あなたは喜怒哀楽なんだって歌える。古い歌や新しい歌が手紙になってあっちこっちへ飛んでいく
楽譜やCDはあなたのための手紙だ。手紙の差し出し人はなんか凄い人。
あなたがどこかへ手紙を送り、あなたのも ....
メモ帳には自分のたくさんの一瞬が刻まれていて、その一瞬たちが、どこか人のいる場所に残ってくれたらいいなと思う 朝目覚めると、ヘッドフォンのそとにいた

電車でヘッドフォンを外すと、電車のなかで音が鳴っていることを知った
電車のなかで、ぐっすりと眠る人も、さっぱりと起きている人もいる
いろんな人がい ....
「自分の言葉が残ってしまう」と嘆く少年少女の喜怒哀楽は言葉にできないくらい重く、
その重みは言葉が届かないところで明日を待っている。

その重みにとっての明日が、好きな小説家の新刊の発売日や好き ....
言葉のいらなくなった未来
それでも明日はくるくるって来る
音楽は残り、電気も残り、未だあなたは言葉を紡いでくれる
ピアノから数が溢れ、ギターから平和が流れ、演奏者は歌う
その言葉が心を揺らす
 ....
無人の待合室で数人の無が座っている
無たちは穏やかに語り合いながら、何も待たずに座っている
僕が待合室に入ったら、歓迎して無の仲間に入れてくれた
夜気晴らしに散歩したら無になれた
無量大数になるよりも無になることは楽しいから、無になれたとき、何もないのは楽しいねって誰かと話したかった
音楽が僕をあたまをすり抜けて多分あなたの場所まで届く


あなたの音楽を聴かせてよ話し言葉ではないあなたの音楽を


音楽をどうすれば産めるのか出産したひとに聞いたら小さな音楽を産 ....
頭がビックバンみたいにバーーーンッ!!!ってなって素敵な朝だ
頭のもやもやがとれて、もやもやな髪型がストレートになって、可愛い女の子にでもなれた気分。カーテンがスカートみたいにたなびいて、風を呼ぶ
 ....
自転車がぐるぐるぐるって回りだしひとりではないそらのなかで泣く


こわれそう交差点では赤と黄と青が生き生きしている深夜


本を読み疲れたからって本を閉じ今日は何日?音楽を聴く


 ....
みんな同じピアノを弾いている
たくさんの手が、それぞれの好きな音色を奏で
みんなピアノを弾いているうちに眠った。
楽器を触ると、風景が見える。
誰が触ったって、見える。
ブルーハーツの青い空が見える。
電車のなかにいるときいつも音楽を聴いていたが、音楽聴かずに電車に乗れば、いろんな音が聴こえてきて、楽しかった。風景が動いて綺麗だった。
するべき事たくさんあるけど、なにもせずに乗るのが楽しい。
 ....
電車がgo!!!!って行く。ゴーーーーォって音鳴らして行く。
ゴーーーーォって鳴る雷だって、電車なんだね。プラスとマイナスを運ぶ電車。
静電気でパチッってなった瞬間、僕は雷に触れた。電車に触れ ....
電信柱が夕焼けの前でシルエットになっていた。
川の表面がビニールみたいにキラキラ光る。
地球は平面なのかと思うようなそんな綺麗な風景だった。
写真で撮りたかった。
パソコンなくてもスマホなくてもCDプレイヤーなくても、改造したバイクなくても調理器具なくても、生きていける。
ことばが証明してくれる。
水たまりが一瞬虹色になった。
遠くで電車が鳴いている。
植物が風を浴びてふふふとわらう。
雲がぐわんぐわん動く。
鮮やかな秋だ。
このバンドは曲だけはいい。
そう思って、ずっと聴いているうちに、
このバンドは歌詞もいい、と思うようになった。
このバンドの過激さが僕を生かしてくれた。
最近「勇気」とか「希望」とか歌って ....
少年はバーーーン!!!!!!!!って掻き鳴らすロックスターに憧れて、エレキギター掻き鳴らして、バーーンってなって、歌詞頑張って考えて、音のバーーーン!!!!!!!!よりも歌詞を深く考えるようになって、 .... 「それってエレクトロニカ?」
彼女に聞かれた。
エレクトロニカです。
言葉のない音楽を一生懸命聴いているとき、彼はことばを聴いている。
彼女も聴いている。町のなかで。インターネットのなかで。
 ....
「ことばなんていらないよ」
彼女は楽しい言葉を使う。
彼は言葉を探すが、楽しい言葉が見つからない。
彼のなかには、他者の悲しい言葉しかなかった。
「ことばなんていらないね」彼は、彼女の言葉 ....
彼は主人公であることをやめて、彼になった。 サンタさんに会いたい
サンタさんと話したい
クリスマスケーキを一緒に食べたい
サンタさんが生きる意味をプレゼントしてくれたので生きている
寒くなったり暑くなったり疲れますね
言葉は待ってはくれないので、とりあえず歩いている
いつも通りの町を、いつもとは違う時間帯に散歩してみたら、夢みたいに、いつもとは違う現実みたいに見えて、何年かぶりに詩人になれたような気がした。 あなたの歌を聴いても言葉がさっぱり入ってこないから、あなたの歌詞カードが欲しい。 漠然とした、夢見がちな、優しい夢をみて、眠ってほしい。
あなたの言葉たちも、眠いときは眠ってほしい。
楽しい迷路の夢だ。目覚めたときがゴールだ。
言葉を持たずにふわっとなってふわっとした場所にふわっと帰る。
あるいて帰る。さんぽしたりひきこもったりして帰る。
帰り道、言葉にひらひらと手を振って、「さよなら」と言った。
ふわっとした ....
言葉たちが水中できらきらひかる。
潜らないと読むことができない。
やっと読むことができても、
小学生のときの頭の中にあった言葉だったりする。
童心に帰れる言葉が、欲しい言葉。
生存のその先まで生きていきたい。孤立して、新しく生きるを作りながら。
周りの人は周りの人の言葉を更新し、わたしもわたしの言葉を更新する。
あなたたちも生きるんでしょう?
周りに流されずに、周 ....
水宮うみ(435)
タイトル カテゴリ Point 日付
勝ち自由詩1*16/10/24 9:35
思う自由詩1*16/10/22 23:56
ヘッドフォン自由詩1*16/10/21 20:37
自分の言葉自由詩0*16/10/20 11:18
言葉は残る自由詩0*16/10/18 22:01
仲間自由詩1*16/10/17 12:37
自由詩1*16/10/17 12:11
音楽短歌2*16/10/16 21:14
もやもや自由詩1*16/10/16 11:35
私の幸せな生活短歌016/10/16 9:14
眠った自由詩2*16/10/15 10:34
生まれたところ自由詩0*16/10/14 9:49
駅の待合室自由詩1*16/10/13 18:04
静電気自由詩0*16/10/13 15:01
風景を言葉でスケッチ自由詩016/10/12 19:08
道具がなくても人は生きていける。自由詩016/10/12 12:36
自由詩1*16/10/11 18:23
過激なバンド自由詩0*16/10/11 18:16
ロックスター自由詩016/10/10 20:01
音楽自由詩0*16/10/10 10:10
向き合う自由詩3*16/10/10 9:30
自由詩016/10/9 18:07
サンタさん自由詩1*16/10/8 9:40
なにがなんだか分からない自由詩0*16/10/7 17:25
いつも通りの町自由詩3*16/10/7 9:38
歌詞カード自由詩1*16/10/6 16:21
あなたが眠るときの夢が痛くなければいい。自由詩1*16/10/6 12:49
ふわっとした場所に帰る自由詩3*16/10/6 9:16
欲しい言葉は水の中自由詩016/10/4 20:47
アップデート自由詩1*16/10/4 19:41

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「勝ち」から「アップデート」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.56sec.