批評 ...018/8/30 19:33
君だった川柳1*18/8/24 22:25
緑と青散文(批評 ...2*18/8/19 17:54
数が降る自由詩3*18/8/10 21:45
現代詩フォーラム散文(批評 ...2*18/7/31 19:37
遠いところに光自由詩2*18/7/26 22:30
いつの日かこの短歌たちを読み返す僕が笑ってくれますように短歌2*18/7/22 10:36
可愛い自由詩2*18/7/13 22:56
夜の絵自由詩3*18/7/13 21:57
星の数自由詩2*18/7/6 18:25
人間でいこう川柳2*18/6/22 21:18
架空の現実川柳1*18/6/19 21:04
ありがとう自動ドア川柳2*18/6/19 18:47
いま川柳018/6/18 21:03
ドリンクバーの天使川柳1*18/6/18 21:00
自由詩5*18/6/14 15:55
迷路散文(批評 ...1*18/6/7 17:18

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「おと。」から「迷路」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.48sec.