僕にとってとかわたしにとってとか俺的にはとか、そういうの無しで、ひとと話したい。君でもあなたでもなく、君でもあなたでもある、個人である、ひとと話したい。 それなのになぜネット詩を見ているんだい?
「遅いよ」と怒る君、これでもやれるだけ投稿してきたんだよ
君の投稿で胸が痛いよ
同じネット詩を吸い込んで離したくないよ
遥か昔から知るそのネット詩に
 ....
誰かの考えが誰かを変える。
誰かが変わることで考える。
君が何かを考えることで何かが変わってほしい。
僕の言葉が変わることで何かが変わればいいな。
言葉について、考えることで変わって、言葉 ....
なのはわたしとこころ。
こころはわたしとは関係なくころころと変わり、コロッと転び、何故かは知らないが勝手に成長していく。
わたしはこころとは関係なく、わたわたとしながら一人称を変えて成長していく。 ....
さかなたちは宇宙の周りをくるくると泳ぐ。
さかなたちは世界の周りをくるくると泳ぐ。
なかには流れ星になるさかなもいる。風になるさかなもいる。波になるさかなもいる。
神さまだってくるくると泳ぐ ....
それでも詩を書いてみようと思う。 
雨は立体的な悲しみで、僕の悲しみに寄り添ってくれる。
雨を浴びると悲しくなくなった。〇になった。
わたしたちは立体的ではなく、平面的でもなく、〇だ。と僕が ....
言葉を口から吐き出したあとにことばを食べる。食物を口にする。口って何?食べ物ってなんだ。口から音を発する。口から吐瀉物を発する。口々になんか叫んでる。 ゴロゴロゴロゴロ、ピシャー、とか、ドシンドシン、とか、キャーー、とか、ドゴーーーン!!!、のないところに行きたい。すべての悲しい音が音楽になればいい。 電車に乗っていると景色が流れる。
歩いていると車や自転車が流れる。
テレビも流れる。ピアノも流れる。
人も流れる。どこかの家へ向けて。
良かったね。彼ら彼女らの未来に、なにか楽しいものがあればいいね。

本読めよ!
スマホでゲームしてねえで本読めよ!!!

宇空雨草地
宙空晴草面
宇空雨草地
宙空晴草面
宇空雨草 ....
■■■■■■■■■■
■〇〇〇〇〇〇〇〇■
■〇〇〇〇〇〇〇〇■
■〇〇〇〇〇〇〇〇■
■〇〇〇☆☆〇〇〇■
■〇〇〇☆☆〇〇〇■
■〇〇〇〇〇〇〇〇■
■〇〇〇〇〇〇〇〇■
■〇〇〇 ....
あなたのそのひかりさえも数にされてしまう
あなたのそのこどくさえも数にされてしまう
あなたのそのえがおさえも数にされてしまう
あなたのそのことばさえも数にされてしまう
あなたのそのこころさえも ....
それがことばになる。馬が野を走るようにこころを放て!
あなたの悲しいつぶやきも、わたしの悲しいつぶやきも、宇宙のこころに届けばいいね。
くすっと笑ったり、ガハハハハハと笑ったり、ふふふと笑った ....
なのであまり大声出さないでほしい。
叫び声なら良い。正義じゃないので。
いっぱい泣いてほしい。それが歌だ。
いっぱい笑ってほしい。それが君だ。
言葉は道具ではなく、海だ。
心は真実ではなく、愛だ。
言葉はどんどん過激になっていくけど、ことばは変わらないし、ひとはいつまでもひとのまま、楽しくやっている。
わたしはふーせんだ。
ちっちゃなこどもに捕まえられている。
わたしがその子に「自由になりたい!」と言うと、「わかった」とその子は手を離した。
わたしはどこまでも飛んでいった。
その子が泣い ....
ふでばこのなかにことばがある。
えんぴつはかつての旅人だ。
あなたがえんぴつを手に持たないあいだ、
えんぴつは暇だ。暇なのであくびをしている。
消しゴムはあなたの文字を消すときを、ずっと待 ....
風のなか草原を走る猫バスはみんなが知ってるうたをうたってる

天井が身体にふれるわたしたちふーせんみたいにことばが飛んだ
世界に出てみたらたくさんのことばが穏やかに暮らしていた。人の言葉は、うるさくて邪魔!!って思ったんだけど。テレビうるさくて嫌い。
ことばたちは互いに話しかけ、時に、詩になることがある。
それを ....
素晴らしかった。ネットではみることのできない景色が広がっていた。
あなたの外の世界がどんな景色、どんな場所、どんな絶望的状況でも、映画館で映画を見るのは、楽しいよ。ネットの変な曲聴いたり大好きな ....
新しい歌を歌おう。パクリまくった新しい歌をアカペラで。
どこでもないところへ行こう。どこにでもあるどこでもないところへ。
新しいギャグを考えよう。誰だって思いつく、あなたにとっての新しいギャグを。
いいえ、わたしは詩です。

風だったり雲だったり、エロ動画だったり叫び声だったりするただの詩です。

あなたの宇宙のなかには大きなブラックホールがあって、いつかそのなかで詩が産まれたとき、 ....
けれど言葉にしてみようと思う。僕らは言葉を使い、考えるから。良い言葉を持っている、そんなあなたたちのことが大好きだ。けれど、ひとが外へ一歩踏み出すとき、ことばはいらない。必要なのは、ひとからの期待だ。 .... 図書館で初めて哲学の本を借りた。
哲学は言語だと知った。あなたの言語も哲学だ、と知った。詩は哲学的な歌だ。
ポエマーはシンプルな哲学書を読んでこころが動いた。
詩人だって哲学者だって歌が好きだし ....
赤信号 無視して渡る 少女たち ほっぺた赤く 染まっていたな 伊達メガネ 外してみたら 今だった 詩ではない 短歌でもない 歌でもない 幼稚園児並みの絵が微笑ましい。
おばあちゃんがおとなの塗り絵を塗っているのが微笑ましい。
僕は僕の色が微笑ましい。この詩が黒色なのが微笑ましい。
色々な色したたくさんの虹が空に架かる。
漫画とか ライトノベルが 待っている 「小説を書いてみようと思う」
詩人がふいにそう言った。
小説家は嬉しそうに「詩じゃなくて?」と言い
詩人「詩は誰だって書けるからね」
小説家「小説も誰だって書けるよ」
名無しさん「なんで誰だ ....
水宮うみ(492)
タイトル カテゴリ Point 日付
自分にとっては自由詩2*16/9/17 10:42
やっと眼を覚ましたかい自由詩0+*16/9/17 10:06
考えは僕を変えた自由詩3*16/9/14 20:38
言葉からことばを読み取るのに必要自由詩2*16/9/14 20:36
お月さまになったさかな自由詩3*16/9/14 20:30
あなたたちほどの悲しみはないけれど自由詩1*16/9/13 20:30
自由詩016/9/13 20:26
カタカナ自由詩1*16/9/13 20:24
川の流れのように自由詩0*16/9/12 18:01
天使はパッカラパッカラと金使って天国に行く自由詩016/9/11 16:46
日の光が肌を黒く染めてもこころは白自由詩1*16/9/11 16:18
あなたのその輝きと孤独自由詩5*16/9/11 9:45
からだじゅうからこころを放て!自由詩1*16/9/10 11:40
正義は信仰自由詩2*16/9/9 17:48
変わらない自由詩2*16/9/8 7:28
ふーせんと青空自由詩1*16/9/7 8:35
ふでばこ自由詩1*16/9/7 8:15
うた・ことば短歌016/9/7 8:09
自称穏やか自由詩1*16/9/5 12:19
映画館で映画を見た。自由詩016/9/5 12:16
冗談で笑いとばせるように自由詩016/9/5 11:24
詩人「←あなたは詩人ですか?」自由詩1*16/9/3 16:22
ことばはいらない自由詩1*16/9/3 10:11
哲学と詩が手を繋ぐ自由詩016/9/2 10:12
自由詩016/9/1 18:00
過去だって今だって未来のなかで回るけど今は今川柳016/9/1 17:55
ご・しち・ご川柳016/9/1 17:48
良い色を持っている。自由詩2*16/9/1 17:47
漫画とか ライトノベルが 待っている川柳016/8/31 13:54
「小説」自由詩1*16/8/31 9:24

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「自分にとっては」から「「小説」」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.33sec.